研究所

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

News & Topics

ホーム > 研究所 > ニュース&トピックス > 中枢性老化・睡眠制御研究プロジェクトチームの佐藤亜希子プロジェクトリーダーが、個体の老化に対する脳の役割についての総説を発表しました

中枢性老化・睡眠制御研究プロジェクトチームの佐藤亜希子プロジェクトリーダーが、個体の老化に対する脳の役割についての総説を発表しました

近年の研究成果から、哺乳動物では、脳、特に、視床下部が末梢組織との相互作用を介して全身での老化過程を制御していることが明らかにされてきています。本総説では、認知機能低下等の老化に伴うさまざまな脳の機能変化、神経とミクログリアの機能に着目した作用機序、また、NAD+依存性蛋白脱アセチル化/アシル化酵素であるサーチュインの脳における重要性に焦点をあてています。最後に、末梢組織からの液性因子による脳へのフィードバック信号を介した全身性老化制御機構の全容を考察しています。

【原著総説情報】

Satoh A, Imai SI, Guarente L

The brain, sirtuins, and ageing.

Nat Rev Neurosci. 2017 May 18;18(6):362-374

研究関連

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター