文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 4月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 4月

2013年 [平成25年] 4月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年4月28日(日)朝刊,「長寿の国を診る」,高齢者は社会の“財産”.

島田裕之 (自立支援開発研究部)
NHK Eテレ「チョイス@病気になったとき」,
平成25年4月13日, 認知症をくい止めろ.

島田裕之 (自立支援開発研究部)
NHK 総合テレビ「ゆうどきネットワーク」,
平成25年4月22日, チョイス@病気になったときコラボ企画「どうやって防ぐ? 認知症」

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
読売新聞 2013年4月20日 
虫歯 抜いた神経再生

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
日経産業新聞 2013年4月16日 
歯の神経再生 臨床研究開始

論文発表等

原著論文

Hida T, Ishiguro N, Shimokata H, Sakai Y, Matsui Y, Takemura M, Terabe Y, Harada A (NILS-LSA活用研究室,先端診療部,副院長室)
High prevalence of sarcopenia and reduced leg muscle mass in Japanese patients immediately after a hip fracture.
Geriatr Gerontol Int, 13: 413-420, 2013.

Yamada K., Kondo I., Ozaki K. ,Sumi Y., Tanaka Y. (自立支援開発研究部, 先端診療部)
Evaluation of food texture by a questionnaire utilizing oropharyngeal sensation.
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science, 4: 1-6, 2013

Makizako H, Doi T, Shimada H, Yoshida D, Takayama Y, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Relationship between dual-task performance and neurocognitive measures in older adults with mild cognitive impairment.
Geriatr Gerontol Int, 13: 314-321, 2013.

Shimada H, Suzuki T, Suzukawa M, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Ito T, Lee S, Park H. (自立支援開発研究部, 所長室, 生活機能賦活研究部)
Performance-based assessments and demand for personal care in older Japanese people: a cross-sectional study.
BMJ Open, 3(4): e002424, 2013.

Suzuki T, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Ito K, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, Kato T. (所長室, 自立支援開発研究部, 脳機能画像診断開発部, NILS-LSA活用研究室, 脳機能診療部, 内科総合診療部)
A randomized controlled trial of multicomponent exercise in older adults with mild cognitive impairment.
PLOS ONE, 8(4): e61483, 2013.

Yoshimatsu T, Yoshida D, Shimada H, Komatsu T, Harada A, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 副院長室, 所長室)
Relation between near-infrared spectroscopy and subcutaneous fat and muscle thickness measured by ultrasonography in Japanese community-dwelling elderly.
Geriatr Gerontol Int, 13(2): 351-357, 2013.

Toyoshima Y, Washio M, Ishibashi Y, Onizuka J, Miyabayashi I, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Burden among family caregivers of the psychiatric patients with visiting nursing services in Japan. IMJ, 19(2): 127-129, 2012.

Ohara Y, Hirano H, Watanabe Y, Edahiro A, Sato E, Shinkai S, Yoshida H,Mataki S (口腔疾患研究部)
Masseter muscle tension and chewing ability in older persons. Geriatr Gerontol. Int. 2013apr; 13(2)372-377

Kondo A, Tokuda H, Kato K, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Mizutani J, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
Rho-kinase negatively regulates thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts.
Biochimie. 95:719-724, 2013.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 吉田大輔, 阿南祐也, 伊藤忠, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, Brach JS, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 所長室)
日本語版―改訂 Gait Efficacy Scale の信頼性および妥当性.
理学療法学, 40(2): 87-95, 2013.

平井達也, 島田裕之, 牧公子, 梅木将史, 関谷真紀子, 壹岐英正, 岩田容子. (自立支援開発研究部)
施設入所高齢者の移乗による転倒要因調査に関する多施設間研究―転倒回避能力評価の有用性―.
理学療法学, 40(2): 134-135, 2013.

中村昭範、根本哲也、加藤公子、久保田怜、岩田香織牛鼻健二、桜井亨、野田信雄、伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
脳磁図対応の触覚二点識別覚刺激装置の開発と二点識別覚閾値の客観的推定の試み.
日本生体磁気学会誌,25(1):60‐61,2012.

庵原耕一郎村上真史、武井佳史、堀部宏茂、栗田賢一、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「GMP準拠にて製造加工したヒト臨床グレード歯髄幹細胞の品質・安全性の証明」
日本歯科保存学雑誌. 56(2): 121-129, 2013.

Suzuki T, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Ito K, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, Kato T. (脳機能診療部)
A randomized controlled trial of multicomponent exercise in older adults with mild cognitive impairment.
PLoS One. 8(4):e61483, 2013.

Mandurah MM, Sadr A, Shimada Y, Kitasako Y, Nakashima S, Bakhsh TA Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Monitoring remineralization of enamel subsurface lesions by optical coherence tomography.
J. Biomed. Opt. 18(4):046006, 2013

道脇幸博、愛甲勝哉、井上美喜子、西田佳史、角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
食品による窒息107例の生命予後因子の検討
日摂食嚥下リハ会誌 17(1):45-51, 2013

総説, その他

大島伸一 (総長)
在宅医療の展望.
医薬ジャーナル.49(4):71-74. 2013.

大島伸一 (総長) 「治す医療」からの大転換が必要.
老健(全国老人保健施設協会機関誌).24(1):30-33.2013.

大島浩子、尾崎充世、鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,看護部,所長室)
在宅医療における科学的研究の展望:特集 在宅医療の現状と今後の展望.
医薬ジャーナル Vol.49,N0.4,131-135.2013.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活支援ロボット開発の現状・課題・展望.ノーマライゼーション.33(4):10-15,2013

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
検査基準値の考え方-医学における正常と異常-.
日老医誌,50:168-171,2013.

吉村典子,中村耕三,阿久根徹,藤原佐枝子,清水容子,吉田英世,大森豪,須藤啓広,西脇祐司,吉田宗人,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
LOCOMOスタディ,最新の骨粗鬆症学-骨粗鬆症の最新知見.
日本臨床,71:642-645,2013.

大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者の栄養に関する疫学研究,高齢者の栄養に対する新しい考え方.
Geriat Med,51:365-369,2013.

加藤友紀,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者の抑うつと栄養,高齢者の栄養に対する新しい考え方.
Geriat Med,51:393-397,2013.

加藤隆司,新畑 豊,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部 脳機能診療部).
特集「FDG-PETのがん診療以外への応用」脳疾患への応用(認知症),映像情報Medical, 45(5); 393-398, 2013

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部) 
アルツハイマー病根本治療薬の開発とアミロイドPET.
PETジャーナル Spring(21):3, 2013

多比良祐子,清住沙代,高柳奈見,藤平弘子,西久保周一,渡邊 裕,松崎達,芹田良平,片倉朗 (口腔疾患研究部)
東京歯科大学市川総合病院の呼吸ケアチームにおける歯科衛生士のアプローチ,歯科学報, 113:47-56, 2013

書物等

大島伸一 (総長)
望ましい医療・介護体制と在宅医療.
在宅医療認定医講座テキスト(日本慢性期医療協会 編).厚生科学研究所,東京.2013.pp.35-64.

大島伸一 (総長)
患者のために医師がいる.
老年医学系統講義テキスト(日本老年医学会 編).西村書店,東京.2013.pp.7-8.

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
知ってるあなたは一歩上ゆくDH!おさえておきたい医科&介護用語① いま,ローテが低い
デンタルハイジーン,33(1):86-87, 2013

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
知ってるあなたは一歩上ゆくDH!おさえておきたい医科&介護用語② コートでテキベン?!
デンタルハイジーン,33(2):200-201, 2013

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
知ってるあなたは一歩上ゆくDH!おさえておきたい医科&介護用語③ 歯ブラシでメタボ改善?!
デンタルハイジーン,33(3):308-309, 2013

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
知ってるあなたは一歩上ゆくDH!おさえておきたい医科&介護用語④ 既往歴で大パニック?!
デンタルハイジーン,33(4):412-413, 2013

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
5疾病の口腔ケア チーム医療による全身疾患対応型口腔ケアのすすめ 口腔ケア実施上のノウハウQ6 がんの治療に入る患者への口腔の診察・検査項目と対応,指導内容は?
34-35医歯薬出版 東京, 2013

徳田治彦 (臨床検査部)
臨床検査の考え方
老年医学系統講義テキスト 日本老年医学会/編 西村書店. 2013,p165-168.

講演等

学会・研究会等発表

Ohshima H (在宅医療開発研究部)
Chairperson. Oral 25, Nurse 1: Advancing NP, PA practice in Asia & Pacific Area Nursing.
The 21ST Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery. April 6, 2013. Kobe.

Tanaka S, Moriwaki S, Uenishi K, Tanaka K, Niida S (バイオバンク)
Usefulness of “Osteoporosis Questionnaire” Derived from FRAX as a Screening Item for Osteoporosis Patients.
European Congress on Osteoporosis and Osteoarthritis (ESCEO13-IOF), April 17-20, 2013, Rome (Italy)

Kunimi M, Kiyama S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Evaluation of the Validity of Task Switching Paradigm as a Cognitive Stress Test
International Society for Magnetic Resonance in Medicine, Salt Lake City, US, April 25, 2013

Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Detection of Difference in Neural Activity During Visuomotor Finger-Tapping Task by the Elderly: An fMRI Study
International Society for Magnetic Resonance in Medicine, Salt Lake City, US, April 25, 2013

Iidaka T, Miyakoshi M, Harada T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
A Combined Study of Functional Magnetic Resonance Imaging and Diffusion Tensor Imaging Revealed Neuronal Tract Associated with Autistic Tendency
International Society for Magnetic Resonance in Medicine, Salt Lake City, US, April 25, 2013

金成花矢澤生、岩瀬環 (バイオリソース研究室)
多系統萎縮症における軸索変性の組織学的特徴
第54回日本神経病理学会総会、2013年4月26日、東京.

大菅陽子,吉田正貴,安藤富士子,下方浩史 (手術・集中治療部,NILS-LSA活用研究室)
頸動脈超音波検査は4年後の夜間頻尿を予測できるか.
第101回日本泌尿器科学会総会,4月25日,札幌.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
SEAD-JapanとJ-ADNIの進捗
日本脳神経核医学研究会脳PETワークショップ,2013年4月11日(金),横浜

李シン、田中実、鈴木貴文、滝川修、横山祐作 (ラジオアイソトープ管理室)
Benz[e]indole骨格を有する新規Indoleamine 2, 3-Dioxygenase (IDO) 阻害剤の開発
日本薬学会第133年会、平成25年3月28日、横浜

前谷津文雄、丹治 一、清野 清也、安達廣司郎、武蔵安徳、土橋俊男、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災の被災地におけるMR装置被害の実態調査報告 
第69回日本放射線技術学会総会学術大会、2013年4月13日、横浜、

土橋俊男、中井敏晴、藤田 功、栗田幸喜、前谷津文雄、山口さち子 (長寿医療工学研究部)
首都圏における大震災によるMRI装置の被害傾向 
第69回日本放射線技術学会総会学術大会、2013年4月13日、横浜

引地健生、前谷津文雄、阿部喜弘、菱沼 誠、町田好男、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災の地震動によるMRI装置本体への影響 ―アンカー止めしていない装置の移動の有無とその要因― 
第69回日本放射線技術学会総会学術大会、2013年4月13日、横浜

中井敏晴、丹治 一、清野真也、石森文朗、砂森秀昭、桝田喜正、松本浩史、栗田幸喜、藤田 功、土橋俊男 (長寿医療工学研究部)
MR装置に見られる東日本大震災の影響に関する調査研究
第72回日本医学放射線学会総会、2013年4月14日、横浜

中井敏晴、前谷津文雄、安達廣司郎、武蔵安徳、引地健生、阿部喜弘、菱沼 誠、吉岡邦浩、町田好男 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災での津波によるMR装置の被害に関する調査研究
第72回日本医学放射線学会総会、2013年4月14日、横浜

井上 実, 星野義人, 秋葉徳寿, 長沢悠子, 日比野靖, 角 保徳, 水口俊介, 中嶌 裕 (歯科口腔先進医療開発センター) 「試作フッ素系軟質裏装材の粘弾性特性に及ぼすサーマルサイクル負荷による影響について」 第61回日本歯科理工学会学術講演会 2013年4月13-14日 東京都

星野義人,井上 実,岩城麻衣子,長沢悠子,日比野靖,角 保徳,水口俊介,中嶌 裕 (歯科口腔先進医療開発センター) 「試作フッ素系軟質裏装材におけるフッ素系ポリマーの含有率が義歯床用レジンとの 接着に与える影響について」 第61回日本歯科理工学会学術講演会 2013年4月13-14日 東京都

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
望ましい医療・介護体制と在宅政策.
日本慢性期医療協会 第2回在宅医療認定講座.講演.東京.2013年4月13日.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時医療の新たな課題:防げたはずの生活機能低下〜「生活不活発病」の予防・改善を中心に.
福島市医師会在宅医療福祉事例研究会,2013年4月9日,福島市.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
基礎・安全管理②「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第13回日本核医学会春季大会PET研修セミナー、2013年4月27日、東京

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
愛知県歯科医師会 学術部会、2013年4月4日、名古屋

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
愛知県歯科医師会 郡市区歯科医師会長会、2013年4月18日、名古屋

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
半田市歯科医師会、2013年4月23日、半田

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
大府市歯科医師会、2013年4月25日、大府

中島美砂子(口腔疾患研究部)
自己歯髄組織由来幹細胞を用いた抜髄後歯髄組織再生療法開発
豊田加茂歯科医師会、2013年4月30日、豊田

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の人を外来で診る-認知症地域連携の理想と問題点-」
認知症地域連携懇話会 2013年4月6日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「地域での認知症疾患医療センターに期待するもの」 
認知症研修会 2013年4月13日、一宮市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症をとりまく現状とこれからの展望」
 認知症介護指導者大府ネットワーク創立5周年記念イベント「同窓会」 2013年4月19日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症診療に求められるもの―認知症のひとが地域で安心して暮らせるために―」
 第4回Osaka認知症研究会 2013年4月25日、大阪

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「日本の歯科医療の充実への方策を考える 高齢者歯科医療の確立を」
東京医科歯科大学 大学院高齢者学分野 講義 2013年4月19日 東京都

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者の口腔ケアについて」
四日市社会保険病院 地域医療連携懇話会・みえ北勢地区摂食嚥下障害研究会 2013年4月4日 四日市市

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター