文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 10月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 10月

2013年 [平成25年] 10月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年10月29日(火)朝刊,「長寿の国を診る」報告書否定 根拠を示せ.

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞、平成25年10月24日(木)朝刊、「健康日本21」を読もう

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
平常時の取り組み;「年だから仕方ない」?.地域支え合い情報,14:14,2013

島田裕之 (自立支援開発研究部)
週刊文春, 2013年10月31日号, 認知症予防「最新レッスン」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
福島民友,平成25年10月4日(金)朝刊,高齢ドライバー 事故から守る:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高知新聞,平成25年10月5日(土)朝刊,高齢ドライバーどう守る?<上>認知症発見 教習所で早く:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高知新聞,平成25年10月6日(日)朝刊,高齢ドライバーどう守る?<下>細やかな外出支援課題.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
京都新聞,平成25年10月6日(日)朝刊,守ろう高齢ドライバー<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
福島民報,平成25年10月7日(月)朝刊,高齢者の運転<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
佐賀新聞 平成25年10月7日(日)朝刊,高齢運転手どう守る?:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
静岡新聞,平成25年10月9日(水)夕刊,高齢ドライバーの課題<上>認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
宮崎日日新聞,平成25年10月11日(金)朝刊,高齢者運転者 認知症:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
京都新聞,平成25年10月13日(日)朝刊,守ろう高齢者ドライバー<下>:外出時の支援など課題も.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
山陰中央新報,平成25年10月14日(月)朝刊,高齢者と運転免許<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
四国新聞,平成25年10月14日(月)朝刊,高齢ドライバーどう守る<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
福島民報,平成25年10月14日(月)朝刊,高齢者の運転<下>:欠かせない外出時の支援.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
静岡新聞,平成25年年10月16日(水)夕刊,高齢ドライバーの課題<下>欠かせない外出支援.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
東奥日報,平成25年10月16日(水)朝刊,欠かせぬ外出支援:デマンド交通や割引券.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
宮崎日日新聞,平成25年10月18日(金)朝刊,高齢者免許変更増える:代替交通確保が鍵.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
山陰中央新報,平成25年10月21日(月)朝刊,高齢者と運転免許<下>:欠かせぬ外出時のきめ細かな支援.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
四国新聞,平成25年10月21日(月)朝刊,高齢ドライバーどう守る<下>:欠かせぬ外出時の支援

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHKクローズアップ現代,平成25年10月10日(木),「人生後半こそ輝け!“スーパー高齢者”の競技会」

論文発表等

原著論文

Ota K, Oishi N, Ito K, Fukuyama H; the SEAD-J Study Group. (脳機能画像診断開発部)
A comparison of three brain atlases for MCI prediction.
J Neurosci Methods. 2013 Oct 16. [Epub ahead of print]

Makizako H, Shimada H, Park H, Doi H, Yoshida D, Uemura K, Tsutsumimoto K, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部, 所長室)
Evaluation of multidimensional neurocognitive function using a tablet personal computer: Test-retest reliability and validity in community-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int, 13: 860-866, 2013.

Makizako H, Kaneko F, Aoki N, Ihira H. (自立支援開発研究部)
Age-related Differences in Reaction Time Responses under Simple- and Dual-task Conditions in Middle-aged Ski Marathon Amateur Males.
International Journal of Sport and Health Science, 11: 33-38, 2013.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Lee S, Park H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Yoshida D,・ Anan Y, Suzuki T. (所長室, 自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部)
Cognitive Activities and Instrumental Activity of Daily Living in Older Adults with Mild Cognitive Impairment.
Dement Geriatr Cogn Disord Extra, 3: 398-406, 2013.

Osuga Y, Okamura K, Ando F, Shimokata H (手術・集中治療部,NILS-LSA活用研究室)
Prevalence of lower urinary tract symptoms in middle-aged and elderly Japanese.
Geriatr Gerontol Int, 13: 1010-1017, 2013.

Nishita Y, Tange C, Tomida M, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Does High Educational Level Protect Against Intellectual Decline in Older Adults? : A 10-year Longitudinal Study.
Jpn Psychol Res, 55: 378-389, 2013.

Akatsu H, Arakawa K, Yamamoto T, Kanematsu T, Matsukawa N, Ohara H, Maruyama M. (老化機構研究部)
Lactobacillus in jelly enhances the effect of influenza vaccination in elderly individuals.
J Am Geriatr Soc. 61(10):1828-1830, 2013.

Ohara Y, Hirano H, Watanabe Y, Edahiro A, Sato E, Shinkai S, Yoshida H, Mataki S (口腔疾患研究部)
Masseter muscle tension and chewing ability in older persons.
Geriatr Gerontol. Int. 2013apr; 13(2):372-377

Hakamata Y, Iwase M, Kato T, Senda K, Inada T, (脳機能画像診断開発部)
The neural correlates of mindful awareness: a possible buffering effect on anxiety-related reduction in subgenual anterior cingulate cortex activity.
PLoS One. 2013 Oct 9;8(10)

Kuroyanagi G, Otsuka T, Kondo A, Matsushima-Nishiwaki R, MIzutani J, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部) (-)-Epigallocatechin gallate amplifies interleukin-1-stimulated interleukin-6 synthesis in osteoblast-like MC3T3-E1cells. Biochimie.95:1933-1938,2013.

Kageyama Y, Doi T, Akamatsu S, Kuroyanagi G, Kondo A, Mizutani J, Otsuka T, Tokuda H, Kozawa O, Ogura S.(臨床検査部) Rac regulates collagen-induced HSP27 phosphorylation via p44/p42 MAP kinase in human platelets.Int.J.Mol.Med. 32:813-818,2013.

Kuroyanagi G, Yamada K, Imaizumi T, Nizutani J, Wada I, Kozawa O, Tokuda H, Otsuka T. (臨床検査部) Leg Iymphedema casued by iliopectineal bursitis associated with destruction of a rheumatoid hip joint : A case report. Exp.Ther.Med.6:887-890,2013.

加藤 譲司、清水 康裕、尾崎 健一、下平 隆寛、原 修、近藤 和泉 (機能回復診療部、自立支援開発研究部)
透析を実施しながら回復期リハビリテーション病棟でのリハビリテーションを行った脳卒中患者の検討
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 50, 751-756, 2013

林悠太, 鈴川芽久美, 波戸真之介, 石本麻友子, 金谷勇歩, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
通所介護サービスを利用する要介護高齢者のADL低下に関連する運動機能―大規模データを用いた検討―.
理学療法学, 40(6): 407-413, 2013.

平井達也, 牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
運動学習に対する主観的判断の正確性―若年者と高齢者の比較―.
理学療法学, 40(6): 421-428, 2013.

植田耕一郎、向井美惠、森田 学、菊谷 武、渡邊 裕、戸原 玄、阿部仁子、中山渕利、三瓶龍一、島野嵩也、岡田猛司、鰕原賀子、石山寿子 (口腔疾患研究部)
摂食・嚥下障害に対する軟口蓋挙上装置の有効性,
日摂食嚥下リハ会誌, 17:13-23, 2013.

佐藤一道、吉田佳史、浮地賢一郎、有坂岳大、宇治川清登、武安嘉大、高田篤史、渡邊裕、小澤靖弘、山根源之、片倉 朗、栗山智宏、外木守雄 (口腔疾患研究部)
顎関節症患者のいびきと就寝体位に関する検討、
日歯人間ドック会誌、8(1):30-34, 2013.

玉川雅章松浦弘幸中野正博行正徹山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
人体の衝突・転倒時の損傷評価に関する基礎的研究 -各種条件下でのダミーの衝突・転倒実験による損傷パラメータの算出-
日本ロボット学会誌 Vol.31 No.8 2013

Nagaosa S, Yaeda J, Matsushita H, A. M. S. Maheen, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Visualization of the Role Expectation for Strategy Management using the Delphi Method and Importance-Performance Analysis in Dysphagia Rehabilitation Nursing Services.
The 1st International Conference of Serviceology. 217-220, 2013

総説, その他

大島伸一 (総長)
巻頭言.日本の高齢社会の進展において医療のあるべき姿とは何か. 新医療.40(10):19. 2013.

高杉敬久,唐澤剛,大島伸一,新田國夫,鈴木邦彦 (総長)
かかりつけ医機能と在宅医療. 日本医師会雑誌.142 (7):1497-1509. 2013.

多比良祐子,清住沙代,高柳奈見,藤平弘子,西久保周一,渡邊 裕,松崎達,芹田良平,片倉朗 (口腔疾患研究部)
東京歯科大学市川総合病院の呼吸ケアチームにおける歯科衛生士のアプローチ,
歯科学報, 113:47-56, 2013

岩佐康行,渡邊 裕,古屋純一 (口腔疾患研究部)
義歯の後は"食事指導!""噛めたら終わり"から健康長寿のサポートへ
The Quintessence, 32(7): 1506-1529,2013

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
終末期の口腔ケアup date 終末期の口腔ケアの最新知見
看護技術,59(7):745-748, 2013

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
「歯科・口腔領域からみた高齢期の健康増進」
Geriatric Medicine:51 947-951, 2013.

書物等

加藤昇平、遠藤英俊 (内科総合診療部)
パーソナル・ヘルスケア -ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線-
 第2編 モニタリングデバイス・システム研究開発の最前線
 第5章 音情報
 第2節 音声韻律・脳血流情報を用いた認知症早期スクリーニング支援技術の開発
株式会社エヌ・ティー・エス

渡邊 裕(著分担) (口腔疾患研究部)
高齢者歯科と臨床検査 p86-96, 全国歯科衛生士教育協議会監修: 最新歯科衛生士教本 高齢者歯科 第2版 医歯薬出版, 東京, 2013

渡邊 裕(著分担)(口腔疾患研究部)
高齢者の薬剤服用 p104-108, 全国歯科衛生士教育協議会監修: 最新歯科衛生士教本 高齢者歯科 第2版 医歯薬出版, 東京, 2013

渡邊 裕(著分担)(口腔疾患研究部)
意識障害のある患者の口腔ケア p49-54, 基礎から学ぶ口腔ケア 第2版(監)菊谷武, Gakken, 東京, 2013

渡邊 裕(著分担)(口腔疾患研究部)
人工呼吸器装着患者の口腔ケア p55-61, 基礎から学ぶ口腔ケア 第2版(監)菊谷武, Gakken, 東京, 2013

渡邊 裕(著分担)(口腔疾患研究部)
口腔ケアを拒否する患者への口腔ケア p87-92, 基礎から学ぶ口腔ケア 第2版(監)菊谷武, Gakken, 東京, 2013

渡邊 裕(著分担)(口腔疾患研究部)
歯科医師に紹介すべき口腔粘膜疾患 p131-136, 基礎から学ぶ口腔ケア 第2版(監)菊谷武, Gakken, 東京, 2013

渡邊 裕(著分担)(口腔疾患研究部)
急性期医療における気道感染予防 p61, 基礎から学ぶ口腔ケア 第2版(監)菊谷武, Gakken, 東京, 2013

渡邊 裕(編集)(口腔疾患研究部)
口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

森下志穂(著分担)(口腔疾患研究部)
<口腔ケアの唾液で誤嚥する>口腔ケアの唾液で誤嚥する患者は、口腔ケアは行わないほうがよいですか? p50-51, 口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

森下志穂(著分担)(口腔疾患研究部)
<神経疾患の患者>脳性麻痺患者で緊張・不随意運動が強い場合は、どのように口腔ケアをすればよいですかp106-107, 口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

森下志穂(著分担)(口腔疾患研究部)
<神経疾患の患者>脳性麻痺患者で口腔ケアを開始時に、口を大きく動かしたり、唇など噛んで傷つけてしまうときはどうしたらよいですか? p108-109, 口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

森下志穂(著分担)(口腔疾患研究部)
<歯肉増殖症の患者>ニフェジピン・フェニトイン歯肉増殖症で歯が見えない場合、どのように口腔ケアを行えばよろしいですか? p110-111, 口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

森下志穂(著分担)(口腔疾患研究部)
<小児>重度障がい児は口腔ケア中に無呼吸になりやすく、酸素飽和度が大きく変動します。口腔ケアを中断な いし中止する目安はありますか?また、人工呼吸器を装着をしている患児の口腔ケア? p139-140, 口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

森下志穂(著分担)(口腔疾患研究部)
<口腔ケア用具の基本的な使い方>口腔ケア用具の基本的な使い方と使用上の注意点を教えてください(歯ブラ シ、スポンジブラシ、タフト型歯ブラシ、舌ブラシ、歯間ブラシ、フロス、歯みがきガーゼ)p142-144, 口腔ケアの疑問解決Q&A, Gakken, 東京, 2013

河津省司(脳機能画像診断開発部)
第I編 現象の数理 数理医学 臨床医用画像診断における形態・機能断層画像
日本応用数理学会(監修)薩摩順吉・大石進一・杉原正顕(編集),
応用数理ハンドブック, 朝倉書店, 東京, 2013, pp153

講演等

学会・研究会等発表

Ohshima H, Toba K, Suzuki T, Ohshima S (在宅医療開発研究部,所長室,総長室)
Evaluation of activities of home health care liaison centers of 105 nationwide for 2012 in Japan.
9th International Nursing Conference & 3rd World Academy of Nursing Science. October 18, 2013, Seoul, Korea.

Ohshima H, Ohshima S, Suzuki T, Toba K (在宅医療開発研究部,総長室,所長室)
Characteristics of home health care liaison centers activities, according to types of business by work contents in Japan.
9th International Nursing Conference & 3rd World Academy of Nursing Science. October 18, 2013, Seoul, Korea.

A Osawa, S Maeshima, K Ozaki, I Kondo (機能回復診療部、自立支援開発研究部)
Causative factors for stroke associated pneumonia and outcome in acute hospital
9th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society , Venice, 2-4 October , 2013

Satake S., Senda K., Hong Y.J., Miura H., Endo H., Kondo I., Toba K. (自立支援開発研究部,内科総合診療部, 在宅医療・地域連携診療部, 病院長)
The usefulness of Kihon Checklist (KCL) to predict adverse outcomes in geriatric outpatients with chronic diseases.
9th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society Venice, 2-4 October, 2013

Senda K., Satake S., Kondo I., Nishikawa M., Nishimura K., Tokuda H., Miura H., Endo H., Toba K. (内科総合診療部, 自立支援開発研究部, 緩和ケア診療部, 臨床検査部, 病院長)
Sarcopenia in Japanese elder patients with chronic obstructive pulmonary disease undergoing comprehensive pulmonary rehabilitation.
9th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society, Venice, October 2-4, 2013

Matsuura H, Nakano M, Noto H, Ishikawa K, Kamiya N, Nemoto T, Kondo R, Matsuzaki T, Tamagawa M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Human risk factors and Criteria-Risk Adjuster
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Matsuura H, Nakano M, Ishikawa K, (長寿医療工学研究部)
Quantum Neural Networks Theory and Its Calculation
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Kamiya N, Kondo R, Matsuzaki T, Ishikawa K, Tamagawa M, Yukimasa T, Nakano M, Yamanaka M, Kubota M, Matsuura H (長寿医療工学研究部)
Comparison of the anatomical severity between a natural fall and the fall from a wheeled platform imitated a two-wheeled, self-balancing, battery-powered electric vehicle
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Ishikawa K, Matsuura H, Kamiya N, Nakano M, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Matsuzaki T, Kondo R, Kubota M(長寿医療工学研究部)
Human body injury level at the time of the wheelchair fall, survival rate estimate
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M(長寿医療工学研究部)
Microscopic simulation of deformation of Pseudo-skull by collision
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Yukimasa T, Kubota M(長寿医療工学研究部)
How does the Normal Force on the Rigid Rod Behave during Falling?
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Noto H, Muraki S(長寿医療工学研究部)
Effect of rear Wheel operation for manual wheelchair by helpers on user's riding comfort and helper's physical strain, navigating steps
26th annual Conference of Biomedical Fuzzy System Association(BMFSA2013), 2013.10.12-13, Sapporo

Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Depression among family caregivers of community-dwelling older people who used services under the Long Term Care Insurance program: a large-scale population-based study in Japan (Free Communication).
The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 4, Seoul, Korea (Received the Award for the Best Presentation).

Mizuno Y, Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Measures for enhancing the mobility of older people and people with dementia in Japan.
The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 2, Seoul, Korea.

Shimokata H (NILS-LSA活用研究室) A longitudinal study of frailty and aging in Japan. Symposium: Frailty in the older people: dynamic perspectives. The 9th Congress of the European Union Geriatric Medicine Society, Oct 4, 2013, Venice, Italy.

Maruyama M (老化機構研究部)
Putative role of Zizimin family genes in immune responses and immunosenescence
2013 Mini-symposium on Mitochondria and Aging, Oct 19, 2013, New Taipei, Taiwan

Noguchi T, Ishida N, Ishihara Y, Ishida K, Kato Y, Michikawa M, and Matsushita K (口腔疾患研究部)
Effects of periodontitis on Alzheimer’s disease development in transgenic mice. IADR’s 10th World Congress on Preventive Dentistry (WCPD). October 9, 2013, Budapest, Hungary

鈴木隆雄 (所長室)
超高齢社会における運動器の重要性.
日本公衆衛生学会、2013年10月24日、三重県.

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
研修医セミナー 期待が集まる脳PET-認知症への応用-
第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会、2013年10月14日、名古屋

山岸未沙子 (脳機能画像診断開発部)
高齢者のための照明条件に関する色温度の影響
平成25年度色彩学会東海支部第2回研究会、2013年10月5日、名古屋

森 大気, 渡辺 研, 紙田正博, 酒井義人, 伊藤定之, 山田哲司, 尾野雅哉, 原田 敦, 新飯田俊平 (バイオバンク, 運動器疾患研究部, 整形外科)
プロテオーム解析を利用した腰部脊柱管狭窄症における黄色靭帯変性関連分子の解析
第28回日本整形外科学会基礎学術集会, 2013年10月17日, 千葉

寺西利生、近藤和泉伊藤直樹、伊藤慎英、松田文浩、谷野元一、奥山夕子、園田茂(自立支援開発研究部, 機能回復診療部)
回復期リハビリテーション病棟で1年間に発生した転倒の分析-管理方法(動作許可レベル)による決定木分類を用いた検討-
転倒予防医学研究会第10回研究集会, 2013年10月6日, 東京都

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
「高齢者の運動と栄養管理について」 -高齢虚弱の理解のために-
第13回 八戸圏域広域支援センター研修会、 2013年11月2日、八戸市

大沢愛子、近藤和泉 (機能回復診療部、自立支援開発研究部)
慢性期軽度意識障害の評価スケール開発のためのアプローチ-新たな評価スケールへの展開―
第22回日本意識障害学会、2013年7月25-26日.秋田市

阿部真也、北山藍、高橋秀寿、大沢愛子、前島伸一郎、高澤千明、原美悠紀、小俣千尋、藤原綾香、田村智子、木川浩志(機能回復診療部)
脳卒中患者におけるパンと液体の安全性~嚥下造影検査からみた検討~
第19回日本摂食●嚥下リハビリテーション医学会学術集会,2013年9月22-23日. 岡山

平野 優、遠藤 英俊、佐竹 昭介、町屋 晴美、伊藤 眞奈美(内科総合診療部, 自立支援開発研究部, 看護部)
当院における「特定行為に係る看護士の研修制度」の認知度調査.
第24回日本老年医学会東海地方会 名古屋 10月26日、2013年

西原 恵司、洪 英在、川嶋 修司、佐竹 昭介、三浦 久幸、遠藤 英俊(内科総合診療部, 臨床研究推進部)
高齢者総合診療科の初診外来で経験した、薬物有害作用と診断された15例の検討.
第24回日本老年医学会東海地方会 名古屋 10月26日、2013年

松浦弘幸神谷直樹石川耕介近藤理恵松崎照美根本哲也行正徹中野正博能登裕子玉川雅章,久保田正美(長寿医療工学研究部)
人体損傷に対する基礎的研究
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

松浦弘幸神谷直樹石川耕介近藤理恵松崎照美根本哲也行正徹中野正博能登裕子玉川雅章,久保田正美(長寿医療工学研究部)
人体損傷にたいするクライテリアの考え方
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

松浦弘幸,神谷直樹,石川耕介(長寿医療工学研究部)
量子神経とその回路の計算原理
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

神谷直樹近藤理恵松崎照美石川耕介玉川雅章行正徹中野正博,久保田正美,松浦弘幸,(長寿医療工学研究部)
自然転倒と電動立ち乗り二輪車を模した台車からの転倒における解剖学的重症度の比較
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

石川耕介松浦弘幸神谷直樹中野正博玉川雅章行正徹山中真松崎照美近藤理恵,久保田正美 (長寿医療工学研究部)
車椅子転倒時における下肢傷害の推定
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

玉川雅章松浦弘幸中野正博行正徹山中真,久保田正美(長寿医療工学研究部)
各種条件下での人体の衝突・転倒時の損傷予測
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

行正徹(長寿医療工学研究部)
転倒において滑り出す条件は?
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

行正徹(長寿医療工学研究部)
精神医学の理論的諸問題について
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第26回年次大会(BMFSA2013), 2013.10.12-13, 札幌

中井敏晴田中あゆ子國見充展木山幸子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる高齢者向け体力測定に用いられる運動認知機能計測方法の神経基盤評価、 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 S532,S533
第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会、2013年10月12-14日 名古屋

金井章、後藤寛司、中井敏晴木山幸子國見充展田中あゆ子、冨田秀仁 (長寿医療工学研究部)
若者群における運動計測予測モデルの検討、 日本生体医工学会東海支部大会抄録集 p16
平成25年度日本生体医工学会東海支部大会 2013年10月19日 名古屋

國見充展、木山幸子、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
視覚的N-back課題における有意味刺激と無意味刺激の共通賦活領域と相違賦活領域、 日本生体医工学会東海支部大会抄録集 p19
平成25年度日本生体医工学会東海支部大会 2013年10月19日 名古屋

木山幸子、國見充展、飯高哲也、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
両手制御における視覚運動変換を支える神経基盤とその加齢変化、日本生体医工学会東海支部大会抄録集 p20
平成25年度日本生体医工学会東海支部大会 2013年10月19日 名古屋

中井敏晴田中あゆ子國見充展木山幸子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
複合運動をモデル化した仮想作業課題による運動認知機能計測の開発、日本生体医工学会東海支部大会抄録集 p24
平成25年度日本生体医工学会東海支部大会 2013年10月19日 名古屋

平井徹也、福田洋治、廣友雅徳、毛利公美、中井敏晴、白石善明 (長寿医療工学研究部)
連結可能匿名化された医療情報を利用するシステムのセキュリティ構築方法論に基づくセキュリティ対策の検討、 日本生体医工学会東海支部大会抄録集 p62
平成25年度日本生体医工学会東海支部大会 2013年10月19日 名古屋

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者を含む高齢者の外出・移動支援事業:自治体が直面した課題及び対処方法.
第72回日本公衆衛生学会総会,2013年10月24日,津市.

大森啓充、滝川修、眞山義民、奥野海良人、山﨑雅美、福場浩正、村田芳夫、松本信夫、品川友江、宮地隆史、住元了、鈴木修一、 宮野前健、児玉浩子 (ラジオアイソトープ管理室)
経管栄養施行中の重症心身障害児(者)の栄養障害と免疫機能 - インドールアミン酸素添加酵素(IDO)との関連について-
第35回日本臨床栄養学会、2013年10月4-6日、京都

内田育恵杉浦彩子,中島務 (NILS-LSA活用研究室,先端診療部) 炎症性メディエーター関連遺伝子多型と加齢性難聴. 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会,2013年10月24日,松本市.

芦原ひとみ,近藤克則,鄭丞媛,鈴木佳代 (老年社会科学研究部)
ソーシャル・キャピタル指標と自殺率との関連性-JAGES プロジェクト-.
第72回日本公衆衛生学会総会,2013年10月24日,三重県.

日野智之、外園千恵、東原尚代、山田潤、上田幸典、渡辺彰英、木下茂 (老化機構研究部)
慢性涙嚢炎が契機と考えられた角膜潰瘍の3症例
第50回日本眼感染症学会、2013 年7 月12 日、大阪

赤津裕康、井之上浩一、望月奈々、福原崇臣、清水志乃、清水猛史、大原弘隆、山本孝之、橋詰良夫、豊岡利正、道川誠、遠山育夫 (老化機構研究部)
福祉村ブレインバンク活動と嗅球・鼻粘膜でのアルツハイマー病診断の可能性
第22回海馬と高次脳機能学会、2013年 10月13日、金沢

文堂昌彦 加藤隆司 中村昭範 澤戸稚保美 岩田香織 中坪大輔 伊藤健吾  (脳機能画像診断開発部)
特発性正常圧水頭症におけるβアミロイド蓄積と臨床症状
第72回日本脳神経外科学会学術総会、2013年10月18日、横浜

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
アミロイド・イメージング -そのインパクトと最近の状況- パネルディスカッションI:ここが知りたい認知症の画像診断,
第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2013年10月12-14(13)日 名古屋国際会議場 名古屋市

宮下俊郎庵原耕一郎、山本照子、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「三次元scaffoldを用いた加圧刺激による間葉系幹細胞の象牙芽細胞への分化誘導」
第72回日本矯正歯科学会大会 長野 2013年10月9日

山本翼、栗田賢一、堀部宏茂中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄幹細胞による末梢神経麻痺細胞治療の新たな可能性」
第58回 日本口腔外科学会総会・学術大会 福岡 2013年10月11日

堀部宏茂、栗田賢一、中島美砂子山本翼 (口腔疾患研究部)
「ヒト中高齢者の歯髄幹細胞は若年と同様に高い血管新生能および歯髄再生能を有する」
第58回 日本口腔外科学会総会・学術大会 福岡 2013年10月11日

竹内教雄、中島美砂子、庵原耕一郎、村上真史、林勇輝、堀部宏茂 (口腔疾患研究部)
「歯髄再生治療法に用いる最適な遊走因子の検討」
第139回日本歯科保存学会 秋田 2013年10月17日

中島幸恵,島田康史,サダルアリレザ,宮新 美智世,田上順次,角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「SS-OCTによる乳歯咬合面う蝕診断の評価」
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会 2013年10月18日 秋田市

伊藤幸子、中島幸恵、高木裕三、島田康史、サダルアリレザ、田上順次、角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「SS-OCTによる咬合面裂溝ならびに予防填塞材の断層画像評価」
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会2013年10月18日秋田市

飯野由子、河村 隼、渡辺 聡、吉岡俊彦、花田隆周、中野生和子、海老原 新、須田英明、島田康史、田上順次、角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「SS-OCTによる上顎大臼歯近心頬側第二根管の検出.」
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会 2013年10月18日秋田市

Nagaosa S, Yaeda J, Matsushita H, A. M. S. Maheen, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Visualization of the Role Expectation for Strategy Management using the Delphi Method and Importance-Performance Analysis in Dysphagia Rehabilitation Nursing Services.
The 1st International Conference of Serviceology. 2013.10.17 Tokyo,Japan

Makishi P, Thitthaweerat S, Sadr A, Shimada Y, Giannini M, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Marginal adaptation of different adhesive systems to dentin by optical coherence tomography. Academy of Dental Materials Meeting 2013.10.09-12 Vancouver, BC.

Sadr A, Bista B, Bakhsh TA, Shimda Y, Sumi Y, Tagami J. (歯科口腔先進医療開発センター)
Comparison of Tomographic Techniques for Assessment of Marginal and Internal Microgaps of Composites. Academy of Dental Materials Meeting 2013.10.09-12 Vancouver, BC.

講演など(教育、普及、広報活動)

Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Psychosocial Research about mental health of older people in Japan: Challenges in disseminating findings (Symposium).
The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 2, Seoul, Korea.

Takashima A (分子基盤研究部)
Tau protein as key converter of normal brain aging to dementia
IBRO-sponsored International Symposium : Current Aspects in Pathophysiology of Alzheimer’s disease, 24 Oct. 2013, Braga, PORTUGAL

Takashima A (分子基盤研究部)
Granular tau oligomer: toxic tau aggregation
Cantoblanco Workshops on Biology : Is tau a prion-like protein? Implications for physiology and pathology, 28-30 Oct. 2013, Madrid, SPAIN

大島伸一 (総長)
高齢社会と医療の行方.
第121回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会.特別講演.東京.2013年10月4日.

大島伸一 (総長)
治す医療から治し支える医療への転換.
チームかまいし地域医療連携推進フォーラム.講演.釜石.2013年10月9日.

大島伸一 (総長)
長寿社会と医療.
第72回日本公衆衛生学会総会.特別講演.津.2013年10月24日.

大島伸一 (総長)
「21世紀日本モデル」の医療の展望と課題〜社会保障制度改革国民会議報告を踏まえて.
平成25年度社会福祉トップセミナー.講演.東京.2013年10月31.

大島伸一 (総長)
これからの日本の医療、地域医療の在り方.
宇都宮市医療保健事業団開設30周年記念講演会.講演.宇都宮.2013年10月31.

鈴木隆雄 (所長室)
高齢者の健康の視点から.
元気な高齢社会を目指す検討会議、2013年10月16日、大府市役所.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
客観的な指標を用いたモニタリング.
平成25年度多職種協働による在宅チーム医療を担う人材育成事業.2013年10月22日、東京.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションに活かすICF.
日本障害者リハビリテーション協会ICF研修会,10月12日,金沢.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病を防ぐ街づくり・人づくり;新しい常識を学びましょう.
大河原町第4回元気!安心!フェア,10月26日,大河原町.

佐竹 昭介 (自立支援開発研究部)
ロコモティブシンドロームとサルコペニア 〜老いの過程(虚弱化)を踏まえて〜
福岡県栄養士会福岡支部研修会 福岡 10月26日、2013年

島田裕之. (自立支援開発研究部)
加齢に伴う生体機能の変化を追う〜要因を追及する理学療法の展開〜
第48回日本理学療法士協会全国学術研修大会 スタンダードセミナー, 浜松, 2013年10月5日.

島田裕之. (自立支援開発研究部)
認知症高齢者と転倒.
転倒予防医学研究会「第10回研究集会」, 東京, 2013年10月6日.

島田裕之. (自立支援開発研究部)
介護予防とお元気で21健診について.
南区介護予防「お元気で21」事業 介護予防講演会. 横浜, 2013年10月22日.

滝川修新飯田俊平、平山明由、曽我朋義 (ラジオアイソトープ管理室、バイオバンク)
メタボロミクスによるアルツハイマー病早期発見診断マーカーの探索
第8回メタボロームシンポジウム、2013年10月4日、福岡

滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
トリプトファン代謝異常と疾患:アルツハイマー病とがん免疫抑制作用
第52回日本栄養・食糧学会近畿支部大会、2013年10月26日、彦根

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
食生活からの健康長寿を目指して.
平成25年度戦没者遺族相談員研修会,2013年10月29日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
食生活からの健康長寿を目指して.
平成25年度戦傷病者相談員研修会,2013年10月29日,名古屋市.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
中日新聞大介護展 講演「認知症の話〜認知症の予防を中心に〜」.
2013年10月6日、名古屋市中村区

遠藤英俊 (内科総合診療部)
平成25年度アルツハイマーデーにちなんだ講演会「超高齢社会における認知症の医療とケア」.
2013年10月12日、豊田市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
みんなで考える認知症予防のつどい「住みなれた地域でいつまでも自分らしく」〜認知症予防と回想法〜
2013年10月13日、恵那市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
小倉医師会 講演会
2013年10月26日、北九州市小倉北区

遠藤英俊 (内科総合診療部)
歯の健康力推進歯科医師等養成講習会「医科から見た在宅歯科診療への期待」
2013年10月27日、名古屋市中区

遠藤英俊 (内科総合診療部)
愛知県栄養士会 平成25年度生涯学習研修会「認知症と食行動」
2013年10月27日、名古屋市東区

松下健二(口腔疾患研究部)
「超高齢社会における口腔の健康の考え方 〜老化・老年病と口腔の関連性〜」
九州大学歯学府大学院特別集中講義「口腔ケアと先端技術」2013/10/22 福岡

松下健二(口腔疾患研究部)
「健康寿命を延ばす口腔の健康の重要性 〜全身の健康と口腔の密接な関係とは」
2013年度明海大学歯学部公開講座 2013/10/05 坂戸

文堂昌彦 (脳機能画像診断開発部)
iNPH診療におけるアルツハイマー病の考え方
第72回日本脳神経外科学会学術総会ランチョンセミナー、2013年10月18日、横浜

徳田治彦 (臨床検査部)
長寿ドックからみた動脈硬化
第1回健康長寿と動脈硬化フォーラム 平成25年10月18日 あいち健康プラザ健康宿泊館 愛知

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯延命化による健康長寿を目指した歯髄・象牙質再生治療の実用化に向けて」 
朝日大学歯科同窓会同窓会愛知県支部学術講演会 名古屋 2013年10月6日

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯科における再生医療の考え方 -歯髄・象牙質再生治療実用への課題と展望-」 
愛知学院大学歯学部同窓会ポストグラデュエートコース 名古屋 2013年10月27日

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症を理解しよう」 
平成25年度愛知県豊川保健所認知症等普及啓発地域シンポジウム、2013年10月19日、豊川市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「症例から診る認知症診断とその治療〜症例検討〜」 
平成25年度「ものわすれ外来」協力医療機関担当医研修 北九州市立精神保健福祉センター、2013年10月25日、北九州市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「パーキンソン病」 
熱田区医師会学術講演会、2013年10月28日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症を病院で診る-院内連携を中心に-」 
第5会南大阪の認知症診断・治療・連携を考える会、2013年10月30日、大阪

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢社会と口腔管理20年後、30年後の歯科医療を考える」
鹿児島大学 講義 2013年10月31日 鹿児島市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者歯科医療の将来像―今後の歯科界の発展の方策を考える―」 
平成25年度歯の健康力推進歯科医師等養成講習会 2013年10月27日 名古屋市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「超高齢社会からみる口の問題」
日本食育ネットワーク「高齢者口腔機能管理・基礎コース」講習会 2013年10月19日 東京都

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「命を支える口腔ケア」 
佐倉市健康管理センター講演会 2013年10月10日 佐倉市

角 保徳(歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者歯科の現況と10年後、20年後」 
松本歯科大学 障害者歯科学 講義 2013年10月8日 塩尻市

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター