文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 1月

マンスリーレポート(研究業績) 2013年 [平成25年] 1月

2013年 [平成25年] 1月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年1月31日(木)朝刊,どんな大人を目指すか.

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成25年1月1日朝刊,趣味、地域活動楽しもう.

大島伸一 (総長)
読売新聞,平成25年1月9日朝刊,地域医療の現状と課題.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
特集:認知症の最前線-包括的ケアを踏まえた新しい治療戦略-
総説「発症メカニズムを基盤とする認知症治療薬開発の戦略-アルツハイマーを中心に-」
Geriatoric Medicine, 51(1): 7-10, 2013

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞,平成25年1月26日(土)朝刊,認知症とわたしたち:運転早めに「卒業」しよう.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞デジタル,平成25年1月26日(土),認知症とわたしたち:運転早めに「卒業」しよう.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:朝のニュース(富山),平成25年1月4日(金),家族介護者:抑うつ予防.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ニュース富山人,平成25年1月4日(金),家族介護者:抑うつ予防.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:夜のニュース(富山),平成25年1月4日(金),家族介護者:抑うつ予防.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ラジオ第一:朝のニュース(富山),平成25年1月4日(金),家族介護者:抑うつ予防.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
朝日新聞 朝刊 平成25年1月12日 高齢者2割生活機能低下 九州豪雨の被災者

角 保徳(歯科口腔先進医療開発センター)
「安全な新投薬法-可食性フィルムを応用-」 
日本歯科新聞 2013.01.22

論文発表等

原著論文

Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Shimokata H, Ito K, Washimi Y, Endo H, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 予防開発部, 脳機能画像診断開発部, 脳機能診療部, 内科総合診療部, 所長室)
Characteristics of cognitive function in early and late stages of amnestic mild cognitive impairment.
Geriatr Gerontol Int, 13(1): 83-89, 2013.

Doi T, Makizako H, Shimada H, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Sawa R, Misu S, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Effects of multicomponent exercise on spatial-temporal gait parameters among the elderly with amnestic mild cognitive impairment (aMCI): Preliminary results from a randomized controlled trial (RCT).
Arch Gerontol Geriatr, 56(1): 104-108, 2013.

Makizako H, Doi T, Shimada H, Park H, Uemura K, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部, 所長室)
Relationship between going outdoors daily and activation of the prefrontal cortex during verbal fluency tasks (VFTs) among older adults: a near-infrared spectroscopy study.
Arch Gerontol Geriatr, 56(1): 118-123, 2013.

Uemura K, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Cognitive function affects trainability for physical performance in exercise intervention among older adults with mild cognitive impairment.
Clinical Interventions in Aging, 8: 97-102, 2013.

Uemura K, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Doi T, Yamada M, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Factors associated with life-space in older adults with amnestic mild cognitive impairment.
Geriatrics & Gerontology International, 13(1): 161-166, 2013.

Uemura K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Suzuki T. (自立支援開発研究部, 所長室)
Effects of exercise intervention on vascular risk factors in older adults with mild cognitive impairment: a randomized controlled trial.
Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra, 2(1): 445-455, 2012.

Doi T, Ono R, Ono K, Yamaguchi R, Makiura D, Hirata S. (自立支援開発研究部)
The association between fear of falling and physical activity in older women.
Journal of Physical Therapy Science, 24(9): 859-862, 2012.

Suzuki T, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Lee S, Park H. (所長室, 自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部)
Effects of multicomponent exercise on cognitive function in older adults with amnestic mild cognitive impairment: a randomized controlled trial.
BMC Neurol, 12: 128, 2012.

Doi T, Hirata S, Ono R, Tsutsumimoto K, Misu S, Ando H. (自立支援開発研究部)
The harmonic ratio of trunk acceleration predicts falling among older people: results of a 1-year prospective study.
J Neuroeng Rehabil, 10(1): 7, 2013.

Ozaki K. , Kagaya H. , Hirano S. , Kondo I. , Tanabe S. , Itoh N. , Saitoh E. , Fuwa T. , Murakami R.(自立支援開発研究部)
Preliminary Trial of Strategy Training Using a Personal Transport Assistance Robot for Patients With Central Nervous System Disorder.
Archives of Physical Medicine and Rehabilitation, 94: 59-66, 2013

島田裕之, 吉田大輔. (自立支援開発研究部)
サルコペニア診断のための筋量、筋力の評価法.
Bone Joint Nerve, 3(1): 61-66, 2013.

牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
習慣的な身体活動と高齢者の認知機能.
Journal of Training Science for Exercise and Sport, 24(3): 219-225, 2012.

尾関 恩, 近藤 和泉, 才藤 栄一 (自立支援開発研究部)
中部・東海地方会の教育とリクルートへの取り組み
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 49: 821-825, 2012

宮坂 裕之, 近藤 和泉, 中川 裕規, 川上 さつき, 林 美帆, 園田 茂 (自立支援開発研究部)
左半側空間無視患者に対する電気刺激を用いた両上肢動作の試み
作業療法ジャーナル別冊, 46: 1469-1474, 2012

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
英国における認知症の早期診断における「かかりつけ医」の役割に関する検討:National Dementia Strategyの策定の背景に 着目して.
社会保険旬報,2498:14-18,2012.

加藤公子・中村昭範・倉坪和泉・伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
健常高齢者における抑制機能の特異性,老年精神医学雑誌,23(12):1463‐1470,2012

Nakagawa H, Sadr A, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Validation of swept source optical coherence tomography (SS-OCT) for the diagnosis of smooth surface caries in vitro.
Journal of Dentistry. 41(1):80-9, 2013

Bakhsh TA, Sadr A, Shimada Y, Mandurah M, Hariri I, Alsayed EZ, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Concurrent evaluation of composite internal adaptation and bond strength in a class-I cavity.
Journal of Dentistry. 41(1):60-70, 2013

Yoshioka T, Sakaue H, Ishimura H, Ebihara A, Suda H, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Detection of root surface fractures with swept-source optical coherence tomography (SS-OCT).
Photomedicine and Laser Surgery. 31(1):23-27, 2013

Hariri I, Sadr A, Nakashima S, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Estimation of enamel and dentin mineral content from refractive index.
Caries Research 47: 18-26, 2013

総説, その他

大島伸一 (総長)
超高齢社会と医療.
学術の動向.18 (1):76-79. 2013.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅医療推進における在宅医療連携拠点事業.
日本在宅医学会雑誌, 14(2):11-23,2013.

近藤 和泉, 藪中 良彦, 尾崎 健一 (自立支援開発研究部)
特集 リハビリテーションQ&A V 脳性麻痺、その他の小児疾患, 36.運動発達
総合リハビリテーション, 40: 635-641, 2012

幸篤武,安藤富士子, 下方浩史 (予防開発部)
虚弱,サルコペニアの疫学-日本人データから-,サルコペニア-筋研究の最前線-.
BJN Japan,3:67-74,2013.

荒井由美子,水野洋子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:家族介護者への支援.交通安全教育,47(11):6-15,2012.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時支援の新たな課題:防げたはずの生活機能低下;生活不活発病の予防・改善.みんなのねがい,556:44,2012

書物等

高島明彦 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病は今すぐ予防しなさい-第一人者が教える脳の守り方—
産経新聞出版 2013

講演等

学会・研究会等発表

大塚礼,西田裕紀子,丹下智香子,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
血清中のn-3系およびn-6系多価不飽和脂肪酸濃度と認知機能との関連.
第23回日本疫学会学術総会,1月25日,大阪.

多田浩之,松下健二,松山孝司,野口和行,島内英俊,清浦有祐 (口腔疾患研究部)
「ジンジパインによるアレルギー性サイトカイン誘導をターゲットとしたアレルギー疾患の制御」
第29回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い 2013/1/12 東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の診療における核医学診断の有用性と今後の展望
第25回 3NH2RC研究会. 1月25日,名古屋

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
"preventable death"に加えて"preventable disability"を
「特別な配慮が必要な人」の重要性.第18回日本集団災害医学会総会 神戸 2013年1月17日

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病多発の実態把握に立って今後の対策のあり方を考える
「防げたはずの生活機能低下」予防の最大の要点として.第18回日本集団災害医学会総会 神戸 2013年1月17日

工藤美奈子、関口春美、大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時生活機能低下予防対策に関する研究(3)
東日本大震災での生活機能調査.第18回日本集団災害医学会総会 神戸 2013年1月17日

Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Development of a new oral diagnostic tool using optical coherence tomography (OCT).
The 33rd Myanmar Dental Conference and14th FDI-MDA Joint Educational Meeting. 2013.01.24-26 Yangon, Myanmar

角 保徳,深山 治久 (歯科口腔先進医療開発センター)
『薬剤含有可食性フィルムによる口腔疾患に対する新たなドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発研究』
第29回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」 2013年1月12日 東京都

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
長寿社会と医療.
名古屋第二赤十字病院平成24年度倫理委員会主催講演会.講演.名古屋.2013年1月22日.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「アルツハイマー病:発症機構と先制治療薬開発」
第7回 中部大学ライフサイエンスフォーラム,2013年1月16日, 春日井市

島田裕之 (自立支援開発研究部)
高齢者地域健康科学特論演習.
札幌医科大学大学院保健医療学研究科講義, 札幌, 2013年1月18日.

丸山光生 (老化機構研究部)
生体防御論
藤女子大学人間生活学部食物栄養学科、平成25年1月25日、北海道

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
臨床PETよもやま話
浜松医科大学大学院PET学公開講義,1月17日,浜松

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症について」
日進市民生委員児童委員協議会 2013年1月15日 日進市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症を知る〜認知症の最新情報 診断から介護まで」
スミセイさわやか介護セミナー 2013年1月20日 岐阜市

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
「高齢者への口腔ケアの必要性とその方法について」
大山病院 健康ふれあい教室 2013年1月13日 兵庫県

センター内活動(セミナー等)

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
アミロイド分子治療の創成をめざして-(II) A?重合開始機構の解明と薬剤開発への展開-
CAMD報告会、2013年1月10日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター