文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 8月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 8月

2013年 [平成25年] 8月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年8月30日(金)朝刊,「長寿の国を診る」制度改革、政治の場に.

大島伸一 (総長)
全日病ニュース,806(平成25年8月1日)号:4-5,特別鼎談「高齢者医療における病院の役割」

島田裕之, 土井剛彦. (自立支援開発研究部, 所長室)
読売ファミリー, 2013年8月21日号, 考えながら運動.

島田裕之, 吉田大輔. (自立支援開発研究部)
月刊介護保険, 2013年8月号 vol.210, ロボット介護機器開発を成長戦略に―介護予防分野での効果検証もスタート―.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
毎日放送 魔法のレストラン,平成25年8月5日(月),「ダイエット&長寿&病院食スペシャル」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
聖教新聞 ,平成25年8月13日(火),「幸齢社会『養生訓』に学ぶ予防医学」

松下健二 (口腔疾患研究部)
読売新聞 平成25年8月1日朝刊 セミナー 「働き世代から始める、健康寿命を延ばす口腔ケア!」

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
発見は生活動作の困難から.地域支え合い情報,12:14,2013

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
防ごう、生活不活発病.MIYAGI県老連だより,97:10-11,2013

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
朝日新聞 平成25年8月24日 元気のひけつ:社会との関わりを増やす 遠く離れて住む親の元気を支える方法

論文発表等

原著論文

Makizako H, Shimada H, Doi T, Park H, Yoshida D, Uemura K. Tsutsumimoto K, Liu-Ambrose T, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
Poor balance and lower gray matter volume predict falls in older adults with mild cognitive impairment.
BMC Neurology, 13(1): 102, 2013.

Makizako H, Shimada H, Doi T, Park H, Yoshida D, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
Six-Minute Walking Distance Correlated with Memory and Brain Volume in Older Adults with Mild Cognitive Impairment: A Voxel-Based Morphometry Study.
Dement Geriatr Cogn Disord Extra, 3: 223-232, 2013.

Inomata M, Into T, Niida S, Murakami Y (バイオバンク)
Atg5 regulates formation of MyD88 condensed structures and MyD88-dependent signal transduction.
Biochem Biophys Res Commun. 437(4) : 509-514, 2013

Suzuki Y, Jin C, Yazawa I (バイオリソース研究室)
Increased aggregation of polyleucine compared with that of polyglutamine in dentatorubral-pallidoluysian atrophy protein.
Neurosci Lett. 552: 156-161, 2013.

Kurasawa S, Yoshimasu K, Washio M, Fukumoto J, Takemura S, Yokoi K, Arai Y, Miyashita K. (長寿政策科学研究部)
Factors influencing caregivers’ burden among family caregivers and institutionalization of in-home elderly people cared for by family caregivers.
Environmental Health and Preventive Medicine, 17: 474-483, 2012.

Kiyama, S., Tamaoka, K., Kim, J., & Koizumi, M. (長寿医療工学研究部)
(2013). Effect of animacy on word order processing in Kaqchikel Maya.
Open Journal of Modern Linguistics, 3, 203-207.

Miyashita A, Koike A, Jun G, Wang LS, Takahashi S, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M, Tomita N, Arai H, Asada T, Harigaya Y, Ikeda M, Amari M, Hanyu H, Higuchi S, Ikeuchi T, Nishizawa M, Suga M, Kawase Y, Akatsu H, Kosaka K, Yamamoto T, Imagawa M, Hamaguchi T, Yamada M, Morihara T, Takeda M, Takao T, Nakata K, Fujisawa Y, Sasaki K, Watanabe K, Nakashima K, Urakami K, Ooya T, Takahashi M, Yuzuriha T, Serikawa K, Yoshimoto S, Nakagawa R, Kim JW, Ki CS, Won HH, Na DL, Seo SW, Mook-Jung I, George-Hyslop P, Mayeux R, Haines JL, Pericak-Vance MA, Yoshida M, Nishida N, Tokunaga K, Yamamoto K, Tsuji S, Kanazawa I, Ihara Y, Schellenberg GD, Farrer LA, Kuwano R (老化機構研究部)
Correction: SORL1 Is Genetically Associated with Late-Onset Alzheimer's Disease in Japanese, Koreans and Caucasians.
PLoS One. 8(7). doi: 10.1371,2013

Inoue K, Tsutsui H, Akatsu H, Hashizume Y, Matsukawa N, Yamamoto T, Toyo'oka T (老化機構研究部)
Metabolic profiling of Alzheimer's disease brains.
Sci Rep. 3:2364. doi: 10.1038,2013

Okamura N, Furumoto S, Harada R, Tago T, Yoshikawa T, Fodero-Tavoletti M, Mulligan RS, Villemagne VL, Akatsu H, Yamamoto T, Arai H, Iwata R, Yanai K, Kudo Y (老化機構研究部)
Novel 18F-Labeled Arylquinoline Derivatives for Noninvasive Imaging of Tau Pathology in Alzheimer Disease.
J Nucl Med. 54(8):1420-1427,2013

Tanisawa K, Mikami E, Fuku N, Honda Y, Honda S, Ohsawa I, Ito M, Endo S, Ihara K, Ohno K, Kishimoto Y, Ishigami A, Maruyama N, Sawabe M, Iseki H, Okazaki Y, Hasegawa-Ishii S, Takei S, Shimada A, Hosokawa M, Mori M, Higuchi K, Takeda T, Higuchi M, Tanaka M (老化機構研究部)
Exome sequencing of senescence-accelerated mice (SAM) reveals deleterious mutations in degenerative disease-causing genes.
BMC Genomics 14, 248, 2013

Kishimoto Y, Saito N, Kurita K, Shimokado K, Maruyama N, Ishigami A (老化機構研究部)
Ascorbic acid enhances the expression of type 1 and type 4 collagen and SVCT2 in cultured human skin fibroblasts. Biochem. Biophys. Res. Commun. 430, 579-584, 2013

Ishigami A, Uchida Y, Miyazaki T, Handa S, Choi E.K, Kim Y.S, Kasahara Y, Maruyama,N (老化機構研究部)
Two novel sandwich ELISAs identify PAD4 levels and PAD4 autoantibodies in patients with rheumatoid arthritis.
Mod Rheumatol. 23, 794-803, 2013

Kondo Y, Hasegawa G, Okada H, Senmaru T, Fukui M, Nakamura N, Sawada M, Kitawaki J, Okanoue T, Kishimoto Y, Amano A, Maruyama N, Obayashi H, Ishigami A (老化機構研究部)
Leprdb/db Mice with Senescence Marker Protein-30 Knockout (Leprdb/dbSmp30Y/-) Exhibit Increases in Small Dense-LDL and Severe Fatty Liver Despite Being Fed a Standard Diet.
PLoS One 8, e656982013, 2013

Kondo A,Tokuda H,Matushima-Nishiwaki R,Kato K,Kuroyanagi G,Mizutani J,Fukuoka M,Wada I,Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
Unphosphorylated heat shock protein 27 suppresses fibroblast growth factor-2-stimulated vascular endothelial growth factor release in osteoblasts.Mol.Med.Rep. 8:691-695,2013.

島田裕之. (自立支援開発研究部)
認知症の危険因子と予防に関するエビデンス.
公衆衛生, 77(8): 675-677, 2013.

大塚礼,加藤友紀,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年男女における出生コホート別の10年間の魚介類およびEPA・DHA摂取量の推移.
栄養学雑誌,71:15-25,2013.

Murakami M., Horibe H., Iohara K., Hayashi Y., OsakoY., Takei Y., Nakata K., Motoyama N., Kurita K., Nakashima M. (口腔疾患研究部)
The use of granulocyte-colony stimulating factor induced mobilization for isolation of dental pulp stem cells with high regenerative potential.
Biomaterials. 34(36): 9036-9047, 2013.

総説, その他

Jang B, Ishigami A, Maruyama N, Carp R.I, Kim Y.S, Choi E.K (老化機構研究部)
Peptidylarginine deiminase and protein citrullination in prion diseases: Strong evidence of neurodegeneration. Prion 7, 42-46, 2013

大島浩子鳥羽研二,辻哲夫,山本さやか鈴木隆雄大島伸一 (在宅医療開発研究部,東京大学高齢社会総合研究機構,所長室,総長室)
質的評価からみた在宅医療連携拠点のこれからの活動
日本在宅医学会雑誌.第15巻・第1号、61-62、2013年

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
高齢者の栄養障害 1)高齢者の栄養とサルコペニア・虚弱
栄養-評価と治療 ,30 (3),199 -201 , 2013. 8

濱野慶朋、丸山直記、湯村和子、鈴木和男 (老化機構研究部)
高齢者に多い腎疾患群の診断と治療:血管炎症候群
Geriatric Medicine 51:593-602, 2013

丸山直記、濱野慶朋 (老化機構研究部)
老化研究の進歩:腎病変を修飾する加齢要因
Geriatric Medicine 51:615-618, 2013

佐藤安訓、新井浩司、西山敏夫、野村義宏、岸本祐樹、相澤真悟、丸山直記、石神昭人 (老化機構研究部)
ビタミンC欠乏は表皮萎縮およびUVB 照射による色素沈着を増加する:SMP30/GNL-ノックアウトヘアレスマウスでの解析.
ビタミン 87 13-14, 2013

鷲見幸彦(脳機能診療部)
アルツハイマー病の支援・介護 ①どのように軽度認知障害〜軽度認知症の人を支えるか
からだの科学 278:137-140,2013

書物等

大島伸一 (総長)
はじめに.都市型の看護介護医療等連携研究会 住み慣れた地域で暮らし続けるために 講演集Ⅰ.
一般財団法人杉浦地域医療振興財団,安城.2013.pp.1-3.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 認知症の予防と生活指導、2013.
医薬ジャーナル社

講演等

学会・研究会等発表

Kato Y, Hagiwara M, Ishihara Y, Isoda R, Sugiura S, Ishida N, Noguchi T and Matsushita K (口腔疾患研究部)
Rab5 and ICAM-1 mediate TNF-α augmented Porhyromonas ginigvalis invasion in cells.
The 2nd Meeting of the International Association for Dental Research-Asia Pacific Region. August 21, Bangkok, Thailand.

Nakamura A (脳機能画像診断開発部)
Possible Functional Biomarkers for Alzheimer's Disease - Evaluations by Multimodal Neuroimaging.
International Society for the Advancement of Clinical Magnetoencephalography (ISACM) meeting 2013. August 28, 2013. Sapporo

Maruyama M, Matsuda T, Hayakawa T, Takaoka A (老化機構研究部)
Putative physiological function of a novel GEF, Zizimin family in immunosenescence.
Gordon Research Conferences Aging, Biology of, Lucca, August 13 and 15, 2013, Pisa,Italy

Miyazaki T, Nakagawa H, Hosoya T, Moriya T, Sakai F, Nakayama Y, Maruyama M, (老化機構研究部)
Identification of the critical genes to regulate life span and senescence.
Gordon Research Conferences Aging, Biology of, Lucca, August 13 and 15, 2013, Pisa,Italy

Matsuda T, Oguri S, Hayakawa T, Maruyama M (老化機構研究部)
The Functional Analysis of Zizimin Family Genes in Immune Responses and Immunological Aging.
15th International Congress of Immunology (Satellite Meeting 3. Aging and the Immune System). August 20 and 21, 2013. Milan, Italy.

Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Optimizing the Task Demand to Evaluate the Activation Response in Elderly Subjects Using fMRI,
NeuroInformatics 2013, Front. Neuroinform. doi:
10.3389/conf.fninf.2013.09.00105, 2013

akai T, Tanaka A, Kunimi M, Kiyama S, Shiraishi Y (長寿医療工学研究部)
Partitioning age-related changes in brain activation using a virtual performance task to simulate complex movements,
NeuroInformatics 2013, Front. Neuroinform doi:
10.3389/conf.fninf.2013.09.00017, 2013

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T, (長寿医療工学研究部)
Verification of the validity of the visual
N-back task as a cognitive stress test for clinical diagnosis using fMRI,
The 36th European Conference on Visual Perception #153, 2013

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アルツハイマー病発症におけるガングリオシドの役割」
〜ワークショップ “脳・神経・筋疾患と糖鎖” 〜
第32回日本糖質学会年会,2013年8月6日, 大阪

住岡暁夫 (分子基盤研究部)
タウ結合分子
2013タウ研究ミーティング 2013年8月9日 愛知県

添田義行 (分子基盤研究部)
タウ凝集阻害剤
2013タウ研究ミーティング 2013年8月9日 愛知県

新飯田俊平 (バイオバンク)
ナショナルセンターバイオバンクネットワーク(NCBN)
第5回日本RNAi研究会, 2013年8月29日, 広島

多田浩之、松山孝司、清浦有祐、島内英俊、松下健二 (口腔疾患研究部)
「Porphyromonas gingivalisはヒト歯肉上皮細胞におけるIL-33発現を誘導する」
第67回 日本細菌学会東北支部総会 2013/8/30 仙台

山本翼大迫洋平、伊藤正孝、村上真史堀部宏茂林勇輝庵原耕一郎、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄幹細胞による末梢神経麻痺細胞治療の新たな可能性」
第24回日本末梢神経学会学術集会 新潟 2013年8月23日

Takahashi A, Watanabe H, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. (歯科口腔先進医療開発センター)
Localizing the mandibular canal on dental CT reformatted images: Usefulness of panoramic views.
The 9th World Congress for Oral Implantology and American Academy of Implant Dentistry Global Conference 2013.08.24-25 Seoul Korea

Yamada T, Matsuo K, Izawa M, Yamada S, Fujii W, Meguro M, Kanamori D, Nakagawa K, Sumi Y, Ogasawara T. (歯科口腔先進医療開発センター)
Swallow Initiation During Eating Two-phase Food in Frail Elderly Persons.
2nd International Association of Dental Research-Asia Pacific Region 2013.08.22 Bangkok, Thailand

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
2025年にむけて これからの医療.
第135回AID(老・病・死を考える会).講演.東京.2013年8月27日.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アルツハイマー病の脳内でのできごと」
老年医学サマーセミナー2013,2013年8月1日,軽井沢

新飯田俊平 (バイオバンク)
バイオバンク 〜 NCGG BioBANK の取り組み〜
第5回日本RNAi研究会, 2013年8月29日, 広島

堀川千賀,大塚礼,加藤友紀,西田裕紀子,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
血中必須脂肪酸と短期記憶に関する大規模地域住民での縦断的研究.
第9回必須脂肪酸と健康研究会,2013年8月2日,大阪市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康長寿と栄養.
愛知県栄養士会平成25年度生涯学習研修会,2013年8月25日,名古屋市.

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
にこにこリハの背景:「心の通った」介護・看護実現のために,「にこにこリハ」・「いきいきリハビリ」研修会,
2013年8月30,31日.ウインク愛知 名古屋市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションが求めるもの、もたらすもの.
第36回総合リハビリテーション研究大会プレ企画,2013年8月10日,金沢市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時支援の新たな課題:防げたはずの生活機能低下〜「生活不活発病」を中心に〜.
徳島県感染症・健康機器管理研修会,2013年8月23日,徳島市.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの基礎的理解.文部科学省介護福祉等に係る講習会,8月26日,名古屋.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
防ごう!生活不活発病.塩竈市婦人会震災復興支援講演会,2013年8月27日,塩竈市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「よくする介護」とは〜目標指向的介護に立って〜.富山県介護福祉士会,2013年8月31日,富山市.

文堂昌彦 (脳機能画像診断開発部)
特別講演「特発性正常圧水頭症とβアミロイド」
京都髄液フォーラム2013, 2013年8月4日, 京都

鷲見幸彦(脳機能診療部)
「認知症の治験はどのように進んでいるか?-認知症臨床研究・治験ネットワークについて」
  愛知県医師会治験推進事業 設立10周年記念講演会 2013年8月31日、名古屋

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「命を支える口腔ケア、在宅歯科医療」 
富山県歯科医師会 在宅歯科医療連携推進研修会 2013年8月29日 富山市

センター内活動(セミナー等)

滝川修 (治療薬探索研究部)
ヒト凍結脳を使用したタウ凝集体イメージングプローブスクリーニングシステムの開発
CAMD報告会、2013年8月8日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター