文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 7月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 7月

2013年 [平成25年] 7月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年7月30日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,適切な医療 適切な場で.

口腔疾患研究部他
日本シニアリビング新聞 平成25年6月30日 第74号
「100%天然成分の口腔ケア剤」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
TBSテレビ ひるおび!,平成25年7月5日(金),「ぎんさんの娘4姉妹長寿の秘訣」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK Eテレ TVシンポジウム,平成25年7月6日(土),「認知症を予防せよ 生活習慣との深い関係」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK総合テレビ 突撃!アッとホーム,平成25年7月6日(土),「“スーパー102歳”秀吉翁 健康の秘密を公開」

島田裕之 (自立支援開発研究部)
NHK Eテレ「きょうの健康」, 平成25年7月25日, 運動で健康「認知症予防の運動法」

自立支援システム開発室 (自立支援開発研究部)
週刊東洋経済, 平成25年7月6日号, 介護はロボットが救う.

論文発表等

原著論文

Iohara K, Murakami M, Takeuchi N, Osako Y, Ito M, Ishizaka R, Utunomiya S, Nakamura H, Matsushita K, Nakashima M (口腔疾患研究部)
「A novel combinatorial therapy with pulp stem cells and granulocyte colony-stimulating factor for total pulp regeneration.」
Stem Cells Transl Med.2(7) 521-533 2013.

Teranishi M, Uchida Y, Nishio N, Kato K, Otake H, Yoshida T, Suzuki H, Sone M, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Nakashima T (NILS-LSA活用研究室,先端診療部)
Polymorphisms in genes involved in the free-radical process in patients with sudden sensorineural hearing loss and Ménière's disease.
Free Radic Res, 47: 498-506, 2013.

Okamura N, Furumoto S, Harada R, Tago T, Yoshikawa T, Fodero-Tavoletti M, Mulligan RS, Villemagne VL, Akatsu H, Yamamoto T, Arai H, Iwata R, Yanai K, Kudo Y (老化機構研究部)
Novel 18F-Labeled Arylquinoline Derivatives for Noninvasive Imaging of Tau Pathology in Alzheimer Disease.
J Nucl Med, 54(8):1420-1427, 2013

Nonaka T, Masuda-Suzukake M, Arai T, Hasegawa Y, Akatsu H, Obi T, Yoshida M, Murayama S, Mann DM, Akiyama H, Hasegawa M (老化機構研究部)
Prion-like Properties of Pathological TDP-43 Aggregates from Diseased Brains.
Cell Rep, 11;4(1):124-134, 2013

Shimada H, Ishii K, Ishiwata K, Oda K, Suzukawa M, Makizako H, Doi T, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Gait adaptability and brain activity during unaccustomed treadmill walking in healthy elderly females.
Gait Posture. 38(2): 203-208, 2013.

Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Ito T, Lee S, Park H, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
Combined Prevalence of Frailty and Mild Cognitive Impairment in a Population of Elderly Japanese People.
JAMDA, 14(7): 518-524, 2013.

Arai Y, Kumamoto K, Mizuno Y, Arai A. (長寿政策科学研究部)
The general public’s concern about developing dementia and related factors in Japan.
Int J Geriatr Psychiatry, 27(11): 1203-1204, 2012.

T. Yamane, Y. Ikari, T. Nishio, K. Ishii, K. Ishii, T. Kato, K. Ito, D.H.S. Silverman, M. Senda, T. Asada, H. Arai, M. Sugishita, T. Iwatsubo, and the J-ADNI Study Group (脳機能画像診断開発部)
Visual-Statistical Interpretation of 18F-FDG-PET Images for Characteristic Alzheimer Patterns in a Multicenter Study: Inter-Rater Concordance and Relationship to Automated Quantitative Evaluation
AJNR Am J Neuroradiol originally published online on August 1, 2013, 10.3174/ajnr.A3665.

Akishita M, Ishii S, Kojima T, Kozaki K, Kuzuya M, Arai H, Arai H, Eto M, Takahashi R, Endo H, Horie S, Ezawa K, Kawai S, Takehisa Y, Mikami H, Takegawa S, Morita A, Kamata M, Ouchi Y, Toba K. (内科総合診療部,院長室)
Priorities of Health Care Outcomes for the Elderly.
J Am Med Dir Assoc. 14(7) : 479-484,2013.

T.Umeda, T.Yamashita, T.Kimura, K.Ohnishi, H.Takuma, T.Ozeki, A.Takashima, T.Tomiyama, and H.Mori (分子基盤研究部)
Neurodegenerative Disorder FTDP-17ーRelated Tau Intron 10+16C→T Mutation Increases Tau Exon 10 Splicing and Causes Tauopathy in Transgenic Mice,
The American Journal of Pathology, Vol.183, No.1, July 2013

Kondo A, Otsuka T, Matsushima-Nishiwaki-R, Kuroyanagi G, Mizutani J, Wada I, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
Inhibition of SAPK/JNK leads to enhanced IL-1-induced IL-6 synthesis in osteoblasts. Arch. Biochem. Biophys.
535:227-233, 2013.

Bista B, Sadr A, Nanazri A, Shimada Y, Sumi Y, Tagami J. (歯科口腔先進医療開発センター)
Non-destructive assessment of current one-step self-etch dental adhesives using optical coherence tomography.
Journal of Biomedical Optics. 18(7): 76020, 2013

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
嚥下障害患者における口腔ケアの意義
日老医誌 50:465-468, 2013

総説, その他

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活機能構成学確立のためのストラテジー〜ICF(人が「生きることの全体像」についての「共通言語」)の「生活機能モデル」に準拠して〜.
情報処理,54(8):782-786,2013

伊藤健吾,加藤隆司,文堂昌彦,中村昭範 (脳機能画像診断開発部),
アルツハイマー病診断の画像診断,基礎講座:老年精神医学とBrain Imaging.
老年精神医学雑誌, 24:707-714, 2013

鷲見幸彦(脳機能診療部)
認知症とかかりつけ医の役割 
成人病と生活習慣病 43(7):851-856、2013

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Ishida N, Ishihara Y, Ishida K, Tada H, Kato Y, Isoda R, Hagiwara M, Michikawa M, Noguchi N, Matsushita K (口腔疾患研究部)
「Periodontitis Induced by Bacterial Infection Exacerbates Features of Alzheimer's disease in Transgenic Mice.」
Alzheimer's Association International Conference 2013. July 17, Boston, USA.

Akatsu H, Inoue K, Mochizuki N, Fukuhara T, Yamamoto T, Hashizume Y, Michikawa M, Toyooka T, Toyama I (老化機構研究部)
Establishing an Alzheimer's disease biomarker of based on Aβ-analysis using postmortem samples, olfactory bulb, and nasal mucosa with scrapings
International Conference of Alzheimer’s Disease, July 13, 2013, Boston, USA

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Anan Y, Nakakubo S, Suzuki T. (所長室, 自立支援開発研究部)
Gait Ability and Congnitive Function Among Older Adults With Mild Cognitive Impairments.
Alzheimer's Association International Conference 2013, Boston, USA, July 13-18, 2013.

Kato S, Endo H, Homma A, Sakuma T, Watanabe K. (内科総合診療部)
Early Detection of Cognitive Impairment in the Elderly Based on Bayesian Mining Using Speech Prosody and Cerebral Blood Flow Activation
The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’13) July 4-7, 2013, Osaka, Japan

Tajima Y, Maekawa K, Ishikawa M, Murayama M, Senoo Y, Nishimaki-Mogami T, Nakanishi H, Ikeda K, Arita M, Taguchi R, Okuno A, Mikawa R, Niida S, Takikawa O, Saito Y. (ラジオアイソトープ管理室、バイオバンク)
Lipidomic analysis of brain tissues and plasma in a mouse model expressing mutated human amyloid precursor protein/tau for Alzheimer’s disease.
The 9th Annual Conference of the Metabolomics Society, July 4,2013, Glasgow, Scotland.

Implications of brain microvessel endothelial cell-derived amyloid β peptide in cerebral amyloid angiopathy associated with Alzheimer’s disease.
Takikawa O, Mikawa R, Alato O, Yoshimi T, Ken O, Takayanagi A. (ラジオアイソトープ管理室)
Alzheimer’s disease Association International Conference (AAIC) 2013, July 14, 2013, Boston, America.

Fujiwara K, Kato T, Ito K, Senda M, Ishii K, Ishi Ki, Iwatsubo T, Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative(J-ADNI) (脳機能画像診断開発部)
Correction of scanner differences in multi-center J-ADNI and US-ADNI PET studies
Alzheimer’s Association International Conference 2013, Sunday, July 14, Boston, Massachusetts, United States

Kato T, Fujiwara K, Okamura N , Ito K , Ishii K, Ishii K, Kuwano R, Senda M, Iwatsubo T, J-ADNI study group, (脳機能画像診断開発部)
Image interpretation method of [C-11]BF-227 amyloid PET in J-ADNI, Alzheimer’s Association International Conference 2013, July 15, 2013, Boston, Massachusetts, United States

Ishii K , Ryuichi R, Matsuda H,, Senda M , Ito K , Ishii K, Kato T, Kuwano R , Sugishita M, Iwatsubo T , (脳機能画像診断開発部)
Effects of APOE-ε4 on regional cerebral amyloid deposition and gray matter atrophy in mild cognitive impairment with PiB-PET-confirmed amyloid pathology: Results from J-ADNI. Alzheimer’s Association International Conference 2013, July 13-18, 2013, Boston, Massachusetts, United States

Nihashi T, Terasawa T , Mishima T , Ando Y , Kawai H, Kato T , Ito K , (脳機能画像診断開発部)
Imaging and cerebrospinal fluid (CSF) biomarkers fo Teruhiko r differentiating dementia with Lewy bodies (DLB) from Alzheimer's disease (AD): A meta-analysis of test performance, Alzheimer’s Association International Conference 2013, , July 13-18, 2013, Boston, Massachusetts, United States

杉浦彩子安江穂内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民における副鼻腔炎の危険因子-長期縦断疫学研究より-.
第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会,2013年7月11日,神戸市.

安江穂杉浦彩子内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民の副鼻腔MRI所見の検討-長期縦断疫学研究より-.
第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会,2013年7月11日,神戸市.

日野智之, 外園千恵, 東原尚代, 山田潤, 上田幸典, 渡辺彰英, 木下茂 (老化機構研究部)
慢性涙嚢炎が契機と考えられた角膜潰瘍の3症例
第50回日本眼感染症学会 2013年7月12日 大阪

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
バランストレーニングロボットとその将来への展開
第22回日本意識障害学会2013年7月26-27日, 秋田市

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:社会支援の視点から(シンポジウム).
第16回日本病院脳神経外科学会(招待講演),2013年7月21日,広島県福山市.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
高齢社会と医療〜医科と歯科の医療連携〜.
福岡県歯科口腔保健の推進に関する条例制定記念県民フォーラム.講演.福岡.2013年7月6日.

大島伸一 (総長)
医療のパラダイム転換.
政策研究大学院大学 医療政策セミナー.パネルディスカッション.講演.東京.2013年7月11日.

大島伸一 (総長)
社会が変わる 医療も変わる.
浜松医科大学泌尿器科学教室同門会発足記念講演会.特別講演.静岡.2013年7月13日.

大島伸一 (総長)
医療は変わる.
第16回日本病院脳神経外科学会.シンポジウム(2030年の医療を語る).基調講演.福山.2013年7月20日.

大島伸一 (総長)
今後の医療と社会保障制度改革国民会議の動向.
名古屋市医師会学術講演会.講演.名古屋.2013年7月27日.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
愛知県立大学大学院 看護学研究科 高齢者ケアシステム特論.
2013年7月22日、名古屋市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活機能向上をめざして〜ターゲットは生活不活発病〜.
宮城県介護予防研修会,2013年7月8日,仙台.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「生活不活発病」と健康生活.
角田市介護予防・健康生活講演会,2013年7月26日,角田市.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICF:生活機能とは何か〜国際生活機能分類の理解と活用〜.
愛知県栄養士会福祉部会研修,2013年7月27日,名古屋市.

丸山 光生 (老化機構研究部)
分子・細胞レベルにおける老化のしくみの解明をめざして
分子総合医学専攻 老化基礎科学講座
平成25年度名古屋大学大学院医学系研究科修士課程入試説明会 2013年7月6日 名古屋

島田裕之 (自立支援開発研究部)
認知症予防に対するリハビリテーションの可能性.
京都府理学療法士会生涯学習部主催研修会, 京都, 2013年7月7日.

島田裕之 (自立支援開発研究部)
軽度認知機能障害に対する運度療法の可能性.
北里心臓リハビリテーション研究会, 神奈川, 2013年7月24日.

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
高齢者の虚弱・サルコペニアと栄養.
第18回西神戸NSTオープンカンファレンス,2013年7月11日,神戸市

荒井由美子 (長 寿政策科学研究部)
要介護高齢者(認知症患者を含む)の家族介護者における介護負担.
第4回専門医のための熊本ディメンシアカンファレンス,2013年7月12日,熊本県熊本市.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アルツハイマー病:発症機序と治療薬開発」
第87回 尾道地区内科会,2013年7月4日, 尾道市

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アルツハイマー病研究:私のPHEOC」
認知症研究を知る若手研究者の集まり2013,2013年7月27日,熱海市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
石川県臨床内科医会第154回中央地区研修会「アルツハイマー型認知症の新しい治療戦略-NMDA受容体拮抗薬を中心に-」.
2013年7月6日、石川県金沢市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
第24回全国介護老人保健施設大会ランチョンセミナー.
2013年7月20日、東京都台東区

遠藤英俊 (内科総合診療部)
西区認知症講演会「認知症と向き合うために〜予防と早期発見〜」.
2013年7月31日、名古屋市西区

鷲見幸彦(脳機能診療部)
「認知症の人を外来で診る」 
駿河区認知症カンファランス 2013年7月25日、静岡

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発」
常滑市歯科医師会 常滑 2013年7月3日

中村昭範 (脳機能画像診断開発部), 小長谷陽子, 齊藤千晶,山下英美,長屋政博,松本慶太
非言語性コミュニケーションシグナルを用いた認知症高齢者介護とリハビリに関する研究
‐「にこにこリハ」の普及への取り組み、および健常高齢者・認知症高齢者の音声認知の特徴‐
認知症介護研究・研修大府センター研究報告会,平成25年7月4日,名古屋

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者歯科医療の確立と口腔ケア―日本の歯科医療の発展への方策を考える―」
長崎大学講義 2013年7月4日 長崎市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「歯科用OCT画像診断機器の開発と臨床応用」
岩手医科大学 歯学研究科セミナー 2013年7月9日 盛岡市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「医師・看護師に知ってほしい口腔の知識と口腔ケア―糖尿病など全身疾患と口腔の関連を含む―」
第7回東三河糖尿病セミナー 2013年7月13日 豊橋市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「未来を開く高齢者歯科医療」
長野県歯科医師会第1回学術大会 2013年7月21日 塩尻市

センター内活動(セミナー等)

文堂 昌彦 (脳機能画像診断開発部)
特発性正常圧水頭症におけるアミロイド病理とアルツハイマー病
第38回CAMD報告会,平成25年7月11日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター