文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 6月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 6月

2013年 [平成25年] 6月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年6月29日(土)朝刊,「長寿の国を診る」,保険で受ける医療は?.

大島伸一 (総長)
読売新聞,平成25年6月15日(土)朝刊,「Nippon蘇れ 私の処方箋」,完治ありえない。病気と共存する人生へ.

松下健二他 (口腔疾患研究部)
日本経済新聞 平成25年6月1日朝刊
「アルツハイマー、歯周病で悪化 マウス実験で判明」

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
KBCラジオ 武内裕之That’s On Time 平成25年6月5日 生活不活発病

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
毎日新聞 平成25年6月14日 ひと:被災地での生活不活発病の予防に取り組む

島田裕之. (自立支援開発研究部)
NHKテレビテキスト きょうの健康, 2013年7月号, 運動で健康 認知症予防の運動法.

島田裕之. (自立支援開発研究部)
ABC朝日放送「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」, 2013年6月25日, 物忘れの新事実!「○○できない人は認知症になる危険が7倍になる!」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK クローズアップ現代,平成25年6月10日(月),「老いてこそ挑め 〜三浦雄一郞80歳のメッセージ〜」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
フジテレビ アゲるテレビ,平成25年6月17日(月),「肉食シニア」

遠藤英俊 (内科総合診療部)
東京新聞,平成25年6月29日(土)夕刊,「高齢者の認知症和らげ」

論文発表等

原著論文

Kondo A, Otsuka T, Kato K, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Mizutani J, Tokuda H, Kozawa O. (臨床検査部)
AMP-activated protein kinase regulates thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts.
Int.J.Mol.Med. 31:1457-1462, 2013.

Cuong NT, Doi T, Matsushima-Nishiwaki R, Akamatsu S, Kuroyanagi G, Kondo A, Mizutani J, Wada I, Otsuka T, Tokuda H, Kozawa O, Ogura S. (臨床検査部)
Thrombopoietin amplifies ADP-induced HSP27 phosphorylation in human platelets:Importance of pre-treatment.
Int.J.Mol.Med. 31:1291-1297, 2013.

Hashidate H, Shimada H, Shiomi T, Shibata M, Sawada K, Sasamoto N. (自立支援開発研究部)
Measuring Indoor Life-Space Mobility at Home in Frail Older Adults With Difficulty to Perform Outdoor Activities.
J Geriatr Phys Ther. 36(3): 109-114, 2013.

Huang Y, Teranishi M, Uchida Y, Nishio N, Kato K, Otake H, Yoshida T, Sone M, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Nakashima T (NILS-LSA活用研究室,先端診療部)
Association Between Polymorphisms in Genes Encoding Methylenetetrahydrofolate Reductase and the Risk of Me´nie`re's Disease.
J Neurogenet, 27: 5-10, 2013.

Otsuka R, Kato Y, Imai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Higher serum EPA or DHA, and lower ARA compositions with age independent of fatty acid intake in Japanese aged 40 to 79.
Lipids, 48: 719-727, 2013.

Zou K, Liu J, Watanabe A, Liu S, Hiraga S, Matsumoto Y, Miura Y, Tanabe C, Maeda T, Terayama Y, Takahashi S, Michikawa M, Komano H.(共同利用推進室)
Aβ43 is the earliest depositing Aβ species in APP transgenic mouse brain and is converted to Aβ41 by two active domains of ACE.
Am. J. Pathol.,182: 2322-2331,2013.

Clavaguera F, Akatsu H, Fraser G, Crowther RA, Frank S, Hench J, Probst A, Winkler DT, Reichwald J, Staufenbiel M, Ghetti B, Goedert M, Tolnay M. (老化機構研究部)
Brain homogenates from human tauopathies induce tau inclusions in mouse brain.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2013 Jun 4;110(23):9535-40. doi: 10.1073/pnas.1301175110. Epub 2013 May 20.

Taniguchi K, Takii T, Yamamoto S, Maeyama JI, Iho S, Maruyama M, Iizuka N,Ozeki Y, Matsumoto S, Hasegawa T, Miyatake Y, Itoh S, Onozaki K. (老化機構研究部)
Reactivation of immune responses against Mycobacterium tuberculosis byboosting with the CpG oligomer in aged mice primarily vaccinated with Mycobacterium bovis BCG.
Immun Ageing, (1):25, 2013

Ko S, Azuma S, Yokoyama Y, Yamamoto A, Kyokane K, Niida S, Ishiguro I, Ko M (バイオバンク, 消化器科)
Inflammation increases cells expressing ZSCAN4 and progenitor-cell markers in the adult pancreas.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 304(12): G1103-G1116, 2013

Takahashi R, Ishii K, Senda M, Ito K, Ishii K, Kato T, Makishi Y, Nishio T,(脳機能画像診断開発部)
Ikari Y, Iwatsubo T; Japanese Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative.
Equal sensitivity of early and late scans after injection of FDG for the detection of Alzheimer pattern: an analysis of 3D PET data from J-ADNI, a multi-center study.
Ann Nucl Med. 2013 Jun;27(5):452-9. Epub 2013 Mar

幸篤武,森あさか,李成?,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者の脳萎縮を抑制する日常歩行量の解明~地域からの無作為抽出者を対象とした大規模縦断研究~.
デサントスポーツ科学,34:31-39,2013.

大塚礼,加藤友紀,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年男女における性・年齢群別の血清脂肪酸構成比率.
日本栄養・食糧学会誌,66:147-153,2013.

松井康素,竹村真里枝 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高齢者における膝関節痛と膝伸展筋力の関連.
JOSKAS誌,38:330-331,2013.

Nazzari A, Sadr A, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
3D assessment of void and gap formation in flowable resin composites using optical coherence tomography.
Adhesive Dentistry. 15(3):237-43, 2013

総説, その他

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の新たな課題:「防げたはずの生活機能低下」予防〜そのターゲットとしての生活不活発病.
公衆衛生,77(7):580-585,2013

衣川龍,前田史篤,田淵昭雄,岡田美保子,加藤弘明,山田潤,近藤芳朗 (老化機構研究部)
新しい瞳孔視野指標の考案
視覚の科学 34:10-19, 2013

丸山光生 (老化機構研究部)
老化に伴う免疫機能の低下
日本臨牀 71(6),993-998,2013

中井敏晴、山口さち子、土橋俊男、前谷津文雄、引地健生、清野真也、丹治一、安達廣司郎、武蔵安徳、菱沼誠、阿部喜弘、石森文朗、砂森秀昭、桝田喜正、松本浩史、栗田幸喜、藤田功、礒田治夫、野口隆志、梁川功、町田好男(長寿医療工学研究部)
東日本大震災によるMR装置602台の被害状況報告
日本磁気共鳴医学会誌 33、92-119、2013

鷲見幸彦(脳機能診療部)
地域での認知主疾患医療センターに期待するものー認知症を病院で診るー
一宮医報186:32-33、2013

島田康史,サダルアリレザ,中嶋省志,田上順次,角 保徳,小澤総喜 (歯科口腔先進医療開発センター)
光干渉断層計(OCT)を用いたう蝕の診断
歯界展望 特別号:166, 2013

青木 章,坪川正樹,水谷幸嗣,谷口陽一,江尻健一郎,澤辺正規,荻田真弓,秋月達也,小田 茂,角 保徳,和泉雄一 (歯科口腔先進医療開発センター)
波長走査型光干渉断層画像装置(SS-OCT)の歯周組織診断への応用 
歯界展望 特別号:277, 2013

書物等

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
高齢期における生活習慣病の予防-食生活・食習慣.
Advances in Aging and Health Research 2012 高齢期における生活習慣病,長寿科学振興財団,p151-157,2013.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢期における生活習慣病の予防-喫煙と飲酒.
Advances in Aging and Health Research 2012 高齢期における生活習慣病,長寿科学振興財団,p159-167,2013.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
「養生訓」に学ぶ!病気にならない生き方,素朴社,p1-238,2013.

遠藤英俊、佐竹昭介、三浦久幸 (内科総合診療部、自立支援開発研究部、在宅医療・地域連携診療部)(共著)
脳とこころのプライマリケア [2]知能の衰え Ⅳ章知能の衰えの心理学・社会学 介護保険制度の考え方 p129、2013.
株式会社シナジー

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
歯髄幹細胞を用いた新たな歯髄再生療法の開発. 歯界展望. 特別号2013.

講演等

学会・研究会等発表

Ohshima H, Ozaki M, Matsumoto A, Ihata A, Suzuki T(在宅医療開発研究部,看護部,所長室)
The syndromes at the time of admission and the contents of home care for the elderly at home
IAGG2013. 2013. June 25, Korea

Shimada H. (自立支援開発研究部)
Non-pharmacological therapy for MCI: a rct of exercise and cognitive stimulation.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Suzuki T, Yoshida D, Makizako H, Park H, Lee S, Shimada H. (所長室, 自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部)
Intervention trial for prevention of cognitive decline among the community elderly in japan.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Hashidate H, Shiomi T, Sasamoto N, Shimada H. (自立支援開発研究部)
Effects of 3-month combined functional training on lower extremity muscle strength and gait performance in community-dwelling individuals with chronic stroke hemiparesis
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Suzuki T, Shimada H, Suzukawa M, Makizako H, Tsutsumimoto K, Anan Y, Doi T, Yoshida D, Uemura K, Ito T, Lee S, Park H. (所長室, 自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部)
National study of performance-based assessments and personal care in Japanese older people.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Mizumoto A, Ihira H, Yasuda K, Makino K, Sasaki T, Miyabe Y, Saito S, Yasumura S, Furuna T, Suzuki T, Ohnishi H, Akanuma T, Yokoyama E, Shimada H. (所長室, 自立支援開発研究部)
Influence of homebound on physical and cognitive functions living in a snow-full area in Hokkaido.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Park H, Lee S, Tsutsumimoto K, Uemura K, Yoshida D, Anan Y, Ito T, Suzuki T. (所長室, 自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部)
Apolipoprotein E and Physical Function among Older People with Mild Cognitive Impairment.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Lee S, Yuki A, Nishita Y, Tange C, Kim H, Kozakai R, Ando F, Shimokata H. (自立支援開発研究部, NILS-LSA活用研究室)
The Relationship Between Light-Intensity Physical Activity and Cognitive Function in a Community-Dwelling Elderly Population -An 8-year longitudinal study-.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Ihira H, Mizumoto A, Makino K, Kimura M, Makizako H, Yasuda K, Sasaki T, Furuna T. (自立支援開発研究部)
The role of trunk muscle performance underling the physical function in older people: astructural equation model.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Mizumoto A, Ihira H, Yasuda K, Makino K, Sasaki T, Kimura M, Makizako H, Furuna T. (自立支援開発研究部)
Association between Hip Walking Perfoprmance and Physical Fitness in Community-dwelling Older Adults.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Yasuda K, Ihira H, Mizumoto A, Makino K, Makizako H, Sasaki T, Furuna T, Kimura M. (自立支援開発研究部)
Is continuous-walk-distance associated with trunk perturbation during walking and motorfunction in community-dwelling older people?
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Lee S, Saito T, Shimada H, Kai I, Park H. (生活機能賦活研究部, 自立支援開発研究部)
Volunteer activity and functional capacity among community-dwelling older adults in Japan: A 3-year longitudinal study.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 25, 2013.

Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Anan Y, Uemura K, Lee S, Park H, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
Self-reported Exhaustion among Older Adults with Mild Cognitive Impairment; Physical Function, Physical Activity Life Space.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 26, 2013.

Ohgane A, Imai Y, Someya T, Okamoto M, Shimada H, Shinozaki N, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
An exercise intervention for frail elderly using day-care services in the community in japan.
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Seoul, Korea, June 27, 2013.

SATAKE S.,SHIMOKATA H.,SENDA K., KONDO I.,TOBA K.(自立支援開発研究部,予防開発部,内科総合診療部,病院長室)
THE PREDICTIVE VALIDITY OF THE KIHON CHECKLIST FOR IDENTIFYING FRAILTY IN A COMMUNITY-DWELLING OLDER POPULATION,
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, June 23-27,2013, Seoul Korea

Kondo I., Ozaki K., Matsuo H., Mori S. , Osawa A., Maeshima S. , Saitoh E. (自立支援開発研究部)
Database of functional skills evaluated with using pediatric evaluation of disability inventory (PEDI) for children with cerebral palsy.
7th World congress of The international society of physical and Rehabilitation Medicine June 16-20, 2013,Beijing China

Kondo I., Ozaki K., Matsuo H, Mori S., Ohsawa A. , Maeshima S. , Saitoh E. (自立支援開発研究部)
Inhibitor bar relieves severe toe pain of patients after stroke.
7th World congress of The international society of physical and Rehabilitation Medicine June 16-20, 2013,Beijing China

Kondo I., Ozaki K. ,Matsuo H. , Mori S. , Ohsawa A. , Maeshima S. , Saitoh E. (自立支援開発研究部)
Unusual foreign body attached on epiglottis causes dysphagia.
7th World congress of The international society of physical and Rehabilitation Medicine June 16-20, 2013,Beijing China

Osawa A., Maeshima S. , Nishio D. ,Hirano Y. , Kigawa H, Ozaki K., Kondo I. (自立支援開発研究部)
Rehabilitation after hip fracture in convalescent rehabilitation wards.
7th World congress of The international society of physical and Rehabilitation Medicine June 16-20, 2013,Beijing China

Osawa A., Maeshima S., Ozaki K., Kondo I. (自立支援開発研究部)
Aphasia and hemispatial neglect influence ADL in patients with acute thalamic hemorrhage.
7th World congress of The international society of physical and Rehabilitation Medicine June 16-20, 2013,Beijing China

Uchida Y, Sugiura S, Yasue M, Ando F, Nakashima T, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室,先端診療部) The association between hearing loss and polymorphisms of genes encoding inflammatory mediators in Japanese aged population. 20th IFOS World Congress, June 3, 2013, Seoul, Korea.

Ando F, Nishita Y, Tange C, Otsuka R, Kato Y, Imai T, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室) The Effects of Carotenoid Intakes on Intelligence in Community-Dwelling Japanese Middle-Aged and Elderly. The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, June 25, 2013, Seoul, Korea.

Shimokata H, Ando F, Kuzuya M (NILS-LSA活用研究室) Hidden Obesity and Risk of Life-Style Related Disease in the Eldery Japanese. The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, June 26, 2013, Seoul, Korea.

Matsui Y, Takemura M, Harada A, Ando F, Shimokata H (先端診療部,副院長室,NILS-LSA活用研究室) Effects of Knee Extensor Muscle Strength on the Incidence of Osteopenia and Osteoporosis after Six Years. The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, June 27, 2013, Seoul, Korea.

Kozakai R, Ando F, Kim HY, Lee SC, Yuki A, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室) Factors leading to regular exercise in community-living middle-aged and older people without regular exercise experience. 18th annual Congress of the ECSS, June 26-29, 2013, Barcelona, Spain.

Yuki A, Otsuka R, Kozakai R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室) Low free testosterone levels are associated with loss of appendicular muscle mass in Japanese community-dwelling women. 18th annual Congress of the ECSS, June 29, 2013, Barcelona, Spain.

Hiramoto M, Udagawa H, Watanabe A, Kawaguchi M, Nishimura W, Nammo T, Yasuda K. (共同利用推進室)
Type 2 Diabetes-Associated SNPs within KCNQ1 Gene Modulate the Affinity of the Locus for DNA-Binding Factors.,
73rd Scientific Sessions American Diabetes Association, Chicago, IL, June 21-25.,2013

Takii T,Taniguchi K,Yamamoto S,Maeyama J,Iho S,Maruyama M,Iizuka N,Ozeki Y,Matsumoto S,Itoh S,Onozaki K. (老化機構研究部)
Boosting effect of Oligo-B in super aged mice primarily vaccinated with Mycobacterium bovis BCG on the protection activity against Mycobacterium tuberculosis infection
Front Range Mycobacteria Conference 2013, June 21, 2013, Colorado, USA

Ashida K,Ogawa S,Hayakawa T,Matsuda T,Yamaji T,Takahashi T,Akatsu H,Maruyama M. (老化機構研究部)
The effect of an enteral formula containing prebioticson intestinal environmentsin aged F344 rats
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics Jun 26,2013 Seoul,Korea.

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Investigation of difference of brain activation depending on aging and task difficulty by use of MRI
The Society for Applied Research in Memory and Cognition 2013, Rotterdam, NL, June 28, 2013

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
The difference of brain activation depending on stimuli of visual N‐back task,
19th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping #1617, 2013, Seattle, US, June 18, 2013

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Verification the validity of the cognitive stress test for clinical diagnosis using fMRI,
19th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping #3703, 2013, Seattle, US, June 20, 2013

Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Neural basis for the elderlies’ difficulty of visually‐guided bimanual finger coordination,
19th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping #3694, 2013, Seattle, US, June 19, 2013

Kato S, Endo H, Nagata R, Sakuma T, Watanabe K (内科総合診療部)
Toward Personalized Cognitive Training for Elderly with Mild Cognitive Impairment Using Cerebral Blood Flow Activation.
The 27th Annual Conference of The Japanese Society for Artificial Intelligence, June 4-7, 2013, Toyama, Japan.

Kimura N (アルツハイマー病研究部)
Endocytic dysfunction in astrocytes of aged cynomolgus monkey brains.
Neuro2013(第56回神経化学会合同大会)June 20-23,2013,Kyoto

徳田治彦、原田敦、細井孝之、新飯田俊平 (臨床検査部,副院長室,臨床研究推進部,遺伝子蛋白質解析室)
骨芽細胞におけるインターロイキン-1(IL-1)によるIL-6産生制御機構-AMP-activated protein kinase(AMPK)の役割
第55回日本老年医学会学術集会、 平成25年6月6日、大阪国際会議場、 大阪

住岡暁夫 (分子基盤研究部)
補助サブユニットによるグルタミン酸受容体の機能制御
生理学研究所研究会「シナプス恒常性維持の分子基盤とその破綻」 2013年6月7日、岡崎市

大島浩子,鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,所長室)
在宅療養継続高齢者の家族・介護負担の検討
第55回日本老年医学会学術集会. 2013年6月6日, 大阪

大島浩子,鳥羽研二,山本さやか,鈴木隆雄,大島伸一 (在宅医療開発研究部,所長室,総長室)
在宅医療連携拠点の活動初期における在宅療養患者の受入状況
日本老年看護学会第18回学術集会. 2013年6月6日, 大阪

森下志穂渡邊 裕、平野浩彦、枝広あや子、佐藤絵美子、小原由紀、田中弥生、池山豊子、鈴木隆雄 (口腔疾患研究部)
「通所介護施設における栄養改善および口腔機能向上サービスの効果に関する介入調査」
第28回日本老年学会総会 2013/6/5 大阪

渡邊 裕森下志穂、平野浩彦、枝広あや子、小原由紀、田中弥生、池山豊子 (口腔疾患研究部)
「特別養護老人ホームの入所者に対する「高齢者のための自立摂食維持マニュアル」の効果について」
第28回日本老年学会総会 2013/6/4 大阪

鈴木康予,都竹佳子,矢澤生 (バイオリソース研究室)
多系統萎縮症におけるオリゴデンドロサイト封入体形成の神経細胞への影響
Oligodendrocytic inclusions contribute to neuronal accumulation of α-synuclein in MSA
Neuro2013,京都,2013年6月20日

近藤和泉,佐竹昭介,尾崎健一 (自立支援開発研究部)
高齢者に対するリハビリテーション医療とFrailty
第50回日本リハビリテーション医学会学術集会,2013年6月13-15日,東京都

太田喜久夫,鈴木めぐみ,近藤和泉,内藤真理子,尾関恵,才藤栄一 (自立支援開発研究部)
Quality of Life for Traumatic Brain Injury : QOLIBRI 日本語版の開発-第1報 内容妥当性の検討
第50回日本リハビリテーション医学会学術集会,2013年6月13-15日,東京都

大沢愛子,前島伸一郎,尾崎健一近藤和泉 (自立支援開発研究部)
急性期病院における視床出血の機能予後~とくに失語症と半側空間無視との関連について~
第50回日本リハビリテーション医学会学術集会,2013年6月13-15日,東京都

柴田斉子,近藤和泉,加賀谷斉,才藤栄一,稲本陽子,戸田芙美,小杉美智子,石原健,伊藤友倫子,岡田猛司,太田喜久夫 (自立支援開発研究部)
病院・施設における摂食・嚥下障害患者数の調査
第50回日本リハビリテーション医学会学術集会,2013年6月13-15日,東京都

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
嚥下 -その感覚とダイナミズム-
第50回日本リハビリテーション医学会学術集会,2013年6月13-15日,東京都

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
認知症のリハビリテーション
第10回 群馬リハビリテーション医学懇話会,2013年6月28日,前橋市

千田一嘉,佐竹昭介,西川満則,徳田治彦,三浦久幸,遠藤英俊 (内科総合診療部,自立支援開発研究部,緩和ケア診療部,臨床検査部,在宅医療・地域連携診療部)
基本チェックリストでみる高齢睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者のサルコペニアとFrailty(虚弱)
第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月4-6日,大阪市

千田一嘉,佐竹昭介,芝崎正崇,西川満則,近藤和泉,徳田治彦,三浦久幸,遠藤英俊 (内科総合診療部,自立支援開発研究部,緩和ケア診療部,臨床検査部,在宅医療・地域連携診療部)
基本チェックリストでみた包括的呼吸リハビリテーションにおける高齢COPD 患者のサルコペニアとFrailty(虚弱)
第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月4-6日,大阪市

洪英在,西原恵司,小林正樹,佐竹昭介,川嶋修司,三浦久幸,遠藤英俊 (内科総合診療部,自立支援開発研究部,臨床研究推進部,在宅医療・地域連携診療部)
総合診療科に期待される外来機能に関する研究
第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月4-6日,大阪市

佐竹昭介,下方浩史,千田一嘉,近藤和泉,鳥羽研二 (自立支援開発研究部,予防開発部,内科総合診療部,病院長)
基本チェックリストの質問領域と健康障害発生の関連性
第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月4-6日,大阪市

安藤富士子,西田裕紀子,丹下智香子,加藤友紀,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室) 知能の加齢変化における喫煙とカロテノイドの交互作用-8年間の縦断データの解析-. 第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月5日,大阪市.

松井康素,竹村真里枝,原田敦,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部,副院長室,NILS-LSA活用研究室) 高齢者運動機能評価法としてのロコモティブシンドロームチェック項目(ロコチェック)の有用性の検討. 第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月5日,大阪市.

大塚礼,加藤友紀,西田裕紀子,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室) 60歳以上男女での血清DHA,EPA濃度と10年後の認知機能低下との関連. 第55回日本老年医学会学術集会,2013年6月5日,大阪市.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,坪井さとみ,福川康之,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室) 成人中・後期における「死」に関する思索経験の縦断的検討. 第55回日本老年社会科学会大会,2013年6月6日,大阪市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室) 地域在住高齢者の知能の経年変化とその心理社会的要因に関する縦断研究. 第55回日本老年社会科学会大会,2013年6月6日,大阪市.

大塚礼,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室) 血清DHA,EPA濃度に対する性、年齢、生活習慣等の影響 〜中高年男女における検討〜. 第49回日本循環器病予防学会,2013年6月14日,金沢市.

松井康素,竹村真里枝,原田敦,幸篤武,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部,副院長室,NILS-LSA活用研究室) 地域在住中高齢者における膝関節変形と身体組成との関連. 第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,2013年6月21日,札幌市.

安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室) アクティブな毎日と心身の健康.シンポジウム7「生きがいづくりから考える健康長寿」. 第13回日本抗加齢医学会総会,2013年6月29日,横浜市.

Watanabe, A. (共同利用推進室)
Vascular cognitive impairment (VCI) and gene
第54回日本神経学会学術大会, 東京, 2013年6月1日

三河隆太、吉見立也、奥野海良人、岡田健、高柳亜紀子、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
血管内皮細胞におけるAβ産生機構と脳アミロイド血管症
第36回日本基礎老化学会、2013年6月4日、大阪

奥野海良人、三河隆太、吉見立也、岡田健、高柳亜紀子、滝川修(ラジオアイソトープ管理室)
反応性アストロサイトによるAβ産生:アルツハイマー病のアミロイド代謝異常に関する新知見
Nuero2013、2013年6月22日、京都

三河隆太、奥野海良人、岡田健、高柳亜紀子、吉見立也、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
脳血管細胞によるAβ産生と脳アミロイド血管症
第35回神経組織培養研究会、2013年6月30日、大阪

原田種展,松田剛典,杉本昌隆,寺内邦彦,島田順一,丸山光生 (老化機構研究部)
老化関連因子TARSHの細胞老化と癌抑制に関する機能解析
第36回日本基礎老化学会 2013年6月5日 大阪

松田剛典,小栗沙織,早川朋子,丸山光生 (老化機構研究部)
免疫老化におけるZiziminファミリーの機能解析
第36回日本基礎老化学会 2013年6月6日 大阪

衣川龍,前田史篤,田淵昭雄,岡田美保子,加藤弘明,山田潤,近藤芳朗 (老化機構研究部)
瞳孔視野測定時の記録データを利用した瞳孔視野の検査時間の評価
第17回日本医療情報学会春季学術大会 2013年6月21日 富山

山越貴水, 片野諭, 木村広美, 丸山光生, van Louizen M (老化機構研究部)
加齢過程での顎下線組織機能低下におけるp16Ink4aの役割
第65回日本細胞生物学会大会 2013年6月21日 名古屋

木村健一,山田潤,羽室淳爾,木下茂 (老化機構研究部)
結膜上皮のグルタチオン量判定による眼表面の酸化ストレス評価法
第13回日本抗加齢医学会総会 2013年6月28日 横浜

徳田治彦, 原田 敦, 細井孝之,新飯田俊平 (臨床検査部, 整形外科,臨床研究推進部,バイオバンク)
骨芽細胞におけるインターロイキン-1(IL-1)によるIL-6産生制御機構 ― AMP-activated protein kinase(AMPK)の役割
第55回日本老年医学会学術集会, 2013年6月6日, 大阪

森 大気, 紙田正博, 酒井義人, 伊藤定之, 山田哲司, 尾野雅哉, 原田 敦, 新飯田俊平, 渡辺 研 (バイオバンク, 整形外科, 運動器疾患研究部)
腰部脊柱管狭窄症の変性黄色靭帯からの病態関連分子の解析
第45回日本結合組織学会・第60回マトリックス研究会大会合同学術集会,2013年6月28日, 和歌山

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
軽度認知症高齢者による相乗り・乗り合い交通の利用可能性に係る地方自治体の見解.
第28回日本老年精神医学会,2013年6月6日,大阪市.

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高齢者に対する外出・移動支援事業の概要及び事業評価:支援事業を実施している地方自治体に対する面接調査の結果.
第55回日本老年社会科学会,2013年6月6日,大阪市.

齊藤千, 中村昭範, 松本慶太, 小長谷陽子 (脳機能画像診断開発部)
認知症高齢者との心の通ったコミュニケーションの実現に向けて ‐音声認知に焦点を当てた新たな取り組み‐.
第14回日本認知症ケア学会大会 2013年6月1日,福岡

山下英美, 中村昭範, 齊藤千晶, 岩元裕子, 上野菜穂, 小長谷陽子 (脳機能画像診断開発部)
「にこにこリハ」「いきいきリハビリ」の普及を目的とした研修会とその評価 ‐研修会後のアンケート結果をとおして‐.
第14回日本認知症ケア学会大会 2013年6月1日,福岡

庵原耕一郎(口腔疾患研究部)
歯髄幹細胞を用いた抜髄後歯髄再生治療法の開発
第138回日本歯科保存学会、2013年6月27日、福岡

堀部宏茂庵原耕一郎村上真史竹内教雄林勇輝山本翼、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
中高齢者・若齢者におけるヒト歯髄幹細胞の歯髄再生能の比較検討
第138回日本歯科保存学会、2013年6月27日、福岡

山岸未沙子、加藤隆司、倉坪和泉、岩田香織、加藤公子、新畑豊、伊藤健吾、MLNIAD study group、中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
Alzheimer病および軽度認知障害における「顔」記憶機能の評価
日本認知心理学会第11回大会, 2013年6月29日,茨城

梅本充子、神保太樹、柴田悦代、遠藤英俊 (内科総合診療部)
地域在住高齢者における匂いを使った回想法の有効性.
第28回日本老年精神医学会,2013年6月5日,大阪府.

加藤公子 (脳機能画像診断開発部),木村ゆみ,吉崎一人.
認知的負荷が高齢者の注意制御に与える影響.
日本認知心理学会第11会大会 2013年6月30日,茨城

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「電動歯ブラシを用いた要介護高齢者の口腔ケア」
第56回春季日本歯周病学会学術大会ランチョンセミナー 2013.06.01 東京都

小佐野貴識、小林 馨、五十嵐千浪、若江五月、市古敬史、大蔵眞太郎、伊東宏和、下田信治、角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「口腔用光干渉断層(OCT)法によるヒト抜去歯のう蝕描出能の比較」 
第54回日本歯科放射線学会学術大会 2013年6月1日 博多市

渡邉理沙、小林義和、藤井 航、金森大輔、角 保徳、水谷英樹、松尾浩一郎 (歯科口腔先進医療開発センター)
「当院における周術期口腔機能管理の実態調査および介入効果の検討2-口腔機能への対応の特徴-」
 日本老年歯科医学会第24回学術大会 2013年6月5日 大阪市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者への口腔ケアの必要性とその方法」
日本老年医学会 高齢者医療研修会 2013.06.06 大阪市

小林義和,松尾浩一郎,渡邉理沙,藤井 航,金森大輔,永田千里,角 保徳,水谷英樹 (歯科口腔先進医療開発センター)
「当院における周術期口腔機能管理患者の口腔内および介入効果-第1報 対象患者の実態および介入効果-」
第24回日本老年歯科医学会学術大会 2013年6月6日 大阪市

Sadr A, Shimada Y, Bista B, Makishi P, Sumi Y, Tagami J. (歯科口腔先進医療開発センター)
Non-destructive Non-staining 3D Analysis of Marginal and Internal Microgaps.
5th IAD 2013.06.14-15 Philadelphia

Sumi Y (歯科口腔先進医療開発センター)
「Development of a New Oral Diagnostic Tool using Optical Coherence Tomography」
Special Symposium Optical Coherence Tomography in Dentistry in TMDU 2013.06.20 Tokyo, Japan

Kanehara Y, Kirihara K, Ozawa N, Tagami J, Sumi Y, Heshiki Y. (先端診療部、歯科口腔先進医療開発センター)
Two-dimensional detegion of dental plaque using swept-source optical coherence tomography (SS-OG). 
The 20th IAGG world congress of gerontology and geriatrics. 2013.06.23-27 Seoul,Korea

Heshiki Y, Kirihara KOzawa N,Tagami J,Sumi Y, Kanehara Y. (先端診療部、歯科口腔先進医療開発センター)
Three-Dimensional Quantification Of Dental Plaque Using Swept-Source Optical Coherence Tomography.
The 20th IAGG world congress of gerontology and geriatrics. 2013.06.23-27 Seoul,Korea

Watanabe H, Takahashi A, Ozaki Y, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. (歯科口腔先進医療開発センター)
Localizing the mandibular canal on dental CT reformatted images: Usefulness of panoramic views.
The 19th International Congress of Dent-Macillofacial Radiology 2013.06.22-27 Bergen

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「歯科口腔領域における光診断・治療 -歯科用OCT開発の現状と展望-」
第25回日本レーザー治療学会 教育講演 2013年6月30日 名古屋市

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
国民会議の議論の行方.
東海青年医会例会.講演.名古屋.2013年6月15日.

大島伸一 (総長)
これからの医療・介護.
NPO福祉フォーラム・ジャパン通常総会.記念基調講演.東京.2013年6月22日.

松下健二 (口腔疾患研究部)
「長生きを享受するための歯科医学の考え方」
北海道大学歯学部口腔生化学講座特別講義 2013/6/24日 札幌

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
「在宅歯科医療における歯科衛生士の活躍の場」
第28回日本老年学会総会2013/6/6 大阪

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICF:「人が生きる」ことの見方.
2013年度外苑キャンパスPlanetary Design講座,2013年6月12日,東京.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの理念と活用.
全国軽費老人ホーム協議会定期総会,2013年6月28日,大阪.

島田裕之. (自立支援開発研究部)
認知症予防のリハビリテーション.
東海臨床リハビリテーション研究会セミナー「認知症に対するリハビリテーションアプローチ」, 名古屋, 2013年6月16日.

吉田大輔. (自立支援開発研究部)
運動介入による認知症予防の可能性.
東海臨床リハビリテーション研究会セミナー「認知症に対するリハビリテーションアプローチ」, 名古屋, 2013年6月16日.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
脂肪酸摂取による認知症予防:地域住民2,400人を対象とした15年間の「老化に関する長期縦断疫学研究」から.
Neuro2013 ランチョンセミナー,2013年6月22日,京都市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
生活習慣病と認知症の深い関係-生活習慣と認知症の関係を疫学調査する立場から.
フォーラム認知症in池袋,2013年6月22日,東京都.

笠井健広,松井康素,竹村真里枝,原田敦,幸篤武,大塚礼,下方浩史,安藤富士子 (先端診療部,副院長室,NILS-LSA活用研究室)
Mid thigh CTによる大腿筋量測定〜Sarcopeniaの病態変化〜.
第39回名古屋大学医学部整形外科学教室研究報告会,2013年6月22日,名古屋市.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アルツハイマー病とアミロイドβ蛋白質」
慶應義塾大学大学院 特別講義,2013年6月25日, 横浜市

丸山光生 (老化機構研究部)
高齢者サルコペニアの栄養管理基礎と臨床 遺伝子発現からみる老齢実験動物を用いた栄養介入の効果について
第55回日本老年学会学術集会 2013年6月4日 大阪

赤津裕康 (老化機構研究部)
高齢者サルコペニアの栄養管理基礎と臨床 高齢者への栄養介入の効果 最近の知見
第55回日本老年学会学術集会 2013年6月4日 大阪

赤津裕康 (老化機構研究部)
東三河地区で最初の胃瘻PEG導入から20年、長期療養型病床での取り組み
第7回愛知PDN セミナー 2013年6月22日 豊橋

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
知多郡南部歯科医師会、2013年6月5日、知多

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞の特性とそれを用いた抜髄後歯髄組織再生療法の開発
第48回骨Ca代謝研究会、2013年6月28日、名古屋

遠藤英俊 (内科総合診療部)
アルツハイマー型認知症治療薬と生活機能の維持.
第28回日本老年医学会総会・第55回日本老年医学会学術集会、2013年6月4日、大阪市北区.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
高齢者医療研修会 座学研修.
第28回日本老年医学会総会・第55回日本老年医学会学術集会、2013年6月6日、大阪市北区.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
高齢者医療研修会 ワークショップ研修.
第28回日本老年医学会総会・第55回日本老年医学会学術集会、2013年6月7日、大阪市北区.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
市民公開講座.
第50回日本リハビリテーション医学会学術集会、2013年6月8日、品川区.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
わが国における認知症の現状と今後の対策.
日本内科学会北陸支部第59回生涯教育講演会、2013年6月9日、富山市.

遠藤英俊 (内科総合診療部)
認知症の現状と今後の展望.
西三河南部認知症疾患医療連携協議会、2013年6月12日、安城市.

高島明彦 (分子基盤研究部)
Tau aggregation and neuronal degeneration
第11回世界生物学的精神医学会国際会議 2013年6月27日、京都

鷲見幸彦、堀部賢太郎、武田章敬 (脳機能診療部)
認知症施策推進5か年計画;他職種協働チームと人材育成の重要性 
第28回日本老年精神医学会 シンポジウム 2013年6月6日、大阪

センター内活動(セミナー等)

佐竹昭介(自立支援開発研究部)
Screening for Frailty in Japan & Epidemiological aspect
NCGGセミナー
2013年6月21日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター