文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 8月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
新三河タイムズ,平成23年8月25日,団塊世代高齢化の大波 地域ぐるみの“お節介”必要.

大島伸一 (総長)
メディファクスウェブ,平成23年8月25日(木),医師以外の医行為、積極的に議論すべき 大島・長寿医療センター総長.

大島伸一 (総長)
メディファクス,6186号(平成23年8月26日(金)発行),医師以外の医行為、積極的に議論を 大島・長寿医療センター総長.

大島伸一 (総長)
Japan Medicine,2011年8月29日(月),インタビュー,医師以外の医行為は積極的に議論を.

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年8月25日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,外科医が手術受けると.

大島伸一 (総長)
RISTEX“コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン”ホームページ,平成23年8月19日掲載.ほっとコラム.高齢社会の可能性

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
日本農業新聞;大地の絆通信 平成23年8月29日 生活不活発病を防ぎ元気に;農・食で地域づくりを

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病.暮らしと健康,66(10):73,2011

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本経済新聞,平成23年8月24日(水)夕刊,高齢ドライバー:車を運転する理由.

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
CBCラジオ, 多田しげおの気分爽快!, 平成23年8月, なんと無料!脳とからだの健康チェック

前川裕子 (医療安全管理室)
現場で即役立つ!感染対策パーフェクトガイド、平成23年8月31日発行、chapter5疾患・病原体別感染対策 「1.インフルエンザ感染症対策 P134〜139」

藤崎浩太郎 (中2病棟)
現場で即役立つ!感染対策パーフェクトガイド、平成23年8月31日発行、chapter5疾患・病原体別感染対策 「2.ノロウイルス感染症対策 P140〜145」

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
口腔機能と口腔ケア
健康長寿ハンドブック 日本老年医学会編 P54 -61, 2011

野原 孝司 (放射線診療部)
FPD化で実現したスループット向上がもたらしたワークフローの変化
月刊新医療 38(8):137-139,2011

論文発表等

原著論文

Shimada H, Kim H, Yoshida H, Suzukawa M, Makizako H, Yoshida Y, Saito K, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部, 所長室)
Relationship between Age-Associated Changes of Gait and Falls and Life-Space in Elderly People.
J.Phys. Ther. Sci. 22:419-424, 2010.

Makizako H, Furuna T, Shimada H, Ihara H, Kimura M, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部, 所長室)
Age-Related Changes in Attentional Capacity and the Ability to Multi-Task as a Predictor for Falls in Adults Aged 75 Years and Older.
J. Phys. Ther. Sci. 22:323-329, 2010.

Maikizako H, Furuna T, Yoshida H, Shimada H, Satoh K, Akanuma T, Ihara H, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部, 所長室)
Usual Walking Speed Predicts Decline of Functional Capacity among Community-Dwelling Older Japanese Women: a 4-year Longitudinal Study.
J. Phys. Ther. Sci. 22:405-412, 2010.

Shimada H, Kim H, Yoshida H, Yoshida Y, Saito K, Suzukawa M, Makizako H, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部, 所長室)
Factors Associated with the Timed Up and Go Test Score in Elderly Women.
J. Phys. Ther. Sci. 22: 273-278, 2010.

Abe T, Suzuki T, Yoshida H, Shimada H, Inoue N (所長室, 在宅医療・自立支援開発部)
The Relationship Between Pulmonary Function and Physical Function and Mobility in Community-Dwelling Elderly Women Aged 75 Years or Older.
J. Phys. Ther. Sci. 23:443-449, 2011.

Shimada H, Suzukawa M, Ishizaki T, Kobayashi K, Kim H, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
Relationship between subjective fall risk assessment and falls and fall-related fractures in frail elderly people.
BMC Geriatrics, 11:40, 2011

Holmes MV, Newcombe P, Shimokata H, et al (予防開発部)
Effect modification by population dietary folate on the association between MTHFR genotype,
homocysteine, and stroke risk: a meta-analysis of genetic studies and randomised trials..
Lancet, 378: 584-594, 2011.

Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Nakashima T, and Shimokata H (先端診療部,予防開発部)
Molecular genetic epidemiology of age-related hearing impairment.
Auris Nasus Larynx, 38: 657-665, 2011.

Okuno A, Fukuwatari T, Shibata K. (ラジオアイソトープ管理室)
High tryptophan diet reduces extracellular dopamine release via kynurenic acid production in rat striatum.
J Neurochem. 2011 Sep;118(5):796-805.

Iohara K, Imabayashi K, Ishizaka R, Watanabe A, Nabekura J, Ito M, Matsushita K, Nakamura H and Nakashima M (口腔疾患研究部,共同利用推進室)
Complete Pulp Regeneration After Pulpectomy by Transplantation of CD105+ Stem Cells with Stromal Cell-Derived Factor-1.
Tissue Eng. Part A, 17(15-16): 1911-1920, 2011.

Mitsutake S, Zama K, Yokota H, Yoshida T, Tanaka M, Mitsui M, Ikawa M, Okabe M, Tanaka Y, Yamashita T, Takemoto H, Okazaki T, Watanabe K, Igarashi Y (運動器疾患研究部)
Dynamic modification of sphingomyelin in lipid microdomains controls development of obesity, fatty liver, and type 2 diabetes.
J. Biol. Chem. 286, 28544-28555, 2011.

Sadr A, Shimada Y, Mayoral JR, Hariri I, Bakhsh TA, Sumi Y, Tagami J. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Estimation of lesion progress in artificial root caries by swept source optical coherence tomography in comparison to transverse microradiography.
J Biomed Opt. in press

鈴川芽久美,島田裕之,渡辺修一郎,小林久美子,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部, 所長室)
要介護高齢者における運動機能と6ヶ月後のADL低下との関係.
理学療法学.38: 10-16, 2011.

鈴木隆雄,島田裕之,清水容子,吉田英世 (所長室, 在宅医療・自立支援開発部室)
地域在住の女性後期高齢者における血中ビタミンD濃度と転倒発生に関する縦断研究.

総説, その他

鈴木隆雄 (所長室)
転倒の疫学と予防対策-ロコモティブシンドロームの視点から.
運動器疾患の疫学.医学のあゆみ.236:(5)325-331, 2011.

仲貴子,及川清志,平田崇,荒木友希,鈴木隆雄 (所長室)
装着型歩行アシストロボットによる歩行トレーニング.
講座 福祉ロボット工学2.PTジャーナル.45 :(2)163-170,2011.

鈴木隆雄 (所長室)
超高齢社会の実像を踏まえた健康福祉政策.
超高齢社会に備える.公衆衛生.75:(4) 266-271,2011.

鈴木隆雄 (所長室)
加齢と身体機能の変化.
Part1高齢者の精神・身体的変化と栄養.臨床栄養.118:(6)552-560,2011.

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
Alzheimer病の新承認薬—その効能と限界
Brain and Nerve 63(8): 863-868, 2011

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
認知症基礎知識
いきいき9月号:74-77, 2011

近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
【第32回日本関節運動学会的アプローチ医学会学術集会 特別講演】
リハビリテーション医の一人として-AKA一博田法を考える-
日本関節運動学的アプローチ医学会誌第12巻, 平成23年8月26日

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
ステムセルエイジング仮説
日本抗加齢医学会雑誌-アンチ・エイジング医学 7: 549-553, 2011

書物等

原田敦,松井康素,下方浩史 (副院長室,先端診療部,予防開発部)
認知症高齢者と骨粗鬆症との関連は.
認知症者の転倒予防とリスクマネジメント,武藤芳照,鈴木みずえ編,日本医事新報社,p51-54,2011.

講演等

学会・研究会等発表

Ando F, Takemura M, Matsui Y, and Shimokata H (先端診療部,予防開発部)
Prevalence and Consultation Rates of Life-Style Related Diseases in Japanese Middle-Aged and Elderly Women.
IEA World Congress of Epidemiology, 7-11, Aug, Edinburgh.

Michikawa M, Hosono T, Mouri A, Nishitsuji K, Nakamura T, Jung CG, Kontani M, Tokuda H, Kawashima H, Kiso Y, Nabeshima T (アルツハイマー病研究部)
Arachidonic acid diet prevents memory impairment and brain Abeta deposition in Tg2576 mice.
Symposium: PUFA and its derivatives- brain, neuroprotective agents for senescence, ISN-ESN,
Aug 30, 2011,Athens, Greece

Zou K, Liu J, Watanabe A, Liu S, Tanabe C, Maeda T, Oba R, Michikawa M, Komano H (アルツハイマー病研究部)
Two active domains of ACE are essential for Abeta43-converting activity.
ISN-ESN, Aug 31, 2011 , Athens, Greece

Yamada T, Hatano K, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
Measurement of serotonin transporter in rat brain by [11C]DASB - Preliminary study with high resolution animal PET scanner.
19th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences, Aug. 30 (Aug. 28- Sep. 2), Vrije Universiteit Amsterdam, Amsterdam, Netherlands.

池田 恭治 (運動器疾患研究部)
Between bone resorption and formation
第8回Bone Biology Forum 8月19日 三島

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「看護職員に知ってほしい口腔の知識と口腔ケア」
高齢者医療・在宅医療総合看護研修(一般社団法人日本老年歯科医学会支部共催セミナー) 2011.08.30 大府市

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「歯科医療の発展への方策を考えるー高齢者歯科医療の確立をー」
関歯科医師会・中濃地区歯科医師会合同学術講演会 2011.08.07 美濃市

新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
核酸医薬研究動向から at 特別企画「核酸医薬の実現のために〜官から望むこと」
RNAi研究会, 2011年8月27日, 広島

講演など(教育、普及、広報活動)

Takashima A (分子基盤研究部)
Relationship between tau aggregation and synapse loss, and neuronal loss
3rd World Congress of Asian Psychiatry 2011,Melbourne,Australia,31july-4August

Arai Y (長寿政策科学研究部)
Knowledge and attitude towards dementia among the general public in Japan (Symposium).
The 3rd World Congress of Asian Psychiatry (WCAP 2011), 2011 July 31- August 4 (Presentation: August 1), Melbourne Australia.

Maruyama M (老化機構研究部)
Aging and Immune system
MIH,Technical University of Munich, August 31.2011, Munich, Germany

大島伸一 (総長)
1) 高齢社会における医療の役割.
第15回日本看護管理学会年次総会.パネルディスカッション(地域をつなぐケアシステム).東京.2011年8月26日.

松下健二 (口腔疾患研究部)
老年期・衰退期を想定した歯科医学・医療とQOL
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科長寿口腔科学講座講義 2011/8/17, 鹿児島

滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
アルツハイマー病根本治療薬の開発を目指して
第47回シグナル伝達医学グローバルCOE学術講演会.講演.神戸.2011年8月12日

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病の事例を知る.岩手県生活不活発病予防研修会 2011年8月3日、奥州市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「よくする介護」の考え方と進め方の基本.富山県介護福祉士会研修会 2011年8月27日、富山市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの基礎的理解.文部科学省介護福祉等に係る講習会 2010年8月22日、名古屋市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活機能学の立場から.生活デザインシンポジウム 2010年8月31日、東京都

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
AD診断基準改定と 認知症PETの今後 臨床シンポジウム1「どう変わる?認知症PET」
PETサマーセミナー2011 in つきじ 2011年8月27日,東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
普及への道のり 次世代臨床シンポジウム「メチオニンPET」PETサマーセミナー2011 in つきじ 2011年8月28日,東京

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
老年医学の最前線を学ぶ
2011年老年医学サマーセミナー 2011年8月4・5日、軽井沢

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
適切な認知症診療の知識・技術や認知症の方への支援体制の構築
平成23年度 第1回名古屋市かかりつけ医認知症対応力向上研修 2011年8月6日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
「ど忘れにも負けず」健やかに老いる手立てとは 第3回ハートの日in NAGOYA講演会
2011年8月10日、名古屋

徳田治彦 (臨床検査部)
骨粗鬆症の薬物治療
岡崎内科医会講演会 2011年8月3日 岡崎市医師会館. 岡崎

センター内活動(セミナー等)

高島明彦 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病治療をめざして
CAMD報告会、2011年8月11日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター