文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 研究所 > 部門 > 老化制御研究部

老化制御研究部

老化制御研究部のホームページへようこそ

私たちの研究部門は2005年に開講し、マウス遺伝学的手法を用いて科学的根拠に基づいたアンチエイジング法の開発研究をおこなっています。生化学・培養細胞・マウス遺伝学実験の技術を駆使し、現在までに、数種類の生理活性化合物(アミノ酸、薬剤、ホルモン、食品成分等)の新しい標的因子(いわゆる受容体)の同定に成功しています。大きなプロジェクトとして、糖尿病(インスリン分泌・膵臓再生)、骨粗鬆症、肝臓再生をテーマに掲げて、日々研究に励んでいます。

先頭へ戻る

研究概要

新しい治療薬の開発研究科学的根拠に基づいたアンチエイジング法の開発を行っています。その中の一つについて説明をします。それは、脂肪に作用して骨を強くする薬剤の開発です。特に高齢者が寝たきりになってしまう原因の一つである骨粗鬆症(骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です)の治療薬剤の開発にあたります。国立長寿医療センター病院との共同研究で高齢者(60、70、80歳代)を比較すると、加齢とともに骨密度および脂肪量が低下していました。(骨と脂肪の)両者には強い相関関係が見られたため、その制御因子の同定を行っています。たとえば、最近の報告によると脂肪産生ホルモンであるレプチンは骨に対する影響もあります。最終的に新規作用機序の抗骨粗鬆症治療薬剤の開発を目的としているため、低分子化合物型の脂肪̶骨制御因子の捕まえようと試みています。幸い、現在脂肪の活性を制御する複数の低分子化合物の同定に成功しており、同化合物の骨への影響を解析しています。もし、成功すれば、脂肪に作用して骨を強くする薬剤の開発ができることになります。さらには、食材中の成分で、同様の活性が存在するものを同定できれば、食事をしながら、骨を強くすることができるかもしれません。

新しいナノサイズのカプセルまた、前述の化合物や他研究を通して同定した老化関連遺伝子をウイルスの殻を用いて、ナノサイズの入れ物を作っています。これらカプセルは何種類かの培養細胞(皿の上で飼っているものです)に遺伝子を導入することに成功しました。

ケミカルバイオロジー糖、アミノ酸等の私たちの体の中に存在し、必要な小さい(低分子=分子量が数百以下のもの)化合物や、種々の薬剤はどのようにして、私たちの健康を守り、疾患を治していくのでしょうか?まだよくわかっていないものが多いのですが、前述の低分子化合物の私たちの体の中の標的因子を見つけていこうとしています。すでにいくつか新しく発見したものもあります。見つける方法は数多くありますが、私たちは最新のナノテクノロジーを用いています。

 

先頭へ戻る

スタッフ

老化制御研究部 部長 今井 剛 (Imai takeshi)
老化制御研究部 流動研究員 津川 陽司 (Tsugawa yoji)
老化制御研究部 研究補助員 ド クイ マイコイ (Do Maikhoi)
遺伝子治療研究室 室長(兼任) 中西 章 (Nakanishi akira)
遺伝子治療研究室 流動研究員 吉田 和央 (Yoshida kazuhiro)
遺伝子治療研究室 研究補助員 金森 久美子 (Kanamori kumiko)

先頭へ戻

連絡先

今井 剛(いまい たけし)

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 研究所
老化制御研究部

〒474-8511 愛知県大府市森岡町7-430
TEL : 0562-46-2311(内線 5151または5163)
E-mail : timai?ncgg.go.jp (?を@に変換してください)

 

先頭へ戻る

研究業績

原著論文

Umeda M, Hiramoto M, Watanabe A, Tsunoda N, Imai T.
Arginine-induced insulin secretion in endoplasmic reticulum.
Biochem Biophys Res Commun., 2015 Oct 30;466(4):717-22


Umeda M, Hiramoto M, Imai T.
Partial hepatectomy induces delayed hepatocyte proliferation and normal liver regeneration in ovariectomized mice.
Clin Exp Gastroenterol. 2015 Jul 2;8:175-82


Uebi T, Umeda M, Imai T.
Estrogen induces estrogen receptor alpha expression and hepatocyte proliferation in the livers of male mice.
Genes Cells. 2015 Mar;20(3):217-23


Enomoto T, Kawano M, Fukuda H, Sawada W, Inoue T, Haw KC, Kita Y, Sakamoto S, Yamaguchi Y, Imai T, Hatakeyama M, Saito S, Sandhu A, Matsui M, Aoki I, Handa H.
Viral protein-coating of magnetic nanoparticles using simian virus 40 VP1.
J Biotechnol. 2013 Aug 10;167(1):8-15


Tange S, Zhou Y, Nagakui-Noguchi Y, Imai T, Nakanishi A.
Initiation of human astrovirus type 1 infection was blocked by inhibitors of phosphoinositide 3-kinase.
Virol J. 2013 May 16;10:153.


Hotta K, Nashimoto A, Yasumura E, Suzuki M, Azuma M, Iizumi Y, Shima D,  Nabeshima R, Hiramoto M, Okada A, Sakata-Sogawa K, Tokunaga M, Ito T, Ando H, Sakamoto S, Kabe Y, Aizawa S, Imai T, Yamaguchi Y, Watanabe H and Handa H.
Vesnarinone Suppresses TNF mRNA Expression by Inhibiting Valosin-Containing Protein.
Molecular Pharmacology May 2013, 83 (5) 930-938


Umeda M, Uebi T, Maekawa N, Handa H, Imai T.
PGJIFs, new mitochondrial PGJ2 target factors, regulate cell proliferation.
Journal of Biosciences and Medicines, 2013, 1, 11-15


Umeda M, Uebi T, Maekawa N, Masaike Y, Handa H, Imai T.
Effective cofactor complex purification using nanobeads
Journal of Biosciences and Medicines, 2013, 1, 5-10



Uebi T, Umeda M, Maekawa N, Karasawa S, Handa H, Imai T.
Prohibitins, novel vitamin K2 target factors in osteoblast.
Journal of Biosciences and Medicines, 2013, 1, 1-4


Karasawa S, Azuma M, Kasama T, Sakamoto S, Kabe Y, Imai T, Yamaguchi Y, Miyazawa K, Handa H.
Vitamin K2 Covalently Binds to Bak and Induces Bak-Mediated Apoptosis.
Mol Pharmacol. 2013 Mar;83(3):613-20.


Hiramoto M, Maekawa N, Kuge T, Ayabe F, Watanabe A, Masaike Y, Hatakeyama M, Handa H, Imai T.
High-performance affinity purification for identification of 15-deoxy-Δ12,14-PGJ2 interacting factors using magnetic nanobeads.
Biomed Chromatogr. 2010 Jun;24(6):606-12


Tange S, Imai T, Nakanishi A.
An SV40 mutant defective in VP4 expression exhibits a temperature-sensitive growth defect.
Virus Res. 2011 Apr;157(1):116-20.


Hiramoto M, Maekawa N, Kuge T, Ayabe F, Watanabe A, Masaike Y, Hatakeyama M, Handa H, Imai T.
High-performance affinity chromatography method for identification of L-arginine interacting factors using magnetic nanobeads
Biomed Chromatogr. 2010 Jun;24(6):606-12


Nakanishi A, Chapellier B, Maekawa N, Hiramoto M, Kuge T, Takahashi RU, Handa H, Imai T.
SV40 vectors carrying minimal sequence of viral origin with exchangeable capsids.
Virology. 2008 Sep 15;379(1):110-7


Takahashi RU, Kanesashi SN, Inoue T, Enomoto T, Kawano MA, Tsukamoto H, Takeshita F, Imai T, Ochiya T, Kataoka K, Yamaguchi Y, Handa H.
Presentation of functional foreign peptides on the surface of SV40 virus-like particles.
J Biotechnol. 2008 Jul 31;135(4):385-92


Inoue T, Kawano MA, Takahashi RU, Tsukamoto H, Enomoto T, Imai T, Kataoka K, Handa H.
Engineering of SV40-based nano-capsules for delivery of heterologous proteins as fusions with the minor capsid proteins VP2/3.
J Biotechnol. 2008 Mar 20;134(1-2):181-92


Yokoyama N, Kawano MA, Tsukamoto H, Enomoto T, Inoue T, Takahashi RU, Nakanishi A, Imai T, Wada T, Handa H.
Mutational Analysis of the Carboxyl-terminal Region of the SV40 Major Capsid Protein VP1.
J Biochem. 2007 Feb;141(2):279-86


Kawano MA, Inoue T, Tsukamoto H, Takaya T, Enomoto T, Takahashi RU, Yokoyama N, Yamamoto N, Nakanishi A, Imai T, Wada T, Kataoka K, Handa H
The VP2/VP3 Minor Capsid Protein of Simian Virus 40 Promotes the in Vitro Assembly of the Major Capsid Protein VP1 into Particles.
J Biol Chem. 2006 Apr 14;281(15):10164-73


先頭へ戻る

タブ6のタイトル

タブ6の内容

先頭へ戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター