文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 5月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 5月

2013年 [平成25年] 5月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年5月30日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,高齢者に合った医療を.

大島伸一 (総長)
日本医事新報,4646(平成25年5月11日)号:82,私の一冊,
「マテオ・ファルコーネ〜どんな社会にもルールがある 自分ならどうするか自問〜」

遠藤英俊 (内科総合診療部)
毎日新聞,平成25年4月28日(日)別刷り,「東海ワイド 長寿4姉妹 しゃべって元気」

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ボク、卵にもどった。おじいちゃん、ゆで卵になっちゃうよ.本,38(6):13-15,2013

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病とは何か.地域支え合い情報,9:14,2013

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
朝日新聞 朝刊 2013年5月18日 
自分の細胞から歯の神経を再生

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
中日新聞 朝刊 2013年5月16日 
歯の神経再生「協力を」

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
ABCラジオ 2013年5月15日 
おはようパーソナリティ 道上洋三です

論文発表等

原著論文

Yamamoto Y, Craggs LJ, Watanabe A, Booth T, Attems J, Low RW, Oakley AE, Kalaria RN.(共同利用推進室)
Brain microvascular accumulation and distribution of the NOTCH3 ectodomain and granular osmiophilic material in CADASIL.
J Neuropathol Exp Neurol.,72:416-431,2013.

Washio M, Yoshida H, Ura N, Ohnishi H, Sakauchi F, Arai Y, Mori M, Shimamoto K (長寿政策科学研究部)
Burden among family caregivers of patients on chronic hemodialysis in Northern Japan.
IMJ, 19(3): 221-223, 2012.

Higashitani K, Kanto T, Kuroda S, Yoshio S, Matsubara T, Kakita N, Oze T, Miyazaki M, Sakakibara M, Hiramatsu N, Mita E, Imai Y, Kasahara A, Okuno A, Takikawa O, Hayashi N, Takehara T. (ラジオアイソトープ管理室)
Association of enhanced activity of indoleamine 2,3-dioxygenase in dendritic cells with the induction of regulatory T cells in chronic hepatitis C infection.
J Gastroenterol. 48:660-670, 2013.

Tajima Y, Ishikawa M, Maekawa K, Murayama M, Senoo Y, Nishimaki-Mogami T, Nakanishi H, Ikeda K, Arita M, Taguchi R, Okuno A, Mikawa R, Niida S, Takikawa O, Saito Y. (ラジオアイソトープ管理室, バイオバンク)
Lipidomic analysis of brain tissues and plasma in a mouse model expressing mutated human amyloid precursor protein/tau for Alzheimer's disease.
Lipids Health Dis. 12:68-81, 2013.

Aizawa S, Senda M, Harada A, Maruyama N, Ishida T, Aigaki T, Ishigami A, Senda T. (老化機構研究部)
Structural basis of the γ-lactone-ring formation in ascorbic acid biosynthesis by the senescence marker protein-30/gluconolactonase.
PLoS ONE 8: e53706, 2013

Amano A, Tsunoda M, Aigaki T, Maruyama N, Ishigami A. (老化機構研究部)
Age-related changes of dopamine, noradrenaline, and adrenaline in adrenal glands of mice.
Geriatr Gerontol Int 13:490-496, 2013

Kishimoto Y, Kanai T, Sato K, Lee J, Jeong KS, Shimokado K, Maruyama N, Ishigami A. (老化機構研究部)
Insufficient ascorbic acid intake during gestation induces abnormal cardiac dilation in fetal and neonatal SMP30/GNL knockout mice.
Pediatr. Res. 73:578-584, 2013

Toba K, Nakamura Y, Endo H, Okochi J, Tanaka Y, Inaniwa C, Takahashi A, Tsunoda N, Higashi K,Hirai M, Hirakawa H, Yamada S, Maki Y, Yamaguchi T and Yamaguchi H (院長室,内科総合診療部)
Intensive rehabilitation for dementia improved cognitive function and reduced behavioral disturbance in geriatric health service facilities in Jpan.
Geriatrics and Gerontology International  2013 May 6. 2013/5/6

久保千穂,山岸未沙子 (脳機能画像診断開発部),阿山みよし,山羽和夫.
LED照明と蛍光灯下での色文字の可読性.
照明学会誌,2013 March.Vol.97, No.5, pp.255-262.

Nomura Y, Watanabe H, Shirotsu K, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. (歯科口腔先進医療開発センター)
Stability of voxel values from cone-beam computed tomography for dental use in evaluating bone mineral content.
Clin Oral Implants Res. 24(5):543-8, 2013

総説, その他

大島伸一 (総長)
在宅医療推進におけるわが国のめざす方向性. Geriatric Medicine. 51(5): 459-461. 2013.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
特集:高齢者医療における在宅医療の新しい展開「国は在宅医療をどのように普及させようとしているのでしょうか」
Geriat.Med.51(5):515-517,2013

遠藤英俊 (内科総合診療部)
アルツハイマー型認知症治療の変革 大阪府内科医会 第7回定時総会記念講演会 2013/4

伊藤健吾,岩坪 威 (脳機能画像診断開発部),
ADNIとJ-ADNIにおけるPET関連研究の概要と進捗
JSMI Report, 6(2): 3-7, 2013

矢澤 生 (バイオリソース研究室)
MSAの病理と発症機序 動物モデルからのアプローチ
Clinical Neuroscience別冊, 31: 290-291, 2013

書物等

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「動かない」と人は病む〜生活不活発病とは何か.

Nakashima M. 、 Huang G.T.J. (口腔疾患研究部)
Pulp and dentin regeneration. Chapter 26. pp. 461-484.
Stem cells in craniofacial development and regeneration, First Edition. Edited by George T.-J. Huang. and Irma Thesleff. Wiley-Blackwell. John Wiley & Sons. 2013.

講演等

学会・研究会等発表

Yamada J, Hatanaka H, Asada K, Nakada K, Hamuro J, Kinoshita S: (老化機構研究部)
The Role of Cell Senescence, Epithelial-Mesenchymal Transition, and Fibrosis in the Generation of Vicious Inflammatory Cycle Between Macrophages and Retinal Pigment Epithelium.
85th Annual meeting of the ARVO (Association for Research in Vision and Ophthalmology). May 6, 2013 Seattle WS, U.S.A.

Matsuura H, Tamagawa M, Nakano M, Yukimasa T, Nemoto T, Ishikawa K, Kamiya N, Matsuzaki T, Kondo R, Yamanaka M, Noto H, Kubota M(長寿医療工学研究部)
Toward Systematization of Criteria of Human Body’s Injury
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Ishikawa K, Matsuura H, Nakano M, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M, Kamiya N, Matsuzaki T, Kondo R (長寿医療工学研究部)
Human Body Damage When Dummy Doll that Uses Wheelchair Colledes, and Falls
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Kamiya N, Matsuura H, Kago R (長寿医療工学研究部)
Comparison of the Subjective Magnitude of Adverb as Additive Measure and Non-additive Measure Which Was Measured by Two Psychophysical Methods
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Shock Wave Propagation in Bone When Hitting Head
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Noto H, Muraki S (長寿医療工学研究部)
Rear-Wheels Operation indexes for Manual Wheelchair Helpers Navigation Steps
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Tamagawa M, Matsuura H, Nakano M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Effects of Height and Shok Protector on Injury and Mortality of Elderly in Accidental Fall
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Yamanaka M, Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T, Noto H, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Evaluation of Fall injury in the Medical Field
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Yukimasa T, Kubota M (長寿医療工学研究部)
The Theoratical Study of Human Fall with Consideration about the Friction Forces
The Sixth International Conference on Information(INFORMATION’2013), 2013.5.8-11, Tokyo

Iohara K., Takeuchi N., Nakamura H., Nakashima M. (口腔疾患研究部)
A novel combinatorial therapy with pulp stem cells and G-CSF for total pulp regeneration.
The 9th World Endodontic Congress IFEA. May 26 2013. Tokyo

Takeuchi N., Iohara K., Murakami M., Hayashi Y., Nakamura H., Nakashima M. (口腔疾患研究部)
Alternative migration factor, bFGF in stem cell therapy for pulp regeneration.
The 9th World Endodontic Congress IFEA. May 26 2013. Tokyo

Hayashi Y., Ishizaka R., Iohara K., Murakami M., Takeuchi N., Nakamura H., Fukuta O., Nakashima M. (口腔疾患研究部)
Pulp regeneration after transplantation of conditioned medium of pulp and bone marrow and adipose stem cells.
The 9th World Endodontic Congress IFEA. May 26 2013. Tokyo

Yamaguchi H, Kuroda Y, Yamada T, Ikenuma H, Abe J, Ito K, Takahashi K (脳機能画像診断開発部)
“Study on derivatives of benperidol as imaging tracer for dopamine D3 receptor”
The 20th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences (ISRS), Jeju Korea, 12-17 May, 2013

Matsumoto K, Sugiyama T, Saito C, Kato S, Kuriyama K, Kanemoto K, Nakamura A. 脳機能画像診断開発部) Behavioral Study On Perception of Emotional Speech in Individuals with Autism Spectrum Disorders 2013 International Meeting for Autism Research (IMFAR 2013), May 2-4, San Sebastian, Spain 2013

大島浩子,尾崎充世,松本明美,鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,看護部,所長室)
在宅療養継続高齢者の追跡調査
第24回日本在宅医療学会学術集会. 2013年5月19日, 大阪

石田直之, 加藤佳子, 磯田竜太朗, 多田浩之, 石田和人, 石原裕一, 道川 誠, 野口俊英, 松下健二 (口腔疾患研究部)
「アルツハイマー病と歯周病との関連性に関する研究」
第55回春季日本歯周病学会学術大会 2013/5/31, 東京

土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 堤本広大, 上村一貴, 朴眩泰, 李相侖, 吉田大輔, 阿南祐也, 伊藤忠, 鈴木 隆雄. (所長室, 自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部)
軽度認知障害を有する高齢者におけるdual-task歩行能力と前頭前野内の灰白質.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

堤本広大, 土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 上村一貴, 阿南祐也, 伊藤忠, 李相侖, 朴眩泰, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 所長室,生活機能賦活研究部,)
グループ単位の運動介入実施により軽度認知障害を有する高齢者のQOLは向上するのか?
─ランダム化比較試験による検討─.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

上村一貴, 大矢敏久, 東口大樹, 高橋秀平, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 内山靖. (自立支援開発研究部)
軽度認知障害高齢者では選択的注意課題に対するステップ反応分析で転倒リスクが顕在化する.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

小林修, 林悠太, 波戸真之介, 鈴川芽久美, 石本麻友子, 今田樹志, 秋野徹, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
独居高齢者の在宅生活継続に重要な生活機能.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

阿南祐也, 吉田大輔, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 朴眩泰, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 李相侖, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部, 所長室)
地域在住高齢者における虚弱評価の再考. 要介護認定および転倒と虚弱の各構成要素との関連.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

吉田大輔, 阿南祐也, 伊藤忠, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 朴眩泰, 李相侖, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部, 所長室)
生体インピーダンス値によって高齢者の四肢筋量を推定する回帰式の作成.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

李相侖, 島田裕之, 朴眩泰, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 吉田大輔, 阿南祐也, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 自立支援開発研究部, 所長室)
軽度認知障害を有する高齢者を対象とした社会活動の検討.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 吉田大輔, 阿南祐也, 伊藤忠, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, Brach Jennifer, 朴眩泰, 李相侖, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
日本語版―改訂Gait Efficacy Scaleの信頼性および妥当性.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

波戸真之介, 林悠太, 石本麻友子, 今田樹志, 小林修, 秋野徹, 鈴川芽久美, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
要介護高齢者における認知機能の低下が運動機能の変化に及ぼす影響の検討.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

伊藤忠, 島田裕之, 吉田大輔, 牧迫飛雄馬, 阿南祐也, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 朴眩泰, 李相侖, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
地域在住高齢者における転倒経験者と非経験者の近赤外線分光法(NIRS)を利用した筋量評価.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

石本麻友子, 林悠太, 鈴川芽久美, 波戸真之介, 今田樹志, 小林修, 秋野徹, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
世帯構成からみた要介護高齢者の心身機能の特徴.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 吉田大輔, 堤本広大, 阿南祐也, 上村一貴, 伊藤忠, 朴眩泰, 李相侖, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
高齢者における脳由来神経栄養因子の加齢変化と認知機能との関係.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

朴眩泰, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 李相侖, 吉田大輔, 阿南祐也, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (生活機能賦活研究部, 自立支援開発研究部, 所長室)
軽度認知障害を有する高齢者における睡眠と日常身体活動との関連.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

平井達也, 島田裕之, 牧公子, 梅木将史, 関谷真紀子, 壹岐英正, 岩田容子. (自立支援開発研究部)
施設入所高齢者の移乗による転倒要因調査に関する多施設間研究. 転倒回避能力評価の有用性.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

鈴川芽久美, 林悠太, 金谷勇歩, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
転倒による下肢骨折者における1年半後の歩行能力に影響を及ぼす要因.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

林 悠太1), 鈴川 芽久美2), 波戸 真之介1), 石本 麻友子1), 今田 樹志1), 秋野 徹1), 小林 修1), 島田 裕之3) (自立支援開発研究部)
要介護高齢者における排泄関連動作の低下と心身機能との関連
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

今田樹志, 波戸真之介, 鈴川芽久美, 林悠太, 石本麻友子, 小林修, 秋野徹, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
要介護高齢者における上下肢機能とADLとの関連.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

秋野徹, 波戸真之介, 鈴川芽久美, 林悠太, 石本麻友子, 今田樹志, 小林修, 島田裕之. (自立支援開発研究部)
要介護高齢者の介護度の悪化に影響を及ぼす要因の検討~4212名を対象とした2年間の追跡調査~.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

加辺憲人, 高野麻美, 磯部香奈子, 牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
脳卒中患者の運動および認知機能の包括的評価による病棟歩行自立獲得の予測 回復期リハビリテーション病棟での検討.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月24日.

中窪翔, 土井剛彦, 堤本広大, 三栖翔吾, 澤龍一, 小野玲. (自立支援開発研究部, 所長室)
要介護高齢者における認知機能低下は歩行能力にどのような影響を及ぼすのか?―12か月の前向きコホート研究―.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

澤龍一, 土井剛彦, 三栖翔吾, 堤本広大, 中窪翔, 浅井剛, 山田実, 小野玲. (所長室, 自立支援開発研究部)
転倒恐怖感が歩行時体幹定常性に及ぼす影響 ‐地域在住高齢者における検討 -.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

三栖翔吾, 浅井剛, 土井剛彦, 堤本広大, 澤龍一, 平田総一郎, 小野玲. (所長室, 自立支援開発研究部)
高齢者における歩行速度を遅くした際の歩行のばらつきの変化と身体機能との関連性の検討.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

中津伸之, 三栖翔吾, 中窪翔, 澤龍一, 谷川大地, 上田雄也, 誉田真子, 森野佐芳梨, 堤本広大, 土井剛彦, 小野玲. (自立支援開発研究部, 所長室)
高齢者の食欲不振は歩行速度に関連しているのか.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

浅井剛, 澤龍一, 三栖翔吾, 土井剛彦, 山田実. (所長室, 自立支援開発研究部)
地域在住高齢者における多関節痛と転倒発生〜介在要因の探索〜.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

杉浦友香里, 堀真里南, 上村一貴, 春田みどり, 高橋秀平, 東口大樹, 大矢敏久, 内山靖. (自立支援開発研究部)
頚部固定および予告の有無が振り向き動作時の姿勢制御に与える影響.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

谷口匡史, 前川昭次, 小島弓佳, 大﨑千恵子, 久郷真人, 上村一貴, 川崎拓. (自立支援開発研究部)
人工膝関節置換術後患者の歩行機能改善に影響する因子は何か?―術後活動量に着目した検討―.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

長谷川隆史, 原田康隆, 上村一貴, 杉山統哉, 田中宏太佳, 内山靖. (自立支援開発研究部)
不全脊髄損傷者の屋外歩行自立に関連する下肢機能と歩行能力.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

堀真里南, 杉浦友香里, 上村一貴, 春田みどり, 高橋秀平, 東口大樹, 長谷川隆史, 内山靖. (自立支援開発研究部)
照度変化が障害物回避時の歩行戦略に及ぼす影響.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

白木春菜, 平井達也, 伊藤忠. (自立支援開発研究部)
多巣性運動ニューロパチーにおける表面筋電図による筋活動の調査 ‐健常若年者との比較‐.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月26日.

森野佐芳梨, 澤龍一, 谷川大地, 中窪翔, 上田雄也, 誉田真子, 中津伸之, 小野玲, 渡邊香織. (自立支援開発研究部)
妊娠中の身体活動量と歩行変化の関連性.
第48回日本理学療法学術大会, 名古屋, 2013年5月25日.

サブレ(森田)さゆり, 佐竹昭介, 古薗里美, 嶋田佳代子, 高道香織, 近藤和泉, 川嶋修司, 細井孝之, 徳田治彦(自立支援開発研究部, 看護部, 臨床研究推進部, 臨床検査部)
虚弱を伴う高齢者糖尿病患者の特徴.
第56回日本糖尿病学会年次学術集会,熊本,2013年 5月16-18日

櫻井孝, 川嶋修司, 徳田治彦, 佐竹昭介, 細井孝之(もの忘れ外来部, 臨床研究推進部, 臨床検査部, 自立支援開発研究部)
認知症を合併した高齢者糖尿病の療養上の問題点・新たな治療計画の可能性.
第56回日本糖尿病学会年次学術集会,熊本,2013年 5月16-18日

滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
トリプトファン代謝酵素IDO・TDOと免疫抑制
第34回癌免疫外科研究会、平成25年5月15日、岡山

〔ポスターセッション〕
松浦弘幸玉川雅彰中野正博行正徹能登裕子石川耕介松崎照美神谷直樹近藤理恵山中真根本哲也・久保田正美 (長寿医療工学研究部)
力学的人体損傷の許容レベル等の総合評価 ― 物理量から生物・医学的重症度へ
ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2013),2013.5.22-25,つくば

〔ポスターセッション〕
神谷直樹近藤理恵松崎照美石川耕介玉川雅彰行正徹中野正博山中真・久保田正美・松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
転倒方式と解剖学的重症度の関係
ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2013),2013.5.22-25,つくば

〔ポスターセッション〕
石川耕介松浦弘幸神谷直樹中野正博玉川雅彰行正徹山中真・久保田正美・松崎照美近藤理恵 (長寿医療工学研究部)
車椅子を用いたダミー衝突・転倒時における人体損傷
ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2013),2013.5.22-25,つくば

〔ポスターセッション〕
玉川雅彰松浦弘幸中野正博行正徹山中真・久保田正美 (長寿医療工学研究部)
生活支援ロボット使用時の人体の衝突転倒をモデル化したダミー実験による転倒条件の損傷評価への影響
ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2013),2013.5.22-25,つくば

〔ポスターセッション〕
行正徹 (長寿医療工学研究部)
摩擦力を考慮した転倒の研究
ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2013),2013.5.22-25,つくば

徳田治彦、小澤修、西脇理英、水野孝彦、榊原誠子 (臨床検査部)
2型糖尿病(T2DM)患者における血小板凝集能の亢進は低分子量ストレス蛋白質(HSP)27のSer-78におけるリン酸化レベルと相関する
第56回日本糖尿病学会年次学術集会 平成25年5月17日 熊日生涯学習プラザ 熊本

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター) 「歯科用OCT画像診断機器の開発と臨床応用」 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会 サテライトセミナー 日本レーザー歯学会教育講演 2013年5月23日 宇都宮市

Iino Y, Yoshioka T, Ebihara A, Suda H, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Detection of the Second Mesiobuccal Canal of Maxillary Molars by Sweptsource Optical Coherence Tomography.
The 9th World Endodontic Congress The International Federation of Endodontic Associations. 2013.05.23-26 Tokyo, Japan

Yoshioka T, Iino Y, Ebihara A, Suda H, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Observation of the Pulp Chamber using SS-OCT.
The 9th World Endodontic Congress The International Federation of Endodontic Associations. 2013.05.23-26 Tokyo, Japan

小澤総喜,平織善大,角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「ファイバー型OCTプローブによる客観的歯根破折OCT画像診査法の開発研究」
第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会 2013年5月24日 宇都宮市

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
これからの医療のあり方.
平成25年度社会保険病院病院長セミナー.講演.東京.2013年5月10日.

大島伸一 (総長)
これからの高齢社会について.
愛知総合看護福祉専門学校創立20周年記念事業.記念講演.長久手.2013年5月18日.

大島伸一 (総長)
プライマリ・ケア医に求めること.
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.
シンポジウム(地域医療の現状と未来を考える-診察室を出よ、そして街をみよう).
仙台.2013年5月19日.(会期:5月17日-19日)

大島伸一 (総長)
今後の医療のあり方について.
第16回くすりと医療の未来を考える研究会.講演.東京.2013年5月21日.

大島伸一 (総長)
これからの高齢社会.
公益財団法人不老会名古屋ブロック講演会.講演.名古屋.2013年5月24日.

大島伸一 (総長)
超高齢社会の医療を診る.
Novartis Aging Forum 2013.基調講演.東京.2013年5月25日.

大島伸一 (総長)
在宅医療連携拠点事業から地域包括ケアへ.
地域包括ケア勉強会.講演.長岡.2013年5月26日.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
脳卒中高齢者の病院・在宅ケア
愛知県立大学看護学部老年看護学科目内特別講義.2013年5月14日, 名古屋市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
大牟田医師会 大牟田内科小児科医会 学術講演会.
2013年4月12日、大牟田市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
健康長寿医療フォーラムin名古屋2013.
2013年4月13日、名古屋市

松下健二他 (口腔疾患研究部)
中日新聞朝刊 平成25年5月30日朝刊
「アルツハイマー、歯周病で悪化」

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
もの忘れセンターにおける画像診断の実践と最新情報
第2回沖縄認知症ネットワーク研究会,2013年5月11日,那覇

島田裕之. (自立支援開発研究部)
老年医学.
上尾中央医療専門学校理学療法学科・作業療法学科講義, 埼玉, 2013年5月17日.

島田裕之. (自立支援開発研究部)
脳科学のグローバル・スタンダード 脳に及ぼす運動の効果.
第48回日本理学療法学術大会, モーニングセミナー, 名古屋, 2013年5月26日.

直江吉則 (老化機構研究部)
細胞の分化制御に関するモデル
名古屋市立大学 医学部大学院修士課程共通科目「実験動物学」 2013年5月17日 名古屋市

直江吉則 (老化機構研究部)
T細胞の分化と機能発現に関わる転写因子ネットワーク
名古屋市立大学 第3回病態モデルセミナー 2013年5月17日 名古屋市

赤津裕康 (老化機構研究部)
高齢者の長期栄養管理(の実態と介入)
テルモ社内研修会 5月21日 名古屋市

丸山光生 (老化機構研究部)
B細胞応答と免疫記憶
名古屋大学医学部講義 「免疫と生体防御」 2013年5月31日 名古屋市

遠藤英俊 (内科総合診療部)
第164回飛騨臨床医会.
2013年5月31日、高山市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
栄養ケアマネジメントに生かすICF〜生活機能向上をめざして〜.
熊本県栄養士会福祉事業部第1回研修会,2013年5月7日,熊本.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時医療の新たな課題:防げたはずの生活機能低下〜「生活不活発病」の予防・改善を中心に〜.
地域保健医療従事者研修会,2013年5月13日,気仙沼市.

高島明彦 (分子基盤研究部)
タウ凝集を標的にしたアルツハイマー病治療薬開発について
精神疾患の薬物治療の最前線研究会 2013年5月18日、福岡市

高島明彦 (分子基盤研究部)
Mechanism of aging brain and Alzheimer’s disease
2nd Brain Diseases & Molecular Machines Conference 2013年5月28日、東京

高島明彦 (分子基盤研究部)
タウを標的とした認知症治療の現状と展望
第54回日本神経学会学術大会 2013年5月30日、東京

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
大府市歯科医師会、2013年5月15日、大府

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
緑区歯科医師会、2013年5月22日、名古屋

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
知多市歯科医師会、2013年5月23日、知多

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
碧南市歯科医師会、2013年5月29日、碧南

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
愛知学院大学歯学部、2013年5月31日、名古屋

文堂昌彦 (脳機能画像診断開発部)
特別講演「iNPH疑い患者におけるβアミロイド蓄積」
第8回関西iNPHセミナー'13, 2013年5月24日, 京都

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症診療の今後〜オレンジプランに沿って〜」
 名古屋南部神経内科セミナー 2013年5月11日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の人を入院で診る―どのようにスクリーニングして対応するか―」
認知症フォーラム 2013年5月22日、碧南市

センター内活動(セミナー等)

木村哲也(分子基盤研究部)
タウ病理の生理的背景の解明と、それに基づいたタウオパチー治療法開発にむけた取り組み
CAMD報告会, 2013年5月9日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター