研究所

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

年報

ホーム > 研究所 > 年報

年報

現在の国立長寿医療研究センターは平成7年に長寿医療研究センターとして開設され、さらに平成16年(旧)国立療養所中部病院とともに国立長寿医療セン ター(国立高度専門医療センター)として発展して参りましたが、平成22年4月1日に独立行政法人 国立長寿医療研究センターとして、平成27年4月1日より国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターとして新たにスタートいたしました。

国立長寿医療センター時代より年報の作成を継続してまいりましたが、独立行政法人化後につきましては研究所の組織の改編・再編があったことや、インター ネットを通じた広報をより普及させることが一層の課題として取り上げられている現状を鑑み、より多くの方々にご覧いただくために、独立行政法人化後の研究 所各部門の活動内容や業績につきましてホームページ上にも公開することといたしました。

老化の過程とその促進要因や抑制要因の解明、老化に伴う認知症などの疾病に対する研究、あるいは高齢者の自立を支援、生活機能の維持・向上を目指した取り 組みなど、年報を通じて私どもの幅広い長寿科学研究への取り組みを御理解いただければ幸いと考えております。今後とも皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い 申し上げます。

国立長寿医療研究センター 研究所長 柳澤勝彦


2015年

 


 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター