文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 10月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年10月28日(金)朝刊,「長寿の国を診る」,動けるうち自分で働く.

高島明彦 (分子基盤研究部)
高島教授に聞く脳の不思議?脳はあまり鍛えない方が良い?
11月7日(ディスカバリーチャンネル)

鳥羽研二、櫻井 孝、渡辺浩 (病院長室、もの忘れ外来、臨床研究推進部)
国立長寿医療研究センター:高齢者総合機能評価をiPadで入力
日経メディカルオンライン
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/special/it/casestudy/201103/518775.html

論文発表等

原著論文

Shakor AB, Taniguchi M, Kitatani K, Hashimoto M, Asano S, Hayashi A, Nomura K, Bielawski J, Bielawska A, Watanabe K, Kobayashi T, Igarashi Y, Umehara H, Takeya H, & Okazaki T. (運動器疾患研究部)
SMS1-generated sphingomyelin plays an important role in transferring trafficking and cell proliferation.
J. Biol. Chem. 286, 36053-62, 2011.

Jang B, Shin HY, Choi JK, Nuyen DPT, Jeong BH, Ishigami A, Maruyama M, Carp RI, Kim YS, Choi EK. (老化機構研究部)
Subcellular localization of peptidylarginine deiminase 2 and citrullinated proteins in brains of scrapie-infected mice:
Nuclear localization of PAD2 and membrane fraction-enriched citrullinated proteins. J. Neuropathol Exp Neurol 70:116-124, 2011

Iwama M, Shimokado K, Maruyama M, Ishigami A. (老化機構研究部)
Time course of vitamin C distribution and absorption after oral administration into SMP30/GNL knockout mice.
Nutrition 27:471-478, 2011

Kushida S, Akisaki T, Yasuda H, Moriyama H, Hara K, Nagata M, Taniguchi M, Urakami K, Yokono K, Sakurai T. (もの忘れ外来)
Usefulness of (18) F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography for diagnosis of asymptomatic giant cell arteritis in a patient with Alzheimer's disease.
Geriatr Gerontol Int. 11: 114-8, 2011

Sakurai T. (もの忘れ外来)
Targets of the Peroxisome Proliferator-Activated Receptor {gamma} Agonist Trials for the Prevention of Alzheimer Disease.
Arch Neurol. 68: 542, 2011.

Yoshino H, Sakurai T, Hasegawa K, Yokono K. (もの忘れ外来)
Causes of decreased activity of daily life in elderly patients who need care of daily living
Geriatr Gerontol Int. 11: 297-303, 2011

Miichi Y, Sakurai T, Akisaki T, Yokono K. (もの忘れ外来)
Effects of insulin and amyloid 1–42 oligomers on glucose incorporation and mitochondrial function in cultured rat hippocampal neurons
Geriatr Gerontol Int. 11:517-24, 2011

Matsuzawa T, Sakurai T, Kuranaga M, Endo H, Yokono K. (もの忘れ外来)
Predictive Factors for Hospitalized and Institutionalized Care-giving of the Aged Patients with Diabetes Mellitus in Japan.
Kobe J Med Sci. 56: E173-83, 2011.

Yoshiike Y,Ymamashita S,Mizoroki T,Maeda S,Murayama M,Kimura T,Sahara N, Soeda Y, Takashima A. (分子基盤研究部)
Adaptive responses to alloxan-induced mild oxidative stress ameliorate certain tauopathy phenotypes.
Aging Cell.2011 Oct 8.doi:10.1111/j.1474-9726.2011.00756.x.[ Epub ahead of print]

Kato K, Otsuka T, Matsushima-Nishiwaki R, Natsume H, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
Rho-kinase regulates thrombin-stimulated interleukin-6 synthesis via p38 mitogen-activated protein kinase in osteoblasts.
Int.J.Mol.Med. 28:653-658;2011

鈴木隆雄、 島田裕之 (所長室、在宅医療・自立支援開発部)
認知症予防:運動療法
医学のあゆみ, 239(5):392-399, 2011.

庵原耕一郎,中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄の再生治療と高齢者歯科への展望. 医学のあゆみ「老年医学・高齢者医療の最先端」 239(5),(2011年10月29日発行)

繁田雅弘、鈴木正彦、見市義亮、櫻井孝、高屋雅彦、浦上克哉 (もの忘れ外来)
アルツハイマー病診療のスキルアップを考える-この症例をどうみるか-
老年精神医学雑誌 22: 7-21, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
糖尿病と認知障害
月刊糖尿病 (特集 糖尿病と神経障害) 3:114-123, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
インクレチンのアミロイド蛋白蓄積抑制作用―アルツハイマー病治療薬創薬への期待―
日本臨床69:848-852, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
耐糖能異常と認知症
日本老年医学会雑誌 48: 107-110、2011

櫻井 孝、鳥羽研二 (もの忘れ外来、病院長室)
CKDにおける認知症:認知症の予防と治療
臨床透析 27: 1041-1046, 2011

櫻井 孝、中田由香子、安田尚史、岸上景子、矢谷宏文、原賢太、永田正男、横野浩一 (もの忘れ外来)
臭化ジスチグミン(ウブレチド®)によるコリン作動性クリーゼをきたした高齢者の1例
老年医学 49:585-588, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
高齢者栄養ケアー糖尿病
臨床栄養118: 588-594, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
糖尿病と認知症は関連あるか ―認知症の予防を考えた糖尿病の治療―
ベンチノート 22:16-17, 2011

中川正法、高橋 智、櫻井 孝、田中三津子、堀 匠 (もの忘れ外来)
座談会「認知症の診断、治療、ケア:専門医と開業医との連携ネットワーク」
日本内科学会雑誌 100:2214-2239、2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
認知症の診断と非薬物治療について
老健 22:26-32, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
認知症を伴う高齢者糖尿病の管理
月刊糖尿病3: 103-114, 2011

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
生活習慣病の治療薬と認知症
老年医学 49:1172-1178, 2011

櫻井 孝、鳥羽研二 (もの忘れ外来、病院長室)
認知症疾患センターのモデルとは
医学のあゆみ 239:418-424, 2011

近藤理恵松崎照美松浦弘幸伊藤安海根本哲也久保田怜西井匠玉川雅章行正徹中野正博山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
体損傷リスク評価開発における転倒実験と物性解析〜人体の衝撃力学とその物理量推定 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),39-44, 2011

山中真中野正博松浦弘幸玉川雅章行正徹、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
床材質と姿勢変化による頭部外傷評価 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),45-52, 2011

松浦弘幸、伊藤安海、根本哲也、久保田怜、西井匠、玉川雅章、中野正博 (長寿医療工学研究部)
力学的人体損傷に関する基礎研究-1〜日常的空間に於ける機会と人の共存リスク見積もり バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),53-62, 2011

松浦弘幸伊藤安海根本哲也久保田怜西井匠玉川雅章行正徹中野正博山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
力学的人体損傷に関する基礎研究-2〜日常空間での衝突・転倒のモデル作成とその解析法 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),63-70, 2011

松浦弘幸伊藤安海久保田怜西井匠、久保田正美、中野正博玉川雅章根本哲也 (長寿医療工学研究部)
力学的人体損傷に関する基礎研究-3〜人体の衝撃力学とその物理量推定 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),71-78, 2011

松浦弘幸、伊藤安海、根本哲也、玉川雅章、中野正博 (長寿医療工学研究部)
力学的人体損傷に関する基礎研究-4〜衝撃応答による粘性弾性率の推定原理 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),9-82, 2011

松浦弘幸玉川雅章中野正博根本哲也、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
人体損傷の基礎的研究-5〜回転・自由落下仮説による損傷と重症度推定の実際 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),83-88, 2011

玉川雅章松浦弘幸中野正博行正徹山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
人体の衝突・転倒時の安全評価に関する基礎的研究〜第1報 ダミーの衝突・転倒実験による現象の把握 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),97-104, 2011

行正徹中野正博松浦弘幸玉川雅章山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
転倒による受傷のリスク調査 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),109-114, 2011

中野正博松浦弘幸玉川雅章行正徹山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
衝突衝撃指標(CII)に基づく衝撃のパターン認識 バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌、13(2),121-128, 2011

総説, その他

Naito T, Tanaka H, Naoe Y and Taniuchi I. (老化機構研究部)
Transcriptional control of T-cell development.
International Immunology 23(11): 661-668, 2011

大島伸一 (総長)
日本の高齢社会をどう捉えるか.
医学のあゆみ.239(5):327-331. 2011.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
Aßと神経細胞膜との相互作用
日本臨床 増刊号 認知症学 59-63, 2011

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
アルツハイマー病のアミロイド仮説は揺らいだか
医学のあゆみ 老年医学・高齢者医療の最先端 239: 379-382, 2011

池田恭治 (運動器疾患研究部)
目で見るBone Biology“メカニカルストレスと骨”
骨粗鬆症治療10: 1-4, 2011

佐竹昭介 (在宅医療・自立支援開発部)
虚弱
医学のあゆみ Vol.239 No.5,P447-444,2011

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
細胞増殖シグナルと老化
The Lipid 22: 364-368, 2011

下方浩史,安藤富士子 (予防開発部)
認知症予防:栄養・嗜好品,老年医学・高齢者医療の最先端.
医学のあゆみ,239:400-405,2011.

野尻佳克 (手術・集中治療部)
リハ医に役立つベーシック老年医学 10. 高齢者の尿失禁対策
Journal of Clinical Rehabilitation. 20:974-978, 2011.

岡村菊夫 (手術・集中治療部)
下部尿路症状に対する生活習慣改善指導
週間日本医事新報 No.4562:46-47, 2011.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
老年医学・高齢者医療の最先端 早期発見の手がかりは心理検査か画像診断か
医学のあゆみ 239(5):383-387,2011

書物等

佐竹昭介 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢者検査基準値ガイド、下方浩史編、中央法規、P171-189、2011

講演等

学会・研究会等発表

Senda K, Nagaya M, Satake S, Kondo I, Shibasaki M, Nishikawa M, Nakashima K, Endo H (内科総合診療部、在宅医療・自立支援開発部、緩和ケア診療部)
Nutritional Status as Part of Comprehensive Geriatric Assessment for Japanese Elderly Pulmonary Rehabilitation Patients, 9th.
The Asia / Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, Oct 23-27 Melbourne Australia

Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
The study on neuroprotective effects by lipid extract derived from green mussel.
Strategic Japan-New Zealand Cooperative Program on “Functional Food” The Fourth Workshop on Beneficial Marine Lipids as Ingredients for Functional Foods. Oct. 7, 2011, Hakodate.

Ando F, Kato Y, Otsuka R, Imai T, Matsui Y, Takemura M, and Shimokata H (予防開発部)
The effects of serum carotenoids on bone mineral density in community-dwelling Japanese middle-aged and elderly women.
The 9th Asia/Oceania Congress of Geriatrics and Gerontology, 26th, Oct, Melbourne.

Yamamoto S, Azuma E, Muramatsu M, Yanagibashi T, Ikutani M, Nagai Y,Takatsu K, MiyazakiK, Dohmoto M, Matsuda N, Niida S, Hattori Y (遺伝子蛋白質解析室)
EMPs behave as the bioactivecarrier in inflammatory condition.
The Second Pacific Symposium on Vascular Biology, October 2011, Jeju (Korea)

Iijima J, Nakayama Y, Sakabe I, Naoe Y, Miyazaki T, Maruyama M (老化機構研究部)
Functional analysis of an age-related novel GEF, Zizimin2/Dock11 in immunosenescence.
Ninth Asia/Oceania RegionalCongress of Gerontology and Geriatrics, 25 October 2011, Melbourne, Australia.

T.Sakurai (もの忘れ外来)
A new approach for comprehensive care and research of dementia
3rd International Quebec-Japan Symposium (Le Centre Sheraton Montreal Hotel Montréal, Québec, September 22-24, 2011) Healthcare Challenges and Solutions in an Aging Society: From research to clinical practice

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
アルツハイマー病の治療:現状と展望
第107回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム
「認知症、これからの診断、治療 –新たな抗アルツハイマー病薬の出現をへて–」 2011年10月26日. 東京.

渡邊絵美 (ICU)
認知症患者の異常行動となる要因を考える
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月7日

深谷たつみ (外来)
もの忘れセンター外来開設後の業務改善の取り組み
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月7日

小田祥子 (中3病棟)
高齢者のストーマ管理 -家族指導について-
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月8日

山本真由 (中6病棟)
化学療法により骨髄抑制がおこった患者・家族に対する緩和ケア
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月8日

成田有希奈 (西病棟)
嚥下障害患者の摂食の試み
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月7日

山本 都 (中4病棟)
高齢がん患者に対する外来化学療法への移行時の問題点に関する検討
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月7日

武長美由紀 (南1病棟)
老老介護である家族への在宅へ向けた退院指導 -高齢介護者を支えるための援助-
第65回国立病院総合医学会、岡山、2011年10月8日

高柳尚貴、別府秀彦、園田茂、水谷謙明、新里昌功、山口久美子、冨田豊、近藤和泉、中村政志、高橋久英 (在宅医療・自立支援開発部)
運動失調マウスB6-wobtの行動解析(6)日常運動量と歩行不可訓練の協調運動への影響
第10回  コ・メディカル形態機能学会学術集会・総会、春日井市、2011年9月17日(17-18)

大塚理加、菊地和則、野中久美子 (在宅医療・自立支援開発部)
地域包括支援センターにおける在宅高齢者の栄養への取り組みの実態と今後の課題
-第3回東京都内の地域包括支援センター実態調査から その1-.
日本社会福祉学会第59回秋季大会,千葉市,2011年10月9日.

野中久美子、大塚理加、菊地和則 (在宅医療・自立支援開発部)
地域包括支援センターの地域包括支援ネットワーク構造と業務評価の関連
-第3回東京都内地域包括支援センター実態調査から その2-
日本社会福祉学会第59回秋季大会,千葉市,2011年10月9日.

丸山和佳子 (加齢健康脳科学研究部)
健康長寿社会を実現するための基礎的、臨床的研究の現状
第22回中部バイオテクノロジーシンポジウム2011、2011年10月27日、名古屋.

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
個体老化を制御するDNA損傷応答機構
第33回日本基礎老化学会シンポジウム、2011年10月9日、千葉県野田市

堀部宏茂庵原耕一郎村上真史竹内教雄石坂亮,栗田賢一,中島美砂子 (口腔疾患研究部)
ヒト歯髄幹細胞の特徴化の中高齢者・若年者による比較検討
第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会,2011年10月20日,大阪

石坂亮庵原耕一郎村上真史,中村洋,福田理,中島美砂子 (口腔疾患研究部)
イヌ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞の抜髄後根管内移植による歯髄再生能比較
第135回日本歯科保存学会2011年度秋季学術大会,2011年10月20日,大阪

滝川修新飯田俊平、曽我朋義 (ラジオアイソトープ管理室、遺伝子蛋白質解析室)
CE/MSメタボロミクスによるアルツハイマー病の尿、血液及び脳バイオマーカーの検出
第6回メタボロームシンポジウム、平成23年10月13日、大阪

滝川修,新飯田俊平,曽我朋義 (ラジオアイソトープ管理室, 遺伝子蛋白質解析室)
CE/MSメタボロミクスによるアルツハイマー病の尿、血液及び脳バイオマーカーの検出
第6回メタボロームシンポジウム, 2011年10月13日, 大阪

山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 宮崎賢治, 堂本光子, 新飯田俊平, 服部裕一 (遺伝子蛋白質解析室)
脳血管内皮細胞由来EMP のin vitro 産生系の確立と疾患biomarker およびbioactive carrier としての検討
第52回日本脈管学会総会, 2011年10月21日, 岐阜

松浦弘幸,国立長寿医療研究センター医療工学研究グループ & JARI (長寿医療工学研究部)
転倒・転落のダミー人形実験と理論,及び衝撃力と損傷リスク評価
転倒予防医学研究会 第8回研究集会,東京、2011年10月2日

神谷直樹、山口さち子、村中博幸、土橋俊男、山田直明、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
MR装置が発生する騒音に起因する聴覚症状の発生とその関連因子の研究
平成23年度日本生体医工学東海支部学術集会、名古屋、2011年10月15日

二宮慎太郎、木村翔太、瀧 剛志、長谷川純一、田中あゆ子中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
運動機能評価のための画像計測システムの開発―豆運び運動を対象にして―
平成23年度日本生体医工学東海支部学術集会、名古屋、2011年10月15日

中井敏晴神谷直樹、Epifanio Bagarinao、松尾香弥子 (長寿医療工学研究部)
fMRIで見られる脳機能信号変化とMMSE検査の関連性の検討
平成23年度日本生体医工学東海支部学術集会、名古屋、2011年10月15日

松浦弘幸伊藤安海根本哲也久保田怜西井匠近藤理恵松崎照美玉川雅章、行正徹、中野正博山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
転倒・転落と人体損傷評価
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第24回年次大会、山口、2011年10月29日(10/29-30)

松浦弘幸、伊藤安海、根本哲也、久保田怜、西井匠 (長寿医療工学研究部)
量子神経理論,回路と量子力学的情報
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第24回年次大会、山口、2011年10月29日(10/29-30)

松浦弘幸伊藤安海根本哲也久保田怜西井匠近藤理恵松崎照美玉川雅章、行正徹、中野正博山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
Falling, Cropper and Mechanical Human Injury
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 第24回年次大会、山口、2011年10月30日(10/29-30)

水野洋子,熊本圭吾,新井明日奈,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
地方自治体が必要とする認知症高齢者の自動車運転の中止に関する情報.
第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月19日,秋田市.

熊本圭吾,水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
要介護認定・障害認定を利用要件とする外出・移動支援事業を実施する市区町村の特徴.
第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月21日,秋田市.

加藤剛平,田宮菜奈子,柏木聖代,柏木公一,高橋秀人 (長寿政策科学研究部)
地域在住中~重度要介護度変化に関連する居宅サービスの利用:某市全レセプトデータから.
第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月21日,秋田市.

丸山光生 (老化機構研究部)
老化関連遺伝子で探る分子レベルの2つの老化研究
第33回日本基礎老化学会シンポジウム 2011年10月9日、千葉

島田 順一 (老化機構研究部)
ファイバースコープへのタッチパネルナビゲーション技術の応用開発
医工連携推進シンポジウム  2011年10月26日、 東京

赤津 裕康 (老化機構研究部)
症例報告 もの忘れから繰り返し行動が著明であった68 歳・男性
第39回 臨床神経病理懇話会 2011年10月30日、岡山

前野信久加藤隆司藤原 謙籏野健太郎,田代 学,岡村信行,谷内一彦,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
健常,MCI,アルツハイマー病におけるβアミロイドの集積と局所脳萎縮との関係:BF227-PETとMRIによる相関解析.
第51回日本核医学会学術総会,2011年10月29(27-29)日,つくば国際会議場,茨城県つくば市

田島稔久,日比野新,飯田昭彦,加藤隆司伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
名古屋市総合リハビリテーションセンターにおける PiB PiB-PET 検査の現状第51回日本核医学会学術総会,
2011年10月29(27-29)日,つくば国際会議場,茨城県つくば市

藤原 謙, 加藤隆司,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
FDG PET画像を用いたMCIからADへの移行予測:SEAD-JとUS-ADNIの比較.
第51回日本核医学会学術総会,2011年10月28(27-29)日,つくば国際会議場,茨城県つくば市

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
PETイメージングと先進医療,シンポジウム4「日本核医学会における分子イメージング戦略の方向性」
第51回日本核医学会学術総会,2011年10月28(27-29)日,つくば国際会議場,茨城県つくば市

伊藤健吾,藤原 謙,加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
FDG PETの現況と展望,J-ADNIにおけるPET研究の進歩
第12回日本脳神経核医学研究会,2011年10月27日,つくば国際会議場,茨城県つくば市

櫻井孝、 飯室聡、 梅垣宏行、 荒木厚、大橋靖雄、 井藤英喜 (もの忘れ外来)
高齢者糖尿病の脳血管障害に対する痩せたメタボリックシンドロームのリスク
第54回日本糖尿病学会学術集会〈2011.5.19-21日 札幌〉

飯島勝矢、飯室聡、大橋靖雄、櫻井孝、梅垣宏行、荒木厚、吉村幸雄、大内尉義、井藤英喜 (もの忘れ外来)
高齢糖尿病患者におけるメタボリック症候群の存在にはカロリー過剰摂取よりも低い身体活動度の関与が大きい:J-EDIT試験
第53回日本老年医学会学術集会(2011.6月15-17日 東京)

渡辺浩、櫻井孝、細井孝之、鳥羽研二、大島伸一(臨床研究推進部、もの忘れ外来、病院長室、総長室)
長寿医療研究センターにおける高齢者総合的機能評価CGAデータベースシステムについて
第53回日本老年医学会学術集会(2011.6月15-17日 東京)

梅垣宏行、飯室聡、荒木厚、櫻井孝、飯島勝矢、井藤英喜(もの忘れ外来)
高齢糖尿病患者の認知機能低下に関連する因子の検討(J-EDITstudy)
第53回日本老年医学会学術集会(2011.6月15-17日 東京)

櫻井孝、服部秀幸、鷲見幸彦、遠藤英俊、伊藤健吾、武田章敬、文堂昌彦、加知輝彦、鳥羽研二(もの忘れ外来、精神診療部、脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、副院長室、病院長室)
認知症の予防から終末期までケアする「もの忘れセンター」の設立
第53回日本老年医学会学術集会(2011.6月15-17日 東京)

櫻井 孝、荒木 厚、小沼 富男 (もの忘れ外来)
高齢者診療のディベートセッション
第53回日本老年医学会学術集会(2011.6月15-17日 東京)

櫻井 孝、伊藤米美、伊賀浩樹 (もの忘れ外来)
地域高齢者を対象とした認知症早期発見のための啓発活動について
第1回日本認知症予防学会(2011.9.9-11 米子)

櫻井 孝 (もの忘れ外来)
教育企画 「高齢者認知症医療の新たな展開―認知症の包括的アプローチの具体的方法」
第22回日本老年医学会東海地方会(2011.9.17 名古屋)

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の人の身体合併症医療はどうあるべきか
アルツハイマー病研究会 第12回学術シンポジウム 2011年10月2日、東京

坂田 貴紀 (放射線診療部)
当院におけるサービス向上を目的とした意識調査
第65回国立病院総合医学会 2011年10月8日 岡山市

柴山 明範 (放射線診療部)
当院における省電力化への試み
第65回国立病院総合医学会 2011年10月8日 岡山市

棚瀬 真伸 (放射線診療部)
Temporal sensitivity profile測定における誤差要因の検討
第65回国立病院総合医学会 2011年10月8日 岡山市

講演など(教育、普及、広報活動)

Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
Brain ageing and neurodegeneration, and their possible prevention by food factors.
Zhejiang University (invited seminar) , Oct 14, 2011, Hangzhou , China.

Maruyama M (老化機構研究部)
A novel GEF, Zizimin2/Dock11 and functional decline in the immunosenescence
Invited lecture, NYU, MIH, Nanyang Technological University, 31 October 2011, Singapore

Takashima A (分子基盤研究部)
Pathological and physiological function of tau; how tau is involved in neurodegeneration
International Symposium,Nantong,P.R.China,9october 、 Wuhan,P.R.China,13october

Takashima A (分子基盤研究部)
Pathological and physiological function of tau ; how tau is involved in neurodegeneration. International Symposium of neurodegenerative disease Nantong ,P.R.China,October 9,2011

Takashima A (分子基盤研究部)
Pathological and physiological function of tau ; how tau is involved in neurodegeneration. Wuhan medical school,P.R. China,
October 13,2011

大島伸一 (総長)
高齢社会に向けた医療の転換.
あいちサイエンスフェスティバル2011市民向け講演会「先端科学技術と社会」.講演.名古屋.2011年10月8日.

大島伸一 (総長)
高齢社会と医療.
第16回静岡 健康・長寿学術フォーラム.基調講演.静岡.2011年10月21日.

大島伸一 (総長) 長寿の国を診る.
第2回東海北陸在宅医療推進フォーラム.シンポジウム(まだ残る在宅医療・在宅ケア推進への障壁〜その解決策を探る〜).名古屋.2011年10月30日.

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢者の臨床評価指標の有用性
理学療法科学学会第8回秋季研修会, 東京, 2011年10月16日

中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
「災害時のMR検査の安全に関する緊急提言」
国際予防医学リスクマネージメント連盟 医療器機安全管理研修会2011、2011年10月9日、東京

赤津 裕康 (老化機構研究部)
認知症・アルツハイマー病診断とブレインバンク構築
北海道大学薬学研究院 特別講演 2011年11月1日、北海道

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症診断とPETイメージングの現状と今後
平成23年度岐阜薬科大学同窓会兵庫支部総会,2011年10月16日,クォリティホテル神戸,神戸市

櫻井孝 (もの忘れ外来)
認知症と糖尿病
第28回知多半島医療圏臨床セミナー.知多.2011年10月8日.

櫻井孝 (もの忘れ外来)
認知症のリスクを見据えた糖尿病治療
第2回地域連携セミナーin岩手.盛岡.2011年10月18日.

櫻井孝 (もの忘れ外来)
認知症のリスクを見据えた糖尿病治療
Fifty-Love講演会.一宮.2011年10月27日.

櫻井孝 (もの忘れ外来)
認知症のリスクを見据えた糖尿病治療
糖尿病合併フォーラムinSAPPORO.札幌.2011年10月28日.

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症について理解しよう
第10回名古屋市医師会市民公開講演会 2011年10月1日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の薬物療法-最新の情報と対応方法-
愛知知多臨床勉強会 2011年10月1日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
アルツハイマー病に対する新たなアプローチ
愛知認知症フォーラム 2011年10月15日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
スモンの加齢に伴う症状と予防
スモンに関する調査研究班 スモンの集い 2011年10月30日、名古屋

近藤理恵松崎照美松浦弘幸伊藤安海根本哲也久保田怜西井匠玉川雅章行正徹中野正博山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
人体損傷リスク評価開発における転倒実験と物性解析
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、山口、2011年10月29日(29-30)

山中真中野正博松浦弘幸玉川雅章行正徹、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
スリップ転倒による頭部外傷危険度
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、山口、2011年10月29日(29-30)

玉川雅章松浦弘幸中野正博行正徹山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
人体の衝突・転倒時の安全評価に関する基礎的研究〜第1報 ダミーの衝突・転倒実験による現象の把握
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、山口、2011年10月29日(29-30)

中野正博松浦弘幸玉川雅章行正徹山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
転倒による人体各部の受ける衝突衝撃指標(CII)
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、山口、2011年10月29日(29-30)

中野正博松浦弘幸玉川雅章行正徹山中真、久保田正美 (長寿医療工学研究部)
Theoretical Analysis of Collision Impact Index-CII
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、山口、2011年10月30日(29-30)

高島明彦 (分子基盤研究部)
タウを指標とした創薬ターゲットについて
第39回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー「アルツハイマー病治療薬—対症療法から根本治療へ」2011年10月19日、東京

センター内活動(セミナー等)

木村哲也 (分子基盤研究部)
タウとアミロイドを理解するためのシステム的アプローチ
CAMD報告会、2011年10月13日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター