文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 12月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年12月27日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,言葉は時に国をも壊す.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
岩手日報 平成23年12月2日 生活不活発病に注意

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
読売新聞 平成23年12月11日 「生活不活発病」疑い3割

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
農業新聞 平成23年12月15日 被災で生活のリズム変わった

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
河北新報 平成23年12月17日 被災者の「生活不活発病」予防研修会 宮城県

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
京都新聞, 平成23年12月7日(水)朝刊,認知症患者の自動車運転「免許制度と足確保の議論を」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
京都新聞 電子版:取材ノートから,平成23年12月7日(水),認知症患者の自動車運転「免許制度と足確保の議論を」.

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
認知症の治療
第4回認知症サポート医研修会(2011.12.17〜18.大阪)

論文発表等

原著論文

Doi T, Makizako H, Shimada H, Yoshida D, Ito K, Kato T, Ando H, Suzuki T. (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、所長室)
Brain Atrophy and Trunk Stability During Dual-Task Walking Among Older Adults.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2011 Dec 15. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22174190

Makizako H, Shimada H, Doi T, Yoshida D, Ito K, Kato T, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, Suzuki T. (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
The association between decline in physical functioning and atrophy of medial temporal areas in community-dwelling older adults with amnestic and nonamnestic mild cognitive impairment.
Arch Phys Med Rehabil. 2011 Dec;92(12):1992-9.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22133247

Kaneko K, Ito M, Fumoto T, Fukuhara R, Ishida J, Fukamizu A, Ikeda K (運動器疾患研究部)
Physiological function of the angiotensin AT1a receptor in bone remodeling.
J Bone Miner Res 26: 2959-2966, 2011

Watanabe K, Oue Y, Miyamoto Y, Matsuura M, Mizuno Y, Ikegawa S. (運動器疾患研究部)
Identification of a quantitative trait locus for spontaneous osteoarthritis in STR/ort mice.
J. Orthop. Res. 30, 15-20, 2012.

Osawa T, Muramatsu M, Wang F, Tsuchida R, Kodama T, Minami T, Shibuya M (遺伝子蛋白質解析室)
Increased expression of histone demethylase JHDM1D under nutrient starvation suppresses tumor growth via down-regulating angiogenesis.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA,108(51): 20725-9, 2011

Murano T, Minamimoto R, Senda M, Uno K, Jinnouchi S, Fukuda H, Iinuma T, Tsukamoto E, Terauchi T, Yoshida T, Oku S, Nishizawa S, Ito K, Oguchi K, Kawamoto M, Nakashima R, Iwata H, Inoue T. (脳機能画像診断開発部)
Radiation exposure and risk-benefit analysis in cancer screening using FDG-PET: results of a Japanese nationwide survey.
Ann Nucl Med. 2011 Nov;25(9):657-66.

Nakano H, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Improvement of SNR of a Magnetic Resonance Micro Imaging Using a Cooled Resonance Circuit at 0.3T,
Magnetic Resonance in Medical Sciences 10, 259-262, 2011

Yamanaka M, Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T (長寿医療工学研究部)
RISK ASSESSMENT OF HEAD INJURIES DUE TO SLIP-INDUCED FALLS BACKWARDS
ICIC Express Letters, 6, 1569-1574, 2012

Matsuura H, Tamagawa M, Nemoto T, Kondo R, Matsuzaki T, kubota R, Nakano M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
MECHANICAL INJURY HUMAN BODIES
ICIC Express Letters, 6, 1629-1634, 2012

Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
PATTERN RECOGNITION BASED ON COLLISION IMPACT INDEX - CII
ICIC Express Letters, 6, 1635-1640, 2012

Matsuura H, Wasaki K (長寿医療工学研究部)
EXPRESSION OF QUANTUM BAYES' FORM AND ITS CALCULATIONS
ICIC Express Letters, 6, 1653-1657, 2012

Matsuura H (長寿医療工学研究部)
QUANTUM NEURAL NET, POLARITON, AND CLASSICAL NEURAL NETWORKS
ICIC Express Letters, 6, 1665-1669, 2012

Matsuura H (長寿医療工学研究部)
QUANTUM THEORY OF POLARITON ON NEURO-CONDUCTION AND EPHAPSE (QUANTUM CURRENT AND ROLE OF POLARITON ON AXON)
ICIC Express Letters, 6, 1671-1675, 2012

豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,大熊和行,井手三郎,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
三重県の高齢者入所施設における季節性・新型インフルエンザワクチンの接種状況.厚生の指標,58(13):25-30,2011.

総説, その他

Yazawa I (バイオリソース研究室)
Perspectives on therapeutic target for multiple system atrophy.
Recent Patents on Regenerative Medicine 2: 30-36, 2012

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症学□下 サポート医と介護研修
日本臨床増刊号 69(10):561-564,2011

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症―地域で支える 認知症の身体合併症―予防、医療、管理
こころの科学 161:33-37,2011

池田恭治 (運動器疾患研究部)
破骨細胞分化のメカニズム
運動器疾患の予防と治療 p 127-132, 長寿科学振興財団, 2011

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 土井剛彦, 堤本広大, 阿南祐也. (在宅医療・自立支援開発部)
介護予防の新たな方向性:認知機能低下予防の効果.
地域リハビリテーション, 6(12):928-932, 2011.

島田裕之, 吉田大輔. (在宅医療・自立支援開発部)
日本における認知症の現在と今後の動向.
訪問リハビリテーション, 1(5):309-313, 2011-2012.

佐竹昭介 (在宅医療・自立支援開発部)
サルコペニアとは
臨床栄養 Vol.119 No.7,P760-766,2011

大島浩子、中村孔美、松本明美、鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部,看護部,所長室)
在宅医療を支援する病棟における癌・非癌疾患患者の特性の検討.
癌と化学療法,38 Supplement1,53-55,2011.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害医療の新しい課題としての“防げたはずの生活機能低下”.医学のあゆみ,239(11):1093-1097,2011

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の生活機能低下予防・向上の支援から総合リハビリテーションのあり方を考える.リハビリテーション研究,41(3):14-18,2011

上田敏、大川弥生 (生活機能賦活研究部)
障害者・高齢者支援の在り方に関する国際的動向;過去半世紀にわたる認識の発展と現在の到達点.国民生活研究,51(3):1-23,2011

中里信和,中村昭範,春田康博,山田義男,藤巻則夫 (脳機能画像診断開発部)
2011年3月11日の地震と津波によるMEG等の調査報告書,
日本生体磁気学会ホームページ(http://www.nips.ac.jp/smf/JBBS), 2011

書物等

高島明彦 (分子基盤研究部)
疾患モデルマウス表現型解析指南:第3章 疾患モデルマウス 臓器・疾患別解析・実験法「Alzheimer病」
中山書店、編集 山村研一、若菜茂晴、P58-64、2012

講演等

学会・研究会等発表

Yanagisawa K. (副所長室、認知症センター長室)
Molecular Mechanism Underlying Initiation of Development of Alzheimer Disease and Therapeutic Strategy.
German Reserach and Innovation Forum. German-Japanese Symposium on Ageing and Neurodegeneration. Dec.12. 2011. Osaka.

Yamanaka M, Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T (長寿医療工学研究部)
Risk Assessment of Head Injuries Due to Slip-Induced Falls Backwards
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Yukimasa T (長寿医療工学研究部)
The Calculation of an Injury by Fall Using a Rigid Body Model
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Matsuura H, Tamagawa M, Nemoto T, Kondo R, Matsuzaki T, kubota R, Nakano M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Mechanical injury of Human Bodies
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Nakano M, Matsuura H, Tamagawa M, Yukimasa T, Yamanaka M, Kubota M (長寿医療工学研究部)
Pattern Recognition Based on Collision impact index - CII
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Yoshida H, Nakano M, Yukimasa T, Makino K, Wada F (長寿医療工学研究部)
On the Roll of Amplitude Encelope in Band-Limited Waveforms - A NIRS Study
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Nagata H, Nakano M, Shindo T, Satou K, Hashimoto Y, Kumamoto S, Takefu M, Fujii F, Satou Y (長寿医療工学研究部)
Towards an Educationally Effective Maternity Nursing Practice - A Proposal
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Matsuura H, Wasaki K (長寿医療工学研究部)
Expression of Quantum Bayes' Form and Its Calculations
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Masada Y, Nakano M (長寿医療工学研究部)
Bioengineering Approach to the Tactics of Two Countries in Handball Games
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Matsuura H (長寿医療工学研究部)
Quantum Neural Net, Polariton, and Classical Neural Networks
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Matsuura H (長寿医療工学研究部)
Quantum Theory of Polariton on Neuro-Conduction and Ephapse (Quantum Current and Role of Polariton on Axon)
Sixth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2011), December 22-24, 2011, Kitakyusyu,Japan

Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
Impact of DNA damage response on aging and age-related diseases.
第34回日本分子生物学会年会、平成23年12月15日、横浜

Hayakawa T, Iwai M, Maruyama W, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
SIRT1 suppresses senescence-associated secretory phenotype (SASP) during cellular senescence.
第34回日本分子生物学会年会、平成23年12月15日、横浜

Yanagino T, Ito Y, Maruyama W, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
MST1 is essential for transcriptional activity of FOXO in response to oxidative stress.
第34回日本分子生物学会年会、平成23年12月15日、横浜

Nakanishi A, Tange S (老化制御研究部)
Role of minor capsid proteins of polyomavirus on determining the cell tropism of the virus
第34回日本分子生物学会 2011年 12月14日 横浜

多田浩之、島内英俊、松下健二 (口腔疾患研究部)
Porphyromonas gingivalis ジンジパインによるヒト歯肉上皮細胞のアレルギー誘導性サイトカインの発現機構
第17回日本エンドトキシン・自然免疫研究会2011/12/10,西宮

萩原真、杉浦進介、小松寿明、加藤佳子、多田浩之、磯田竜太郎、石田直之、小林かおる、谷川順美、松下健二 (口腔疾患研究部)
Rab5とvinculin依存的なエンドサイトーシスの解析
第34回日本分子生物学会年会 2011/12/10,横浜

三栖翔吾,浅井剛,土井剛彦堤本広大,澤龍一,小野玲. (在宅医療・自立支援開発部)
加速度・角速度ハイブリットセンサを用いた新たな歩行解析方法による時間的指標計測の妥当性の検討.
第33回臨床歩行分析研究会定例会, 福岡, 2011年12月11日

近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
姿勢コントロールの実技セミナー -小児リハの理解のために-
第6回 日本リハビリテーション医学会 専門医会学術集会, 神戸市, 2011年12月11日

大島浩子 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢者の在宅支援:在宅療養選択者による患者特性の検討.
第31回日本看護科学学会学術集会,高知市,2011年12月2日.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
実用化に向けた支援機器開発・研究のストラテジの提案.
第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 2011年12月24日

奥野海良人、張桂琴、吉見立也、三河隆太、高柳亜紀子、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
反応性アストロサイトによるアミロイドβペプチド産生機構
第33回日本トリプトファン研究会、平成23年12月3-4日、船橋

張桂琴、奥野海良人、吉見立也、三河隆太、高柳亜紀子、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
内因性神経毒キノリン酸で誘導される反応性アストロサイトによるアミロイドβペプチド産生
第33回日本トリプトファン研究会、平成23年12月3-4日、船橋

坂部 勇, 浅井あづさ, 原田種展, 丸山光生 (老化機構研究部)
Zizimin2 CZH2ドメインの細胞遊走における効果の検討
第34回日本分子生物学会年会 2011年12 月15日、横浜.

赤津 裕康 (老化機構研究部)
行動異常の後に認知症を発症した一例
第28回 名古屋市大 臨床神経内科研究会プログラム 2011年12月3日 名古屋

山本誠士,東 英梨月,柳橋 努,生谷尚士,長井良憲,高津聖志,宮崎賢治,堂本光子,村松 昌新飯田俊平,服部裕一 (遺伝子蛋白質解析室)
Endothelial microparticles behave as a bioactive carrier in the cellular interaction.
第19回 日本血管生物医学会学術集会, 2011年12月9日, 東京

東 英梨月,山本誠士,服部裕一,村松 昌新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
Analysis of the multifunctional macrophages in mouse angiogenesis model.
第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月13日, 横浜

山本誠士,東 英梨月,柳橋 努,生谷尚士,長井良憲,高津聖志,宮崎賢治,堂本光子,村松 昌新飯田俊平,服部裕一 (遺伝子蛋白質解析室)
EMPのbioactive carrierという側面からの解析
第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月15日, 横浜

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
なぜ今、在宅医療なのか.
静岡県在宅医療推進センター第1回セミナー.講演.静岡.2011年12月3日.

大島伸一 (総長)
医療は変わる.
第15回日本健康福祉政策学会しが学術大会.招待講演.大津.2011年12月4日.

大島伸一 (総長)
高齢社会と長寿医療.
第49回全日本包装技術研究大会.特別講演.名古屋.2011年12月8日.

大島伸一 (総長)
社会が変わる、医療も変わる.
日本福祉大学2011年度「新ふくし特別講義Ⅲ」学長講義.講義.知多郡美浜町.2011年12月17日.

大島伸一 (総長)
特別発言.
保健・医療・福祉の連携強化に関するシンポジウム,パネルディスカッション(「地域包括ケアシステムに必要なもの」-県民とともに地域ケア体制を考える-).名古屋.2011年12月17日.

大島伸一 (総長)
国家の中心で何が叫ばれた?.
愛知排泄ケア研究会12月ワークショップ.パネルディスカッション(私の「3.11」-今ここに在ること、そしてこれから、を考える).名古屋.2011年12月18日.

柳澤勝彦(副所長室、認知症センター長室)
認知症とうつ病 〜神経病理学の観点から〜
日本うつ病学会 緊急シンポジウム「うつ病克服へのロードマップ」 2011年12月18日. 東京

新畑 豊 (脳機能診療部)
神経難病ー病気の理解と療養生活のポイントー
半田保健所平成23年度神経系難病患者・家族教室、半田市、2011年12月2日

新畑 豊 (脳機能診療部)
パーキンソン病 〜現状と今後の展望〜
日本ベーリンガー社社内研修会、大府市、2011年12月15日

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の人の身体合併症医療はどうあるべきか
舞鶴地区認知症勉強会 2011年12月9日、舞鶴

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
医療者が知っておくとよい認知症の基礎知識
名古屋大学医学部保健学科 2011年12月15日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
平成23年度 第2回名古屋市かかりつけ医認知症対応力向上研修 2011年12月17日、名古屋

鈴木葉子(看護部)
「安全に食事をしていただくには」、
第6回知多地域認知症・介護研修会、2011.12.10、半田

高道香織 (看護部)
「高齢者のエンドオブライフ・ケア」、
国立病院機構七尾病院、2011.12.2、七尾

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管炎症と歯周病
北海道大学歯学部口腔生化学特別講義 2011/12/1,札幌

松下健二 (口腔疾患研究部)
自然炎症としての歯周病の病因論
九州大学歯学大学院セミナー 2011/12/16, 福岡

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時の障害者支援;生活機能向上にむけた取り組み.
平成23年度内閣府障害者週間連続セミナー 2011年12月8日

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病予防.
岩手県介護予防研修会 2011年12月19日

丸山光生 (老化機構研究部)
生体防御論 「老化と免疫」
藤女子大学 人間生活学部 食物栄養学科 第5限 2011年12月16日 石狩

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄再生による新しい歯内治療法の臨床研究に向けて
第38回福岡歯科大学学会総会,シンポジウム,2011年12月11日,福岡

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
認知症のリスクを見据えた糖尿病治療
半田内科医学学術講演会.半田(2011.12.8)

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
糖尿病と認知症の関連
第4回北摂糖尿病専門医 Dialogue.大阪(2011.12.14)

センター内活動(セミナー等)

櫻井 孝 (もの忘れ外来部) 
認知症の全経過を見据えた管理 初年度データから
第1回もの忘れセンター リサーチカンファレンス(2011.12.22)

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病進行とイメージング・バイオマーカー:AD進行を促進する因子,減速させる因子
CAMD報告会,2011年12月8日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター