文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 7月

マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 7月

2012年 [平成24年] 7月

新聞・雑誌等

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Mind Your Reps: Exercise, Especially Weight Lifting, Helps Keep the Brain Sharp
Time Healthland, 平成24年7月16日
http://healthland.time.com/2012/07/16/mind-those-reps-exercise-especially-weight-lifting-helps-keep-your-brain-sharp/

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Alzheimer's Disease: Exercise May Reduce 'Senior Moments'
ABC News, 平成24年7月16日
http://abcnews.go.com/Health/Alzheimers/alzheimers-disease-exercise-elixir-senior-moments/story?id=16785358

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Four Clinical Trials Further Clarify The Role Of Physical Activity In Cognitive Function And Dementia
YAHOO! NEWS, 平成24年7月15日
http://news.yahoo.com/four-clinical-trials-further-clarify-role-physical-activity-153206115.html

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Four Clinical Trials Further Clarify The Role Of Physical Activity In Cognitive Function And Dementia
KCTV News, 平成24年7月15日
http://www.kctv5.com/story/19028446/four-clinical-trials-further-clarify-the-role-of-physical-activity-in-cognitive-function-and-dementia

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Four Clinical Trials Further Clarify The Role Of Physical Activity In Cognitive Function And Dementia
PR Newswire, 平成24年7月15日
http://www.prnewswire.com/news-releases/four-clinical-trials-further-clarify-the-role-of-physical-activity-in-cognitive-function-and-dementia-162512846.html

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Four Clinical Trials Further Clarify The Role Of Physical Activity In Cognitive Function And Dementia
KXXV News Channel 25, 平成24年7月15日
http://www.kxxv.com/story/19028450/four-clinical-trials-further-clarify-the-role-of-physical-activity-in-cognitive-function-and-dementia

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Four Clinical Trials Further Clarify The Role Of Physical Activity In Cognitive Function And Dementia
redOrbit, 平成24年7月15日
http://www.redorbit.com/news/health/1112656570/four_clinical_trials_further_clarify_the_role_of_physical_activity/

島田裕之 (自立支援開発研究部)
AAIC Press Release: Four Clinical Trials Further Clarify the Role of Physical Activity in Cognitive Function and Dementia
Alzheimer's Association International Conference (AAIC) News Release, 平成24年7月15日
http://www.alz.org/aaic/sun_1030amct_physical_activity.asp

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Clinical trials further clarify the role of physical activity in cognitive function and dementia
Neuro News, 平成24年7月16日
http://www.cxvascular.com/nn-latest-news/neuro-news---latest-news/clinical-trials-further-clarify-the-role-of-physical-activity-in-cognitive-function-and-dementia

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Exercise Can Shield the Aging Brain, Studies Show
Medline Plus, 平成24年7月16日
http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/news/fullstory_127256.html

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Studies describe ability of targeted exercise training on cognitive impairment and dementia
News Medical, 平成24年7月16日
http://www.news-medical.net/news/20120716/Studies-describe-ability-of-targeted-exercise-training-on-cognitive-impairment-and-dementia.aspx

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Four Clinical Trials Further Clarify the Role of Physical Activity in Cognitive Function and Dementia
Dementia Today, 平成24年7月15日
http://www.dementiatoday.com/four-clinical-trials-further-clarify-the-role-of-physical-activity-in-cognitive-function-and-dementia/

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
河北新報 平成24年7月3日夕刊 河北抄

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
日本農業新聞 平成24年7月25日 農が支えるシニア暮らし;体動かして生活に意欲

杉浦彩子 (予防開発部)
日経メディカル7月号 ,平成24年7月10日,「高齢者の2割に「耳垢栓塞」」

遺伝子蛋白質解析室
ヘルスライフビジネス:カシスの骨粗鬆症予防効果
2012年7月1日

遺伝子蛋白質解析室
健康産業新聞:カシスの骨粗鬆症への有効性を確認
2012年7月2日

新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
読売新聞:ブルーベリー 骨粗しょう症予防
2012年7月18日

遺伝子蛋白質解析室
BSジャパン:7PM 「知って得する健康情報」〜ブルーベリーに骨粗鬆症予防効果がある〜
2012年7月25日

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成24年7月17日(火)夕刊,認知症「告知」:「見通し」詳しく伝えて.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成24年7月18日(水)朝刊,認知症「告知」:「見通し」詳しく伝えて.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
YOMIURI ONLINE,平成24年7月24日(火),認知症 明日へ:〔告知〕「見通し」詳しく伝えて.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成24年7月24日(火)夕刊,認知症「告知」:知らせるべきか 悩む医師.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成24年7月25日(水)朝刊,認知症「告知」:知らせるべきか 悩む医師.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
YOMIURI ONLINE,平成24年7月31日(火),認知症 明日へ:〔告知〕知らせるべきか 悩む医師.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
交通安全ジャーナル,平成24年7月号,警視庁:高齢者交通指導員研修 「認知症高齢者の自動車運転を考える」.

島田裕之 (自立支援開発研究部)
ホンダ、歩行アシスト機器開発 介護予防を目的、実証実験へ.
MSN産経ニュース, 平成24年7月29日
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120729/biz12072920200002-n1.htm

島田裕之 (自立支援開発研究部)
ホンダ、歩行補助装置を医療機関に提供 高齢者向け.
日本経済新聞, 平成24年7月30日
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO44301010Z20C12A7TJC000/

島田裕之 (自立支援開発研究部)
ホンダ、国立長寿医療研究センターに歩行アシストロボ40台提供
日刊工業新聞, 平成24年7月30日
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120120730baad.html

島田裕之 (自立支援開発研究部)
アシモの技術生かした歩行支援装置、ホンダ開発
YOMIURI ONLINE, 平成24年7月29日
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120729-OYT1T00713.htm

島田裕之 (自立支援開発研究部)
“高齢者の健康研究”ロボットも活用
NHK NEWS WEB, 平成24年7月30日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120730/k10013955911000.html

島田裕之 (自立支援開発研究部)
ホンダ、「リズム歩行アシスト」を介護予防の効果検証プログラムに提供
日本経済新聞, 平成24年7月31日
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK30034_Q2A730C1000000/

島田裕之 (自立支援開発研究部)
ホンダの「歩行アシスト」、高齢者で実証実験へ
AFP BB NEWS, 平成24年7月30日
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2892133/9307189

島田裕之 (自立支援開発研究部)
Robot tech gets seniors walking comfortably again
The Asahi Shimbun, 平成24年7月30日
http://ajw.asahi.com/article/economy/technology/AJ201207300080

島田裕之 (自立支援開発研究部)
中日新聞, 平成24年7月30日, 介護予防に利用を 大府の長寿研 商業施設内にセンター

島田裕之 (自立支援開発研究部)
朝日新聞, 平成24年7月30日, 「アシモ」の技 高齢者お助け ホンダが歩行支援器具

島田裕之 (自立支援開発研究部)
日本経済新聞, 平成24年7月30日, ホンダ、医療機関に提供 製品化へ実証実験

島田裕之 (自立支援開発研究部)
読売新聞, 平成24年7月30日, 歩行アシスト開発 ホンダ アシモ転用

島田裕之 (自立支援開発研究部)
産経新聞, 平成24年7月30日, ホンダ、歩行支援機器 介護予防用 来月から実証実験

島田裕之 (自立支援開発研究部)
東京新聞, 平成24年7月30日, 介護予防にアシモ技術 来月、ホンダ共同実験

島田裕之 (自立支援開発研究部)
毎日新聞, 平成24年7月31日, 介護予防にアシモ技術 ホンダ、来月から歩行実験

島田裕之 (自立支援開発研究部)
日経産業新聞, 平成24年7月30日, ホンダ歩行支援ロボ 医療施設で実証実験

島田裕之 (自立支援開発研究部)
日刊工業新聞, 平成24年7月30日, 歩行アシストロボ40台提供 ホンダ

島田裕之 (自立支援開発研究部)
フジサンケイビジネスアイ, 平成24年7月30日, 介護予防にASIMO技術 ホンダ、歩行アシスト装置実験

島田裕之 (自立支援開発研究部)
日刊自動車新聞, 平成24年7月30日, 「歩行アシスト」開発 脚力低下サポート 介護予防の効果検証

島田裕之 (自立支援開発研究部)
SANKEI EXPRESS, 平成24年7月30日, アシモの技術 介護予防に活用

論文発表等

原著論文

Shimada H, Suzukawa M, Ishizaki T, Kobayashi K, Kim H and Suzuki T (自立支援開発研究部,所長室)
Relationship between subjective fall risk assessment and falls and fall – related fractures in frail elderly people.
BMC Geriatrics 2011,11:40.

Ohara Y, Hirano H, Yoshida H and Suzuki T (所長室)
Ratio and associated factors of dry mouth among community - dwelling elderly Japanese women.
Geriatr Gerntol Int 2011 ; 11: 83-89.

Iwasa H, Suzuki T et al (所長室)
Leisure activities and cognitive function in elderly community-dwelling individuals in Japan: a 5 –year prospective cohort study.
Journal of Psychosomatic Research: 2011(in press).

Simada H, Kato T, Ito K, Suzuki T et al (自立支援開発研究部,脳機能画像診断開発部,所長室)
Relationship Between Atrophy of the Medial Temporal Areas and Cognitive Functions in Elderly Adults with Mild Congnitive Impairment.
Eur Neurol 2012; 67: 168-177. doi: 10. 1159 / 000334845.

Doi T, Makizako H, Shimada H, Yoshida D, Ito K, Kato T, Ando H, Suzuki T. (自立支援開発研究部,脳機能画像診断開発部,所長室)
Brain Atrophy and Trunk Stability During Dual-Task Walking Among Older Adults.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 67(7):790–795, 2012.

Murakami M, Imabayashi K, Watanabe A, Takeuchi N, Ishizaka R, Iohara K, Yamamoto T, Nakamura H, Nakashima M (口腔疾患研究部)
Identification of novel function of vimentin for quality standard for regenerated pulp tissue.
J Endod ., 38(7):920-926,2012.

Wada-Isoe K, Uemura Y, Nakashita S, Yamawaki M, Tanaka K, Yamamoto M, Shimokata H, and Nakashima K (予防開発部)
Prevalence of Dementia and Mild Cognitive Impairment in the Rural Island Town of Ama-cho, Japan.
Dement Geriatr Cogn Dis Extra, 2: 190-199, 2012.

Arai A, Mizuno Y, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Implementation of municipal mobility support services for older people who have stopped driving in Japan. Public Health, 125: 799-805, 2011.

Kondo Y, Higashi C, Iwama M, Ishihara K, Handa S, Mugita H, Maruyama N, Koga H, Ishigami A (老化機構研究部)
Bioavailability of vitamin C from mashed potatoes and potato chips after oral administration in healthy Japanese men.
Br J Nutr 107: 885-892, 2012

Saito K, Yokoyama T, Yoshida H, Kim H, Shimada H, Yoshida Y, Iwasa H, Shimizu Y, Yoshitaka K, Handa S, Maruyama N, Ishigami A, Suzuki T (老化機構研究部)
A Significant Relationship between Plasma Vitamin C Concentration and Physical Performance among Japanese Elderly Women.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci 67: 295-301, 2012

Ishikawa Y, Hashizume K, Kishimoto S, Tezuka Y, Nishigori H, Yamamoto N, Kondo Y, Maruyama N, Ishigami A, Kurosaka D. (老化機構研究部)
Effect of vitamin C depletion on UVR-B induced cataract in SMP30/GNL knockout mice. Exp Eye Res 94: 85-89, 2012

Mori S, Kubo S, Akiyoshi T, Yamada S, Miyazaki T, Hotta H, Desaki J, Kishi M, Konishi T, Nishino Y, Miyazawa A, Maruyama N, Shigemoto K. (老化機構研究部)
Antibodies against Muscle-Specific Kinase Impair Both Presynaptic and Postsynaptic Functions in a Murine Model of Myasthenia Gravis. Amr J Pathol 180: 798-810, 2012

鈴木隆雄 (所長室)
健康寿命を伸ばすために虚弱の観点から.
実験治療.706: 96-101.2012.

曽根稔雅、中谷直樹、遠又靖丈、相田潤、大久保一郎、大原里子、大渕修一、杉山みち子、安村誠司、鈴木隆雄、辻一郎 (所長室)
介護予防サービス利用者における日常生活の過ごし方と要介護認定等の推移との関連.
日衛誌(Jpn. J. Hyg.), 67, 401-407(2012).

鈴木隆雄 (所長室)
3.虚弱の発生機序とその予防対策.
日老医誌 2012;49:179-181.

鈴木隆雄 (所長室)
1.介護予防の経緯と現状.
日老医誌 2012;49:50-53.

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
歯髄幹細胞を用いた臨床研究を目指した細胞加工施設への歯の輸送法の確立.
日本歯科保存学雑誌. 55(4), 2012. (in press)

瀧本晃陽、川島伸之、鈴木規元、小泉 悠、山本弥生子、齋藤正寛、原田英光、中島美砂子、須田英明 (口腔疾患研究部)
LPS刺激下における炎症性メディエーター産生に対するMMP-3の影響. 
日本歯科保存学雑誌 55(3),202-209,2012

安藤富士子,今井具子,加藤友紀,大塚礼,松井康素,竹村真里枝,下方浩史 (予防開発部)
血清カロテノイドが2年後の骨粗鬆症/骨量減少発症リスクに及ぼす影響.
日本未病システム学会雑誌,18:89-92,2012.

幸篤武,與谷謙吾,石道峰典,田巻弘之,春日規克 (予防開発部)
ジャンプトレーニング並びに持久走トレーニングによるラット下肢骨及び骨格筋の発達変化とその関連性.
日本運動生理学雑誌,19:65-73,2012.

橋立博幸,島田裕之,潮見泰藏,笹本憲男 (自立支援開発研究部)
高齢者における筋力増強運動を含む機能的トレーニングが生活機能に及ぼす影響.
理学療法学, 39:159-166, 2012.

山岸未沙子, 久保千穂,山羽和夫 (脳機能画像診断開発部)
白色LED照明を用いた好ましい見え方に関連する照明の考察
日本色彩学会誌,36 (2): 85-94,2012

総説, その他

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
訪問看護活用ガイド〜在宅医療をはじめる方へ〜[改訂版].
在宅医療と訪問看護のあり方検討委員編集:公益法人在宅医療助成勇美記念財団.東京.Pp4-22,2012.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の新しい課題としての「防げたはずの生活機能低下」(2);支援のあり方をICFから考える.教育と医学,60(8):696-705,2012

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時に多発する生活機能低下に注意(2);生活不活発病予防・改善の方策.仙台市医師会報,575:14-19,2012

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「健康」と「環境」のとらえかた;「相互作用・統合モデル」としてのICF(国際生活機能分類)の視点の重要さ.保健師ジャーナル,68(8):667-676,2012

牧迫飛雄馬, 島田裕之 (自立支援開発研究部)
特集:高齢者の認知機能の評価と測定.
体育の科学, 62(7):485―490, 2012.

伊藤健吾,加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
脳血流と脳糖代謝所見はpreclinical stageの診断に役立つか
老年精神医学雑誌 23: 701-707, 2012

書物等

Nakashima M. and Huang G. T. J. (口腔疾患研究部)
Pulp and dentin regeneration. Section V: Stem cells and craniofacial tissue bioengineering.
Stem cells in craniofacial development, regeneration and repair. Edited by Irma Thesleff and George T-J Huang. Wiley-Blackwell, John Wiley & Sons. 2012. (in press)

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
2.3 歯髄・象牙質再生. 再生医療叢書 第8巻 歯学系, 上田実、朝比奈泉編集, 朝倉書店(2012年秋刊行予定)

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
高齢者ケアの基本理念.介護支援専門員基本テキスト;
第3巻高齢者保健医療・福祉の基礎知識 介護支援専門員テキスト編集委員会編集,長寿社会開発センター,p272-298, 2012.

福岡秀記 (先端診療部)
視力障害と転倒
高齢者の転倒予防ガイドライン

講演等

学会・研究会等発表

Shimada H, Suzuki T, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Park H. (自立支援開発研究部,所長室,生活機能賦活研究部)
Effects of Multicomponent Exercise on Cognitive Function in the Older Adults with Amnestic Mild Cognitive Impairment: A Randomized Control Trial.
Alzheimer's Association International Conference 2012, Vancouver, Canada, July 15, 2012.

Makizako H, Doi T, Shimada H, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Uemura K, Suzuki T. (自立支援開発研究部,所長室)
Does a multicomponent exercise program improve dual-task performance in amnestic mild cognitive impairment? A randomized controlled trial.
Alzheimer’s Association International Conference 2012, Vancouver, Canada, July 17, 2012.

Iohara K., Murakami M., Takeuchi N., Nakashima M (口腔疾患研究部)
「Complete dental pulp regeneration by transplantation of pulp stem cells with G-CSF」ISSCR第10回国際幹細胞学会年次総会 横浜 2012年6月13日

Ishizaka R., Iohara K., Murakami M., Sugiyama M., Hayashi Y., Fukuta O., Nakashima M (口腔疾患研究部)
「Differential Angiogenesis, Neurogenesis and Pulp Regeneration from Porcine CD31- Side Population Cells Isolated from Dental Pulp, Bone Marrow and Adipose Tissue」ISSCR第10回国際幹細胞学会年次総会 横浜 2012年6月13日

Okuno A, Zhang G, Yoshimi T, Mikawa R, Takikawa O. (ラジオアイソトープ管理室,治療薬探索研究部)
Aβ Production from Reactive Astrocytes Induced by Endogenous Neurotoxin Quinolinic Acid : A New Aspect of Alzheimer’s Disease.
AAIC 2012, Vancouver, July 2012.

Ishii K, Haneda E, Sakata M, Oda K, Toyohara J, Ishiwata K, Senda M, Ito K , Kuwano R, Iwatsubo T, Study Group for the Japanese Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative, the Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative, the AIBL Research Group. (脳機能画像診断開発部)
Influence of APOE Genotype on Global and Regional Amyloid Deposition: Results from Three WW-ADNI [C-11]PiB Data.
Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2012), Vancouver, British Columbia, Canada, July 14–19, 2012

Takahashi R, Ishii K, Senda M, Ito K, Ishii K, Kato T, Sugishita M, R Kuwano R, TIwatsubo T, Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative (J-ADNI). (脳機能画像診断開発部)
Effects of ApoE epsilon 4 on Regional Cerebral Amyloid Deposition and Glucose Metabolism in Amnestic Mild Cognitive Impairment with Amyloid Pathology Confirmed by PiB PET: Results from J-ADNI.
Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2012), Vancouver, British Columbia, Canada, July 14–19, 2012

Ishii K, Takahashi R, Senda M, Ito K, Ishii K, Kato T, M Sugishita M, Iwatsubo T, Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative (J-ADNI). (脳機能画像診断開発部)
Differences in Regional Cerebral Glucose Metabolism between PiB Positive and Negative Amnestic Mild Cognitive Impairment: Results from J-ADNI.
Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2012), Vancouver, British Columbia, Canada, July 14–19, 2012

Kato T, Ito K, Fujiwara K, Nakamura A, Arahata Y, Washimi Y, and SEAD-J Study Group (脳機能画像診断開発部,第一脳機能診療科,脳機能診療部)
Association of cognitive decline with cerebral metabolism and education in amnestic MCI: Implications for the Cognitive Reserve Hypothesis.
Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2012), Vancouver, British Columbia, Canada, July 14–19, 2012

Sabbagh M,Seibyl J, Akatsu H, Ouchi Y, Beach T, Charny A, Barthel H, Senda K, Muryama S, Iishi K, Leverenz J, Ghetti B, Ironside J, Roth K, Hoffmann A, Schaeffer S W, Reininger C, Sabri O. (老化機構研究部)
Multicentre Phase III Trial on Florbetaben for Beta-Amyloid Brain PET in Alzheimer’s Disease.
AAIC 2012 Alzheimer's Association International Conference July 15, 2012 Vancouver, Canada.

Fukuhara T, Nanjo T, Kameshima N, Sogabe S, Akatsu H, Tooyama I. (老化機構研究部)
Analysis of Aβ Levels in Nasal Smears of Patients With Alzheimer’s Disease.
AAIC 2012 Alzheimer's Association International Conference July 15, 2012 Vancouver, Canada.

Hata S,Konno T, Urakami K, Ikeuchi T, Akatsu H, Suzuki T. (老化機構研究部)
Increase of p3-Alc Peptides in the CSF and Plasma of Sporadic Alzheimer’s Disease Patients.
AAIC 2012 Alzheimer's Association International Conference July 16, 2012 Vancouver, Canada.

Waragai M, Yoshida M, Mizoi M, Saiki R, Kashiwagi K, Takagi K, Akatsu H, Arai H, Tashiro J, Yamamoto T, Uemura K, Iwai N, Igarashi K. (老化機構研究部)
Increased Protein-Conjugated Acrolein and Beta-Amyloid 40/42 Ratio in the Plasma in Patients With Mild Cognitive Impairment and Alzheimer’s Disease.
AAIC 2012 Alzheimer's Association International Conference July 16, 2012 Vancouver, Canada.

Akatsu H, Mimuro M,Yoshida M, Matsuyama Z, Kurihara R, Hori A, Yamamoto T, Hashizume Y. (老化機構研究部)
The Clinicopathological Analysis of Autopsy-Confirmed Alzheimer’s Disease.
AAIC 2012 Alzheimer's Association International Conference July 17, 2012 Vancouver, Canada.

Seibyl J, Sabri O, Sabbagh M, Akatsu H, Ouchi Y, Beach T, Charny A, Barthel H, Senda K, Murayama S, Ishii K, Leverenz J, Ghetti B, Ironside J, Roth K, Reininger C, Hoffmann A, Schaeffer S .W (老化機構研究部)
Techniques for Histopathological Verification of Florbetaben PET in a Global Phase III Clinical Trial.
AAIC 2012 Alzheimer's Association International Conference July 18, 2012 Vancouver, Canada.

大島浩子、中村孔美、松本明美、膽畑敦子、尾崎充世、原田敦、鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,看護部,副院長室,所長室)
高齢者の在宅療養継続の関連要因の検討-病院で在宅支援を受けた後の復帰困難要因の症例対照研究-.
第23回日本在宅医療学会学術集会,横浜市,2012年7月1日.

太田秀樹、田中晴美、岩本佳代子、大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅療養の継続・中断,終末期医療実施例に関する研究.
第23回日本在宅医療学会学術集会, 横浜市,2012年7月1日.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
座長:在宅医療の障壁②.
第23回日本在宅医療学会学術集会, 横浜市,2012年6月30日.

池田 恭治 (運動器疾患研究部)
リモデリングと骨質 シンポジウム“骨質”
第30回日本骨代謝学会学術集会 7月19日 東京

辺見浩一、新井淳子 、川島伸之、市野瀬志津子、鈴木孝尚、山下直也、立花克郎、中島美砂子、須田英明 (口腔疾患研究部)
「ナノバブル処理を行ったEnterococcus Faecalisの走査型電子顕微鏡による観察」第4回超音波分子診断治療研究会 福岡 2012年3月3日

山本翼村上真史石坂亮庵原耕一郎、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄バイオマーカーとしてのTRH-DE有効性の検討」第66回NPO法人日本口腔科学会学術集会 広島 2012年5月18日

中村博幸、江場久哲、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄炎におけるMMP-3の抗炎症、組織再生作用の検討」第44回日本結合組織学会学術大会 東京 2012年6月7日

堀部宏茂、庵原耕一郎、石坂亮、村上真史、竹内教雄、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「中高齢イヌにおける自家歯髄幹細胞移植による抜髄後歯髄再生」
第11回日本再生医療学会総会 横浜 2012年6月13日

村上真史、庵原耕一郎、石坂亮、林勇輝、竹内教雄、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ブタ同一個体由来の歯髄、骨髄、脂肪幹細胞の形質の比較」ISSCR
第11回日本再生医療学会総会 横浜 2012年6月14日

宮下俊郎Nermeen El Motaz村上真史庵原耕一郎、山本照子、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「シリコーン膜を用いた加圧刺激によるヒト歯髄細胞の象牙芽細胞への分化誘導」
第11回日本再生医療学会総会 横浜 2012年6月14日

庵原耕一郎、石坂亮、林勇輝、堀部宏茂、竹内教雄、宮下俊郎、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「イヌ抜髄モデルにおける歯髄幹細胞を用いた歯髄再生治療法の有効性試験」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

村上真史堀部宏茂庵原耕一郎石坂亮林勇輝竹内教雄、栗田賢一、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「新規幹細胞分取法を用いたヒト歯髄幹細胞の特徴化と歯髄再生能」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

山本翼庵原耕一郎林勇輝、武井佳史、堀部宏茂大迫洋平、栗田賢一、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ヒト歯髄幹細胞の安全性試験」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

竹内教雄庵原耕一郎村上真史堀部宏茂、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「新規幹細胞分取法を用いたイヌ歯髄幹細胞の特徴化」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

堀部宏茂庵原耕一郎村上真史竹内教雄石坂亮林勇輝、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「中高齢イヌにおける自家歯髄幹細胞移植による抜髄後歯髄再生」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

林勇輝石坂亮庵原耕一郎村上真史、中村洋、福田理、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞異所性移植による再生歯髄組織の解析および歯髄再生に及ぼす根管内微小環境の影響」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

宮下俊郎村上真史庵原耕一郎、山本照子、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「シリコーン膜を用いた加圧刺激によるヒト歯髄細胞の象牙芽細胞への分化誘導」
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会 沖縄 2012年6月29日

柳野卓也、伊藤裕貴、日比(古川)陽子、丸山和佳子、本山 昇 (加齢健康脳科学研究部,臨床研究推進部)
寿命制御因子MST1によるFOXO転写活性化メカニズムの解析
第35回日本基礎老化学会大会、2012年7月26日、習志野

及川尚人 (治療薬探索研究室)
「アルツハイマー病・アミロイド形成におけるガングリオシドの役割」
名古屋大学グローバルCOE第32回プログレスレポート会議,2012年7月11日,名古屋

松井康素,竹村真里枝,原田敦,安藤富士子,李成喆,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高齢者の膝関節痛と膝伸展筋力の関連.
第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会総会,7月19日,宜野湾.

森脇佐和子,鈴木恵子,新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
植物アントシアニジンの骨破壊抑制効果
第30回日本骨代謝学会学術集会, 2012年7月21日,東京

國見充展 (長寿医療工学研究部)
行動指標による視覚的記憶研究の脳機能イメージング研究への展開
第10回北陸認知知覚研究会(認知科学セミナー合同開催),石川,2012年7月28日

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
認知(不全)症および遷延性意識障害の評価とリハビリテーションについて
第21回日本意識障害学会、 山梨、 2012年7月7日

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
虚弱高齢者について
老年医学ブレインアタックセミナー、 愛知、  2012年7月5日

赤津裕康、堀本佳彦、吉田眞理、村山繁雄、橋詰良夫 (老化機構研究部,所長室)
臨床的に前頭側頭型認知症(FTD)/筋萎縮性側策硬化症を伴うFTD (ALSD/MND with FTD)が疑われた58歳男性
名古屋神経病理アカデミー 7月14日 名古屋

松田剛典、坂部勇、早川朋子、丸山光生 (老化機構研究部)
新規 GEF Zizimin ファミリーの生体防御系における機能と老化との関連
第35回日本基礎老化学会 7月26日 千葉

原田種展杉本昌隆、森寿、丸山光生 (老化機構研究部,老化細胞研究PT)
老化関連因子 TARSHの機能解析
第35回日本基礎老化学会 7月26日 千葉

赤津裕康、堀本佳彦、吉田眞理、村山繁雄、橋詰良夫 (老化機構研究部,所長室)
臨床的に前頭側頭型認知症(FTD)/筋萎縮性側策硬化症を伴うFTD (ALSD/MND with FTD)が疑われた58歳男性
神経病理学会関東地方会 7月28日 東京

Hideki Fukuoka,Satoshi Kawasaki,Norihiko Yokoi,Shigeru Kinoshita (先端診療部)
Three-Dimensional Culture of N-Cadherin-Expressing Conjunctival Epithelial Cells
International Society for Eye Research XX 7/23/2012 (Berlin)

講演など(教育、普及、広報活動)

Takashima A (分子基盤研究部)
Intermediate of Tau Fibril is Involved in Neuronal Loss
Alzheimaer’s Association International Conference , Canada 14-19,2012

大島浩子、尾崎充世、膽畑敦子、松本明美、西川満則、三浦久幸、鳥羽研二、大島伸一、鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,看護部,総長室,所長室)
国立長寿医療研究センターにおける在宅医療推進のための取組:在宅医療の継続要因に関する研究.
在宅医療を推進するための会,東京,2012年7月27日.

柳澤勝彦 (副所長室,認知症センター長室)
「脳内におけるアミロイドβ蛋白質の重合開始機構」
名古屋大学第5回グローバルCOE国内シンポジウム「精神・神経疾患研究の未来を切り拓く新機軸」,2012年7月19日,名古屋

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「再生医療を推進する議員の会」
第7回総会 東京 2012年7月17日

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時医療の新たな課題:防げたはずの生活機能低下;「生活不活発病」の予防・改善を中心に.宮城県医師会医師研修講習会,7月7日,岩沼市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の新たな課題;防げたはずの生活機能低下(preventable disability).河合塾文化講演会,7月14日,大阪

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
細胞老化の解析.
名古屋大学大学院医学系研究科ベーシックトレーニング. 2012年7月12、13日、大府

中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
fMRIの基礎と高齢者の脳機能画像の特徴
第54回大幸ライフトピア連携研究会保健学セミナー、名古屋、2012年7月31日

福岡秀記(先端診療部)
最強度近視眼の黄斑前索状物を除去した一例
第14回東海黄斑疾患研究会 2012年7月5日 (名古屋)

福岡秀記(先端診療部)
眼の健康(毎日使う目だから) 
第2回健康公開講座 2012年7月19日(愛知健康プラザ)

センター内活動(セミナー等)

住岡暁男 (分子基盤研究部)
グルタミン酸受容体の活性調節機構
CAMD報告会、2012年7月12日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター