文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 9月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 9月

2013年 [平成25年] 9月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年9月29日(日)朝刊,「長寿の国を診る」,地域包括ケアと街づくり”.

鈴木隆雄 (所長室)
朝日新聞,平成25年9月18日号,「65歳」じゃ若すぎる・・・説.高齢者は何歳?検証.

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞,平成25年9月26日号,シニアのための健康術「かんでのみ込む機能が大切」

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
日本農業新聞 平成25年9月2日 農業論壇 テーマ:どうする被災地の医療・健康 人の強さ尊重しよう

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
読売新聞(夕刊) 平成25年9月12日 豪雨被災 日田市の高齢者 仕事、生きがい失い活動量減る

幸篤武 (NILS-LSA活用研究室)
中日こどもウイークリー ,平成25年9月7日(土),「増える体力ある高齢者」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
産経新聞 ,平成25年9月19日(木)朝刊,「健康百寿 家事とおしゃべり元気の源」

論文発表等

原著論文

Iwasa H, Kai I, Yoshida Y, Suzuki T, Kim H and Yoshida,H. (所長室)
Global cognition and 8-year survival among Japanese community-dwelling older adults.
Int J Geriat Psych Int Geriatr Psychiatry, 28: 841-849, 2013.

Kim H, Suzuki T, Saito K, Yoshida H, Kojima N, Kim M, Sudo M, Yamashiro Y, Tokimitsu I. (所長室)
Effects of exercise and tea catechins on muscle mass, strength and wlking ability in community-dwelling elderly Japanese sarcopenic women.
A randomized controlled trial. Geriatr Gerontol Int ;13:458-465,2013.

Fujita H, Suzuki T, Shinya S, Kawakubo Y, Ono K, et al. (所長室)
Contribution of antemortem tooth loss (AMTL) and dental attrition to oral palaeopathology in the human skeketal series from the Yean- ri site, Souty Korea.
International Journal of Archaeology ; 1(1):1-5,2013.

Kim H, Suzuki T, Saito K, Kim M, Kojima N, Ishizaki T, Yamashiro Y, Hosoi E, Yoshida H. (所長室)
Effectiveness of exercise with or without thermal therapy for community-dwelling elderly Japanese women with non-specific knee pain: A randomized controlled trial.
Archives of Gerontology and Geriatrics 57: 352-359, 2013.

Ito K, Mori E, Fukuyama H, Ishii K, Washimi Y, Asada T, Mori S, Meguro K, Kitamura S, Hanyu H, Nakano S, Matsuda H, Kuwabara Y, Hashikawa K, Momose T, Uchida Y, Hatazawa J, Minoshima S, Kosaka K, Yamada T, Yonekura Y; J-COSMIC Study Group. (脳機能画像診断開発部、脳機能診療部)
Prediction of outcomes in MCI with 123I-IMP-CBF SPECT: a multicenter prospective cohort study.
Ann Nucl Med. 2013 Sep 6. [Epub ahead of print]

Ishigami A, Uchida Y, Miyazaki T, Handa S, Choi E.K, Kim Y.S, Kasahara Y, Maruyama N (老化機構研究部)
Two novel sandwich ELISAs identify PAD4 levels and PAD4 autoantibodies in patients with rheumatoid arthritis.
Mod Rheumatol. 23(4), 794-803,2013

Manavalan A, Mishra M, Feng L, Sze SK, Akatsu H, Heese K (老化機構研究部)
Brain site-specific proteome changes in aging-related dementia.
Exp Mol Med. 6;45:e39,2013

Datta A, Akatsu H, Heese K, Sze SK (老化機構研究部)
Quantitative clinical proteomic study of autopsied human infarcted brain specimens to elucidate the deregulated pathways in ischemic stroke pathology.
J Proteomics. 2;91C:556-568,2013

Kitamura H, Naoe Y, Kimura S, Miyamoto T, Okamoto S, Toda C, Shimamoto Y, Iwanaga T, Miyoshi I. (老化機構研究部)
Beneficial effects of Brazilian propolis on type 2 diabetes in ob/ob mice: Possible involvement of immune cells in mesenteric adipose tissue.
Adipocyte, 2(4): 227-236, 2013

M.Maruyama, H.Shimada, T.Suhara, H.Shinotoh, B.Ji, J.Maeda, MR.Zhang, JQ.Trojanowski, VM.Lee, M.Ono, K.Masamoto, H.Takano, N.Sahara, N.Iwata, N.Okamura, S.Furumoto, Y.Kudo, Q.Chang, TC.Saido, A.Takashima, J.Lewis, MK.Jang, I.Aoki, H.Ito, M.Higuchi (分子基盤研究部)
Imaging of tau pathology in a tauopathy mouse model and in Alzheimer patients compared to normal controls,
Neuron, 2013 Sep 18;79(6):1094-108

Alshammary S, Fukushima S, Miyagawa S, Matsuda T, Nishi H, Saito A, Kamata S, Asahara T, Sawa Y.(老化機構研究部)
Impact of cardiac stem cell sheet transplantation on myocardial infarction.
Surgery Today 2013 Sep;43(9):970-6.

金憲経、鈴木隆雄、吉田英世、島田裕之、山城由華吏、須藤元喜、仁木佳文. (所長室)
都市部在住高齢者女性の膝痛、尿失禁、転倒に関する歩行要因.
日本老年医学雑誌50巻4号528-535、2013.

國見充展・木山幸子・中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
生活機能評価“基本チェックリスト”はワーキングメモリを反映するか,
老年精神医学雑誌(日本老年精神医学会)24巻,pp.801-809.2013

安藤富士子,大塚礼,幸篤武,北村伊都子,甲田道子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者のサルコペニア有病率とその10年間の推移.
日本未病システム学会雑誌,19:1-6,2013.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
成人後期の主観的幸福感に対する配偶者の有無と対人関係の影響.
日本未病システム学会雑誌,19:88-92,2013.

今井具子,加藤友紀,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者の食事記録データから作成した料理データベースを用いた大学生の栄養素等推定値の有効性.
日本未病システム学会雑誌,19:93-97,2013.

堀川千賀大塚礼加藤友紀,河島洋,柴田浩志,安藤富士子下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
トリグリセリド高値の者における血清脂肪酸の特徴 ~地域在住の中高年男女における検討~.
日本未病システム学会雑誌,19:125-130,2013. .

川島伸之、辺見浩一、市野瀬志津子、鈴木孝尚、山下直也、立花克郎、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
超音波感受性ナノバブルを応用した効果的な根管内細菌の殺菌法の開発. 
超音波TECHNO.2013.9-10

小林義和、松尾浩一郎、渡邉理沙、藤井 航、金森大輔、永田千里、角 保徳、水谷英樹 (歯科口腔先進医療開発センター)
当院における周術期口腔機能管理患者の口腔内状況および介入効果 老年歯科医学 28: 69-78, 2013

総説, その他

Jang B, Ishigami A, Maruyama N, Carp R.I, Kim Y.S, Choi E.K (老化機構研究部)
Peptidylarginine deiminase and protein citrullination in prion diseases:
Strong evidence of neurodegeneration. Prion 7(1), 42-46,2013

大島伸一 (総長)
巻頭言.健康長寿社会の構築に向けて. 公衆衛生情報.43(6):1. 2013.

松下健二 (口腔疾患研究部)
「血管を基盤とした歯周病と糖尿病の関連性」 愛知医報, 1995:5-6, 2013

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者の基準値の考え方,検査結果をどう読むか?
JOHNS,29:1377-1380,2013.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
老化の長期縦断研究からみた高齢期の健康増進の解明,高齢者の健康増進.
Geriat Med,51:395-399,2013.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
日々の食事を介した高齢期の健康増進,高齢者の健康増進.
Geriat Med,51:907-912,2013.

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
健康長寿社会を築く長期縦断疫学研究.
日本未病システム学会雑誌,19:29-35,2013.

安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
果実・果汁飲料と機能性成分(10) 中高年者の疾病予防における果物・カルテノイド摂取の役割,果実とその加工品の話.
食品と容器,54:530-535,2013.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
年齢に伴うもの忘れとアルツハイマー型認知症でみられるもの忘れの区別が難しいのですが、どのように鑑別したらよいですか?鑑別するコツを教えてください"治療特別編集 認知症でお困りですか?"
編著:川畑信也 南山堂23-26、2013

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Suzuki T (所長室)
RCT for prevention of dementia in the MCI elderly in Japan.
Smart Aging Alliance, September 7, 2013. Taiwan.

Ishihara Y, Ishida N, Ishida K, Kato Y, Noguchi T, Michikawa M, Matsushita K (口腔疾患研究部)
Alzheimer's disease progress is induced by experimental periodontitis in transgenic mice.
10th Asian pacific Society of Periodontology Meeting, September 3, Nara

Matsuura H, Nakano M, Ishikawa K, Kamiya N, Kondo R, Matsuzaki T, Tamagawa M (長寿医療工学研究部)
Mechanical Human Injury and Its Criteria and Mechanism
Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2013), 2013.9.14-17, Kumamoto

Ishikawa K, Matsuura H, Kamiya N, Nakano M, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Matsuzaki T, Kondo R, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Chest Injury Evaluation at the Time of the Wheelchair Fall
Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2013), 2013.9.14-17, Kumamoto

Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Propagation of Micro Shock Wave in Skull after Collision and Falling
Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2013), 2013.9.14-17, Kumamoto

Tamagawa M, Matsuura H, Nakano M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Effects of Falling Conditions on Estimation of Mortality and Injury by Collision and Fall on the Floor
Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2013), 2013.9.14-17, Kumamoto

Yukimasa T, Kubota M (長寿医療工学研究部)
The Behavior of the Horizontal Component of the Constraint Force in Falling
Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2013), 2013.9.14-17, Kumamoto

Kiyama, S., Tamaoka, K., Kim, J., & Koizumi, M. (2013). (長寿医療工学研究部)
Effect of animacy on word order in Kaqchikel. AMLaP 2013: Architectures and Mechanisms for Language Processing.
September 2-4, 2013. Aix-Marseille University, Marseille, France. (Poster presentation)

Akatsu H, Kanematsu T, Arakawa K, Yamamoto T, Matsukawa N, Kurihara R, Ohara H, Maruyama M. (老化機構研究部)
Interventional trial to enhance effect of Influenza vaccination in eldery with jelly.
The 35th ESPEN Congress on Clinical Nutrition & Metabolism, Sep 1, 2013, Leipzig, Germany

森 大気, 紙田正博, 酒井義人, 伊藤定之, 山田哲司, 尾野雅哉, 原田 敦, 新飯田俊平, 渡辺 研 (バイオバンク, 整形外科, 運動器疾患研究部)
腰部脊柱管狭窄症における黄色靭帯変性関連分子の解析
第86回生化学会大会, 2013年9月12日, 横浜

中井敏晴田中あゆ子國見充展木山幸子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
運動認知機能計測モデルを使ったインタラクティブ型fMRI 課題の開発、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S280、2013
第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月20日(19-21) 徳島

木山幸子、國見充展、飯高哲也、中井敏晴、(長寿医療工学研究部)
認知機能の潜在的低下を推定する段階的負荷テストの開発可能性:両手指制御に着目して、P-2-128、
日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S396、2013 第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月20日(19-21) 徳島

國見充展、木山幸子、中井敏晴、 (長寿医療工学研究部)
fMRI による臨床診断用認知負荷ストレス課題の妥当性の検討、P-2-129、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S397、2013
第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月20日(19-21) 徳島

石森文朗、土橋俊男、藤田功、栗田幸喜、桝田喜正、松本浩史、砂森秀昭、中井敏晴、 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災におけるMRI装置の被害状況(関東地区)~今後の震災に備えた対策、
P-2-172、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S418、2013 第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月20日(19-21) 徳島

山口さち子、町田好男、土橋俊男、礒田治夫、野口隆志、中井敏晴、 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災によるMR 装置被災調査の背景要因に関する研究、P-2-173、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S419、2013
第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月20日(19-21) 徳島

中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
震災時の地域医療を支えるMR 検査の安全確保、 WS3、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S145、2013
第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月21日(19-21) 徳島

引地健生、山口さち子中井敏晴、土橋俊男、前谷津文雄、町田好男 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災の地震動によるマグネット移動の要因解析 -アンカー固定の有無と震度について-、
O-3-309、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S328、2013 第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月21日(19-21) 徳島

礒田治夫、市川和茂、小山修司、中井敏晴、町田好男、土橋俊男、山口さち子、野口隆志、 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災における「MR 検査の患者の安全確保」と「MR 装置の安全確保」について、
O-3-311、日本磁気共鳴医学会雑誌33、S329、2013 第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月21日(19-21) 徳島

町田好男、引地健生、前谷津文雄、阿部喜弘、菱沼誠、安達廣司郎、武蔵安徳、清野真也、丹治一、中井敏晴、 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災における東北3県のMRI被災調査報告 ~聞き取り調査結果を中心に~、
O-3-312、日本磁気共鳴医学会雑誌 33、S329、2013 第41回日本磁気共鳴医学会大会、2013年9月21日(19-21) 徳島

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室) 「元気に老いる」. 日本家政学会中部支部第58回大会,一般公開講演会,2013年9月7日,名古屋市.

安藤富士子,加藤友紀,今井具子,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
カロテノイド摂取が知能の加齢変化に及ぼす影響-地域在住中高年者を対象とした8年間の縦断研究-.
第60回日本栄養改善学会学術総会,2013年9月14日,神戸市.

今井具子,大塚礼,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
経時的に見た地域在住中高年者の栄養補助食品利用状況.
第60回日本栄養改善学会学術総会,2013年9月14日,神戸市.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
成人中・後期における「死に対する態度」の縦断的検討.
日本心理学会第77回大会,2013年9月19日,札幌市.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者のワーク・ファミリー・バランスと心理的well-beingの関連.
日本心理学会第77回大会,2013年9月20日,札幌市.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者における知能と認知的余暇活動の相互関係.
日本心理学会第77回大会,2013年9月20日,札幌市.

大菅陽子,吉田正貴,下方浩史,大塚礼,安藤富士子 (手術・集中治療部,NILS-LSA活用研究室)
地域在住の中高齢者における余暇身体活動の有無と4年後の夜間頻尿発生との関連についての検討.
第20回日本排尿機能学会,2013年9月21日,静岡市.

幸篤武,安藤富士子,小坂井留美,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
アンドロゲン受容体遺伝子多型とテストステロンの相互作用が中高齢男性の筋量に与える影響.
第68回日本体力医学会大会,2013年9月21日,東京都.

小坂井留美,安藤富士子,金興烈,幸篤武,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年期における握力の縦断変化の性差.
第68回日本体力医学会大会,2013年9月22日,東京都.

三河隆太、吉見立也、奥野海良人、岡田健、高柳亜紀子、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室、治療薬探索研究部)
血管内皮細胞によるAβ産生調節機構:脳アミロイド血管症におけるその病態生理学的意義
第86回日本生化学会大会、2013年9月11日、横浜

岡田健、三河隆太、奥野海良人、高柳亜紀子、山岸まゆみ、吉見立也、滝川修 (治療薬探索研究部、ラジオアイソトープ管理室)
Kinetic and protein-ligand interaction studies of human tryptophan 2,3-dioxygenase, identified the modulation of enzymatic reactions by tryptophan.
第86回日本生化学会大会、2013年9月11日、横浜

岡田健、三河隆太、奥野海良人、吉見立也、滝川修 (治療薬探索研究部、ラジオアイソトープ管理室)
ヒトTryptophan 2,3-dioxygenaseのアロステリック効果による酵素反応調節機構
第35回日本トリプトファン研究会、2013年9月29日、京都

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
シンポジウム1多施設共同研究の現状「認知症に関する多施設共同研究の現状」
第29回BFIC, 2013年9月7日, 神戸

加藤公子,木村ゆみ,吉崎一人. (脳機能画像診断開発部)
共行為者の課題は表象されているのか(1) -事象関連電位による検討-
日本心理学会第77会大会 2013年9月19日,北海道

木村ゆみ,加藤公子,吉崎一人. (脳機能画像診断開発部)
共行為者の課題は表象されているのか(2) -事象関連電位による検討-
日本心理学会第77会大会 2013年9月19日,北海道

赤津裕康、筒井陽仁、松川則之、荒川和幸、兼松孝好、山本孝之、橋詰良夫、大原弘隆、豊岡利正、井之上浩一 (老化機構研究部)
アルツハイマー病脳における低分子代謝産物解析
第3回日本認知症予防学会、2013年9月27日、新潟市

倉坪和泉, 加藤隆司, 加藤公子, 山岸未沙子, 伊藤健吾, 中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
高齢者における認知機能と年齢,教育年数との関係
第37回日本神経心理学会総会, 平成25年9月12日, 北海道

講演など(教育、普及、広報活動)

Maruyama M (老化機構研究部)
Molecular approach for functional decline in the Immunosenescence ~focused on a novel GEF, Zizimin family
University of Manchester Sep 5, 2013, Manchester, England

大島伸一 (総長)
何故、臓器提供は進まないのか.
第49回日本移植学会.臓器横断的シンポジウム(臓器提供推進).基調講演.京都.2013年9月7日.
全日本病院協会・病院職員のための認知症研修会.講演.東京.2013年9月11日.

大島伸一 (総長)
社会保障制度改革国民会議に参加して.
日本歯科医師会・社会保障と税の一体改革を考える会.講演.東京.2013年9月12日.

大島伸一 (総長)
これからの医療の動向について.
西尾市民病院医療講演会.講演.西尾.2013年9月19日.

大島伸一 (総長)
これからの医療介護の方向性と地域連携の課題.
国際医療福祉大学大学院公開講座乃木坂スクール.講演.東京.2013年9月21日.

大島伸一 (総長)
高齢社会における街づくりと医療・介護のあり方.
NPO法人在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク 第19回全国の集いin新潟2013.講演.新潟.2013年9月22日.

大島伸一 (総長)
超高齢社会と歯科医療.
徳島大学大学院口腔科学教育部・独立行政法人国立長寿医療研究センター連携大学院開設記念キック・オフミーティング.基調講演.徳島.2013年9月25日.

鈴木隆雄 (所長室)
高齢医学領域の最新状況
金沢老年医学フォーラム, 2013年9月18日, 金沢

鈴木隆雄 (所長室)
筋肉・特にサルコペニアに関する最新情報の提供
第1回骨格系リサーチワークショップ, 2013年9月18日, 東京

鈴木隆雄 (所長室)
介護予防を考える
在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク 第19回全国の集い, 2013年9月23日, 新潟

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アミロイド仮説の新展開と先制的治療薬の展望」
Neuroscience for Neurologist,2013年9月4日,広島市

松下健二 (口腔疾患研究部)
「働き世代から始める、健康寿命を延ばす口腔ケア! 〜全身の健康と口腔の密接な関係とは」 シリーズ 「働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり」 第15回 2013/9/4 東京

松下健二 (口腔疾患研究部)
「口腔と全身の関連性 〜特に、血管障害を基盤とした歯周病と糖尿病の関連性について」
春日井市歯科医師会セミナー 2013/9/29 春日井

新飯田俊平 (バイオバンク)
高齢者医療研究へのバイオバンク活用をめざして 〜 NCGGのとりくみ〜
連携大学院開設記念 キックオフ・ミーティング, 2013年9月25日, 徳島

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
防ごう!生活不活発病.
亘理郡医師会公開講座,2013年9月7日,山元町

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの活用〜ICFに基づいた栄養ケアマネジメント〜.
愛知県栄養士会福祉部会研修,2013年9月28日,名古屋市.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
平成25年度第1回徳島県臨床内科医会総会・講演会「認知症診療の進歩とエンドオブライフケア」.
2013年9月6日、徳島県徳島市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
栄中日文化センター春の連続講座『認知症は怖くない』「認知症の「事例とまとめ」」.
2013年9月12日、名古屋市中区

遠藤英俊 (内科総合診療部)
世界アルツハイマーデー記念講演会2013富山「認知症462万人時代・これからの認知症ケア『地域包括ケアとオレンジプランって何?』」.
2013年9月22日、富山県富山市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
認知症啓発事業「認知症の人への生活支援」.
2013年9月29日、北名古屋市

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄幹細胞を用いた歯髄・象牙質再生治療の実用化に向けて」
第55回歯科基礎医学会 岡山 2013年9月20日

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯延命化による健康長寿を目指した歯髄再生治療の実用化に向けて」
連携大学院開設記念キックオフ・ミーティング 徳島 2013年9月25日

鷲見幸彦(脳機能診療部)
「健康寿命を延伸を見据えた認知症施策の方向性について〜認知症と身体疾患〜」
Cognition Link Care Forum、2013年9月28日、名古屋

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢社会と口腔ケア:専門的口腔ケアの普及を」 
25年度西三河歯科医師会・西三河南部衛生士会共催学術講演会 2013年9月1日 刈谷市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「命を支える口腔ケア」 
25年度西尾市歯科医師会シンポジウム 2013年9月9日 西尾市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「口腔ケアの重要性とその方法」 
武田薬品工業(株)浦添地区臨床懇話会 2013年9月11日 浦添市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「命を支える口腔ケア」 
連携大学院開設記念キックオフミーティング 2013年9月25日 徳島市

センター内活動(セミナー等)

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
2013年度 高齢者医療・在宅医療総合看護研修「高齢者の在宅医療」在宅看取り. 9月18日.大府市.

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター