文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 2月

マンスリーレポート 2012年 [平成24年] 2月

2012年 [平成24年] 2月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
(独)科学技術振興機構 Science Portal,平成24年2月17日掲載.インタビュー.
「健康長寿社会の構築目指し」第1回人口構造の変化に追いつかない制度、システム.

大島伸一 (総長)
(独)科学技術振興機構 Science Portal,平成24年2月24日掲載.インタビュー.
「健康長寿社会の構築目指し」第2回増え続ける異常な死.

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年2月28日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,ことしは在宅医療元年.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
「人」
日本医事新報 No.4581, 26, 2012

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
京都新聞 平成24年2月6日 「することがない」外出減り機能低下

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
中国新聞 平成24年2月7日 高齢者の3割歩行困難

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
毎日新聞 平成24年2月22日 避難所の高齢者、6割生活機能低下

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
毎日新聞 平成24年2月26日 生活不活発病

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
TBS Nスタ 平成24年2月14日 被災高齢者に広がる「生活不活発病」

論文発表等

原著論文

Nakayama K, Suzuki Y, Yazawa I (バイオリソース研究室)
Binding of neuronal α-synuclein to β-III tubulin and accumulation in a model of multiple system atrophy.
Biochem Biophys Res Commun, 417: 1170-1175, 2012

Iidaka T, Miyakoshi M, Harada T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
White matter connectivity between superior temporal sulcus and amygdala is associated with autistic trait in healthy humans,
Neuroscience Letters 510, 154-8, 2012

Terabe Y, Harada A, Tokuda H, Okuizumi H, Nagaya M, and Shimokata H (先端診療部,副院長室,臨床検査部,予防開発部)
Vitamin D Deficiency in Elderly Women in Nursing Homes: Investigation with Consideration of Decreased Activation Function from the Kidneys.
J Am Geriatr Soc, 60: 251-255, 2012.

Ishizaka R, Iohara K, Murakami M., Fukuta O, Nakashima M (口腔疾患研究部)
Regeneration of dental pulp following pulpectomy by fractionated stem/progenitor cells from bone marrow and adipose tissue.
Biomaterials, 33(7):2109-2118, 2012.

Yamamoto T, Murakami M, Ishizaka R, Iohara K, Kurita K, Nakashima M. (口腔疾患研究部)
Identification of thyrotropin-releasing hormone (TRH)-degrading enzyme as a biomarker for dental pulp tissue.
Dentistry, 2012 (in press)

Murakami M, Imabayashi K, Watanabe A, Takeuchi N, Ishizaka R, Iohara K, Yamamoto T, Nakamura H, Nakashima M (口腔疾患研究部)
Identification of novel function of vimentin for quality standard for regenerated pulp tissue.
J Endod (in press), 2012.

Kawashima S, Ueki Y, Kato T, Matsukawa N, Mima T, Hallett M, Ito K, Ojika K. (脳機能画像診断開発部)
Changes in striatal dopamine release associated with human motor-skill acquisition.
PLoS One. 2012;7(2):e31728. Epub 2012 Feb 15.

Terabe Y, Harada A, Tokuda H, Okuizumi H, Nagaya M, Shimokata H. (臨床検査部)
Vitamin D deficiency in elderly women in nursing homes-Investigation with consideration of decreased
activation function from the kidneys.
J. Am. Geriatr. Soc. 60:251-255, 2012

大島浩子、中村孔美、松本明美、鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部,看護部,所長室)
在宅医療を支援する病棟における初回入院患者の特性の検討:在宅復帰支援と在宅継続支援の比較.
日本在宅医学会雑誌,13(2),107-112,2012.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者の微量ミネラルおよびビオチンの摂取量.
日本栄養・食糧学会誌,65:21-28,2012.

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
歯髄の再生治療と高齢者歯科への展望.
医学のあゆみ「老年医学・高齢者医療の最先端」 239(5), 467-472, 2011.

江場 久哲庵原 耕一郎、立花 克郎、鈴木 一吉堀場 直樹、中村 洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
超音波とナノバブルを用いた薬剤導入による新しい根管内無菌化法の開発. 
日本歯科保存学雑誌. 54(6): 432-441, 2011.

清水 康裕,近藤 和泉,才藤 栄一 (在宅医療・自立支援開発部)
脊髄障害に対する下肢機能再建と理学療法
理学情報ジャーナル, 45(12),1033-1039,2011

近藤 和泉,尾崎 健一 (在宅医療・自立支援開発部、機能回復診療部)
ニューロリハビリテーションにおけるロボット
MEDICAL REHABILITATION,141,27-31,2012

吉田大輔, 中垣内真樹 (在宅医療・自立支援開発部)
“運動+食事制限による減量プログラム”の効果に関する報告
臨床栄養, 120:219-223, 2012.

総説, その他

Miyazawa M, Okubo K, Shiraki K, Maruyama M, Yamada J, Yamada H (老化機構研究部)
Immunological approaches for healthy longevity.
Anti-Aging Medicine 9 (1) : 52-59, 2012

Niida S (遺伝子蛋白質解析室)
New Type of Nucleic Acid Drugs: Recent trends in micro RNA research
SCIENCE & TECHNOLOGY TRENDS-Quarterly Review-, No,42:22-31, 2012

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
第27回日本老年学会総会記録〈パネルディスカッション1:介護予防:現状・課題と新たな方向性〉4.認知機能低下予防
日本老年医学会雑誌, 49(1):60-62, 2012.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転に対する社会支援のあり方.月刊福祉,2:44-45,2011.

工藤啓,佐々木裕子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
加美町第二期健康日本21地方計画策定について.公衆衛生情報みやぎ,412:4-7,2011.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
平常時ケアマネジメントのターゲットとしての「生活不活発病」
平常時介護予防はそこから何を学ぶか.ケアマネージャー,14(3):78-82,2012

書物等

(座談会記録)鈴木裕,菊谷武,大島伸一 (総長)
胃ろうをめぐって-生命の医療と生活の医療.歯科医師会からの提言
食べる-生きる力を支える第1巻 生活の医療(大久保満男,大島伸一 編).
中央公論新社,東京.2012.pp.99-155.

大島伸一 (総長)
歯科医療のパラダイム転換-専門職能団体の社会的責任.
歯科医師会からの提言 食べる-生きる力を支える第1巻 生活の医療(大久保満男,大島伸一 編).
中央公論新社,東京.2012.pp.218-230.

Shimada H. (在宅医療・自立支援開発部)
Glucose Uptake During Exercise in Skeletal Muscles Evaluated By Positron Emission Tomography.
Positron Emission Tomography - Current Clinical and Research Aspects, Chia-Hung Hsieh (Ed.), InTech, p.319-336, 2012.

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄再生療法の現状と未来 第11章 pp. 313-321. 治癒の歯内療法 シリーズ MIに基づく歯科臨床 vo.2 月星光博・福西一浩著 クインテッセンス出版株式会社 2010.

中島美砂子、庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
2.3 歯髄・象牙質再生. 再生医療叢書 第8巻 歯学系, 上田実、朝比奈泉編集, 朝倉書店, 2011.(2012年春刊行予定)

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「活動」の制限、「参加」の制約、主観的・心理的障害.
標準リハビリテーション医学第3版,上田敏監修、医学書院、p109-113,2011

杉浦進介, 石原裕一, 小松寿明, 萩原真, 水谷大樹, 加藤佳子,野口俊英, 松下健二 (口腔疾患研究部)
バルプロ酸はHMGB1の能動放出を誘導して、エンドトキシンショックに対する感受性を高める
エンドトキシン研究14 57-60, 2011.

高島明彦 (分子基盤研究部)
βアミロイド、タウ、どちらがアルツハイマー病治療薬の標的としてふさわしいのだろう?
in vivo実験医学によるヒト疾患解明の最前線、実験医学(増刊)Vol.30-No.2 編集 御子柴克彦 羊土社 P211-217 2012

講演等

学会・研究会等発表

Nakashima M, Iohara K, Imabayashi K (口腔疾患研究部)
Complete Pulp Regeneration after Pulpectomy by Transplantation of Pulp CD105+ Stem Cells with SDF-1.
Stem Cells in Development, Tissue Homeostasis and Disease. 2011 KEYSTONE SYMPOSIA. Santa Fe, New Mexico, Feb. 1, 2011

Nakashima M. (口腔疾患研究部)
COMPLETE PULP REGENERATION BY TRANSPLANTATION OF DENTAL PULP STEM CELLS.
ISSCR 9th Annual Meeting. Toronto, Ontario Canada, June 16, 2011.

Kondo I, Ozaki K, Onogi K , Saitoh E. (在宅医療・自立支援開発部)
RASCH ANALYSIS OF FUNCTIONAL SKILLS EVALUATED WITH USING PEDIATRIC EVALUATION OF DISABILITY INVENTORY(PEDI) FOR CHILDREN WITH CEREBRAL PALSY.
3rd Annual Meeting of the Japanese Society for Neural Repair and Neurorehabiritation,Yokohama,February.25.2011

Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
The role of apolipoprotein E in the pathogenesis of Alzheimer disease.
Seminar at Hallym University, February 3,2012, South Korea

Jung CG (アルツハイマー病研究部)
Aβ increases the expression level of ATBF1 responsible for death in cultured cortical neurons.
Seminar at Hallym University, February 3,2012, South Korea

高橋絹代,藤田民夫,宮地理津子,大島伸一,篠崎尚史. (総長)
都道府県コーディネーターのモチベーションサーベイ.
第45回日本臨床腎移植学会.軽井沢.2012年2月2日.

瀬戸加奈子,長谷川友紀,大島恵美子,篠崎尚史,高原史郎,大島伸一 (総長).
DAP実施病院におけるMMRデータ解析からみた移植医療の現状.
第45回日本臨床腎移植学会.軽井沢.2012年2月3日.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
平成23年度愛知県スモン患者集団検診における血液・尿検査
平成23年度 スモンに関する調査研究班 研究発表会 2012年2月3日、東京

長谷川純一、二宮慎太郎、田中あゆ子中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
映像による運動計測システムの開発とその応用
ワークショップ2012脳機能計測と在宅運動計測、大府市、2012年2月11日

田中あゆ子杉浦 圭、福田洋治、毛利公美、中井敏晴、白石 善明 (長寿医療工学研究部)
高齢者の体力測定課題を模擬する運動生成認知機能イメージング課題の開発
ワークショップ2012脳機能計測と在宅運動計測、大府市、2012年2月11日

金井章、後藤寛司、冨田秀仁、中井敏晴田中あゆ子、神谷直樹 (長寿医療工学研究部)
高齢者立ち上がり動作の運動分析
ワークショップ2012脳機能計測と在宅運動計測、大府市、2012年2月11日

中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
加齢による脳機能の変化と在宅運動計測
ワークショップ2012脳機能計測と在宅運動計測、大府市、2012年2月11日

中井敏晴、日下由紀夫 (長寿医療工学研究部)
在宅運動支援マネージング用アプリケーションの開発
ワークショップ2012脳機能計測と在宅運動計測、大府市、2012年2月11日

安藤富士子,西田裕紀子,下方浩史 (予防開発部)
喫煙・禁煙が知能の加齢変化に及ぼす影響-地域在住中高年者を対象とした6年間の縦断研究-.
第13回日本健康支援学会,2月19日,筑波.

庵原耕一郎石坂亮、杉山昌彦、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ブタ歯髄・脂肪CD31-SP細胞の歯髄再生能の比較」
第10回日本歯科再生医療学会総会 東京 2011年3月2日

今林貴代美、渡邉淳、庵原耕一郎、石坂亮、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「CD105陽性幹細胞を用いた歯髄特異的タンパク質の検索」
第10回日本歯科再生医療学会総会 東京 2011年3月2日

辺見浩一、川島伸之、須田英明、鈴木孝尚、山下直也、立花克郎、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ナノバブルを併用した新しい根管洗浄法に関する基礎的研究」
第3回超音波分子診断治療研究会 福岡 2011年3月5日

瀧本晃陽、川島伸之、小泉悠、山本弥生子、須田英明、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「LPS刺激下におけるマクロファージの炎症性メディエーター産生に対するMMP-3の影響」
第32回日本炎症・再生医学会 京都 2011年6月3日

江場久哲中島美砂子庵原耕一郎、立花克郎、中田和彦、堀場直樹、中村洋 (口腔疾患研究部)
「超音波とナノバブルを用いた薬剤導入による根管内無菌化」
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 東京 2011年6月9日

石坂亮庵原耕一郎、古賀豪、福田理、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP 細胞の歯髄再生能の比較」
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 東京 2011年6月9日

山本翼、堀部宏茂、庵原耕一郎、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄特異的分子マーカーとしてのTRH-DE有用性の検討」
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 東京 2011年6月9日

今林貴代美、庵原耕一郎渡邉淳石坂亮、中村洋、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「歯髄組織再生におけるvimentinの作用」
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 東京 2011年6月9日

尾関伸明、折本愛、川合里絵、田中毅、庵原耕一郎中島美砂子、中田和彦、中村洋 (口腔疾患研究部)
「万能性幹細胞と歯髄細胞における炎症性サイトカイン誘導MMP-3の役割」
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 東京 2011年6月9日

辺見浩一、川島伸之、鈴木孝尚、山下直也、立花克郎、中島美砂子、須田英明 (口腔疾患研究部)
「低濃度次亜塩素酸溶液にナノバブルを併用した新しい根管洗浄法の開発」
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会 東京 2011年6月10日

堀部宏茂庵原耕一郎村上真史竹内教雄石坂亮、栗田賢一、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「ヒト歯髄幹細胞の特徴化の中高齢者・若年者による比較検討」 
第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会 大阪 2011年10月20日

石坂亮庵原耕一郎村上真史、中村洋、福田理、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「イヌ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞の抜髄後根管内移植による歯髄再生能比較」
第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会 大阪 2011年10月20日

石坂亮庵原耕一郎村上真史、中村洋、福田理、中島美砂子 (口腔疾患研究部)
「イヌ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞の抜髄後根管内移植による歯髄再生能比較」
第49回日本小児歯科学会 岩手2011年11月28日

江場久哲中島美砂子庵原耕一郎、立花克郎、中田和彦、堀場直樹、中村洋 (口腔疾患研究部)
「新しい根管内無菌化法の開発」
第10回日本超音波治療研究会 東京 2011年11月26日

岡崎英人,別府秀彦,水谷謙明,山口久美子,近藤和泉,才藤栄一,園田茂 (在宅医療・自立支援開発部)
ラットにおける幹細胞増殖因子の筋萎縮と運動不可との関係-血清と血漿のちがい-
第30回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会,名古屋市,2012年2月4日

清水康裕,加藤譲司,原修,近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
脳卒中によって遷延性意識障害を来した患者の装具療法-MSH-KAFOの使用経験-
第30回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会,名古屋市,2012年2月4日

近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
認知症リハビリテーション・プロジェクトについて -認知症におけるニューロリハビリテーション-
第3回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会,横浜市,2012年2月25日

別府秀彦,水谷謙明,高柳尚貴,園田茂,岡崎英人,新里昌功,山口久美子,富田豊,近藤和泉,高橋久英 (在宅医療・自立支援開発部)
運動失調マウスB6-wobtの行動解析(7 )強制歩行運動が運動協調性に与える影響
第3回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会,横浜市,2012年2月25日

岡崎英人、別府秀彦、水谷謙明、山口久美子、近藤和泉、才藤栄一、園田茂 (在宅医療・自立支援開発部)
ラットにおける肝細胞増殖因子の筋委縮と運動負荷との関係-負担量の違いによる検討
第48回日本リハビリテーション医学会学術集会,千葉市,2011年11月2日

成田渉、中川裕規、宮坂裕之、金森理恵子、下村康氏、才藤栄一、近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
入院中/退院後も使える高次脳機能障害評価法作成の試み
第48回日本リハビリテーション医学会学術集会,千葉市,2011年11月2日

園田茂、奥山夕子、登立奈美、渡辺誠、川原由紀奈、木下恵子、岡本さやか、岡崎英人、水野志保、前田博士、成田渉、田中貴志、尾崎幸恵、崎原尚子、近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
脳卒中患者のFIM得点別ADL項目難易度パターンは年齢に影響を受けるか
第48回日本リハビリテーション医学会学術集会,千葉市,2011年11月3日

佐竹昭介 (在宅医療・自立支援開発部)
Mini Nutritional Assessment(MNA)による外来通院高齢者の評価
第27回日本静脈経腸栄養学会, 神戸,2012年2月23日(木)〜24日(金)

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
PET化学勉強会1<PET化学の基礎知識1>1.C-11 化学
PET化学ワークショップ2012,2012年2月10日(10-12日),越後湯沢

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
施設運営状況1.アンケートから
PET化学ワークショップ2012,2012年2月10日(10-12日),越後湯沢

文堂昌彦, 中坪大輔 (脳機能画像診断開発部、手術・集中治療部)
ADAS J-cogによるiNPH認知機能への髄液排除効果評価
第13回日本正常圧水頭症学会,2012年2月11日,大阪

奥野海良人 (ラジオアイソトープ管理室)
The molecular mechanisms for the production of amyloid β peptide in reactive astrocytes.
第4回名古屋グローバルリトリート、平成24年2月24-25日、東浦町

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害医療の新しい課題としての防げていたはずの生活機能低下(preventable disability).
第17回集団災害医学会 2012年2月22日、金沢市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
新たなターゲットとしての生活機能;生活不活発病予防を中心に.
第39回集中治療学会 2012年2月29日、千葉市

山田潤, 林孝彦, 羽室淳爾, 山上聡, 木下茂 (老化機構研究部)
マウスキメラ移植での拒絶誘導をもとにした、DSAEKでの拒絶誘導機序の類推.
第36回日本角膜学会総会・第28回日本角膜移植学会  2012年2月25 東京

赤津裕康、栗原リナ、奥田研爾、山本孝之、丸山光生 (老化機構研究部)
高齢経腸栄養患者へのビフィズス菌長期投与による腸内細菌叢の検討
第27回日本静脈経腸栄養学会 2012年2月23日 神戸

赤津裕康、遠山友紀子、丸山光生、山本孝之 (老化機構研究部)
経管栄養管理高齢者におけるEPA・DHA配合流動食介入によるアディポサイトカインへの影響
第27回日本静脈経腸栄養学会 2012年2月23日 神戸

赤津裕康、永渕真也、山地健人、川島昭浩、遠山友紀子、高橋毅、山本孝之、 丸山光生 (老化機構研究部)
乳酸菌発酵成分およびプレバイオティクス配合流動食が経腸栄養患者の腸内菌叢および獲得免疫に及ぼす影響
第27回日本静脈経腸栄養学会 2012年2月24日 神戸

柴田佳久、平松和洋、酒井秀樹、高田幸児、竹内勝彦、金子勇、赤津裕康、岩間克氏、平岩善喜、下郷宏、小野沢雄彦 (老化機構研究部)
医療圏内で一貫した栄養評価・治療を行う「東三河地域連携栄養カンファランス」の構築
第27回日本静脈経腸栄養学会 2012年2月24日 神戸

小室 青、横井 則彦、福岡 秀記、木下 茂 (先端診療部)
ローズベンガル染色される結膜上皮でのGalectin-3発現の検討
角膜カンファランス2012  第36回日本角膜学会総会 第28回日本角膜移植学会、2012年2月24日 東京

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
コメンテーター.平成23年度コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン
研究開発領域第1回シンポジウム,パネルディスカッション(生涯安心して自分らしく住み続けられるコミュニティとは-日本におけるエイジングプレイスを考える-).東京.2012年2月22日.

大島伸一 (総長)
治す医療から、治し支える医療へ.
(独)医療福祉機構・地域連携助成事業「高齢者が地域で普通に暮らすことを支援する事業」.講演.宮崎.2012年2月25日.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症医療の現況〜今何が問題になっているのか」
第1回岐阜県医師会 認知症サポート医等フォローアップ研修会 2012年2月18日、岐阜

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「認知症の薬物療法の実際と留意点」
OPA 第2回大府市薬剤師会 Skill Up Seminar 2012年2月22日、大府

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
老年疾病論
静岡医療センター附属静岡看護学校 平成23年度認定看護師教育課程 2012年2月24日、静岡

中井敏晴、山口さち子 (長寿医療工学研究部)
東日本大震災におけるMR装置の被災とMRの安全管理
第7回安全工学フォーラム、東京、2012年2月28日

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄再生による新しい歯内治療法の臨床研究に向けて
第38回福岡歯科大学学会総会,シンポジウム,2011年12月11日,福岡

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
認知症になってもみなとタウンで暮らしたい
港区講演会, 東京, 2012年2月7日

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
認知症予防のエビデンス
平成23年度愛知県理学療法学会研修セミナー, 名古屋, 2012年2月12日

牧迫飛雄馬 (在宅医療・自立支援開発部)
運動を中心とした認知症予防プログラムの実践と効果
平成23年度愛知県理学療法学会研修セミナー, 名古屋, 2012年2月12日

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
トランスロケータ蛋白リガンドによる神経変性疾患イメージング
秋田県立脳血管研究センター講演,2012年2月17日,秋田

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
PETによるアルツハイマー病の診断
喫煙科学研究振興財団研究集会,2012年2月24日,東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の診療における核医学診断の有用性と今後の展望
第22回山陰デジタル画像研究会,2012年2月25日,松江

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の生活不活発病予防.
岩手県久慈地区生活不活発病予防研修会 2012年2月7日、久慈市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の生活不活発病予防.
岩手県被災地介護予防従事者等研修会 2012年2月16日、大槌町

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
介護予防.
岩手県介護予防支援従事者研修 2012年2月17日:盛岡市、2012年2月18日:宮古市

丸山光生 (老化機構研究部)
「新規GEF分子、Zizimin2/Dock11の生体防御経緯おける役割と老化との関連について」
北海道大学遺伝子病制御研究所セミナー 2012年2月1日 札幌

センター内活動(セミナー等)

大塚礼 (予防開発部)
脂肪酸摂取、血清脂肪酸と認知機能に関する栄養疫学研究〜DHA,EPA,アラキドン酸に注目した横断解析結果を中心に〜.
CAMD報告会,2月9日,大府.

李成喆 (予防開発部)
身体活動と認知機能の関連に関する長期縦断疫学研究.
流動発表会,2月16日,大府.

幸篤武 (予防開発部)
血中遊離テストステロン濃度が四肢骨格筋量に与える影響に関する縦断的解析.
流動発表会,2月16日,大府.

原田種展 (老化機構研究部)
老化関連因子TARSHの機能解析
流動研究員等研究発表会、2012年2月15日、国立長寿医療研究センター研究棟2階会議室

坂部勇 (老化機構研究部)
老化関連グアニンヌクレオチド交換因子 Zizimin2 の機能解析
流動研究員等研究発表会、2012年2月16日、国立長寿医療研究センター研究棟2階会議室

 

マンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター