研究所

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ご挨拶

ホーム > 健康長寿支援ロボットセンター > ご挨拶

ご挨拶

設立趣意・背景

高齢化社会の急速な伸展により、介護および生活支援へのロボットの導入の必要性が高まっております。高齢者の生活を支え、その地域での「いきいきとした活動」を実現するための健康長寿支援ロボットが求められています。

ロボットの開発、実証さらに普及を図るためには・・・

 

ものづくり産業の集積地愛知県との協働

健康長寿支援ロボットセンターには、愛知県の「あいちサービスロボット実用化支援センター」が併設されます。両センターの機能の相乗により一層の活動の強化を図ることとしております。 

 

業務

健康長寿支援ロボットセンターは、長寿医療に関する診療と研究機能を有するナショナルセンターとしての立場から、以下の業務を行います。

  1. 情報集積と発信を通じシーズと高齢者のニーズをマッチング
    • シーズおよびニーズの収集とデータベースを作成し、愛知県の「あいちサービスロボット実用化支援センター」と共同運用する。
    • 「あいちサービスロボット実用化支援センター」と協力して、研究会・情報交換会等を通じ開発に関わる情報発信を行う。
  2. 長寿医療の立場からのロボット開発に係る実証の場の提供
    • センター内外で開発中の健康長寿支援ロボットの効果の実証を行う(併設の病院、連携する介護施設での実証)
    • 受託・共同研究に関するコーディネートと実施
  3. 長寿工学研究の推進
    • 神経情報画像、診療関連機器開発技術の強みを活かして、センター独自の開発拠点を形成する。
    • 神経工学的な知識を活かして、シーズのマッチングを行い、実証段階への伸展を早める。
  4. 政策提言
    • 特に認知症の高齢者とその家族のニーズの把握に力点をおき、地域包括ケアシステムの中での有機的運用を検討する。
    • ロボットの生活実装を行うためのロードマップを作成、提言する。

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター