文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 7月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年7月28日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,「わかっちゃいる」のなら.

大島伸一 (総長)
こころの森だより,71(平成23年7月1日)号:1-2,生きる

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
日本農業新聞 平成23年7月13日 生活不活発病防ぐ支援を

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
日刊工業新聞 平成23年6月29日 生活機能向上の視点を

予防開発部
NHK名古屋放送局 ナビゲーション,平成23年7月22日,「健やかに老いる〜2400人の老化追跡調査から〜」

論文発表等

原著論文

Fujii J, Niida S, Yasunaga Y, Yamasaki A, Ochi M (遺伝子蛋白質解析室)
Wear debris stimulates bone-resorbing factor expression in the fibroblasts and osteoclasts.
Hip Int., 22(02): 231-237,2011

Tomiyasu M, Matsuda T, Tropp J, Inubushi T, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Combination of two fat saturation pulses improves detectability of glucose signals in carbon-13 MR spectroscopy
Proceedings of the Japan Academy, Ser. B, 87(7):425-430, 2011

Nakashima M and Iohara K (口腔疾患研究部)
Regeneration of dental pulp by stem cells.
Adv. Dent. Res., 23(3): 313-319, 2011.

Mizuno Y, Arai A, Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Measures for enhancing the mobility of older people with dementia in Japan:
Should it be a matter of self-help? J Am Geriatr Soc, 58(10): 2048-2049, 2010.

Blaschitz A, Gauster M, Fuchs D, Lang I, Maschke P, Ulrich D, Karpf E,Takikawa O, Schimek MG, Dohr G, Sedlmayr P. (ライジオアイソトープ管理室)
Vascular endothelial expression of indoleamine 2,3-dioxygenase 1 forms a positive gradient towards the feto-maternal interface.
PLoS One. 2011;6(7):e21774.

Senawongse P, Pongprueksa P, Harnirattisai C, Sumi Y, Otsuki M, Shimada Y, Tagami J.(先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Non-destructive assessment of cavity wall adaptation of class V composite restoration using swept-source optical coherence tomography.
Dent Mater J. 30:517-22, 2011

Natsume Y, Nakashima S, Sadr A, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Estimation of lesion progress in artificial root caries by swept source optical coherence tomography in comparison to transverse microradiography.
J Biomed Opt. 16: 071408;1-8, 2011

柘植勇人,富田真紀子,加藤由記,稲垣憲彦,岩田知之,山脇彩,宮田晶子,松田真弓,中原裕子,中島務 (予防開発部)
耳鳴治療TRTにおいてノイズに代用できる自然環境音の検討.
Audiology Japan,54:239-248,2011.

Natsume H, Tokuda H, Matsushima-Nishuwaki R, Kato K, Yamakawa K, Otsuka T, Kozawa O. (臨床検査部)
Wnt3a up-regulates transforming growth factor-β-stimulated VEGF synthesis in osteoblasts.
Cell.Biochem Funct.29:371-377;2011

総説, その他

Yanagisawa K, Fantini J, Chakrabartty, A and Eckert A. (副所長室、認知症センター長室)
Aß behavior on neuronal membranes: aggregation and toxicities.(Editorial)
International Journal of Alzheimer’s Disease. Article ID 286536 , 2011

大島伸一 (総長)
介護職員等によるたんの吸引等の実施の制度化の必要性. 月刊福祉. 94(8):12-16. 2011.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
課題は「生活機能」低下「予防」;被災者とコミュニティーの「自立」に向けて.ノーマライゼーション,31(7):10-13,2011

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFからみた「障害」の概念;「生活機能」から「(人が)生きることの全体像」をみる.みんなのねがい,夏:81-87,2011

新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
新たな核酸創薬への期待 -マイクロRNA研究の最近の動向-
科学技術動向, 7・8月号(No.124): 24-33, 2011

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
医師に知ってほしい高齢者歯科の知識 序文
Geriatric Medicine 49:497-498, 2011

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
医師に知ってほしい高齢者歯科医療の現状
Geriatric Medicine 49:499-504, 2011

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
老年病専門医に知ってほしい標準化した口腔ケアと口腔ケア器具 
Geriatric Medicine 49:537-544, 2011

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
一般外来で認知症に気が付けるか
Modern Physician 31(7):890,2011

書物等

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
首都圏の高齢者1000万人時代をどう生きるか.地球大学講義録3.11後のソーシャルデザイン,竹村真一編、日本経済新聞出版社、p322-338,2011

講演等

学会・研究会等発表

Okuno A,Zhang G,Yokoi H,Takikawa O (ラジオアイソトープ管理室)
Astrocytes but not neurons are responsible for the hippocampal increase of amyloid β peptide induced by neurotoxin quinolinic acid.
AAIC 2011, Paris, July 2011

Kozakai R, Ando F, Kim HY, Lee SC, Nishita Y, Tange C, and Shimokata H (予防開発部)
The effect of depression on the participation in the exercise habits in community-dwelling Japanese older people.
The 16th Annual Congress of the European College of Sports Science, 9th, Jul, Liverpool.

Sakashita R, Watanabe K, Hamada M, Matsushita K, Nishitani M, Nishihira T (口腔疾患研究部)
A MULTIDISCIPLINARY COMMUNITY CARE PROGRAM FOCUSING ON ORAL HEALTH. The International Council of Nurses (ICN) 2011, May 5, 2011, Malta.

Kato T, Ito K, Hatano K, Fujiwara K, Nakamura A, Washimi Y, Arahata Y,  Hattori H, Miura H, Okamura N, Yanai K (脳機能画像診断開発部, 脳機能診療部, 行動心理療法部, 在宅医療支援診療部)
Relationship between cerebral glucose metabolism and [C-11]BF-227 accumulation in the stages from cognitively normal to amnestic MCI.
Alzheimer’s Association International Conference 2011, Paris Porte de Versailles Convention and Exhibition Center , Paris, Republic of France, July 20 (16-21), 2011.

Tabira T, Matsumoto S, Tsukada H, Nakamura S, Hatano K. (脳機能画像診断開発部)
Oral vaccine using viral vectors for Alzheimer's disease: PIB/PET studies in old cynomolgus monkeys.
Alzheimer’s Association International Conference 2011, Paris Porte de Versailles Convention and Exhibition Center , Paris, Republic of France, July 18 (16-21), 2011.

Fujiwara K, Kato T, Ito K, Hatano K, Okamura N, Yanai K, NCGG Memory Clinic, J-ADNI study group (脳機能画像診断開発部)
A newly proposed method to define cerebellar reference region optimized for individual BF-227 PET: Clinical validation in a multi-center study. Alzheimer’s Association International Conference 2011, Paris Porte de Versailles Convention and Exhibition Center , Paris, Republic of France, July 20 (16-21), 2011

Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Isoform-dependent and -independent functions of apolipoprotein E and Alzheimer disease
The International Conference of Korean Society for Gerontology, July 9, 2011, Busan, Korea

Jung CG, Uhm OK, Miura Y, Hosono T, Horike H, Khanna KK, Kim MJ, Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Beta-amyloid increases the expression level of ATBF1 responsible for death in cultured cortical neurons
The International Conference of Korean Society for Gerontology, July 9, 2011, Busan, Korea

Shimada H, Ishii K, Suzukawa M, Ishiwata K, Oda K, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
The effect of exercise on regional brain glucose metabolism in elderly adults: a randomized control trial.
Alzheimer’s Association International Conference, Paris, July 19, 2011

Makizako H, Shimada H, Suzuki T, Doi T, Yoshida D, Shimokata H, Kengo Ito, Washimi Y, Endo H (在宅医療・自立支援開発部、所長室、予防開発部、脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、内科総合診療部)
Dual-task performance and neurocognitive functions in older adults with and without amnestic mild cognitive impairment.
Alzheimer’s Association International Conference, Paris, July 19, 2011

Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Shimokata H, Kengo Ito, Washimi Y, Endo H, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、予防開発部、脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
Whole Brain Atrophy and Spatiotemporal Gait Parameters during Dual-task Gait.
Alzheimer’s Association International Conference, Paris, July 19, 2011

Yoshida D, Shimada H, Makizako H, Doi T, Kengo Ito, Kato T, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
The relationship between atrophy of the medial temporal area and daily activities in community-dwelling older adults.
Alzheimer’s Association International Conference, Paris, July 19, 2011

Ohshima H, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部,所長室)
A case-control study of home care among the elderly registered at a hospital.
The 2nd Japan-korea Joint Conference on Community Health Nursing, Kobe, July 17,2011

松下健二 (口腔疾患研究部)
老年期、衰退期を想定した歯科医学・医療とQOL 第12回抗加齢歯科医学研究会 2011年 7月18日、東京

紙田正博, 五十嵐文子, 龔建生, 酒井義人, 伊藤研悠, 原田敦, 新飯田俊平, 山田哲司, 尾野雅哉 (遺伝子蛋白質解析室,先端診療部)
2DICALを用いた腰部脊柱管狭窄症のプロテオーム解析
日本プロテオーム学会2011年大会, 2011年7月29日, 新潟

近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
≪パネルディスカッション≫リハビリテーションにおけるシステム連携 座長・近藤和泉・菊池尚久(まとめ)
第5回リハビリテーション科専門医会 学術集会/横浜 (Japanese Jornal of Rehabilitation Medicine VOL.48 No.6 2011年6月)

加藤啓之、宮坂裕之、安井千恵子、植松瞳、宮田幹子、中西千佳子、和田典子、近藤和泉、園田茂 (在宅医療・自立支援開発部)
脳卒中麻痺側上肢運動覚障害に対する電気刺激の有効性:予備的検討
STROKE2011「開かれた脳卒中」/東京(震災により京都に変更),2011年3月(震災により2011年7月に変更)

大島浩子, 征矢野あや子 (在宅医療・自立支援開発部)
在宅医療を支援する病棟に入院した高齢者の特性と再入院の関連要因の検討.
第24回日本看護福祉学会学術集会, 長野, 2011年7月31日.

深田伸二藤城健川端康次北川雄一、安井章裕、安藤昌彦、黒岩厚二郎、服部英幸 (周術期診療部,手術集中治療部,外科,行動・心理療法部)
パネルディスカッション6:高齢者消化器外科手術の諸問題 高齢者術後せん妄の発症頻度とリスクファクター 
第66回日本消化器外科学会総会 2011/7/13-15、名古屋

内田育恵杉浦彩子森永麻美安藤綾子細井孝之徳田治彦、植田広海、寺西正明、中島務 (先端診療部,臨床研究推進部,臨床検査部)
中高齢糖尿病教育入院患者における聴力評価
第5回聴覚アンチエイジング研究会 2011年7月2日 慶應義塾大学病院. 東京

講演など(教育、普及、広報活動)

Takashima A (分子基盤研究部)
Βamyloid and the relations of Tau
Alzheimer’s Association International Conference on Alzheimer’s Disease 2011,Paris France,July16-21

Maruyama M (老化機構研究部)
A novel GEF, Zizimin2/Dock11 and aging in immune system
The 21st International Conference of the Korean Society for Gerontology. Busan, Korea. July 9, 2011

Jung CG (アルツハイマー病研究部)
The Role of ATBF1 (AT-motif binding factor 1) in Alzheimer’s Disease
Pukyong National University, July 12, 2011, Busan, Korea

Jung CG (アルツハイマー病研究部)
The Role of ATBF1 (AT-motif binding factor 1) in Alzheimer’s Disease
DongEui University, July 14, 2011, Busan, Korea

大島伸一 (総長)
高齢社会とこれからの医療の方向.
平成23年度名古屋市緑区医師会定例総会.特別講演.名古屋.2011年7月2日.

大島伸一 (総長)
在宅医療の展望.
第4回老年医学の明日を考える勉強会.講演.東京.2011年7月4日.

大島伸一 (総長)
高齢社会における長寿医療の役割と方向性.
第106回藤田保健衛生大学リハビリテーション部門研修会.講演.豊明.2011年7月6日.

大島伸一 (総長)
高齢社会とこれからの医療.
幸齢研究会.講演.大府.2011年7月21日.

大島伸一 (総長)
医療は変わる.
第16回日本緩和医療学会学術大会.パネルディスカッション(超高齢化・多死の時代への準備).札幌.2011年7月29日.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「よくする介護」とは.富山県介護福祉士会研修会 2011年7月2日、富山市

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活不活発病の病態を知る.岩手県生活不活発病予防研修会 2011年7月21日、奥州市

安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
血清カロテノイドが骨密度に与える影響〜酸化要因・抗酸化要因に着目した大規模縦断研究〜.
果樹試験研究推進協議会委託試験研究課題成果発表会,7月7日,東京.

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
18kDaトランスロケータ蛋白画像化による神経変性疾患の診断:新規トレーサ開発による高精度イメージングの可能性
大阪大学PET分子イメージングセンター第7回PET分子イメージングセミナー、2011年7月28日、大阪

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の診断における核医学診断の有用性と今後の展望
第20回宮城県核医学研究会、2011年7月1日、仙台

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の画像診断における最近の知見とオミックス研究に期待すること 第2回オミックス定期講演会、2011年7月7日、東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の診断における核医学診断の有用性と今後の展望
第40回ライラックカンファレンス、2011年7月8日、札幌

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
細胞老化の解析
名古屋大学大学院医学系研究科基礎医科学実習(ベーシックトレーニング)2011年7月14日、15日、名古屋

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病
東京医科歯科大学医学部臨床講義「アルツハイマー病」
2011年7月15日、東京

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄再生療法による歯髄炎治療法の未来像
第32回日本歯内療法学会学術大会(The 9th KAE-JEA Joint Meeting),シンポジウム,2011年7月31日,長崎

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症診療、今何が問題になっているのか
第130回日本神経学会東海北陸地方会ランチョンセミナー 2011年7月2日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症を正しく理解しよう
平成23年度 介護者教室講演会 2011年7月16日、愛知県知多郡阿久比町

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症について
浜松赤十字病院学術講演会 2011年7月21日、浜松市

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
うつ病の最新情報の提供
知多地域精神医療懇話会 作業部会 2011年7月23日、名古屋

徳田治彦 (臨床検査部)
骨粗鬆症診療2011
第387回新城医師会学術講演会 2011年7月20日 新城市保健センター. 新城

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター