文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 4月

マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 4月

2012年 [平成24年] 4月

新聞・雑誌等

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
緊急シンポジウム「うつ病克服へのロードマップ」
Medical Tribune, 2012年4月26日 Vol.45, № 17

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
新しい課題・「防げたはずの生活機能低下」.環 49:74-76,2012

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
日本経済新聞:貧乏ゆすり意外な効能
2012年4月8日

論文発表等

原著論文

Nishio N, Teranishi M, Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Sone M, Otake H, Kato K, Yoshida T, Tagaya M, Hibi T, and Nakashima T (予防開発部)
Contribution of Complement Factor H Y402H Polymorphism to Sudden Sensorineural Hearing Loss Risk and Possible Interaction with Diabetes.
Gene, 499: 226-230, 2012.

Matsuno K, Yamazaki H, Isaka Y, Takai K, Unno Y, Ogo N, Ishikawa Y, Fujii S, Takikawa O, Asai A. (ラジオアイソトープ管理室)
Novel candesartan derivatives as indoleamine 2,3-dioxygenase inhibitors.
Med. Chem. Comm., 3:475-479, (2012).

Sakabe I, Asai A, Iijima J, Maruyama M (老化機構研究部)
Age-related guanine nucleotide exchange factor, mouse Zizimin2, induces filopodia in bone marrow-derived dendritic cells.
Immun Ageing. 9 (1): 2, 2012

Sasaki N, Gong JS, Sakuragi M, Hosokawa K, Maeda M, Ito Y (遺伝子蛋白質解析室)
Hydrodynamic cell pairing and cell fusion through a microslit on a microfluidic device.
Jpn. J. Appl. Phys., 51(3):030206-030208, 2012

Kawashima S, Ito K, Kato T, the SEAD-J Study Group (脳機能画像診断開発部)
Inclusion criteria provide heterogeneity in baseline profiles of patients with mild cognitive impairment:
comparison of two prospective cohort studies.
BMJ Open. 2012 Apr 24;2(2):e000773. Print 2012.

Inaba-Hasegawa K, Akao Y, Maruyama W, Naoi M (加齢健康脳科学研究部)
Type A monoamine oxidase is associated with induction of neuroprotective Bcl-2 by rasagiline, an inhibitor of type B monoamine oxidase.
J Neural Transm 119: 405-414, 2012.

Lee IH, Kawai Y, Fergusson MM, Rovira II, Bishop AJ, Motoyama N, Cao L, Finkel T (加齢健康脳科学研究部)
Atg7 modulates p53 activity to regulate cell cycle and survival during metabolic stress.
Science 336: 225-228, 2012.

Mizutani J, Tokuda H, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Kondo A, Natsume H, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
Involvement of AMP-activated protein kinase in TGF-β-stimulated VEGF synthesis in osteoblasts.
Intern. J. Mol. Med. 29:550-556, 2012

Ono k,Li L,Takamura Y,Yoshiike Y,Zhu L,Han F,Mao X,Ikeda T,Takasaki J,Nishijo H,Takashima A,Teplow DB,Zagorski MG,Yamada M. (分子基盤研究部)
Phenolic Compounds Prevent Amyloid β-Protein Oligomerization and Synaptic Dysfunction by Site-specific Binding.J Biol Chem.2012 Apr 27;287(18):14631-43

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
ロコモティブシンドロームの基礎疾患としてのサルコペニア〜虚弱(Frailty)との係わりも含めて〜
CLINICAL CALCIUM, Vol.22, No.4, 2012, p67-73.

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
サルコペニアの実態や予防介入研究結果を紹介 
Medical Tribune, Vol.45, No.14, 2012, p21.

大沼剛, 牧迫飛雄馬, 阿部勉, 三浦久幸, 島田裕之 (自立支援開発研究部)
訪問リハビリテーション利用者における在宅生活継続を阻害する要因
日本老年医学会雑誌, 49:214-221, 2012.

植田耕一郎、向井美惠、森田 学、菊谷 武、渡邊 裕、戸原 玄、阿部仁子、中山渕利、佐藤光保、井上統温、飯田貴俊、和田聡子 (口腔疾患研究部)
摂食・嚥下障害に対する舌接触補助床の有効性
日摂食嚥下リハ会誌:16 32-41 2012.

渡邊 裕 (口腔疾患研究部)
要介護高齢者の継続的口腔管理の現状と展望について
日本歯科医師会雑誌:65 6-16 2012.

総説, その他

Arai Y, Zarit SH (長寿政策科学研究部)
Exploring strategies to Alleviate Caregiver Burden:
The Effects of the National Long-term Care Insurance Scheme in Japan. Psychogeriatrics, 11(3): 183-189, 2011.

Naoi M, Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
Neuromelanin, a modifier for progressive cell death in Parkinson’s disease: Mechanism behind evolving neurotoxicity in protective neuromelanin.
Future Drug Therapy (e-book), Advance in Parkinson’s disease Management.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時における介護福祉士の役割.おはよう21,23(7):76-77,2012

島田裕之, 大矢敏久, 阿南祐也 (自立支援開発研究部)
卒後研究会講演 転倒予防のエビデンス
中部リハビリテーション雑誌, 6:2-8, 2011.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の「ひと」に寄り添うチームケア
TEAM APPROACH Vol.18:2-5,2012

森脇佐和子, 村松昌, 田中伸哉, 上西一弘, 田中 清, 濃沼信夫, 徳田治彦, 原田 敦, 高笠信之, 小口雄二, 新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室, 臨床検査部,先端診療部)
尿マーカーによる骨粗鬆症検診の有用性
Osteoporosis Japan, 20(2):94-98, 2012

書物等

丸山和佳子永井雅代能勢弓、大澤俊彦、直井信 (加齢健康脳科学研究部)
ポリフェノールは老化、老年病に有効か?
機能性食品・素材と運動療法-生活習慣病予防と運動機能維持、向上をめざしてー、CNC出版

講演等

学会・研究会等発表

Oikawa N,Goto M,Ikeda K,Taguchi R,Yanagisawa K (治療薬探索研究部,副所長室,認知症センター長室)
Suppression of γ-secretase activity increases ganglioside levels at neuritic terminals of differentiated PC12
Annual Meeting of American Society for Biochemistry and Molecular Biology 2012,San Diego,USA,April 22,2012

Jung CG (アルツハイマー病研究部)
The role of ATBF1 on neuronal death induced by Ab and APP processing.
Korea-Japan Joint Symposium, Hallym University, April 27,2012, Anyang, South Korea.

Sabbagh M, Seiby J, Akatsu H, Ouchi Y, Beach T, Charny A, Barthel H, Senda K, Murayama S, Ishii K, Leverenz J, Ghetti B, Ironside J, Roth K, Hoffmann A, Schulz-Schaeffer W, Reininger C, Sabri O (老化機構研究部)
Results of a multicentre phase 3 trial on florbetaben for ß-amyloid brain PET in Alzheimer disease
American Academy of Neurology, 2012 Annual meeting, Louisiana,USA ,April 4,2012

Yamada J (老化機構研究部)
Thiol Redox Status for Regulating Ocular Inflammation
The 27th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress, Busan. Korea, April 16,2012.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
体・心・社会を支える医療の枠組みとしてのICF.
第41回日本脊椎脊髄病学会 2012年4月20日、久留米

中井敏晴、神谷直樹、エピファニオ バガリナオ、松尾香弥子 (長寿医療工学研究部)
認知機能計測に反映される加齢性のBOLD信号変化と認知機能の関連性の検討
第71回日本医学放射線学会総会、横浜、2012年4月13日(4/12-15)

山田潤, 林孝彦, 羽室淳爾, 山上聡, 木下茂 (老化機構研究部)
MHC適合/非適合における、アロ免疫原性に関する担当部位の違い
第116回日本眼科学会総会 2012年4月6日 東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
J-ADNIの進捗
日本脳神経核医学研究会脳PETワークショップ,2012年4月13日,横浜

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
合成装置の薬事承認をめざして
日本脳神経核医学研究会脳PETワークショップ,2012年4月13日,横浜

講演など(教育、普及、広報活動)

Jung CG (アルツハイマー病研究部)
Effect of ATBF1 on APP processing and Aβ generation.
Pukyong National University, May 1, 2012, Busan, South Korea.

Takashima A (分子基盤研究部)
Neurofivrillary Tangle Formation Process and Neurodegenerative system and Onset of dementia mechanism,
Aging and Neurodegenerative Diseases, The Republic of Korea,April 26-27,2012

高道 香織 (看護部)
老人看護専門看護師の役割と活動
国立看護大学校看護学部高度先端的医療看護Ⅳ講義 2012年4月11日 東京

膽畑 敦子 (看護部)
専門病棟における医療・看護〜在宅医療支援病棟〜
国立看護大学校看護学部,高度先端医療看護Ⅳ講義,2012年4月18日,東京

矢澤生 (バイオリソース研究室)
「多系統萎縮症」
第7回 東京 脳・神経セミナー,2012年4月23日,帝京大学,東京.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症を理解しよう
第5回市民フォーラム 2012年4月14日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の予防と治療をめぐる最近の展開―新薬の登場を踏まえてー
「現代医学」誌座談会 2012年4月24日、名古屋

丸山光生 (老化機構研究部)
「免疫機能と老化について」
秋田県立大学 地域連携・研究推進センター 2012年4月26日 秋田

赤津裕康 (老化機構研究部)
アルツハイマー病診療のスキルアップを考える。この症例をどう診るか
第13回学術シンポジウム アルツハイマー病研究会,2012年4月21日東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
基礎・安全管理②「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第12回日本核医学会春季大会PET研修セミナー, 2012年4月27日, 東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
核医学指導者コース「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第12回日本核医学会春季大会核医学専門医教育セミナー, 2012年4月28日, 東京

センター内活動(セミナー等)

鄭 且均 (アルツハイマー病研究部)
APP代謝及びAβ産生機構におけるATBF1の機能解析.
CAMD報告会、2012年4月12日

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター