文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 11月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年11月29日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,国の未来図だれが描く?.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
中日新聞, 平成23年11月26日, ベルツ賞受賞記事

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
中日新聞, 平成23年11月29日, 「この人」ベルツ賞受賞

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
西日本新聞,平成23年11月2日(水)朝刊,「認知症の人の運転どうする」

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
プログラム責任者養成講習会(2011.11.21〜22.神戸)

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
北國新聞, 平成23年10月27日, 特集 いきいきシニアライフ 「運動でねたきりと認知症を予防できるか?」

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
Medical Tribune, 平成23年11月3日, Vol.44, No.44, 国内ニュース 第1回日本認知症予防学会 〜MCI高齢者へ運動介入〜 言語機能、記憶機能が向上

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
北國新聞, 平成23年11月13日, 寝たきり、認知症予防「小さなサインに注意」シニアライフフェア 専門家が語る

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
CBCテレビ イッポウ, 平成23年11月22日, 特集「脳とからだの健康チェック」

丸山光生 (老化機構研究部)
テレビ愛知 平成23年11月16日 3時のつぼ 長寿の秘訣は遺伝子?

下方浩史 (予防開発部)
KAOヘルスケアレポート34号 ,平成23年11月5日,「老化を防げばさまざまな病気を抑制できる-NlLS-LSAの健康長寿への挑戦」

下方浩史 (予防開発部)
日本経済新聞 ,平成23年11月26日朝刊,「聴力の衰え感じたら 早期検査で悪化を防止」

坂田 貴紀 (放射線診療部)
FPD搭載機器がもたらす当院の診療への具体的な貢献考‐RADspeed safireを例に‐
月刊新医療 38(11):94-97,2011

高島明彦 (分子基盤研究部)
高島教授に聞く脳の不思議?脳はあまり鍛えない方が良い?
11月7日(ディスカバリーチャンネル)

論文発表等

原著論文

Abe T, Suzuki T, Yoshida H, Shimada H, Inoue N .(所長室,在宅医療・自立支援開発部)
The Relationship Between Pulmonary Function and Physical Function and Mobility in Community-Dwelling Elderly Women Aged 75 Years or Older.
J. Phys. Ther. Sci. 23:443-449, 2011.

Kim H, Suzuki T, Yoshida H.(所長室)
The effects of multimensional exercise on functional decline, urinary incontinence,
and fear of falling in community-dwelling elderly women with multiple symptoms of geriatric syndrome:
A randomized controlled and 6-month follow-up trial.
Archives of Gerontology and Geriatrics 52: 99-105, 2011.

Kim H, Yoshida H, Suzuki T.(所長室)
The effects of multidimensional exercise treatment on community-dwelling elderly Japanese women with stress,
urge, and mixed urinary incontinence: A randomized controlled trial.
International Journal of Nursing Studies 48: 1165-1172, 2011.

Kim H, Yoshida H, Suzuki T.(所長室)
The effects of exercise treatment with or without heat
and steam generating sheet on urine loss in community-dwelling Japanese elderly women with urinary incontinence.
Geriatrics and Gerontology International 11: 452-459, 2011.

Kim H, Suzuki T, Saito K, Yoshida H, Kobayashi H, Kato H, and Katayama M.(所長室)
Effects of exercise and amino-acid supplementation on body composition and physical function in community-dwelling elderly Japanese sarcopenic women:
A randomized controlled trial.
Journal of the American Geriatrics Society 2011, in press.

Sugiura S, Ishihara Y, Komatsu T, Hagiwara M, Tanigawa N, Kato Y, Mizutani H, Kawahara K, Maruyama I, Noguchi T, Matsushita K (口腔疾患研究部)
Valproic acid increases susceptibility to endotoxin shock through enhanced release of HMGB1. Shock 36:494-500, 2011.

Iohara K,Imabayashi K,Ishizaka R,Watanabe A, Nabekura J,Ito M,Matsushita K,Nakamura H,Nakashima M (口腔疾患研究部)
Complete pulp regeneration after pulpectomy by transplantation of CD105+ stem cells with SDF-1. Tissue Eng Part A 17: 1911-1920, 2011.

Ishizaka R, Iohara K, Murakami M, Fukuta O., Nakashima M (口腔疾患研究部)
Regeneration of dental pulp following pulpectomy by fractionated stem/progenitor cells from bone marrow and adipose tissue.
Biomaterials, 2011 (in press)

Fujii W, Kondo I, Baba M, Saitoh E, Shibata S, Okada S, Onogi K, Mizutani H (在宅医療・自立支援開発部)
Examination of chew swallow in healthy elderly persons: Does the position of the leading edge of the bolus in the pharynx change with increasing age?
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science 2: 48-53, 2011

Akatsu H, Hori A, Yamamoto T, Yoshida M, Mimuro M, Hashizume Y, Tooyama I, Yezdimer EM. (老化機構研究部)
Transition metal abnormalities in progressive dementias. Biometals. 2011 Nov 12.

Konno T, Hata S, Hamada Y, Horikoshi-Sakuraba Y, Nakaya T, Saito Y, Yamamoto T, Yamamoto T, Maeda M, Ikeuchi T, Gandy S, Akatsu H, Suzuki T, Neuroimaging Initiative TJ. (老化機構研究部)
Coordinated increase of [gamma]-secretase reaction products in the plasma of some female Japanese sporadic Alzheimer's disease patients : Quantitative analysis of p3-Alc[alpha] with a new ELISA system.
Mol Neurodegener. 2011 Nov 8;6(1):76

Ishii T, Miyazawa M, Onodera A, Yasuda K, Kawabe N, Kirinashizawa M, Yoshimura S, Maruyama M, Hartman PS, Ishii N. (老化機構研究部)
Mitochondrial reactive oxygen species generation by the SDHC V69E mutation causes low birth weight and neonatal growth retardation. Mitochondrion 11:155-165, 2011

Hotta H, Uchida S, Kagitani F, Maruyama M (老化機構研究部)
Control of cerebral cortical blood flow by stimulation of basal forebrain cholinergic areas in mice.
Journal of Physiological Science 61:201-20, 2011.

Kondo Y, Higashi C, Iwama M, Ishihara K, Handa S, Mugita M, Maruyama M, Koga H, Ishigami A. (老化機構研究部)
Bioavailability of vitamin C from mashed potatoes and potato chips after oral
administration in healthy Japanese men. British Journal of Nutrition 15:1-8, 2011

Wright O, Yoshimi T, Tunnacliffe A. (ラジオアイソトープ管理室)
Recombinant production of cathelicidin-derived antimicrobial peptides in Escherichia coli using an inducible autocleaving enzyme tag.
N Biotechnol. 2011 Nov 9.

Kato K, Tokuda H, Mizutani J, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Natsume H, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部)
Role of HSP27 in tumor necrosis factor-α-stimulated interleukin-6 synthesis in osteoblasts.
Int. J. Mol. Med. 28:887-893;2011

鈴木隆雄 (所長室)
加齢性筋肉減少症(サルコペニア)の診断と治療.
綜合臨床.60:(11)2320-2322,2011.

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
糖尿病と認知症-血管性認知症
特集:糖尿病患者のトータルケア
診断と治療99:1924-1929, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
認知症のリスクを見据えた糖尿病治療
鹿児島市医報50:25-29, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
CGA活用の具体例:認知症高齢者への活用
Aging & Health 59: 22-24, 2011

杉浦 圭、福田 洋治、毛利 公美、中井 敏晴田中 あゆ子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる脳機能解析のための視覚運動変換型の体力測定課題を模擬するソフトウェアの開発
情報学ワークショップ2011論文集、81-86,2011

総説, その他

大島伸一鳥羽研二,佐々木経世,佐伯達之 (総長、病院長室)
高齢者医療改革座談会
高齢者が現役で頑張れる環境をつくることで日本の新しい社会が世界から注目される!. 財界.59 (22):98-105. 2011.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
治療戦略:最近の知見からみた治療薬開発の展望
神経治療学23:517, 2011

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
アルツハイマー病、アミロイド仮説
日本臨床 増刊号236-239, 2011

松下健二 (口腔疾患研究部)
歯周病と炎症 The bone 25:415-420, 2011.

伊藤健吾、加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
脳血流シンチグラフィ, 認知症診断に用いられる検査診断学とバイオマーカー 各論, 認知症学 上.
日本臨床, 69(Suppl8):515-519, 2011

伊藤健吾、川嶋将司、加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
アミロイドイメージングの最近の治験と将来展望.特集2 次世代のクリニカルPET.
Rad Fan, 9(11):59-61, 2011

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
筋力と身体活動の評価法. Modern Physician, 31(11), 1296-1299, 2011.

工藤啓,佐々木裕子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
管理職としての保健師の組織運営・管理論とは.保健師ジャーナル,67(6):476-480,2011.

下方浩史,安藤富士子 (予防開発部)
サルコペニアの疫学,サルコペニアの診かた.
Modern Physician,31:1283-1287,2011.

書物等

安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
更年期以降、メンタルヘルスに影響を与えるその他の因子-知能の加齢変化の性差とメンタルヘルス.
ウェルエイジングのための女性医療,太田博明編,メディカルレビュー社,p145-150,2011.

講演等

学会・研究会等発表

Wustman B.A. , Saksena S. Lun Y., Keilani S, Williams H, Stevens A.C, Sjoberg E.R, Khanna R, Valenzano K.J., Lockhart D.J., Yanagisawa K. and Gandy S. (副所長室、認知症センター長室)
Investigating rare lysosomal storage disorders to elucidate the sphingolipidosis-proteinopathy connection in common neurodegenerative disorders.
Neuroscience Meeting 2011. Nov. 12. 2011. Washington DC.

Toyama H, Kudo G, Hatano K, Suzuki H, Yamada T, Nomura M, Ichise M, Wilson AA, Sawada M, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
Detection of Activated Microglia with Translocator Protein (18 Kda) Ligand, [18F]FEPPA PET.
4th International Conference on Radiopharmaceutical Therapy, 30 Nov. (28 Nov – 2 Dec) 2011, Ho Chi Minh City,  Vietnam

Kondo I (在宅医療・自立支援開発部)
Robotics for Rehabilitation of Locomotion-with the Consideration of Aging Society in Japan
25th Anniversary of Korea National Rehabilitation Center, The 3rd international Symposium on Rehabilitation Research November 3, 2011, Seoul

Senda K, Satake S, Kondo I, Shibasaki M, Nishikawa M, Nakashima K, Endo H, Toba K (内科総合診療部、在宅医療・自立支援開発部、緩和ケア診療部、在宅医療支援診療部、病院長 )
Frailty and Sarcopenia in Japanese Elder Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease Undergoing Ambulatory Pulmonary Rehabilitation
International Conference on Frailty Research 2011,November 25-27, 2011, Taipei

Satake S, Senda K, Young-Jae Hong, Miura H, Endo H, Kondo I, Toba K (在宅医療・自立支援開発部、内科総合診療部、在宅医療支援診療部、病院長 )
The validity of the “Kihon Checklist”: For the estimation of the frail elderly
International Conference on Frailty Research 2011, November 25-27, 2011, Taipei

Nakayama Y, Harada T, Asai A, Miyazaki T, Maruyama M (老化機構研究部)
A putative role of novel GEF, Zizimin2/DOCK11 in immune defense and its involvement in immunosenescence.
第40回日本免疫学会学術集会 2011年11月29日、千葉.

Akatsu H, Hori A, Okada H, Hashizume Y, Yamamoto T (老化機構研究部)
Fukushimura Brain Bank -Based in a private geriatric hospital-
Bio Rheumatology International Congress(BRIC)2011 11/14  Maihama, Bay-Hilton

Maruyama M (老化機構研究部)
You raise me up
The 3rd Korea-Japan Joint Symposium for Graduate Students on Aging and Neuroscience 2011.11.29 Busan, Korea

Adachi K, Kunimoto S, Takeda K, Ohtani T, Watanabe A, Takikawa O, Maruyama W, Wakita H. (ラジオアイソトープ管理室)
Development of prophylaxis and therapy for vascular dementia by anti-E-selectin antibody using the mouse model.
The Asia-Pacific Interdisciplinary Research Conference 2011, Nov 17-18, 2011, Toyohashi

Iidaka T, Nakai T, Harada T, Miyakoshi M (長寿医療工学研究部)
White matter connectivity between superior temporal sulcus and amygdala predicts empathetic ability in normal humans
SfN’s 41st annual meeting, Washington, DC, USA, November 12-16, 2011

大釜典子、櫻井 孝、鳥羽研二 (もの忘れ外来部、院長室)
アルツハイマー型認知症における皮質下病変と転倒
第30回日本認知症学会学術集会(2011.11.11〜13 東京)

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
治療戦略:最近の知見からみた治療開発の展望
第29回 日本神経治療学会2011年11月17日. 福井.

鷲見幸彦、武田章敬、中村昭範、渡辺浩 (脳機能診療部,脳機能画像診断開発部,臨床研究推進部)
ポータルサイト「認知症サポート医ネットワーク」の創設
第30回日本認知症学会学術集会 2011年11月12日、東京

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
認知症患者の身体疾患合併症への包括的対応
シンポジウム8 認知症診療・ケア体制
第30回日本認知症学会学術集会(2011.11.11〜13 東京)

櫻井 孝 (もの忘れ外来部)
認知症の予防を見据えた生活習慣病の管理
シンポジウム7 認知症の進行予防(生活習慣病、画像診断、音楽療法)
第18回日本未病システム学会学術総会(2011.11.19〜20 名古屋)

加藤隆司伊藤健吾籏野健太郎藤原謙中村昭範三浦久幸服部英幸新畑 豊鷲見幸彦、岡村信行、谷内一彦、もの忘れ外来グループ (脳機能画像診断開発部、在宅医療支援部、行動・心理療法部,脳機能診療部)
[C-11]BF-227集積と脳糖代謝変動の関係:認知機能正常から健忘型MCIまで.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(11)日 タワーホール船堀 東京

大石直也、福山秀直、伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
SEAD-J Study Group,MCI患者3年後追跡時におけるMRI灰白質密度の検討.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(11)日 タワーホール船堀 東京

高橋竜一、石井一成、石井賢二、加藤隆司、千田道雄、伊藤健吾、杉下守弘、岩坪 威 (脳機能画像診断開発部)
PiB陽性,陰性aMCIにおける局所糖代謝の検討.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(11)日 タワーホール船堀 東京

高橋竜一、石井一成、石井賢二、加藤隆司、千田道雄、伊藤健吾、杉下守弘、岩坪 威 (脳機能画像診断開発部)
PiB陽性aMCIにおけるApoE e4のPiB集積や局所糖代謝への効果.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(11)日 タワーホール船堀 東京

中村昭範、吉山顕次、Diers Kersten,加藤隆司服部英幸文堂昌彦伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部,行動・心理療法部)
自発脳磁図を用いた脳内ネットワーク機能評価によるアルツハイマー病補助診断の可能性.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(12)日 タワーホール船堀 東京

鷲見幸彦、武田章敬、中村昭範、渡辺浩 (脳機能診療部,脳機能画像診断開発部,臨床研究推進部)
ポータルサイト「認知症サポート医ネットワーク」の創設.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(12)日 タワーホール船堀 東京

藤原謙加藤隆司伊藤健吾籏野健太郎,岡村信行,谷内一彦,NCGG memory clinic,J-ADNI (脳機能画像診断開発部)
BF-227 PETにおける参照領域設定法の検討.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(11)日 タワーホール船堀 東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
シンポジウム2 J-ADNIの現況 5. PETコアーFDG-PETを中心に.
第30回認知症学会学術集会 2011年11月11-13(11)日 タワーホール船堀 東京

渡邉 淳、足立香代、新飯田俊平、丸山和佳子、脇田英明 (共同利用推進室、ラジオアイソトープ管理室、遺伝子蛋白質解析室、加齢健康脳科学研究部)
血管性認知症モデル動物のプロテオーム解析
第30回日本認知症学会, 東京, 2011年11月12日

森脇佐和子, 村松昌, 田中伸哉, 上西一弘, 田中 清, 濃沼信夫, 徳田治彦, 原田 敦, 高笠信之, 小口雄二, 新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室, 臨床検査部,先端診療部)
尿マーカーによる骨粗鬆症検診の有用性
第13回日本骨粗鬆症学会, 2011年11月3日, 神戸

田中伸哉, 森脇佐和子, 上西一弘, 濃沼信夫, 田中 清, 池田義孝, 新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
骨粗鬆症スクリーニング検査としての尿中γ-GTP濃度およびFRAXの有用性
第13回日本骨粗鬆症学会, 2011年11月3日, 神戸

佐竹昭介 (在宅医療・自立支援開発部)
虚弱とサルコペニア
第18回 日本未病システム学会学術総会, 2011年11月19日, 名古屋

嶋田貴志、坂部勇、本多三男、直江吉則、丸山光生 (老化機構研究部)
老化関連因子 Zizimin2/Dock11 のアレルゲン誘発好酸球集積における影響
第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 ミニシンポジウム 2011年11月12日、東京

直江吉則, 久保久美子, 土屋由加子, 原恵子, 大野欽司, 古関明彦 (老化機構研究部)
Detection of specific alternative splicing during T cell development
第40回日本免疫学会総会、千葉市、2011年11月27日

下方浩史 (予防開発部)
認知症の実態と予防の重要性.
第18回日本未病システム学会学術総会,11月19日,名古屋.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者の余暇活動と知能.
第18回日本未病システム学会学術総会,11月19日,名古屋.

李成喆,幸篤武,森あさか,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住高齢者の身体活動と認知機能に関する縦断的研究.
第18回日本未病システム学会学術総会,11月19日,名古屋.

安藤富士子,今井具子,加藤友紀,大塚礼,松井康素,竹村真里枝,下方浩史 (予防開発部、先端診療部)
血清カロテノイドと2年後の骨粗鬆症/骨量減少発症リスク.
第18回日本未病システム学会学術総会,11月20日,名古屋.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
成人後期における日常生活活動能力と主観的幸福感の関連に認知機能が及ぼす影響.
第18回日本未病システム学会学術総会,11月20日,名古屋.

金興烈,李成喆,幸篤武,森あさか,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
中高齢者の相対歩幅と歩行速度(無次元速度)に関する研究.
第18回日本未病システム学会学術総会,11月20日,名古屋.

杉浦 圭、福田 洋治、毛利 公美、中井 敏晴田中 あゆ子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
fMRIによる脳機能解析のための視覚運動変換型の体力測定課題を模擬するソフトウェアの開発
情報学ワークショップ2011、豊橋、2011年11月25日(25-26)

坂田 貴紀 (放射線診療部)
長寿医療領域におけるFPD型撮影装置最適撮影条件の検討(第一報 解像特性①)
第64回国立病院総合医学会 2010年11月27日 福岡市

藤澤 洋幸 (放射線診療部)
長寿医療領域におけるMRI(1.5T,3.0T)の最適な撮像条件の検討
第64回国立病院総合医学会 2010年11月26日 福岡市

道川誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病研究の進歩―特に脂質代謝と関連して
第19回東北老年期認知症研究会 2011年11月26日、仙台

新美しおり、星野瞳、細野友美、道川誠、内村健治 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病モデルマウス脳に発現する細胞外マトリックスコンドロイチン硫酸糖鎖の構造解析
日本認知症学会 2011年11月11日、東京

安野史彦、谷向知、佐々木恵、日高真、池嶋千秋、山下典生、児玉千稲、水上勝義、道川誠、朝田隆 (アルツハイマー病研究部)
高齢者認知機能の経時変化に及ぼす血中脂質濃度、血圧およびApoE遺伝子多型の影響
日本認知症学会 2011年11月11日、東京

山内玲奈、ゾウクン、鄭且均道川誠 (アルツハイマー病研究部)
The renin-angiotensin system modulates APP and ApoE metabolism
日本認知症学会 2011年11月11日、東京

鄭 且均厳 景玉、三浦 裕、細野 崇堀家 裕史、Khanna KK、Kim Mi-Jeong道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
Amyloid beta(Aβ)はATBF1の発現を上昇させ神経細胞死を促進する
日本認知症学会 2011年11月11日、東京

森脇佐和子村松昌、田中伸哉、上西一弘、田中清、濃沼信夫、徳田治彦原田敦、高笠信之、小口雄二、新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室、臨床検査部、先端診療部)
尿マーカーによる骨粗鬆症検診の有用性 第13回日本骨粗鬆症学会 2011年11月3日 神戸国際会議場. 神戸

講演など(教育、普及、広報活動)

Takashima A (分子基盤研究部)
General overview on Tau, Advances in Neuroscience for Medical Innovation, Saint-Jean Cap Ferrat,France,
November 17-19,2011

Takashima A (分子基盤研究部)
Tau and GSK-3b are required for maintaining brain function at old age.
AACL(Asian Asing Core for Longevity),Nagasaki,Nov.21-22,2011

大島伸一 (総長)
医療提供体制の変化と歯科の果たす役割.
第63回近畿北陸地区歯科医学大会.特別講演.大津.2011年11月6日.

大島伸一 (総長)
長生きを喜べる社会とは.
エイジング・フォーラム2011.シンポジウム(超高齢社会 アカデミアからの予測と課題).東京.2011年11月9日.

大島伸一 (総長)
理想の長寿社会を目指して.
ウェルネスバレー推進協議会設立記念フォーラム.基調講演.知多郡東浦町.2011年11月18日.

大島伸一 (総長)
医療は変わる〜診察室から地域へ〜.
第11回日本訪問歯科医学会.特別講演.東京.2011年11月20日.

大島伸一 (総長)
医療技術の進歩のあり方.
愛知医科大学平成23年度特別講演会.講演.愛知郡長久手町.2011年11月25日.

高道香織 (看護部)
老年看護演習Ⅱ(講義)、石川県立看護大学大学院、2011年11月4日、大府

高道香織 (看護部)
老年看護方法論Ⅱ(講義)、愛知総合看護福祉専門学校、2011年11月17日、長久手

藤崎あかり (看護部)
老年健康障害看護論「認知症高齢者の看護」(講義)、半田常滑看護専門学校、2011年11月17日、半田

松下健二(口腔疾患研究部)
血管炎症と免疫学 東北大学歯学部口腔微生物学分野特別講義 2011/11/14, 仙台

池田恭治 (運動器疾患研究部)
運動器の加齢と対策
健康医療介護ビジネス研究委員会(三井業際研究所)、名古屋市、2011年11月18日

鷲見幸彦(脳機能診療部)
認知症について理解しよう
第6回中川区認知症セミナー 2011年11月19日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
これってもの忘れ?認知症?
平成23年度愛知健康プラザ健康公開講座 2011年11月20日、大府

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の診療の現状―今何が問題になっているのかー
白河医師会学術講演会 2011年11月22日、福島

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
摂食・嚥下障害病態各論
愛知県看護協会 平成23年度認定看護師教育課程 2011年11月22日・29日、名古屋

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
これだけは気をつけよう!もの忘れの早期発見と認知症予防
認知症講演会.安城(2011.11.04)

櫻井孝 (もの忘れ外来部)
認知症のリスクを見据えた糖尿病治療
糖尿病合併症フォーラムin大館2011.大館(2011.11.10)

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢期の虚弱予防と運動―運動が認知症と転倒予防に及ぼす影響―.
平成23年度三重県理学療法士会特別研修会, 伊勢, 2011年11月6日

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
運動でねたきりと認知症を予防できるか?
シニアライフフェアいしかわ2011, 金沢, 2011年11月12日

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
軽度認知障害に対する運動の効果.
第18回日本未病システム学会学術総会 シンポジウム4 認知症予防の最前線―現在そして将来、どこまでできるか―, 名古屋, 2011年11月19日

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
ヘルスプロモーション論.
国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科特別講義, 栃木, 2011年11月25日

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
介護予防の実際.
介護予防認定理学療法士必須研修会, 東京, 2011年11月26日

丸山光生 (老化機構研究部)
至学館大学 健康科学部栄養科学科 講義「生体防御論」2011年11月8日 大府

丹下智香子 (予防開発部)
高齢者の死に対する態度:NILS-LSAの調査より.
公益財団法人 三井住友海上福祉財団 2011年度「研究助成」および「三井住友海上福祉財団賞」贈呈式,11月15日,東京.

新畑 豊 (脳機能診療部)
治療とケア
平成23年認知症サポート医養成研修、名古屋、2011年11月5日

新畑 豊 (脳機能診療部)
認知症 -日常診療のポイント-
豊後大野市医師会学術講演会、大分県豊後大野市、2011年11月17日

鄭 且均 (アルツハイマー病研究部)
APP代謝及びAβ産生機構におけるATBF1の機能解析
東京都健康長寿医療センター研究所 2011年11月10日、東京

センター内活動(セミナー等)

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
PET前臨床試験:PET検査施行のための基盤技術
CAMD報告会,11月9日,2011.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター