文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 3月

マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 3月

2012年 [平成24年] 3月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
(独)科学技術振興機構 Science Portal,平成24年3月2日掲載.インタビュー.
「健康長寿社会の構築目指し」第3回5人組運動を地域で展開.

大島伸一 (総長)
(独)科学技術振興機構 Science Portal,平成24年3月9日掲載.インタビュー.
「健康長寿社会の構築目指し」第4回病院中心の医療の限界.

大島伸一 (総長)
(独)科学技術振興機構 Science Portal,平成24年3月15日掲載.インタビュー.
「健康長寿社会の構築目指し」第5回医療のパラダイム変換を.

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成24年3月29日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,政治家の規範に“ズレ”.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
Medical Tribune, 2012年3月15日 Vol. 45, № 11
第29回日本神経治療学会講演から,「Aβ産生抑制だけを目指した薬剤開発戦略は単純過ぎた」

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
精神神経学雑誌 2012 Vol. 114 № 3「アルツハイマー病の治療:現状と展望」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
静岡新聞,平成24年3月23日(金)朝刊,「高齢者の運転を考える」

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
NHK 視点論点 平成24年3月6日 復興の新しい課題;「防げたはずの生活機能低下」の予防・改善

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
朝日新聞 平成24年3月6日 「歩くの困難」4割

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
産経新聞 平成24年3月7日 地域のつながり断たれ

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
産経新聞 平成24年3月12日 「役割」失い、身体機能低下も

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
毎日新聞 平成24年3月21日 歩行困難が長期化

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「安静度」より「活動度」を.MMJ,8(1):6-7,2012

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病.日経メディカル,532:48,2012

論文発表等

原著論文

Inomata M, Niida S, Shibata KI, Into T (遺伝子蛋白質解析室)
Regulation of Toll-like receptor signaling by NDP52-mediated selective autophagy is normally inactivated by A20.
Cell Mol Life Sci,69: 963-979, 2012

Yue XS, Fujishiro M, Nishioka C, Arai T, Takahashi E, Gong JS, Akaike T, Ito Y (遺伝子蛋白質解析室)
Feeder cells support the culture of induced pluripotent stem cells even after chemical fixation.
PLoS ONE, 7(3): e32707, 2012

Komatsu T, Nagano K, Sugiura S, Hagiwara M, Tanigawa N, Abiko Y,Yoshimura F, Furuichi Y, and Matsushita K (口腔疾患研究部)
: E-selectin Mediates Porphyromonas gingivalis Adherence to Human Endothelial Cells. Infect
Immun, 2012, in press.

Mouri A, Sasaki A, Watanabe K, Sogawa C, Kitayama S, Mamiya T, Miyamoto Y, Yamada K, Noda Y, Nabeshima T (運動器疾患研究部)
MAGE-D1 regulates expression of depression-like behavior through serotonin transporter ubiquitylation.
J. Neurosci. 32, 4562-4582, 2012.

Nakano S, Takai K, Isaka Y, Takahashi S, Unno Y, Ogo N, Matsuno K, Takikawa O, Asai A. (ラジオアイソトープ管理室)
Identification of novel kynurenine production-inhibiting benzenesulfonamide derivatives in cancer cells.
Biochem Biophys Res Commun. 2012 Mar 16;419(3):556-61.

Araki A, Iimiro S, Sakurai T, Umegaki H, Iijima K, Nakano H, Oba K, Yokono K, Sone H, Yamada N, Ako J, Kozaki K, Miura H, Kashiwagi A, Kikkawa R, Yoshimura Y, Nakano T, Ohashi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Long-term multiple risk factor interventions in Japanese elderly diabetic patients: The Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial (J-EDIT)—study
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 7-16, 2012

Araki A, Iimiro S,Sakurai T,Umegaki H,Iijima K,Nakano H,Oba K,Yokono K,Sone H, Yamada N,Ako J,Kozaki K,Miura H, Kashiwagi A,Kikkawa R,Yoshimura Y,Nakano T, Ohashi Y,Ito H (もの忘れ外来部)
Non–high-density lipoprotein cholesterol: an important predictor of stroke and diabetes-related mortality in Japanese elderly diabetic patients
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 18-28, 2012

Yoshimura Y,Kamada O,Takahashi K,Kaimoto T,Iimuro S, Ohashi Y,Araki A,Umegaki H,Sakurai T,Hideki Ito (もの忘れ外来部)
Relations of nutritional intake to age, gender and BMI in Japanese elderly patients with type 2 diabetes - Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial(J-EDIT)-
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 29-40, 2012

Kamada C,Yoshimura H, Okumura R, Takahashi K, Iimuro S, Ohashi Y, Araki A, Umegaki H, Sakurai T, Yoshimura Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Optimal energy distribution of carbohydrate intake for Japanese elderly patients with type 2 diabetes – Japanese Elderly Intervention Trial (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 41-49, 2012

Takahashi K, Kamada C, Yoshimura H, Okumura R, Iimuro S, Ohashi Y, Araki A, Umegaki H, Sakurai T, Yoshimura Y, Hideki Ito (もの忘れ外来部)
Effects of total and green vegetable intakes on HbA1c and triglycerides in elderly patients with type 2 diabetes mellitus – Japanese Elderly Intervention Trial (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 50-58, 2012

Iimuro S, Yoshimura Y, Umegaki H, Sakurai T, Araki A, Ohashi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Dietary pattern and mortality in Japanese elderly patients with type 2 diabetes mellitus - Does vegetable- and fish-rich diet improve mortality ?: An explanatory study
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 59-67, 2012

Iijima K, Iimuro S, Ohashi Y, Sakurai T, Umegaki H, Araki A, Yoshimura Y, Ouchi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Lower Physical Activity, but not Excessive Calorie Intake, is Associated with Metabolic Syndrome in Elderly with Type 2 Diabetes Mellitus: Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 68-76, 2012

Iijima K, Iimuro S, Shinozaki T, Ohashi Y, Sakurai T, Umegaki H, Araki A, Ouchi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Lower Physical Activity is a Strong Predictor of Cardiovascular Events in Elderly Patients with Type 2 Diabetes Mellitus beyond Traditional Risk Factors: Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 77-87, 2012

Shinozaki T, Matsuyama Y, Iimuro S, Umegaki H, Sakurai T, Araki A, Ohashi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Effective prevention of cardiovascular disease and diabetes-related events with atorvastatin in Japanese elderly patients with type 2 diabetesmellitus: adjusting for treatment changes using a marginal structural proportional hazards model and a rank-preserving structural failure time model
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 88-102, 2012

Umegaki H, Iimiro S, Shinozaki T, Araki A, Sakurai T, Iijima K, Ohashi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Risk factors associated with cognitive decline in the elderly with type 2 diabetes; Baseline data analysis of Japanese elderly diabetes intervention trial (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 103-109, 2012

Umegaki H, Iimiro S, Shinozaki T, Araki A, Sakurai T, Iijima K, Ohashi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Risk factors associated with cognitive decline in the elderly with type 2 diabetes:Pooled logistic analysis of a 6-year observation in the Japanese elderly diabetes intervention trial (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 110-116, 2012

Sakurai T, Iimuro S, Umegaki H, Araki A, Ohashi Y, Ito H (もの忘れ外来部)
Risk factors for a 6-year decline in physical disability and functional limitations among elderly people with type 2 diabetes (J-EDIT)
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 117-126, 2012

Araki S, Nishio Y, Araki A, Umegaki H, Sakurai T, Iimuro S, Ohashi Y, Uzu T, Maegawa H, Kashiwagi A, Ito H (もの忘れ外来部)
Prevalence and Risk Factors for Diabetic Maculopathy and its Relationship to Diabetic Retinopathy in Elderly Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus
Geriatr Gerontol Int. 12(Suupl. 1): 127-133, 2012

近藤 和泉尾崎 健一,小野木 啓子 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢者のメンタルケアの要点
THE BONE,26,99-104,2012

近藤 和泉,尾崎 健一(在宅医療・自立支援開発部)
災害時におけるリハビリテーション医療
Geriatric Medicine,50(3),313-316,2012

総説, その他

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
内分泌疾患に伴う精神症状
今日の精神疾患治療指針 483-485,2012

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
Medical Tribune 2012年3月1日発行号 vol.45,No.9:19,
ポータルサイト「認知症サポート医ネットワーク」を創設

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
かかりつけ医制度の現状と課題
老年精神医学雑誌 Vol.23(3):287-293,2012

島田裕之, 朴眩泰 (在宅医療・自立支援開発部, 生活機能賦活研究部)
特集:高齢者の脳機能と運動 アルツハイマー病予防に対する運動の効果
体育の科学, 62(3):200-208, 2012.

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
講座 よくわかる研究法25 研究への私の取り組み:大規模スクリーニング調査実施の経験を交えて
理学療法, 29(3):329-335, 2012.

荒井由美子,水野洋子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル.公衆衛生,75(4):310-312,2011.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活機能をターゲットとした取り組みを;Preventable disability.
リハビリテーション研究,150:35-36,2012

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害と生活不活発病の予防;新しい課題である「防げたはずの生活機能低下」.
Geriatric Medicine,50(3):317-320,2012

藤井克徳、阿部一彦、大川弥生、尾上浩二、清原慶子、久松三二 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションと障害者制度改革.
リハビリテーション研究,150:10-16,2012

書物等

大島伸一 (総長)
基調講演.高齢社会と医療.
第16回静岡 健康・長寿学術フォーラム記録集(静岡健康・長寿学術フォーラム2011実行委員会編).
静岡健康・長寿学術フォーラム2011実行委員会,静岡.2012.pp.17-23.

下方浩史 (予防開発部)
栄養疫学.
ウエルネス公衆栄養学第9版,前大道教子,松原知子編,医歯薬出版,p103-124,2012.

中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
3−2−7加齢,認知症
磁気共鳴スペクトルの医学応用—MRSの基礎から臨床までー
成瀬昭二監著、株式会社インナービジョン、pp208-211、2012

山田貴史 (脳機能画像診断開発部)他、監修 横越英彦
抗ストレス食品の開発と展望II 第1章p117~121 シーエムシー出版

講演等

学会・研究会等発表

Kondo I, Kawarada S, Yabunaka Y, Ozaki K, Saitoh E (在宅医療・自立支援開発部)
Rasch Analysis of Functional Skills Evaluated with Using PEDI for Children with Cerebral Palsy.
The 1st KOREA-JAPAN NeuroRehabilitation Conference. March 17, 2012, Seoul, Korea

Miyasaka H, Tomita Y, Kondo I, Orand A, Kato H, Miyata M, Kondo T, Kawakami K, Sonoda S (在宅医療・自立支援開発部)
A Randomized Controlled Trial: Treatment Effect for Paralyzed Arm After Stroke
The 1st KOREA-JAPAN NeuroRehabilitation Conference March 17, 2012, Seoul, Korea

Yazawa I (バイオリソース研究室)
Effect of microtubule depolymerization on α-synuclein accumulation.
4th International Congress on Multiple System Atrophy, March 19, 2012, Toulouse, France.

Suzuki Y, Nakayama K, Yazawa I (バイオリソース研究室)
Neuronal α-synuclein binds to β-III tubulin to accumulate in an MSA model
4th International Congress on Multiple System Atrophy, March 19, 2012, Toulouse, France.

Ito K (脳機能画像診断開発部)
The Role of PET Imaging in Early Diagnosis of Alzheimer’s Disease.
5th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2012), Nagoya University ES Hall, Nagoya, March 15 (15-17), 2012.

大島浩子,中村孔美,松本明美,膽畑敦子,尾崎充世,原田敦,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部,看護部,副院長室,所長室)
高齢者の在宅療養支援におけるカンファランス実施状況の検討.
第14回日本在宅医学会大会,2012年3月17日,東京.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
Apolipoprotein E isoform-dependent functions and Alzheimer diszease.
日本薬学会総会、札幌、2012年3月30日

赤津裕康 (老化機構研究部)
臨床提示「失見当、失計算で発症した全経過14年の93歳女性」
第12回 東三河神経病理カンファランスCPC  青山総合病院 2012年3月6日 愛知

赤津裕康村山繁雄、吉田眞理、橋詰良夫 (老化機構研究部、研究所長室)
失見当、失計算で発症した全経過14年の93歳の女性
慈恵医科大学 2012年3月24日 東京

田島陽子、前川京子、村山真由子、石川将己、徳江繭子、最上(西巻)知子、中西広樹、池田和貴、有田誠、田口良、キョウ建生奥野海良人新飯田俊平滝川修、斉藤嘉朗 (遺伝子蛋白質解析室・ラジオアイソトープ管理室)
アルツハイマー病モデルAPP/Tauマウスの脳組織における脂質メタボローム解析
日本薬学会第132年会、平成24年3月30日、札幌

石川将己、前川京子、田島陽子、村山真由子、徳江繭子、最上(西巻)知子、中西広樹、池田和貴、有田誠、田口良、キョウ建生奥野海良人新飯田俊平滝川修、斉藤嘉朗 (遺伝子蛋白質解析室・ラジオアイソトープ管理室)
アルツハイマー病モデルAPP/Tauマウスにおける血漿の脂質メタボローム解析
日本薬学会第132年会、平成24年3月30日、札幌

佐竹昭介 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢者のサルコペニア(筋肉量減少症)への対策 腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム.
2012年3月31日(土),東京

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,森山雅子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
中高年者の開放性は知能の維持に役立つか:線形混合モデルを用いた8年間の縦断的検討.
日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,森山雅子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
成人後期の主観的幸福感と日常生活活動能力の関連に対する家族内役割の影響.
日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
中高年有職女性の仕事コミットメントと抑うつの関連ー年齢および就業形態の調整効果ー.
日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋.

森山雅子,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,坪井さとみ,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
定年退職後の就労と心理的健康の変化との関連.
日本発達心理学会第23回大会,3月9日,名古屋.

森脇佐和子,鈴木恵子,井上文秀,村松昌,野村篤志,新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
植物アントシアニジンは骨破壊を抑制する
日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月23日,京都

辻尾祐志, 森脇佐和子, 新飯田俊平, 松元光春 (遺伝子蛋白質解析室)
加齢に伴うラットの骨塩量ならびに骨の組織構造の変化
第153回日本獣医学会学術集会, 2012年3月27日,さいたま

講演など(教育、普及、広報活動)

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管炎症と歯周病および血管内皮のエキソサイトーシス.
鹿児島大学歯学部イブニングセミナー 2012年3月1日、鹿児島

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援.
高齢者等の心の健康づくり研修会,2012年3月16日,富山県富山市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高齢者を介護する家族の介護負担.
高齢者等の心の健康づくり研修会,2012年3月16日,富山県富山市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:家族介護者への支援.
高齢者の自動車運転を考えるための講演会,2012年3月23日,静岡県藤枝市.

熊本圭吾 (長寿政策科学研究部)
切断者の心理ケアについて.
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 義肢装具技術研究部 職員研修会,2012年3月16日,埼玉県所沢市.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
老年性痴呆疾患に対する受診・診断・治療・ケア〜トータル的な医療環境整備と社会資源の有効利用〜
第21回 広島臨床認知症研究会 2012年3月2日、広島

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症診療のトピックス」
認知症イメージングセミナーin岐阜 2012年3月9日、岐阜

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
アルツハイマー型認知症の治療について
小浜市医師会学術講演会 2012年3月16日、福井県小浜市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症高齢者を地域で支える取り組み(地域連携)を考える」
第5回知多北部認知症セミナー 2012年3月20日、大府

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の薬物療法の実際と留意点」
TPA第2回東海市薬剤師会 Skill Up Seminar 2012年3月22日、東海市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症治療に関する最新の知見についてー認知症の人を外来で診るー」
アルツハイマー病カンファランス 2012年3月24日、多治見

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病に係る知識.
岩手県高齢者等サポート拠点職員等研修 2012年3月20日、釜石

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
糖尿病と認知症
第46回糖尿病学の進歩.岩手(2012.3.3)

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
地域における認知症医療ネットワークの促進について
平成23年度認知症ネットワーク研修.兵庫(2012.3.8)

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
認知症リスクを見据えた糖尿病治療戦略
糖尿病血管合併症を考慮した糖尿病治療〜高齢者糖尿病を考える〜.東京(2012.3.13)

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
高齢者糖尿病を考える
「週刊医学界新聞」企画座談会.名古屋(2012.3.15)

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター