文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 研究所 > 部門 > 再生再建医学研究部

再生再建医学研究部

目標と役割

組織再生の仕組みを「幹細胞*」という特殊な細胞の働きに注目して明らかにします。その成果を基盤として、高齢者に特有な疾患および機能障害の仕組みを解明し、それらに対する『再生治療』の実現を目指します。

*新たな細胞を生み出すことによって、壊れた組織を再生することのできる親細胞のことを、こう呼んでいます。

研究の概要

加齢に伴って骨格筋の再生能力は低下します。その原因を解明するために、マウスおよびヒトの骨格筋幹細胞の働きに注目して検討しています。
ヒト骨格筋幹細胞に由来する細胞を無限に増やす技術(細胞の不死化)を開発しました。この細胞の性質を解明することによって、不明の点が多い、ヒトの筋再生の仕組みを明らかにするとともに、新たな治療薬の開発に役立てようとしています。
加齢にともなう遺伝子DNAの変化を伴わない遺伝子制御(エピジェネティックス)を解析しています。加齢に伴って発症する疾患との関連性を調べ、アルツハイマー病などの発症との関連性を検討しています。

What's new?

  • オープンしました

先頭へ戻る

メンバー

部長 橋本有弘
細胞再生再建研究室長 公募中
組織再生再建研究室長 下田修義
流動研究員 坂口和弥
   
   

先頭へ戻る

部長 橋本有弘

骨格筋の再生1ページ目

  1. 骨格筋組織の構造documents/2.1.jpg(JPEG:50KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. 筋サテライト細胞による骨格筋の再生documents/3.1.jpg(JPEG:106KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  3. 骨格筋の再生過程documents/4.1.jpg(JPEG:58KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  4. 組織幹細胞の自己再生と組織の維持documents/5.1.jpg(JPEG:51KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  5. 骨格筋組織幹細胞(サテライト細胞)documents/6.1.jpg(JPEG:50KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  6. コーヒーブレークdocuments/7.1.jpg(JPEG:107KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  7. 骨格筋再生系における筋サテライト細胞の役割documents/8.1.jpg(JPEG:75KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  8. 筋組織幹細胞の多様な分化能力documents/9.1.jpg(JPEG:90KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  9. マルチブラストとしてのマウス筋前駆細胞documents/10.1.jpg(JPEG:67KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  10. 筋サテライト細胞由来骨芽細胞による骨基質形成documents/11.1.jpg(JPEG:58KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  11. 分化決定因子間の相互抑制機構documents/12.1.jpg(JPEG:50KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  12. 骨格筋サテライト細胞における細胞系譜の決定機構documents/13.1.jpg(JPEG:67KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  13. 筋組織幹細胞系ー新たな知見と課題documents/14.1.jpg(JPEG:97KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  14. 筋サテライト細胞研究の展開documents/15.1.jpg(JPEG:66KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  15. 骨格筋幹細胞を用いた新しい治療法の開発documents/16.1.jpg(JPEG:79KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  16. 組織幹細胞制御による組織再構築documents/17.1.jpg(JPEG:89KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  17. From Stem Cell To Genomic Plasticitydocuments/18.1.jpg(JPEG:71KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

DNAメチル化

組織再生再建研究室長
下田修義

プロジェクト
ゼブラフィッシュの加齢と再生過程におけるDNAのメチル化の変化を研究してきました。
現在、その成果をもとに、

  1. アルツハイマー病の発症予測
  2. in vivo でのDNAメチル化補強
  3. 組織の自立的再生メカニズムの理解

を目指しています。
本研究に興味のある方はお気軽にご連絡ください。
shimoda@ncgg.go.jp(アットマークを小文字に変更してください)

アダルトゼブラフィッシュ

先頭へ戻る

業績

  1. Naito M, Mori M, Inagawa M, Miyata K, Hashimoto N, Tanaka S, Asahara H. "Dnmt3a Regulates Proliferation of Muscle Satellite Cells via p57Kip2." PLoS Genet, 2016 Jul 14;12(7):e1006167. doi: 10.1371/journal.pgen.1006167.
     
  2. Atsushi Nishida, Ayaka Oda, Atsuko Takeuchi, Tomoko Lee, Hiroyuki Awano, Naohiro Hashimoto, Yasuhiro Takeshima, Masafumi Matsuo. “Staurosporine allows dystrophin expression by skipping of nonsense-encoding exon.” Brain & Development, 2016 Sep;38(8):738-45. doi: 10.1016/j.braindev.2016.
     
  3. Yuko Iwata, Nobuyuki Suzuki, Hitomi Ohtake, Shinya Kamauchi, Naohiro Hashimoto, Tohru Kiyono, Shigeo Wakabayashi (2015). “Cancer cachexia causes skeletal muscle damage via transient receptorpotentia, vanilloid 2-independent mechanisms, unlike muscular dystrophy” Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle ;DOI: 10.1002/jcsm.12067.
     
  4. Ikemoto-Uezumi M, Uezumi A, Tsuchida K, Fukada S, Yamamoto H, Yamamoto N, Shiomi K, Hashimoto N. Pro-insulin-like growth factor-II ameliorates age-related inefficient regenerative response by orchestrating self-reinforcement mechanism of muscle regeneration. Stem Cells, 33(8): 2456-2468, 2015.
     
  5. Yamakoshi K, Katano S, Iida M, Kimura H, Okuma A, Ikemoto-Uezumi M, Ohtani N, Hara E, Maruyama M. Dysregulation of the Bmi-1/p16Ink4a pathway provokes an aging-associated decline of submandibular gland function. Aging Cell, 14(4): 616-624, 2015.
     
  6. Shimoda, N., K. Hirose, R. Kaneto, T. Izawa, H. Yokoi, N, Hashimoto and Y. Kikuchi  “No evidence for AID/MBD4-coupled DNA demethylation in zebrafish embryos” PLoS ONE. 2014 Dec 23;9(12):e114816. doi: 10.1371.
     
  7. Uezumi, A., S. Fukada, N. Yamamoto, M. Ikemoto-Uezumi, H. Yamada, I. Nishio, Y. Hamada and K. Tsuchida “Identification and characterization of PDGFRa+ mesenchymal progenitors in human skeletal muscle.” Cell Death and Disease. 17(5): e1186.
     
  8. Uezumi, A., M. Ikemoto-Uezumi and K. Tsuchida (2014). “Roles of nonmyogenic mesenchymal progenitors in pathogenesis and regeneration of skeletal muscle.” Frontiers in Physiology. 5:68
     
  9. Takayama, K., N. Shimoda, S. Takanaga, S. Hozumi and Y. Kikuchi (2014). “Expression patterns of dnmt3aa, dnmt3ab, and dnmt4 during development and fin regeneration in zebrafish” Gene Expression Patterns. 14: 105-110.
     
  10. Shimoda, N., T. Izawa, A. Yoshizawa, H. Yokoi, Y. Kikuchi and N. Hashimoto (2014). “Decrease in cytosine methylation at CpG island shores and increase in DNA fragmentation during zebrafish aging.” Age (Dordr). 36: 103-115.
     
  11. Hirose, K., N. Shimoda and Y. Kikuchi (2013). “Transient reduction of 5-methylcytosine and 5-hydroxymethylcytosine is associated with active DNA demethylation during regeneration of zebrafish fin.” Epigenetics. 8: 899-906.
     
  12. Shiomi, K., Y. Nagata, T. Kiyono, A. Harada and N. Hashimoto (2013). “Differential Impact of the Bisphosphonate Alendronate on Undifferentiated and Terminally Differentiated Human Myogenic Cells.” Journal of Pharmacy and Pharmacology. 61:418-427.
     
  13. Mukai, A. and N. Hashimoto (2013). “Regulation of Pre-Fusion Events: Recruitment of M-cadherin to Microrafts Organized at Fusion-competent Sites of Myogenic Cells.” BMC Cell Biol 14(1): 37.
     
  14. Hirose K, N. Shimoda and Y. Kikuchi (2011). “Expression patterns of lgr4 and lgr6 during zebrafish development.” Gene Expression Patterns. 12: 378-383.
     
  15. Shiomi, K., T. Kiyono, K. Okamura, M. Uezumi, Y. Goto, S. Yasumoto, S. Shimizu and N. Hashimoto (2011). “CDK4 and cyclin D1 allow human myogenic cells to recapture growth property without compromising differentiation potential.” Gene Ther 18(9): 857-866.
     
  16. Yanagisawa, M., A. Mukai, K. Shiomi, S. Y. Song and N. Hashimoto (2011). “Community effect triggers terminal differentiation of myogenic cells derived from muscle satellite cells by quenching Smad signaling.” Exp Cell Res 317(2): 221-233.
     
  17. Suzuki, Y., Nakayama, K., Hashimoto, N. and Yazawa, I. (2010) “Proteolytic processing regulates pathological accumulation in dentatorubral-pallidoluysian atrophy” FEBS J. 27:4873-87.
     
  18. Matsuba, Y., K. Goto, S. Morioka, T. Naito, T. Akema, N. Hashimoto, T. Sugiura, Y. Ohira, M. Beppu and T. Yoshioka (2009). “Gravitational unloading inhibits the regenerative potential of atrophied soleus muscle in mice.” Acta Physiol (Oxf) 196(3): 329-339.
     
  19. Mukai, A., T. Kurisaki, S. B. Sato, T. Kobayashi, G. Kondoh and N. Hashimoto (2009). “Dynamic clustering and dispersion of lipid rafts contribute to fusion competence of myogenic cells.” Exp Cell Res 315(17): 3052-3063.

日本語総説

  1. 上住 円、 上住 聡芳、筋肉の基礎 update. Orthopaedics—日常診療に役立つサルコペニアの知識—. 原田敦編, 全日本病院出版会, 28(13): 17-22, 2015.
     
  2. 上住 円、 上住 聡芳、「サルコペニア予防のための骨格筋再生」、Geriatric Medicine, 2014, 52(4).

先頭へ戻る

工事中

先頭へ戻る

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター