文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 10月

マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 10月

2012年 [平成24年] 10月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成24年10月30日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,高齢社会大綱を読んで.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
特集:認知予備能 「認知機能障害とアミロイド病理の乖離」
Cognition and Dementia, 11(4): 39-43, 2012

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
2.3 歯髄・象牙質再生 再生医療叢書 第8巻 歯学系, 上田実、朝比奈泉編集, 朝倉書店(2012年秋刊行予定)

松下健二 (口腔疾患研究部)
健康寿命の鍵は、口の健康! 歯周病と全身の密接な関係 歯っぴいスマイル 19:5-7, 2012.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本経済新聞,平成24年10月22日(月)朝刊,認知症の運転.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本経済新聞,平成24年10月22日(月)電子版,認知症の運転.

島田裕之 (自立支援開発研究部)
名古屋テレビ「UP」, 平成24年10月10日, ロボットの技術を応用した歩行を助ける“リズム歩行アシスト”

島田裕之 (自立支援開発研究部)
日経エレクトロニクス, 1093:3-60, 2012, 動きだす介護ロボット

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
日本経済新聞:認知症ケアー国の5カ年計画 来年度からー在宅中心めざす
2012年10月25日

下方浩史 (予防開発部)
名古屋テレビアップ,平成24年10月12日,「高齢者はお肉を食べよう」

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
読売新聞 平成24年10月31日 被災地で問題 生活不活発病;活動の機会奪わぬ支援を

論文発表等

原著論文

李成喆,幸篤武,森あさか,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住高齢者の身体活動と認知機能に関する縦断的研究.
日本未病システム学会雑誌,18:39-42,2012.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
中高年者の開放性が知能の経時変化に及ぼす影響:6年間の縦断的検討.
発達心理学研究,23:276-286,2012.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
高齢者の抑うつはその後の知能低下を引き起こすか:8年間の縦断的検討.
老年社会科学,34:370-381,2012.

Nakajima Y, Shimada Y, Miyashin M, Takagi Y, Tagami J, Sumi Y. (歯科口腔先進医療開発センター)
Noninvasive cross-sectional imaging of incomplete crown fractures (cracks) using swept-source optical coherence tomography.
International Endodontic J. 45:933-41, 2012

総説, その他

Shimokata H, Ando F (予防開発部)
Aging-related genotype, .
Anti-Aging Med, 9: 185-191, 2012.

下方浩史,安藤富士子 (予防開発部)
認知症の実態と予防の重要性,.
日本未病システム学会雑誌,18:79-83,2012.

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄再生による新しい歯内治療法の臨床研究に向けて 福岡歯科大学学会雑誌 38(2):67-63,2012

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄再生による新しい歯内治療法の臨床研究に向けて
福岡歯科大学学会雑誌 38(2): 67-73, 2012

書物等

Nakashima M and Huang G.T.J.
Pulp and dentin regeneration. Section V:Stem cells and craniofacial tissue bioengineering. Stem cells in craniofacial development, regeneration and repair. Edited by Irma Thesleff and George T-J Huang. Wiley-Blackwell, John Wiley & Sons. 2012. (in press)

角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
新編5分でできる口腔ケア 介護のための普及型口腔ケアシステム 
医歯薬出版 2012.10

講演等

学会・研究会等発表

YYamada K and Matsushita K (口腔疾患研究部)
High concentration of glucose activates migration and proliferation of human skin keratinocytes through inducing active release of HMGB1. The Clinical Symposium on Advances in Skin & Wound Care. Oct 23, 2012, Las Vegas, USA.

Matsuda T, Sakabe I, Honda M, Nakayama Y, Miyazaki T, Maruyama M (老化機構研究部)
Putative role of novel GEF, Zizimin family in aged immune system
Molecular Genetics of Aging, Cold Spring Harbor Meeting
New York, USA, October 11, 2012

Yamakoshi K. (老化機構研究部)
Role of p16 in the age-related functional decline of the submandibular gland.
Keystone Symposia, Tokyo, Japan, October 22-27, 2012

Okawa Y, Ueda S, Kudo M, Oikawa E, Kasamatsu J, Tani N, Sato J, Takahashi S (生活機能賦活研究部)
ICF-based Large-Scale Population Surveys seven Months after the Great Earthquake and Tsunami in one of the most severely hit towns WHO-FIC Network Annual Meeting 2012, 19 October, Brasilia, Brazil

Okawa Y, Ueda S, Kudo M, Oikawa E, Kasamatsu J, Tani N, Fujiyama H (生活機能賦活研究部)
How should be the Preventive and Supportive Programs at the Time of Disasters: The Official Recognition of the ICF-based Programs founded on the Experiences of many Disasters in Japan since 2004 WHO-FIC Network Annual Meeting 2012, 19 October, Brasilia, Brazil

Okawa Y, Ueda S, Kudo M, Oikawa E, Kasamatsu J, Tani N (生活機能賦活研究部)
The Importance of the Distinction of ‘Universal Independence’ and ‘Limited Independence’ in the Qualifiers of Activity: Its Influence on the Decline of Functioning after the Disaster WHO-FIC Network Annual Meeting 2012, 19 October, Brasilia, Brazil

Okawa Y, Ueda S, Kudo M, Oikawa E, Kasamatsu J, Tani N, Sato J, Takahashi S (生活機能賦活研究部)
The Occurrence of Functioning Problems in Persons with Disabilities following Disaster WHO-FIC Network Annual Meeting 2012, 19 October, Brasilia, Brazil

萩原真、磯田竜太朗、加藤佳子、石田直之、小林かおる、松下健二 (口腔疾患研究部)
「一酸化窒素を制御する食品由来因子の探索」第45回日本食生活学会大会 2012/10/13 北九州

加藤隆司,藤原 顕,山田貴史,中村昭範,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部),SEAD-J Study Group,
CRSEAD-Jにおける教育年数と認知機能低下に関する検討:認知予備能仮説の観点から.
第52回日本核医学会学術総会 2012年10月11-13(12)日,ロイトン札幌,札幌市

加藤隆司,藤原 顕,山田貴史,中村昭範,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部),SEAD-J Study Group,
CR健忘型MCIにおける認知予備能と認知機能低下,脳糖代謝,局所脳萎縮に関する検討第31回日本認知症学会学術集会, 2012年10月26-28(26)日,つくば国際会議場 つくば市

加藤公子,加藤隆司,倉坪和泉,岩田香織,山岸未沙子,新畑豊,伊藤健吾,MULNIAD study group,中村昭範 (脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
詳細な神経心理学的検査による前臨床期のアルツハイマー病検出の可能性,
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (27)日,つくば国際会議場 つくば市

中村昭範加藤隆司,井狩彌彦,千田道雄,石井一成,石井賢二,J-ADNI study group, 伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の多施設共同研究をサポートする「ネット画像カンファレンスシステム」の開発,
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (26)日,つくば国際会議場 つくば市

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
シンポジウム5「J-ADNI:データの総決算」5.PET,
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (26)日,つくば国際会議場 つくば市

藤原謙,加藤隆司,山田貴史,中村昭範,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部),SEAD-J Study Group
MCIにおける灰白質萎縮と糖代謝の神経心理的機能との関連,
第52回日本核医学会学術総会
2012年10月11-13(11)日,ロイトン札幌,札幌市

藤原謙加藤隆司,石井賢二,石井一成,千田道雄, 伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部),J-ADNI
J-ADNI被験者の登録時区分によるFDG-PETの比較,
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28(26)日,つくば国際会議場 つくば市

岩田香織加藤隆司,ディアース ケアステン,加藤公子倉坪和泉藤原 謙牛鼻健二, 新畑豊伊藤健吾中村昭範(脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
Default mode networkのfunctional connectivityと局所脳糖代謝との相関 ,
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (27)日,つくば国際会議場 つくば市

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部, 脳機能診療部)
画像コメンテータ(核医学の立場から) 症例検討「認知症診療を進める上での診療科別のポイント」,
第28回ブレイン・ファンクション・イメージング・カンファレンス 2012年9月8日 ポートピアホール 兵庫県神戸市

羽田栄介, 石井賢二, 坂田宗之, 石渡喜一, 千田通雄, 伊藤健吾, 桑野良三, J-ADNI, study group
US-ADNI study group, AIBL research group (脳機能画像診断開発部)
全脳及び脳局所のアミロイド蓄積におけるAPOE2の影響
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (27)日,つくば国際会議場 つくば市

文堂昌彦, 加藤隆司, 籏野健太郎, 中村昭範, 中坪大輔, 伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
11C-PIB PETを用いた突発性正常圧水頭症とアルツハイマー病の合併に関する研究
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (26)日,つくば国際会議場 つくば市

新畑豊, 鷲見幸彦, 武田章敬, 山岡朗子, 辻本昌史, 川合圭也, 桜井孝, 文堂昌彦, 加藤隆司, 伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
血管性認知症とアルツハイマー病との識別およびco-morbidityに関する検討
第31回日本認知症学会学術集会,
2012年10月26-28 (27)日,つくば国際会議場 つくば市

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
地方自治体による一般高齢者に対する外出・移動支援:相乗り・乗り合い交通に着目して.
第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月26日,山口市.

和泉比佐子,大浦麻絵,森 満,鷲尾昌一荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
在宅療養高齢者の在宅サービス利用状況-2002年と2008年の比較-.
第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月26日,山口市.

豊島泰子,鷲尾昌一荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
精神疾患を有する要介護者を介護している家族の介護負担と抑うつ.
第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月26日,山口市.

近藤和泉尾崎健一原田敦、寺西利生、園田茂、宮坂裕之、成田渉、才藤栄一 (自立支援開発研究部,機能回復診療部,副院長室)
立体バランステスト standing test for imbalance and disequilibrium(SIDE)の妥当性の検討:テスト肢位の順序性は重心動揺と並行するか?
転倒予防医学研究会第9回研究集会 2012年10月7日 東京都

近藤和泉尾崎健一、加賀谷斉、平野哲、才藤栄一 (自立支援開発研究部,機能回復診療部)
Personal Transport Assistance Robot(PTAR)を用いた中枢神経障害患者に対するバランス訓練の試み 転倒予防医学研究会第9回研究集会 2012年10月7日 東京都

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 朴眩泰, 吉田大輔, 堤本広大, 上村一貴, 阿南祐也, 李相侖, 伊藤忠, 鈴木隆雄. (自立支援開発研究部, 生活機能賦活研究部, 所長室)
軽度認知障害を有する高齢者の運動機能低下および脳萎縮と将来の転倒発生との関連.
第9回転倒予防医学研究会研究集会, 東京, 10月7日.

井平光, 古名丈人, 木村美佳, 水本淳, 安田圭佑, 牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
地域在住高齢者における体幹の機能的役割について-構造方程式モデリングによる検討-.
第71回日本公衆衛生学会総会, 山口, 10月24日-26日.

牧野圭太郎, 古名丈人, 木村美佳, 井平光, 水本淳, 安田圭佑, 牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
地域在住高齢者における身体活動量と体幹機能との関連性.
第71回日本公衆衛生学会総会, 山口, 10月24日-26日.

水本淳, 古名丈人, 井平光, 安田圭佑, 牧野圭太郎, 木村美佳, 牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
札幌市に在住する高齢者の身体活動量と環境要因の関連性.
第71回日本公衆衛生学会総会, 山口, 10月24日-26日.

安田圭佑, 古名丈人, 木村美佳, 井平光, 水本淳, 牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬. (自立支援開発研究部)
地域在住高齢者の連続歩行距離には歩行時の体幹動揺が関係するのか?
第71回日本公衆衛生学会総会, 山口, 10月24日-26日.

西原恵司、洪英在、小林正樹、川嶋修司、佐竹昭介、三浦久幸、遠藤英俊 (内科総合診療部,自立支援開発研究部,在宅連携医療部)
高齢者総合診療科で経験した、crowned dens syndrome5例の検討
第23回 日本老年医学会東海地方会 名古屋市

小林正樹、西原恵司、洪英在、川嶋修司、佐竹昭介、三浦久幸、遠藤英俊 (内科総合診療部,自立支援開発研究部,在宅連携医療部)
変形性関節症として経過をみていたRS3PEの一例
第23回 日本老年医学会東海地方会 名古屋市

佐竹昭介、千田一嘉、洪英在、三浦久幸、遠藤英俊、近藤和泉 (自立支援開発研究部,内科総合診療部,内科総合診療部)
基本チェックリスト総合点による虚弱評価の検証
第23回 日本老年医学会東海地方会 名古屋市

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
高齢者疾患と低栄養の関係
第10回 大連合大会(日本臨床栄養学会・日本臨床栄養協会)シンポジウム 東京 10月7日

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
高齢者医療の今 -運動器不安定の最新の治験ー 「虚弱高齢者における運動器不安定の位置づけ」
第14回 日本医学会公開フォーラム 東京 10月20日

小林正樹、佐竹昭介、西原恵司、洪英在、川嶋修司、三浦久幸、遠藤英俊 (自立支援開発研究部,内科総合診療部,在宅連携医療部)
浮腫を主訴とした側頭動脈炎の一例
第218回 日本内科学会東海地方会 名古屋 10月28日

早坂孝宏、井上菜穂子、正木紀隆、小川倫弘、兼坂岳志、堀映、赤津裕康、瀬藤光利 (老化機構研究部)
Mass Microscopeを用いたヒト網膜組織の脂質イメージング解析
医用マススペクトル学会 愛知 2012年10月25日

赤津裕康、井之上浩、望月奈々、福原崇臣、山本孝之、橋詰良夫、豊岡利正、遠山育夫(老化機構研究部)
ヒト鼻粘膜・嗅球におけるAβ解析と診断の可能性
認知症学会 茨城 2012年10月27日

前川京子、田島陽子、石川将己、村山真由子、妹尾勇弥、最上(西巻)知子、中西広樹、池田和貴、有田誠、田口良、檜垣小百合、奥野海良人新飯田俊平、齋藤嘉朗、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室、遺伝子蛋白質解析室)
アルツハイマー病モデルマウスの脳及び血漿における脂肪酸代謝物のメタボローム解析
第7回メタボロームシンポジウム、平成24年10月11日、鶴岡

龔(キョウ)建生, 紙田正博, 東祥子, 伊藤研悠, 酒井義人, 五十嵐文子, 渡辺研, 山田哲司, 尾野雅哉, 原田敦, 新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室, 先端診療部, 運動器疾患研究部)
プロテオミクスを基盤とした脊柱管狭窄症肥厚靱帯のタンパク質局在
第27回日本整形外科学会基礎学術集会, 2012年10月26日,名古屋

安藤富士子,大塚礼,北村伊都子,甲田道子,下方浩史 (予防開発部)
「かくれメタボ」の日本人有所見者数の推計-無作為抽出地域住民コホートNILS-LSAから.
第33回日本肥満学会,10月11日,京都.

下方浩史,安藤富士子 (予防開発部)
かくれ肥満は生活習慣病のリスクとなるか-8万人での10年間の大規模縦断研究.
第33回日本肥満学会,10月12日,京都.

下方浩史 (予防開発部)
健康長寿社会を築く長期縦断疫学研究.
第19回日本未病システム学会総会,10月27日,金沢.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
成人後期の主観的幸福感に対する配偶者の有無と対人関係の影響.
第19回日本未病システム学会学術総会,10月27日,金沢.

堀川千賀大塚礼加藤友紀,河島洋,柴田浩志, 安藤富士子, 下方浩史 (予防開発部)
トリグリセリド高値の者における血清脂肪酸の特徴 ~地域在住の中高年男女における検討~.
第19回日本未病システム学会学術総会,10月28日,金沢.

松浦弘幸中野正博玉川雅彰根本哲也山中真久保田怜、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
転落と転倒に伴う力学的人体損傷に関する基礎研究,
第9回研究集会,転倒予防医学研究会,58,2012年10月07日、東京

國見充展、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる臨床診断用認知負荷ストレス課題の妥当性の検討①-着色した線画を用いた視覚的N-back課題-
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

國見充展、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる臨床診断用認知負荷ストレス課題の妥当性の検討②-2価のTask Switch 課題-
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

木山幸子、國見充展、飯高哲也、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる臨床診断用認知負荷ストレス課題の妥当性の検討③-両手指タッピング課題-
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

後藤寛司、金井章、冨田秀二、加藤祥子、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
ウェアラブル型カラーマーカーの運動計測精度の検討
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

金井章、後藤寛司、冨田秀二、中井敏晴田中あゆ子 (長寿医療工学研究部)
高齢者の歩行能力を遠隔にて画像計測する方法の基礎検討
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

岩間敏文、長谷川純一、瀧剛志、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
高齢者運動機能評価支援のための豆運び運動計測システムの開発
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

中井敏晴山口さち子、礒田治夫、土橋俊男、町田好男、野口隆志 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災によりMR装置に見られた被害事象の概況報告
H24年度日本生体医工学東海支部学術集会、2012年10月20日、名古屋

大島浩子、荒畑豊、磯貝善三、加納周美、石川耕介、久保田怜、根本哲也、原田敦 (在宅医療開発研究部,第一脳機能診療科,皮膚科,整形外科,看護部,長寿工学研究部,副院長室)
生活支援ロボット搭乗の実証試験‐若年健常者による立ち乗り搭乗型ロボットの試乗と安全性の検討‐.
日本老年医学会第23回東海地方会,名古屋,2012年10月6日.

太田誠一朗加藤隆司,二橋尚志,藤原 謙山田貴史外山 宏,片田和広,伊藤健吾,Study Group (脳機能画像診断開発部、放射線科)
SEAD-Jにおける教育年数と認知機能低下に関する検討:認知予備能仮説の観点から.
第52回日本核医学会学術総会 日時:2012年10月11-13(11)日,第52回日本核医学会学術総会,ロイトン札幌,札幌市

深谷直彦,加藤隆司,野原孝司,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
撮像,画像再構成条件の違いが,3D-SSPのZ画像におよぼす影響の検討.
第52回日本核医学会学術総会,日時:2012年10月11-13(11)日,ロイトン札幌,札幌市

田島稔久,林 絵美,日比野新,飯田昭彦,加藤隆司伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
PiBアミロイドPET画像解析におけるMotion Correctionの効果.
第52回日本核医学会学術総会,2012年10月11-13(12)日,ロイトン札幌,札幌市

加藤隆司,岡村信行,藤原 顕,伊藤健吾,千田道雄,石井賢二,石井一成,J-ADNIスタディグループ (脳機能画像診断開発部)
[C-11]BF-227の集積判定方法についての検討. 
PETコア連絡会議 日時:2011年2012年11月15日 株式会社マイクロン東京本社会議室,東京都千代田区丸の内3-8-1 住友不動産丸の内ビル2 階

山本翼、栗田賢一、堀部宏茂中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄幹細胞を用いた新しい抹消神経麻痺根治的治療法の開発」
第57回日本口腔外科学会総会・学術大会 大阪 2012年10月20日

堀部宏茂、栗田賢一、中島美砂子山本翼 (口腔疾患研究部)
「ヒト歯髄幹細胞の特徴化の中高齢者・若年齢者による比較検討」
第57回日本口腔外科学会総会・学術大会 大阪 2012年10月20日

中村博幸、中島美砂子 (口腔疾患研究部) 「歯髄炎におけるMMP-3の抗炎症、組織再生作用の検討」 第54回歯科基礎医学会 学術大会ならびに総会  2012年9月15日 福島

菊池圭介,秋葉徳寿,角 保徳,水口俊介 (歯科口腔先進医療開発センター)
SS-OCT(光干渉断層計)を用いたインプラント‐アバットメント間の適合評価
第60回日本歯科理工学会学術講演会 2012年10月13日 福岡市

井上 実,星野義人,長沢悠子,日比野 靖,高橋英和,角 保徳,水口俊介,中嶌 裕 (歯科口腔先進医療開発センター)
フッ素系モノマー成分の違いが試作フッ素系軟質裏装材の特性に及ぼす影響 -粘弾性と吸水・溶解性について-
第60回日本歯科理工学会学術講演会 2012年10月14日 福岡市

星野義人,井上 実,長沢悠子,日比野 靖,高橋英和,角 保徳,水口俊介,中嶌 裕 (歯科口腔先進医療開発センター)
試作フッ素系軟質裏装材におけるモノマー成分の違いが義歯床用レジンとの接着耐久性に与える影響について
第60回日本歯科理工学会学術講演会 2012年10月14日 福岡市

中島幸恵、島田康史、宮新美智世、高木裕三、田上順次、角 保徳 (歯科口腔先進医療開発センター)
光干渉断層画像診断法を用いた小児歯科領域への応用
第27回小児歯科学会関東地方会大会 2012年10月21日 東京都

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
長寿社会と医療.第103回名古屋大学医学部学友大会.記念講演・特別講演.名古屋.2012年10月6日.

大島伸一 (総長)
序論.第14回日本医学会公開フォーラム 高齢者医療の今-運動器不安定の最新の知見-.東京.2012年10月20日.

大島伸一 (総長)
高齢社会を元気で生きる.恵那市・市民三学三郷員会講演会.講演.恵那.2012年10月27日.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「認知症の神経化学・分子生物学を学ぶ」
第8回日本認知症学会教育セミナー,2012年10月28日,つくば

中村昭範 (脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
にこにこリハの背景:「心の通った」介護・看護実現のために,
「にこにこリハ」・「いきいきリハビリ」研修会,
2012年10月3日,ウインク愛知 名古屋市

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者とご家族への支援:認知症高齢者の自動車運転を考える.
認知症市民啓発講座,2012年10月27日,滋賀県守山市.

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
脳性まひの最新の疾患論
認定理学療法士(発達障害)必須研修会,2012年10月28日,京都市

島田裕之 (自立支援開発研究部)
介護予防とは、おたっしゃ健診とは.
南区介護予防「お元気で21」事業 かいご予防「健診」サポーター研修 講義, 横浜, 2012年10月9日

島田裕之 (自立支援開発研究部)
身体活動によるアルツハイマー病予防の可能性について.
フォーラム2012衛生薬学・環境トキシコロジー, フォーラムⅠ:環境因子による神経変性とその防御, 名古屋, 2012年10月25日

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の人を支える-認知症の人を外来で診る-」
南圭会研修会 2012年10月16日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の身体合併症医療」
第5回諏訪認知症研究会 2012年10月20日、長野

高島明彦(分子基盤研究部)
タウとシナプス可塑性について
第31回日本認知症学会学術集会 2012年10月26日、茨城つくば

日坂真輔、林佳美、赤津裕康、永井雅代、加藤陽二、能勢充彦、丸山和佳子、大澤俊彦(老化機構研究部)
多価不飽和脂肪酸は酸化ストレスを介して神経変性疾患を惹起しうるか
フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー 名古屋 2012年10月25日

望月奈々, 筒井陽仁, 赤津裕康, 閔 俊哲, 轟木堅一郎, 山本孝之, 井之上浩一, 豊岡利正(老化機構研究部)
アミロイドβペプチドのC-末端アミノ酸配列を利用したトリプシン分解-UPLC-MS/MS定量法の検討
第二回新アミノ酸分析研究会 東京 2012年10月26日

松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
Atomic Schwinger-Dyson Method(ASD法)の概要,将来の原子/分子の解析法として,シミュレーション技術,
CAE POWER 2012 GTC,2012年10月03日、東京

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
H23年度拠点事業のレビューと今年度の拠点の評価指標
都道府県リーダー研修,東京都,2012年10月13日.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害後の新たな課題としての「防げたはずの生活機能低下予防」.
宮城県介護予防研修会,10月5日,仙台.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「よくする介護」のアセスメント.
富山県平成24年度「よくする介護」研修(介護福祉士研修会),10月20日,富山.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害後の生活不活発病予防.
日田市公開講座,10月10日,日田.

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
愛知学院大学歯学会開催 学生のための講演会
愛知学院大学 2012年10月27日

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
シンポジウム 「歯延命化による健康長寿を目指した歯髄再生治療の実用化に向けて:現状と展望」
第10回日本再生歯科医学会総会・学術大会 2012年9月1日 兵庫

中村博幸 (口腔疾患研究部)
シンポジウム 「MMP-3の歯髄炎での抗炎症、組織再生作用の検討」
第10回日本再生歯科医学会総会・学術大会
2012年9月1日 兵庫

センター内活動(セミナー等)

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
「高齢者の在宅医療」在宅での看取り
(独)国立長寿医療研究センター 2012年度高齢者医療・在宅医療 総合看護研修,大府市,2012年10月4日.

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター