文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 8月

マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 8月

2012年 [平成24年] 8月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
読売新聞,平成24年8月3日朝刊,「総合診療医」養成を提言 厚労省研究班.

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成24年8月30日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,どう生きどう死ぬか.

大島伸一 (総長)
NHK横浜,平成24年8月29日,「NHKニュースおはよう日本」,“たんの吸引ヘルパー” が見つからない 患者家族の不安.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
交通安全教育,平成24年8月号,警視庁:高齢者交通指導員研修 「認知症高齢者の自動車運転を考える」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
YOMIURI ONLINE,平成24年8月5日(日),説得より納得が大事:認知症ドライバー.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成24年8月5日(日)朝刊,説得より納得が大事:認知症ドライバー.

論文発表等

原著論文

Oikawa N, Goto M, Ikeda K, Taguchi R, Yanagisawa K. (治療薬探索研究部,副所長室,認知症センター長室)
The γ-secretase inhibitor DAPT increases the levels of gangliosides at neuritic terminals of differentiating PC12 cells.
Neurosci Lett. 525(1): 49-53, 2012

Jia Y, Sakabe I, Matsuda T, Hayakawa T, Maruyama M. (老化機構研究部)
Restricted Expression of New Guanine Nucleotide Exchange Factor Zizimin2 in Aged Immune System.
Nagoya Journal of Medical Science Vol.74 No.3, 4 303-311,2012

Ikari Y, Nishio T, Makishi Y, Miya Y, Ito K, Koeppe RA, Senda M. (脳機能画像診断開発部)
Head motion evaluation and correction for PET scans with 18F-FDG in the Japanese Alzheimer's disease neuroimaging initiative (J-ADNI) multi-center study.
Ann Nucl Med. 2012 Aug;26(7):535-44. Epub 2012 Jul 5.

Kato K, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Natsume H, Kondo A, Ito Y, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
AMPK limits IL-1-stimulated IL-6 synthesis in osteoblasts: Involvement of IκB/NF-κB pathway.
Cell Signal. 24:1706-1712, 2012

Kondo A, Tokuda H, Mizutani J, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
Wnt3a upregulates prostaglandin F2α-stimulated vascular endothelial growth factor synthesis in osteoblasts.
Mol. Med. Report. 6:421-425, 2012

Murakami M, Imabayashi K, Watanabe A, Takeuchi N, Ishizaka R, Iohara K, Yamamoto T, Nakamura H, Nakashima M (口腔疾患研究部)
Identification of novel function of vimentin for quality standard for regenerated pulp tissue.
J Endod ., 38(7):920-926,2012.

大矢敏久, 内山靖, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 吉田大輔, 上村一貴, 鈴木隆雄 (自立支援開発研究部,所長室)
手段的日常生活活動の自立した地域在住高齢者における転倒恐怖感に関連する要因の検討.
日本老年医学会雑誌, 49(4):457-462, 2012.

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
歯髄幹細胞を用いた臨床研究を目指した細胞加工施設への歯の輸送法の確立.
日本歯科保存学雑誌. 55(4): 272-277, 2012.

瀧本晃陽、川島伸之、鈴木規元、小泉 悠、山本弥生子、齋藤正寛、原田英光、中島美砂子、須田英明 (口腔疾患研究部)
LPS刺激下における炎症性メディエーター産生に対するMMP-3の影響
日本歯科保存学雑誌 55(3): 202-210, 2012

総説, その他

大島伸一 (総長)
インタビュー.高齢者の生活を中心に医療と介護を考えるべき. 月刊介護保険.198:20-23. 2012.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の新しい課題としての「防げたはずの生活機能低下」(3);「特別な配慮が必要な人」という見方の重要性.教育と医学,60(9):800-809,2012

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
先進的取り組みの外観と展望:在宅ケアの先進的取り組み,特集企画「できれば最期まで在宅で生活を!」
Aging&Health, No.60 2012年 第21巻第2号p14-15.

書物等

Yanagisawa K. (副所長室,認知症センター長室)
Amyloid, arises on the membranes and acts on the membranes.
In: Amyloids: Composition, Functions and Pathology (edited by Irene P.Halcheck and Nancy R. Vernon: published by Nova Science Publishers, Inc.), pp.137-150, 2012

Nakashima M. and Huang G.T.J. (口腔疾患研究部)
Pulp and dentin regeneration. Chapter 26. pp. 461-484. Stem cells in craniofacial development and regeneration, First Edition .Edited by George T.-J. Huang. and Irma Thesleff.
Wiley-Blackwell. John Wiley & Sons. 2013.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
新しい課題・「防げたはずの生活機能低下」;被災者本人の知恵と能力を生かす環境づくり.3.11と私 東日本大震災で考えたこと,藤原書店,p226-229, 2012.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
精神障害の現状と分類.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2012.南江堂.307-318,東京,2012.

丸山和佳子永井雅代能勢弓、大澤俊彦、直井信 (加齢健康脳科学研究部)
ポリフェノールは老化、老年病に有効か?
機能性食品・素材と運動療法ー生活習慣病予防と運動機能維持、向上をめざしてー
監修 大澤俊彦、佐藤祐造 CMC出版 p34-39, 2012

丸山和佳子永井雅代能勢弓、大澤俊彦、直井信 (加齢健康脳科学研究部)
神経変性疾患とアスタキサンチン
アスタキサンチンの機能と応用
監修 吉川敏一、内藤裕二 CMC出版 p73-78, 2012

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
2.3 歯髄・象牙質再生 再生医療叢書 第8巻 pp. 26-39
歯学系 上田実、朝比奈泉編集 朝倉書店 2012

講演等

学会・研究会等発表

Hashizume N, Kimura Y, Yamada T, Ikenuma H, Nishimoto T, Hatano K, Toyama H, Kitamura K, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
Micro-Liter order automated blood sampling system for small animal PET functional imaging. World Molecular Imaging Congress 2012, Dublin, Ireland

Yamagishi M, Jingu H, Kashiwase N, Kasamatsu K, Kiso H, Fukuzumi S. (脳機能画像診断開発部)
Estimation of Awareness of Unconsciousness Based on Physiological Responses
The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction 2012, Japan, Aug 30 (28-31), 2012

下方浩史 (予防開発部)
中高年者の栄養と運動-長期縦断疫学研究から シンポジウム「感性豊かなヘルスプロモーション」.
第60回日本教育医学会記念大会,8月25日,筑波.

大菅陽子,吉田正貴,下方浩史,安藤富士子 (手術・集中治療部,予防開発部)
メタボリック症候群はLUTSの危険因子となるか-4年間の縦断的研究.
第20回日本排尿機能学会,8月30日,名古屋.

新飯田俊平山本 誠士, 村松 昌, 東 英梨月, 本山 昇, 滝川 修 (遺伝子蛋白質解析室,加齢健康脳科学研究部,ラジオアイソトープ管理室)
血中miRNAとEndothelial Microparticles
第4回日本RNAi研究会, 2012年8月31日,広島

太田喜久夫、加賀谷斉、柴田斉子、伊藤友倫子、青柳陽一郎、小野木啓子、近藤和泉、才藤栄一 (自立支援開発研究部)
バルーン型嚥下圧測定装置の開発(第1報:安全性と精度の検討)
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

加賀谷斉、青柳陽一郎、百田貴洋、尾関恵、小杉美智子、小野木啓子、柴田斉子、太田喜久夫、近藤和泉、才藤栄一 (自立支援開発研究部)
随意運動介助型電気刺激を用いた嚥下運動の解析
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

戸原玄、野原幹司、才藤栄一、東口?志、早坂信哉、植田耕一郎、菊谷武、近藤和泉 (自立支援開発研究部)
在宅療養中の胃瘻患者に対する摂食・嚥下リハビリテーションに関する総合的研究報告1-胃瘻選択基準に関する調査研究-
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

戸原玄、野原幹司、才藤栄一、東口?志、早坂信哉、植田耕一郎、菊谷武、近藤和泉 (自立支援開発研究部)
在宅療養中の胃瘻患者に対する摂食・嚥下リハビリテーションに関する総合的研究報告2-訪問時の初回評価について-
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

戸原玄、野原幹司、才藤栄一、東口?志、早坂信哉、植田耕一郎、菊谷武、近藤和泉 (自立支援開発研究部)
在宅療養中の胃瘻患者に対する摂食・嚥下リハビリテーションに関する総合的研究報告3-初診時と1か月後の状態の比較-
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

戸原玄、野原幹司、才藤栄一、東口?志、早坂信哉、植田耕一郎、菊谷武、近藤和泉 (自立支援開発研究部)
在宅療養中の胃瘻患者に対する摂食・嚥下リハビリテーションに関する総合的研究報告4-胃瘻増設後施設への申し送り事項-
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

山田康平近藤和泉尾崎健一角保徳、田中貴信 (先端診療部,自立支援開発研究部,機能回復診療部)
口腔・咽頭感覚を利用した質問紙法による食品テクスチャー評価の検討
第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
2012年8月31日、9月1日  札幌市

滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
アルツハイマー病の研究とマルチモーダルイメージセンサへの期待
マルチモーダルバイオイメージセンサ研究会第1回オープンセミナー、平成24年8月28日、名古屋

新飯田俊平山本誠士村松昌、東英梨月、本山昇滝川修 (遺伝子蛋白質解析室,加齢病態研究室,ラジオアイソトープ管理室)
血中miRNAとEndothelial Microparticles microRNAs in the endothelial microparticles
第4回日本RNAi研究会、平成24年8月30日-9月1日、広島

伊藤健吾、藤原謙、加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
-ADNI とUS-ADNI の差が機種差に起因する可能性について
第3回島津PET ユーザーズミーティング、2012年9月2日、松本

辺見浩一、新井淳子 、川島伸之、市野瀬志津子、鈴木孝尚、山下直也、立花克郎、中島美砂子、須田英明 (口腔疾患研究部)
「ナノバブル処理を行ったEnterococcus Faecalisの走査型電子顕微鏡による観察」
第4回超音波分子診断治療研究会 福岡 2012年3月3日

山本翼村上真史石坂亮庵原耕一郎、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄バイオマーカーとしてのTRH-DE有効性の検討」
第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会 広島 2012年5月18日

中村博幸、江場久哲、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄炎におけるMMP-3の抗炎症、組織再生作用の検討」
第44回日本結合組織学会学術大会 東京 2012年6月7日

Iohara K., Murakami M., Takeuchi N., Nakashima M (口腔疾患研究部)
「Complete dental pulp regeneration by transplantation of pulp stem cells with G-CSF」
ISSCR第10回国際幹細胞学会年次総会 横浜 2012年6月13日

Ishizaka R., Iohara K., Murakami M., Sugiyama M., Hayashi Y., Fukuta O., Nakashima M (口腔疾患研究部)
「Differential Angiogenesis, Neurogenesis and Pulp Regeneration from Porcine CD31- Side Population Cells Isolated from Dental Pulp, Bone Marrow and Adipose Tissue」
ISSCR第10回国際幹細胞学会年次総会 横浜 2012年6月13日

堀部宏茂、庵原耕一郎、石坂亮、村上真史、竹内教雄、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「中高齢イヌにおける自家歯髄幹細胞移植による抜髄後歯髄再生」
第11回日本再生医療学会総会 横浜 2012年6月13日

村上真史、庵原耕一郎、石坂亮、林勇輝、竹内教雄、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ブタ同一個体由来の歯髄、骨髄、脂肪幹細胞の形質の比較」
ISSCR第11回日本再生医療学会総会 横浜 2012年6月14日

宮下俊郎Nermeen El Motaz村上真史庵原耕一郎、山本照子、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「シリコーン膜を用いた加圧刺激によるヒト歯髄細胞の象牙芽細胞への分化誘導」
第11回日本再生医療学会総会 横浜 2012年6月14日

庵原耕一郎、石坂亮、林勇輝、堀部宏茂、竹内教雄、宮下俊郎、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「イヌ抜髄モデルにおける歯髄幹細胞を用いた歯髄再生治療法の有効性試験」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

村上真史堀部宏茂庵原耕一郎石坂亮林勇輝竹内教雄、栗田賢一、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「新規幹細胞分取法を用いたヒト歯髄幹細胞の特徴化と歯髄再生能」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

山本翼庵原耕一郎林勇輝、武井佳史、堀部宏茂大迫洋平、栗田賢一、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ヒト歯髄幹細胞の安全性試験」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

竹内教雄庵原耕一郎村上真史堀部宏茂、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「新規幹細胞分取法を用いたイヌ歯髄幹細胞の特徴化」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

堀部宏茂庵原耕一郎村上真史竹内教雄石坂亮林勇輝、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「中高齢イヌにおける自家歯髄幹細胞移植による抜髄後歯髄再生」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

林勇輝石坂亮庵原耕一郎村上真史、中村洋、福田理、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞異所性移植による再生歯髄組織の解析および歯髄再生に及ぼす根管内微小環境の影響」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

宮下俊郎村上真史庵原耕一郎、山本照子、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「シリコーン膜を用いた加圧刺激によるヒト歯髄細胞の象牙芽細胞への分化誘導」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

講演など(教育、普及、広報活動)

Maruyama M. (老化機構研究部)
Putative role of age-related novel GEF, Zizimin2 in immune system.
Asian Association of Aging Research(AAAR2012) Fukuoka, August 24 2012.

大島伸一 (総長)
医療のパラダイム転換-国立長寿医療研究センター総長との対話-.政策研究大学院大学・総務省自治大学校連携
平成24年度医療政策短期特別研修.講義.東京.2012年8月1日.

柳澤勝彦 (副所長室,認知症センター長室)
「アルツハイマー病研究の最近の話題」
第55回神経内科懇話会,2012年8月4日,東京

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの基礎的理解.文部科学省介護福祉等に係る講習会,8月24日,名古屋.

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
シンポジウム 「歯延命化による健康長寿を目指した歯髄再生治療の実用化に向けて:現状と展望」
第10回日本再生歯科医学会総会・学術大会 兵庫 2012年9月1日

中村 博幸 (口腔疾患研究部)
シンポジウム 「MMP3-の歯髄炎での抗炎症、組織再生作用の検討」
第10回日本再生歯科医学会総会・学術大会 兵庫 2012年9月1日

下方浩史 (予防開発部)
国立長寿医療センター研究所 老化に関する長期縦断疫学研究 (NILS-LSA).
第8回「必須脂肪酸と健康」研究会,8月3日,大阪.

大塚礼 (予防開発部)
地域在住中高年男女の脂肪酸摂取、血清脂肪酸と知能・認知機能に関する長期縦断疫学研究.
第8回「必須脂肪酸と健康」研究会,8月3日,大阪.

赤津裕康 (老化機構研究部)
認知症入門
伊賀市市民公開講座,三重,2012年8月18日

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
脳性麻痺を持つ人の評価尺度 〜GMFM、PEDIについて〜
札幌医科大学大学院 保健医療学研究科 発達障害理学療法学分野 こどもの理学療法研究室 公開セミナー
2012年8月26日  札幌市

島田裕之 (自立支援開発研究部)
認知症予防.
札幌医科大学保健医療学部 介護予防特別セミナー, 札幌, 2012年8月4日

牧迫飛雄馬 (自立支援開発研究部)
高齢者の運動療法のエビデンス.
中部リハビリテーション専門学校同友会シリーズ講習会, 名古屋, 2012年8月29日

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
症例から学ぶ老年医学
老年医学サマーセミナー, 8月2日,3日, 軽井沢市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
平成24年度 老年医学サマーセミナー 2012年8月2・3日、軽井沢

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の人を外来で診る-認知症外来診察のポイント-」
清水区医師会学術講演会 2012年8月8日、静岡

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「再生医療を推進する議員の会」
第7回総会 東京 2012年7月17日

センター内活動(セミナー等)

吉田裕孝 (NC・企業連携共同研究部)
P301S変異タウを発現するタウオパチー・モデルマウスにおけるタウのリン酸化
CAMD報告会、2012年8月9日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター