文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 3月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 3月

2013年 [平成25年] 3月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年3月29日(金)朝刊,「長寿の国を診る」,医療提供の変革不可避.

大島伸一,鈴木隆雄 (総長,研究所長)
中日新聞,平成25年3月13日(水)朝刊,認知症に関する座談会.認知症の対策不十分 地域で正しい認識を.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
 読売新聞,平成25年3月6日(水), 医療ルネサンス「車の運転:認知症」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
 YOMIURI ONLINE,平成25年3月6日(水), 医療ルネサンス「車の運転:認知症」.

高島明彦 (分子基盤研究部)
ヒューマンサイエンスVol.24,平成25年4月,タウを標的とする抗アルツハイマー薬の創薬

論文発表等

原著論文

Lee SC, Yuki A, Nishita Y, Tange C, Kim HY, Kozakai R, Ando F, and Shimokata H (予防開発部)
The Relationship Between Light-Intensity Physical Activity and Cognitive Function in a Community-Dwelling Elderly Population - An 8-year longitudinal study. JAGS,61:452-453,2013.

Nishio N, Teranishi M, Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Sone M, Otake H, Kato K, Yoshida T, Tagaya M, Hibi T, and Nakashima T (予防開発部)
Polymorphisms in genes encoding aquaporins 4 and 5 and estrogen receptor α in patients with Me´nie`re's disease and sudden sensorineural hearing loss. Life Sci,90:541-546,2013.

Fukuhara K, Ohno A, Ota Y, Senoo Y, Maekawa K, Okuda H, Kurihara M, Okuno A, Niida S, Saito Y, Takikawa O. (ラジオアイソトープ管理室, バイオバンク)
NMR-based metabolomics of urine in a mouse model of Alzheimer's disease: identification of oxidative stress biomarkers.
J Clin Biochem Nutr. 52:133-138. 2013 Mar.

Makizako H, Doi T, Shimada H, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Uemura K, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Does a multicomponent exercise program improve dual-task performance in amnestic mild cognitive impairment? A randomized controlled trial.
Aging Clin Exp Res, 24(6): 640-646, 2012.

上田照子,三宅眞里,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
介護保険サービスの必要量利用の可否が家族介護者に及ぼす影響.
厚生の指標,59(3):8-13,2012.

豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,井出三郎,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
新型インフルエンザ(A/H1N1)流行シーズンにおける小中学生のインフルエンザワクチンの接種状況-ある学校法人の調査より-.
日本公衆衛生雑誌,59(6):390-398,2012.

和田 陽介、園田 茂、永井 将太、國分 実伸、奥山 夕子、川北 美奈子、寺西 利生、近藤 和泉 (自立支援開発研究部)
Fit programを受けた脳卒中患者の退院後調査―FIM質問用紙(Flow-FIM)を用いて-
Jpn. J. Stroke 32 ; 138-145 , 2010

Ishizaka R., Hayashi Y., Iohara K., Sugiyama M., Murakami M., Yamamoto T., Fukuta O. Nakashima M. (口腔疾患研究部)
Stimulation of angiogenesis, neurogenesis and regeneration by side population cells from dental pulp.
Biomaterials. 34(8): 1888-1897, 2013.

Iohara K., Murakami M., Takeuchi N., Osako Y., Ito M., Ishizaka R., Utunomiya S., Nakamura H., Matsushita K. Nakashima M. (口腔疾患研究部)
A novel combinatorial therapy with pulp stem cells and granulocyte colony-stimulating factor for total pulp regeneration.
Stem Cells Transl Med. 2(7) 521-533 2013.

Nazari A, Sadr A, Saghiri MA, Campillo-Funollet M, Hamba H, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Non-destructive characterization of voids in six flowable composites using swept-source optical coherence tomography.
Dental Materials. 29(3):278-286, 2013

Sadr A, Mandurah M, Nakashima S, Shimada Y, Kitasako Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Monitoring of enamel lesion remineralization by optical coherence tomography: an alternative approach towards signal analysis.
Proc SPIE 8566: 2-8, 2013

吉田康一, 小澤総喜, 角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
光干渉断層診断装置(Optical Coherence Tomography;OCT)を用いた各種義歯用陶歯の非破壊検査
老年歯科医学 27(4):356-365, 2013

総説, その他

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の生活不活発病:予防・改善のターゲットとして.ふれあいケア,19(3):29-33,2013

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病の予防と回復支援;「防げたはずの生活機能低下」の中心課題.
日本内科学会誌,102(2):471-477,2013

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションの視点から災害を考える;東日本大震災での実態把握に基づいて.
リハビリテーション研究,154(4):6-9,2013

丸山光生 (老化機構研究部)
免疫系の発達と加齢 免疫系の加齢による変化
「JOHNS」 東京医学社 Vol.29 NO.3 増大号:371-375.2013

井之上浩一・赤津裕康・豊岡利正 (老化機構研究部)
展望 認知症の分析科学的アプローチ
「ぶんせき」 日本分析化学会 機関誌 3月号:132.2013

伊藤健吾,加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
形態MRI, 脳血流SPECTおよび糖代謝FDG-PET アルツハイマー病診断のバイオマーカー;最近の進歩.
老年精神医学雑誌, 24:155-162, 2013

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
麻薬・覚醒剤中毒 今日の神経疾患治療指針 第2版 894-897, 2013
編集:水澤英洋、鈴木則宏、梶 龍兒、吉良潤一、神田 隆、齊藤延人
医学書院 東京

高島明彦 (分子基盤研究部)
タウによる認知症治療の可能性
神経治療学,30:158-162,2013

書物等

Nakashima M., Iohara K., Murakami M. (口腔疾患研究部)
Dental pulp stem cells and regeneration. Pulp Regeneration. Endodontics Topics. 28. pp. 38-50.
Edited by Markus Haapasalo. John Wiley & Sons. 2013.

講演等

学会・研究会等発表

Yamagishi M (脳機能画像診断開発部), Kubo C, Yamaba K
Considerations of the affective factors for appreciating a printed-color picture
IAPR The Computational Color Imaging Workshop, 2013年3月3-5日,千葉

Jose Maria Pena, Santiago Gonzalez, et al., Akinori Nakamura (脳機能画像診断開発部), James Becker, Pittsburgh, Fernando Maestu.
Functional Connectivity Measured with Magnetoencephalography Distinguishes Mild Cognitive Impairment from Normal Aging.
The American Academy of Neurology's 65th AAN Annual Meeting, 2013 March 16-23, San Diego, USA.

Kimura N, Okabayashi S, Ono F. (アルツハイマー病研究部)
Dynein Dysfunction Perturbs Intracellular Vesicles Trafficking and Synaptic Vesicle Docking vis Endocytic Disturbamces.
The 11th International Conference On Alzheimers and Parkinson’s Diseases, March 6-10,2013,Florence, Italy

Toyoshima Y, Washio M, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Factors related to depression among family caregivers of psychiatric patients who used home-visiting nursing services in Japan.
The 5th International Conference on Community Health Nursing Research, 2013 March 13-14 (Presentation: March 14), Edinburgh, UK.

Izumi H, Oura A, Mori M, Washio M, Arai Y (長寿政策科学研究部)
The use of social services and factors related to the care burden felt by family caregivers of the at-home frail elderly: Comparison between 2002 and 2008 in Hokkaido, Japan.
The 5th International Conference on Community Health Nursing Research, 2013 March 13-14 (Presentation: March 14), Edinburgh, UK.

Takikawa O, Okuno A, Yoshimi T, Mikawa R, Takayanagi A. (ラジオアイソトープ管理室)
Astrocytes but not neurons are responsible for the increase of amyloid β prorein induced by endogenous neurotoxin quinolinic acid.
The 11th International Conference On Alzheimer’s & Perkinson’s Disease, march 7, 2013, Firenze, Italy.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Park H, Lee S, Tsutsumimoto K, Uemura K, Yoshida D, Anan Y, Ito T, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部, 所長室)
Cognitive Activities and Instrumental Activity of Daily Living among Older People with Mild Cognitive Impairment.
11th International Conference on Alzheimer's and Parkinson's Diseases, Florence, Italy, March 6-10, 2013.

SH A Chen, C-Y Wu, R-p Lua, Miyakoshi M, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Age-related Changes in Resting-State and Task-Activated Functional MRI Networks
2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT), Tokyo, Japan, March 8(6-8) 2013

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
中高年者のワーク・ファミリー・バランス-家庭関与,仕事関与,精神的健康との関連に注目して-.
日本発達心理学会第24回大会,3月15日,東京.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
中高年者の知能の経年変化:12年間の縦断的検討.
日本発達心理学会第24回大会,3月15日,東京.

伊藤忠, 太田和義, 馬渕晃好, 國島宏樹, 山崎一徳, 森田良文, 谷川智康, 吉久みな子, 平井達也. (自立支援開発研究部)
高齢者と若年における後進歩行練習が運動機能に与える影響.
第17回日本体力医学会東海地方会学術大会, 愛知, 2013年3月16日.

大島浩子、尾崎充世、松本明美、膽畑敦子、鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,看護部,所長室)
在宅医療支援病棟における退院前カンファランスの実施状況と看護師による多職種連携.
第15回日本在宅医学会大会.2013年3月30日.愛媛県.

大島浩子鳥羽研二、辻哲夫、鈴木隆雄大島伸一 (在宅医療開発研究部,所長室,総長室)
国立長寿医療研究センターの取り組み.質的評価からみた在宅医療連携拠点のこれからの活動.
第15回日本在宅医学会大会.2013年3月31日.愛媛県.

大島浩子、鳥羽研二、山本さやか、鈴木隆雄、大島伸一 (在宅医療開発研究部,所長室,総長室)
在宅医療連携拠点事業初期における在宅医療連携拠点の在宅医療連携状況.
第15回日本在宅医学会大会.2013年3月31日.愛媛県.

平井徹也、福田洋治、廣友雅徳、毛利公美、中井敏晴、白石善明 (長寿医療工学研究部)
連結可能匿名化された医療情報の安全管理措置の検討
情報処理学会第75回全国大会、仙台、2013年3月(6-8)日

國見充展 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる臨床診断用認知負荷ストレス課題の妥当性の検討
第11回北陸認知知覚研究会,兵庫,2013年3月25日

村上真史、堀部宏茂、庵原耕一郎、林勇輝、大迫洋平、石坂 亮、竹内教雄、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「新規膜遊走分取法を用いたヒト歯髄幹細胞の特徴化と歯髄再生に対する有用性の検討」
第12回日本再生医療学会総会 横浜 2013年3月22日

庵原耕一郎、堀部宏茂、村上真史、竹内教雄、林勇輝、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「高齢、若齢の歯髄幹細胞の再生能の比較」
第12回日本再生医療学会総会 横浜 2013年3月22日

大迫洋平、山本翼、村上真史、堀部宏茂、竹内教雄、林勇輝、庵原耕一郎、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄幹細胞を用いた末梢神経麻痺細胞治療法の開発」
第12回日本再生医療学会総会 横浜 2013年3月21日

Shimada Y, Nakagawa H, Sadr A, Nakajima M, Nikaido T, Otsuki M, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Non-invasive cross-sectional imaging of proximal caries using SS-OCT in vivo.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Bakhsh TA, Sadr A, Shimada Y, Mandurah M, Alsayed EZ, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Non-destructive evaluation of internal cavity adaptation in class II resin composite.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Mandurah M, Sadr A, Nakashima S, Bakhsh T, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Enamel lesion remineralization evaluated by nanoindentation and optical coherence tomography.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Alsayed EZ, Sadr A, Nakashima S, Hariri I, Bakhsh TA, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Demineralization prevention by enamel resin coating: optical coherence tomography evaluation.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Wada I, Shimada Y, Sadr A, Nakashima S, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Assessment of non-carious cervical lesions using optical coherence tomography.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Nakajima Y, Shimada Y, Miyashin M, Sadr A, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
SS-OCT assessment of occlusal caries in primary teeth.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Sadr A, Hariri I, Shimada Y, Nakashima S, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Association between enamel lesion parameters and surface layer characteristics.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

Yoshikawa F, Sumi Y, Nishimura M, Togashi K, Fukayama H. (歯科口腔先進医療開発センター)
Anesthetic effect of water soluble edible film containing surface anesthetics.
IADR general session 2013.03.20-23 Seattle, USA

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
高齢社会における医療の動向.
日本リハビリテーション病院・施設協会.第1医科歯科連携合同研修会.特別講演.福岡.2013年3月17日.

大島伸一 (総長)
これからの日本の医療.
NHK医学番組委員会講演会.講演.東京.2013年3月21日.

大島伸一 (総長)
医療は変わる.医療介護福祉政策研究フォーラム.
第10回月例社会保障研究会.講演.東京.2013年3月21日.

大島伸一 (総長)
多死社会に向けて在宅医療をどう普及させるか?.
第15回日本在宅医学会大会.シンポジウム(国立長寿医療研究センターとしての取り組み).基調講演.松山.2013年3月31日.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病の予防・改善;介護予防の基本に立って.
宮城県介護予防研修会,3月11日,東松島.

木村展之 (アルツハイマー病研究部)
「Traffic Jam仮説:エンドサイトーシス障害とアルツハイマー病態」
第144回分泌セミナー,2013年3月2日, 東京

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症患者の家族介護者の介護負担と情報提供による介護者支援.
第32回日本社会精神医学会 イブニングセミナー,2013年3月7日,熊本市.

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
転倒リスク管理に関して─認知症への対応も含めて─
青森県成人・老人リハビリテーション施設協会研修会、2013年3月8日、青森市

高島明彦 (分子基盤研究部)
脳プロジェクトDX1開発状況
同志社大学大学院脳科学研究科公開シンポジウム 2013年3月23日 京都府木津川市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「みんなで認知症を理解しよう」、総合討論「認知症と思ったらどうする?」
舞鶴認知症市民公開講座 2013年3月20日 舞鶴市

Nakashima M. (口腔疾患研究部)
Animal models to assess the efficacy and safety of pulp stem cell transplantation.
IADR pulp biology and regeneration group symposium, San Francisco, U.S.A, Mar. 25, 2013.

Iohara K., Takeuchi N., Nakamura H. and Nakashima M. (口腔疾患研究部)
A Novel Combinatorial Therapy with Pulp Stem Cells and G-CSF for Total Pulp Regeneration.
The 9th World Endodontic Congress IFEA. Tokyo, May 23-26 2013.

Takeuchi N., Iohara K., Murakami M., Hayashi Y., Nakamura H. and Nakashima M. (口腔疾患研究部)
Alternative migration factor, bFGF in stem cell therapy for pulp regeneration.
The 9th World Endodontic Congress IFEA. Tokyo, May 23-26 2013.

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者への口腔ケアの必要性とその方法」
日本老年医学会 東海支部 座学研修会「総合評価加算に係る研修」 2013年3月2日 名古屋市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「未来を開く高齢者歯科医療-口腔ケアの普及を」
熱田区歯科医師会 学術講演会 2013年3月23日 名古屋市

センター内活動(セミナー等)

李 成喆 (予防開発部)
身体活動と認知機能の関連に関する長期縦断疫学研究.
流動研究員発表会,3月1日,大府.

幸篤武 (予防開発部)
血中遊離テストステロン濃度が四肢骨格筋量に与える影響に関する縦断的解析.
流動研究員発表会,3月1日,大府.

下方浩史 (予防開発部)
老化・老年病に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)の15年.
CAMD報告会,3月26日,大府.

高島明彦 (分子基盤研究部)
脳老化とタウ
CAMD報告会 2013年3月14日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター