文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 研究所 > 部門 > 老化制御研究部 > 遺伝子治療研究室

遺伝子治療研究室

ホーム

遺伝子治療研究室のホームページへようこそ!

                                                               〔最終更新〕 2017年4月5日

老化制御研究部 遺伝子治療研究室です。

先頭へ戻る

研究概要

組織特異的なウイルス感染機構を利用した新規デリバリー担体の開発

研究の目的

当研究室は、ポリオーマウイルス、アストロウイルス、ノロウイルスを用いて、ウイルスの細胞特異的な感染機構について、 様々な角度から研究を行っています。また、ノロウイルスは非常に効率に腸管へ感染するため、新規経口ワクチン用の担体としての利用を考えたベクター開発を行っています。

期待される成果

ウイルスの細胞・組織特異的感染の分子機構の解明は、組織特異的あるいは特定の組織に特化したデリバリー担体開発への応用に重要だと考えています。また、ノロウイルス感染は高齢者にとって死亡などのリスクがあり、その感染制御・防御のための、感染メカニズムの解明やワクチンの開発が急務と考えられます。

当研究室室長は、ラジオアイソトープ管理室室長の併任です。より詳しい研究内容はラジオアイソトープ管理室ホームページを参照してください。

先頭へ戻る

スタッフ

遺伝子治療研究室 室長 (併任) 中西 章
遺伝子治療研究室 流動研究員 磯部智康
遺伝子治療研究室 研究補助員 金森久美子

先頭へ戻る

研究業績

論文発表


Functional receptor molecules CD300lf and CD300ld within the CD300 family enable murine noroviruses to infect cells.
Haga K, Fujimoto A, Takai-Todaka R, Miki M, Doan YH, Murakami K, Yokoyama M, Murata K, Nakanishi A, Katayama K.
Proc Natl Acad Sci U S A. (2016) 41:E6248-E6255


Examination of a plasmid-based reverse genetics system for human astrovirus.
Chapellier B, Tange S, Tasaki H, Yoshida K, Zhou Y, Sakon N, Katayama K, Nakanishi A
Microbiology and Immunology. (2015) 59:586-596


Plasmid-based human norovirus reverse genetics system produces reporter-tagged progeny virus containing infectious genomic RNA.
Katayama K, Murakami K, Sharp TM, Guix S, Oka T, Takai-Todaka R, Nakanishi A, Crawford SE, Atmar RL, Estes MK.
Proc Natl Acad Sci U S A. (2014) 111:E4043-E4052.


JC Polyomavirus (JCV) and Monoclonal Antibodies: Friends or Potential Foes?
Diotti RA, Nakanishi A, Clementi N, Mancini N, Criscuolo E, Solforosi L, Clementi M
Clin Dev Immunol. (2013) 2013:967581.


Initiation of human astrovirus type 1 infection was blocked by inhibitors of phosphoinositide 3-kinase.
Tange S, Zhou Y, Nagakui-Noguchi Y, Imai T, Nakanishi A
Virology Journal. (2013) 10:153.


Formation of covalently modified folding intermediates of simian virus 40 Vp1 in large T antigen-expressing cells.
Watanabe M, Phamduong E, Huang CH, Itoh N, Bernal J, Nakanishi A, Rundell K, Gjoerup O, Kasamatsu H
Journal of Virology. (2013) 87:5053-64.


学会発表


ノロウイルスの複製複合体に集積する核膜孔タンパク質
中西章、片山和彦、戸高玲子、金森久美子、芳賀慧、藤本陽、加藤晶子、吉田和央
第39回日本分子生物学会年会 (2016) 11月30日より12月2日 横浜


Approach to Examine the Role of Murine Noroviral VP2 during the Viral Life Cycle

Akira Nakanishi, Kazuhiro Yoshida, Kazuhiko Katayama, Reiko Takai-Todaka, Yan Zhou
6th International CALICIVIRUS CONFERENCE (2016) October 9-13, Savannah, Georgia, United States


Functional Role of Murine Noroviral VP2 during the Viral Life Cycle
Kazuhiro Yoshida, Reiko Takai-Todaka, Kazuhiko Katayama, Akira Nakanishi
the 35th Annual Meeting for the American Society for Virology (2016) June 18-22, Blacksburg, Virginia, United States


血液脳関門移行モチーフのスクリーニングに関する研究
吉田和央、周妍、中西章
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会) (2015) 12月1日より4日 神戸


Role of minor capsid protein VP2 during the murine norovirus life cycle
Kazuhiro Yoshida, Reiko Takai-Todaka, Kazuhiko Katayama, Akira Nakanishi
第63回日本ウイルス学会学術集会 (2015) 11月22日より24日 博多


Functional complementation of VP2 in murine norovirus
Kazuhiro Yoshida, Yan Zhou, Reiko Takai-Todaka, Kazuhiko Katayama, and Akira Nakanishi
17th International Conference on Emerging Infectious Diseases (2015) Jan 28, Taipei, Taiwan


アストロウイルスreplication complexの形成にかかわる細胞内プロセスの解析
周妍、田崎秀尚、中西章
第37回日本分子生物学会 (2014) 11月25日より27日 横浜


ポリオーマウイルスの細胞感染効率は Vp2/3 が関与する細胞内移行ステップに影響される
中西章、山本真由子
日本ウイルス学会 第62回 (2014) 11月10日より12日 横浜


Adaptive Mutation of Murine Norovirus S7 Strain Important for Growth in RAW264.7 Cells
Akira Nakanishi, Hirotaka Takagi, Kosuke Murakami, Tomoichiro Oka, Reiko Todaka, Yukinobu Tohya, and Kazuhiko Katayama
American Society for Virology (2013) July 22, State College, PA, USA


先頭へ戻る

問い合わせ

本研究室に関するご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

○住所

〒474-8511
愛知県大府市森岡町7-430
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター
ラジオアイソトープ管理室、老化制御研究部 遺伝子治療研究室

○電話

0562(44)5651/5652/5653
(ext7951/5242/5163/5592)

○Fax

0562(46)3157

○E mail

nakanish*ncgg.go.jp(*を@に変えて送ってください)

先頭へ戻る

タブ6のタイトル

タブ6の内容

先頭へ戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター