文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 6月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年6月30日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,「安全」に社会的合意を.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
NHK総合テレビ おはよう日本 被災地で広がる“生活不活発病”とは 平成23年6月3日

予防開発部
読売新聞 ,平成23年6月12日朝刊,「高齢者の難聴 推計1500万人」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
ケアマネドットコム:ニュース,平成23年6月13日(月),認知症高齢者の家族介護者のための支援マニュアル作成.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
朝日新聞:「アルツハイマー病新薬続々」2011年6月14日

中村昭範,齊藤千晶,小長谷陽子 (脳機能画像診断開発部)
笑顔で介護を!「にこにこリハ」で心もにっこり! DVD (編集:認知症介護研究・研修大府センター)

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
日本テレビ:所さんの目がテン!「クセの科学」2011年6月11日

論文発表等

原著論文

Suzukawa M, Shimada H, Tamura M, Suzuki T, Inoue N (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
The relationship between the subjective risk rating of specific tasks and falls in frail elderly people.
J Phys Ther Sci, 23(3): 425-429, 2011

Yagi-Utsumi M, Matsuo K, Yanagisawa K, Gekko K, Kato K. (副所長室、認知症センター長室)
Spectroscopic characterization of intermolecular interaction of amyloid β promoted on GM1 micelles.
Int J Alzheimers Dis. 2011

Hasidate H, Shimada H, Shiomi T, Sasamoto N (在宅医療・自立支援開発部)
Usefulness of the subjective risk rating of specific tasks for falling in frail elderly people.
J Phys Ther Sci, 23(3): 519-524, 2011

Jung CG, Uhm KO, Miura Y, Hosono T, Horike H, Kum Kum Khanna, Kim MJ, Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Beta-amyloid increases the expression level of ATBF1 responsible for death in cultured cortical neurons.
Molecular Neurodegeneration, 1n press, 2011.

Croitoru-Lamoury J, Lamoury FM, Caristo M, Suzuki K, Walker D, Takikawa O, Taylor R, Brew BJ (治療薬探索研究部、ラジオアイソトープ管理室)
Interferon-γregulates the proliferation and differentiation of mesenchymal stem cells via activation of indoleamine 2, 3 dioxygenase (IDO). PLoS One. 2011 6:e14698.

Iohara K, Imabayashi K, Ishizaka R, Watanabe A, Nabekura J, Ito M, Matsushita K, Nakamura H, Nakashima M (口腔疾患研究部)
Complete pulp regeneration after pulpectomy by transplantation of CD105+ stem cells with SDF-1. Tissue Eng Part A, in press.

Hagiwara M, Shinomiya H, Kashihara M, Kobayashi KI, Tadokoro T, Yamamoto Y (口腔疾患研究部)
nteraction of activated Rab5 with actin-bundling proteins, L- and T-plastin and its relevance to endocytic functions in mammalian cells.
Biochem Biophys Res Commun 407:615-619, 2011.

Sugiyama M, Iohara K, Wakita H, Hattori H, Ueda M, Matsushita K, Nakashima M (口腔疾患研究部)
Dental Pulp Derived CD31-/CD146- Side Population Stem/Progenitor Cells Enhance Recovery of Focal Cerebral Ischemia in Rats.
Tissue Engineering 17:1303-1311, 2011.

Kanno Y,Ishisaki A,Nakajima K, Nishihara T, Toyoshima T, Okada K, Ueshima S, Matsushita K, Matsuo O, Matsuno H (口腔疾患研究部)
Plasminogen/plasmin modulates bone metabolism by regulating the osteoblast and osteoclast function.
J Biol Chem 286:8952-8960, 2011.

Kim HY (予防開発部):
The Effect of Arch Pad on Ankle Kinematics During Running.
J Korean Sports Med, 29: 43-48, 2011.

Otsuka R, Kato Y, Imai T, Ando F, and Shimokata H (予防開発部):
Decreased salt intake in Japanese men aged 40 to 70 years and women aged 70 to 79 years: an 8-year longitudinal study.
J Am Diet Assoc, 111: 844-850, 2011.

Kusudo T, Kontani Y, Kataoka N, Ando F, Shimokata H, and Yamashita H (予防開発部):
Fatty acid-binding protein 3 stimulates glucose uptake by facilitating AS160 phosphorylation in mouse muscle cells.
Genes Cells, 16: 681-691, 2011.

Furuta T, Teranishi M, Uchida Y, Nishio N, Kato K, Otake H, Yoshida T, Tagaya M, Suzuki H, Sugiura M, Sone M, Hiramatsu M, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, and Nakashima T (予防開発部):
Association of interleukin-1 gene polymorphisms with sudden sensorineural hearing loss and Ménière's disease.
Int J Immunogenet, 38: 249-254, 2011.

Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Nakashima T, and Shimokata H (予防開発部):
Hearing impairment risk and interaction of folate metabolism related gene polymorphisms in an aging study.
BMC Med Genet, 12: 35-43, 2011.

Bakhsha T A, Sadr A, Shimada Y, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Non-invasive quantification of resin–dentin interfacial gaps using optical coherence tomography:
Validation against confocal microscopy. Dent Mater. 27:915-925, 2011

Ishibashi K, Ozawa N, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Swept-source optical coherence tomography as a new tool to evaluate defects of resin-based composite restorations.
J Dent. 39: 543–548, 2011

Kikuo Okamura, Yoshikatsu Nojiri, Kaname Ameda, Takashige Namima, Masahito Suzuki, Katsumi Inoue, Takatoshi Ogawa, Momokazu Gotoh and Yukio Homma (手術・集中治療部)
Botulinum toxin A submucosal injection for refractory non-neurogenic overactive bladder: Early outcomes
International Journal of Urology. 18:483-487, 2011.

Suzuki Y and Yazawa I (バイオリソース研究室)
Pathological accumulation of atrophin-1 in dentatorubral-pallidoluysian atrophy.
Int J Clin Exp Pathol, 4 :378-384, 2011.

Kambe T,Motoi Y,Inoue R,Kojima N,Tada N,kimura T,Sahara N,Yamashita S Mizoroki T,Takashima A,Shimada K,Ishiguro K,Mizuma H,Onoe H,Mizuno Y,Hattori N. (分子基盤研究部)
Differential regional distribution fo phosphorylated tau and synapse loss in the nucleus accumbens in tauopathy model mice.
Neurobiol Dis. 2011 Jun;42(3):404-14

Tokuda H, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Natsume H, Otsuka T, Kozawa O. (臨床検査部)
Enhancement of basic fibroblast growth factor-stimulated VEGF synthesis by Wnt3a in osteoblasts.
Int.J.Mol.Med. 27:859-864;2011

総説, その他

Yanagisawa K (副所長室、認知症センター長室)
Pathological significance of ganglioside clusters in Alzheimer's disease.
J Neurochem. 116:806-812, 2011

Arai Y, Arai A, Mizuno Y (長寿政策科学研究部)
The National Dementia Strategy in Japan. Int J Geriatr Psychiatry, 25(9): 896-899, 2010.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨吸収・骨形成とミトコンドリア機能、日本臨床 特集/骨粗鬆症 69: 1203-1208, 2011

遠藤英俊、三浦久幸、佐竹昭介、洪英在 (内科総合診療部、在宅医療支援診療部、在宅医療・自立支援開発部)
認知症の包括的ケア,J Clin Rehab,Vol 20, No 6, 2011

近藤和泉・菊池尚久 (在宅医療・自立支援開発部)
パネルディスカッション リハビリテーションにおけるシステム連携
第5回リハビリテーション科専門医会 学術集会,横浜(Japanese Jornal of Rehabilitation Medicine VOL.48 No.6 2011年6月)

中島美砂子,庵原耕一郎 (口腔疾患研究部)
歯の健康維持・延命化をめざした歯科再生医療による新しいう蝕・歯髄炎治療法の開発
日本歯科保存学雑誌, 54(3): 157-161, 2011.

新畑豊,加藤隆司 (脳機能診療部, 脳機能画像診断開発部)
パーキンソン病の核医学診断.特集2:パーキンソン病とアルツハイマー病の画像診断.RadFan 9(5): 45-47, 2011

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
誌上ディベート アルツハイマー病の早期診断に有用なのは形態画像か,脳血流・代謝画像か? 形態画像が有用との立場から. Cognition and Dementia 10:68-70, 2011

加藤隆司,山田貴史,藤原 謙,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
FDG-PETによる認知症診断:3D-SSPとAD t-sum.特集2:認知症診断における統計画像.PETジャーナル 2011,Summer(14), 23-25, 2011

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の未病に迫るーアルツハイマー病画像診断の進歩ー
未病と抗老化, 20:34-38, 2011における統計画像.PETジャーナル 2011,Summer(14), 23-25, 2011

西田 功、角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
在宅歯科医療の実際と課題
Geriatric Medicine 49:557-560, 2011

岩渕 博史、角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
病院歯科の役割
Geriatric Medicine 49:561-564, 2011

野尻佳克 (手術・集中治療部)
特集 術後患者のチューブ管理について学ぼう 尿道カテーテル
消化器外科NURSING. 16:81-86, 2011.

森明子,小長谷陽子,齊藤千晶,中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
「いきいきリハビリ」と「にこにこリハ」,認知症ケア最前線, 30: 12-19, 2011

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
日本テレビ:所さんの目がテン!「クセの科学」2011年6月11日

書物等

Watanabe K (運動器疾患研究部)
Classical models of senile osteoporosis.
Duque G, Watanabe K.Eds. Osteoporosis Research: Animal Models. Springer-Verlag London Ltd., 2011

近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部)
小児リハビリテーションポケットマニュアル, 運動障害の概要と評価, (編集)本田真美、小沢浩、橋本圭司, 株式会社診断と治療社,38-44,東京,2011

講演等

学会・研究会等発表

Shimada H, Doi T, Makizako H, Yoshida D, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
Brain activation pattern during gait in healthy elderly: An FDG PET study.
The World Confederation for Physical Therapy, Amsterdam, June 23, 2011

Makizako H, Shimada H, Doi T, Yoshida D, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
Exercise capacity is related to entorhinal cortex atrophy in community-based older adults with mild cognitive impairment.
The World Confederation for Physical Therapy, Amsterdam, June 23, 2011

Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
The characteristics of mobility and cognitive function in early and late stage with mild cognitive impairment.
The World Confederation for Physical Therapy, Amsterdam, June 23, 2011

Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Isoform-dependent functions of apolipoprotein E and Alzheimer disease
Invited speaker, the department seminar at Mayo Clinic
June 8, 2011, Jacksonville, FL, USA

Nakashima M (口腔疾患研究部)
COMPLETE PULP REGENERATION BY TRANSPLANTATION OF DENTAL PULP STEM CELLS.
ISSCR 9th Annual Meeting, June 16, 2011, Toronto, Ontario Canada.

Yamada T, Kato T, Fujiwara K, Ito K (脳機能画像診断開発部)
Estimation of the conversion of mild cognitive impairment to Alzheimer’s disease by AD t-sum method.
58th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (SNM2011), San Antonio, Texas, USA, 6(4-8) June, 2011

Kato T, Ito K, Fujiwara K, Yamada T, Nakamura A, SEAD-J Study Group (脳機能画像診断開発部)
Prediction of conversion from amnesic MCI to Alzheimer's disease using principal component analysis of FDG PET.
58th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (SNM 2011), San Antonio, Texas, USA, June 6(4-8), 2011

Maeno N, Kato T, Fujiwara K, Hatano K, Okamura N, Yanai K, Ito K, NCGG Memory Clinic (脳機能画像診断開発部)
An examination of relationship between brain atrophy with VBM-MR images and β-amyloid deposits with BF-227 PET images .
58th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (SNM2011), San Antonio, Texas , USA, June 6(4-8), 2011.

Fujiwara K, Kato T, Ito K, Hatano K, Okamura N, Yanai K, NCGG Memory Clinic (脳機能画像診断開発部)
Spatial normalization using BF-227 template and MRI template: A comparative study.
58th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (SNM2011), San Antonio, Texas, June 6(4-8), 2011

Fujiwara K, Kato T, Ito K, Hatano K, Okamura N, Yanai K, NCGG Memory Clinic (脳機能画像診断開発部)
A newly proposed method to define cerebellar reference region optimized for individual BF-227 PET.
58th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (SNM2011), San Antonio, Texas, USA, June 6(4-8), 2011.

Maruyama W, Shamoto-Nagai M, Hisaka S, Osawa T, Naoi M (加齢健康脳科学研究部)
Age-dependent accumulation of proteins modified with oxidation products of polyunsaturated fatty acids in the brain: Possible involvement in the pathogenesis of neurodegenerative disorders.
4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine. June 15-17, 2011, Paris.

Shamoto-Nagai M, Hisaka S, Osawa T, Naoi M, Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
Modification of alpha-synuclein by lipidperoxide derived from PUFA; The relevance of cell death in PD.
4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine. June 15-17, 2011, Paris.

Naoi M, Maruyama W, Shamoto-Nagai M (加齢健康脳科学研究部)
Oxidative stress in Parkinson’s disease: Regulation of mitochondrial redox state by neuromelanin.
4th International Symposium on Nutrition, Oxygen Biology and Medicine. June 15-17, 2011, Paris.

Muramatsu M, Moriwaki S, Gong JS, Yamamoto S, Watanabe A, Tokuda H, Takikawa O, Motoyama N, Niida N (遺伝子蛋白質解析室, 共同利用推進室, 臨床検査部, ラジオアイソトープ管理室, 加齢健康脳科学研究部)
Circulating microRNA expression in the aging
Sixteenth Annual Meeting of The RNA Society RAN 2011, June 2011, Kyoto (Japan)

Takikawa O, Niida S, Soga T (ラジオアイソトープ管理室, 遺伝子蛋白質解析室)
Detection of urine, blood, and brain biomarkers for Alzheimer’s disease by capillary electrophoresis/mass spectrometry (CE/MS)-based metabolomic analysis
7th International Conference of the Metabolomics Society, June 2011, Cairns (Australia)

Miyakoshi M, Miyauchi S, Koike T, Kan S, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Comparison of two approaches to the resting state: spatial ICA and EEG alpha-bandcorrelates,
17th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, Quebec City, Canada, June 27(26-30),2011

Nakai T, Hasegawa J, Hatanaka W, Miyakoshi M, Takashima I, Tanaka A, Matsuo K (長寿医療工学研究部)
Movement Trajectory Monitoring Using Conventional Image Processing for fMRI Studies.
17th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, Quebec City, Canada, June 28(26-30),2011

Shih Y, Miyakoshi M, Hsu Y, Matsuo K, Chen A, Nakai T, Tseng WI (長寿医療工学研究部)
The Voxel-Based Comparison of Fractional Anisotropy between Elderly and Young Using LDDMM.
17th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, Quebec City,Canada, June 27(26-30), 2011

Chen SHA, Lua RP, Miyakoshi M, Wu CY, Matsuo K, E K, Ho MHR, Suzuki A, Tseng WYI, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Age-related changes in whole-brain functional connectivity resting-state networks.
17th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, Quebec City, Canada, June 28(26-30),2011

Nakane T, Miyakoshi M, Nakai T, Naganawa S (長寿医療工学研究部)
One’s own name is connected to consciousness
The 15th Annual Meeting of The Association for the Scientific Study of Consciousness,
Kyoto, Japan, June 11(9-12), 2011

Muramatsu M, Moriwaki S, Going JS, Ymamoto S, Watanabe A, Tokuda H, Takikawa O, Motoyama N, Niida S. (遺伝子蛋白質解析室, 共同利用推進室, 臨床検査部, ラジオアイソトープ管理室, 加齢健康脳科学研究部)
Circulating microRNA expression in the aging.
Sixteenth Annual Meeting of The RNA Society RNA 2011, 17 June 2011, Kyoto (Japan)

角 保徳,小澤総喜,小島規永,鷲見幸彦,鳥羽研二 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部、在宅医療・地域連携診療部、もの忘れセンター、病院長室)
軽度認知症患者の口腔状況との口腔管理方法の構築への試み 
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15 東京都

角 保徳,小澤総喜,小島規永,三浦久幸,鳥羽研二 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部、在宅医療・地域連携診療部、もの忘れセンター、病院長室)
国立長寿医療研究センター在宅医療支援病棟における歯科診療の必要性と地域連携に関する検討
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

竹村真里枝,松井康素,原田敦,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部、予防開発部、副院長室)
地域在住中高者年の骨粗鬆症有病率と実際の治療率の検討.
第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京.

松井康素,竹村真里枝,原田敦,安藤富士子,小坂井留美,下方浩史 (先端診療部、予防開発部、副院長室)
握力による骨量減少および骨粗鬆症の発症の予測―地域在住中高年者を対象とした疫学縦断研究.
第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京.

島田裕之, 伊藤健吾, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 吉田大輔, 下方浩史, 鷲見幸彦, 遠藤英俊, 鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
高齢者における嗅内野皮質周囲の萎縮と認知機能との関係.
第53回日本老年医学会学術集会, 2011年6月16日, 東京

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 吉田大輔, 伊藤健吾, 下方浩史, 鷲見幸彦, 遠藤英俊, 鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
軽度認知障害を有する高齢者のQOLと関連する要因.
第53回日本老年医学会学術集会, 2011年6月17日, 東京

土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 吉田大輔, 下方浩史, 伊藤健吾, 鷲見幸彦, 遠藤英俊, 鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、予防開発部、脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
文字流暢性課題とカテゴリー流暢性課題の課題特性.
第53回日本老年医学会学術集会, 2011年6月16日, 東京

吉田大輔, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 伊藤健吾, 下方浩史, 鷲見幸彦, 遠藤英俊, 鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
認知障害と関連する日常生活活動の検討.
第53回日本老年医学会学術集会, 2011年6月17日, 東京

金 憲経, 吉田英世, 吉田祐子, 齋藤京子, 小島成美, 平野浩彦, 島田裕之, 鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
地域在住高齢者における膝痛の実態及び生活機能との関連性について.
第53回日本老年医学会学術集会, 2011年6月17日, 東京

大島浩子,中村孔美,三浦久幸,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、看護部、 在宅医療支援診療部、所長室)
在宅医療を支援する病棟に入院した高齢者の特性と再入院の関連要因の検討.
日本老年看護学会第16回学術集会,東京,2011年6月16日.

大島浩子,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、所長室)
在宅医療を支援する病棟に登録した在宅高齢者における在宅療養継続の関連要因の検討.
第53回日本老年医学会学術集会.東京,2011年6月16日.

大島浩子,中村孔美,松本明美,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、看護部、所長室)
登録制による在宅医療を支援する病棟における癌患者と非癌患者の特性の検討.
第22回日本在宅医療学会学術集会,名古屋,2011年6月26日.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病分子病態ならびに認知機能障害に対する不飽和脂肪酸経口摂取の影響
日本基礎老化学会第34回大会 シンポジウム「脳機能と健康食品、漢方」
2011年6月17日、東京

橋立博幸, 島田裕之, 潮見泰藏, 笹本憲男 (在宅医療・自立支援開発部)
特定高齢者における3ヶ月間の筋力トレーニングと機能的トレーニングが生活機能に及ぼす影響.
第53回日本老年医学会学術集会, 2011年6月16日, 東京

三浦久幸,大島浩子,中村孔美,洪英在,遠藤英俊 (在宅医療支援診療部、在宅医療・自立支援開発部、看護部、内科総合診療部)
「在宅医療支援病棟」入院患者の予後調査.
第53回日本老年医学会学術集会.東京,2011年6月16日.

大塚理加,平井寛,近藤克則,尾島俊之,西晃弘,近藤尚己,大島浩子 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢期における配偶者との死別体験が健康に及ぼす影響とソーシャルサポートの効果;愛知老年学的評価研究(AGES)プロジェクトデータによる検討
老年社会科学会第54回大会.東京,2011年6月17日.

佐竹昭介、千田一嘉、洪英在、三浦久幸、遠藤英俊、近藤和泉 (在宅医療・自立支援開発部、内科総合診療部、在宅医療支援診療部)
虚弱症候群を有する高齢者の特徴、
第53回日本老年医学会学術集会、東京、2011年6月15-17日

佐竹昭介、野竹恵美子、後藤友美、洪英在、三浦久幸、遠藤英俊、小出由美子、細井孝之 (在宅医療・自立支援開発部、看護部、内科総合診療部、在宅医療支援診療部、薬剤部、先端医療部)
高齢者総合診療科病棟における短時間合同カンファレンスの試み、
第53回日本老年医学会学術集会、東京、2011年6月15-17日

下方浩史 (予防開発部)
日常生活機能と骨格筋量,筋力との関連.若手企画シンポジウム2「サルコペニア-研究の現状と未来への展望」.
第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京.

土井剛彦,島田裕之,牧迫飛雄馬,吉田大輔,下方浩史,伊藤健吾,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、予防開発部、脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
文字流暢性課題とカテゴリー流暢性課題の課題特性.
第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京.

島田裕之,伊藤健吾,牧迫飛雄馬,土井剛彦,吉田大輔,下方浩史,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
高齢者における嗅内野皮質周囲の萎縮と認知機能との関係.
第53回日本老年医学会学術集会,6月16日,東京.

西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,坪井さとみ,福川康之,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者の抑うつが知能の変化に及ぼす影響-4年間の縦断的検討-.
日本老年社会科学会第53回大会,6月16日,東京.

下方浩史,安藤富士子 (予防開発部)
認知症疫学調査報告の読み方.企画講演V-3 今更人には聞けない認知症.
第26回日本老年精神医学会,6月17日,東京.

洪英在岡村菊夫,高橋龍太郎,下方浩史,児玉寛子,遠藤英俊,井藤英喜 (内科総合診療部、手術・集中治療部、予防開発部)
高齢者医療における優先度調査-Web調査における一般、医師、看護師の相違.
第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京.

内田育恵,杉浦彩子,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部、予防開発部)
全国高齢難聴者数推計と10年間の年齢別難聴発症率-「老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」より.
第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京.

杉浦彩子,内田育恵,西田裕紀子,丹下智香子,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部、予防開発部)
高齢者の認知機能と耳垢、聴力との関連.
第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京.

牧迫飛雄馬,島田裕之,土井剛彦,吉田大輔,伊藤健吾,下方浩史,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
軽度認知機能障害を有する高齢者のQOLと関連する要因.
第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京.

吉田大輔,島田裕之,牧迫飛雄馬,土井剛彦,伊藤健吾,下方浩史,鷲見幸彦,遠藤英俊,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部、脳機能画像診断開発部、予防開発部、脳機能診療部、内科総合診療部、所長室)
認知障害と関連する日常生活活動の検討.
第53回日本老年医学会学術集会,6月17日,東京.

瀧本晃陽,川島伸之,小泉悠,山本弥生子,須田英明,中島美砂子 (口腔疾患研究部)
LPS刺激下におけるマクロファージの炎症性メディエーター産生に対するMMP-3の影響
第32回日本炎症・再生医学会,2011年6月3日,京都

江場久哲中島美砂子庵原耕一郎,立花克郎,中田和彦,堀場直樹,中村洋 (口腔疾患研究部)
超音波とナノバブルを用いた薬剤導入による根管内無菌化
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会,2011年6月9日,東京

石坂亮庵原耕一郎古賀豪,福田理,中村洋,中島美砂子 (口腔疾患研究部)
ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP 細胞の歯髄再生能の比較
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会,2011年6月9日,東京

山本翼,堀部宏茂,庵原耕一郎,中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄特異的分子マーカーとしてのTRH-DE有用性の検討
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会,2011年6月9日,東京

今林貴代美庵原耕一郎渡邉淳石坂亮,中村洋,中島美砂子 (口腔疾患研究部,共同利用推進室)
歯髄組織再生におけるvimentinの作用
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会,2011年6月9日,東京

尾関伸明,折本愛,川合里絵,田中毅,庵原耕一郎中島美砂子,中田和彦,中村洋 (口腔疾患研究部)
万能性幹細胞と歯髄細胞における炎症性サイトカイン誘導MMP-3の役割
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会,2011年6月9日,東京

辺見浩一,川島伸之,鈴木孝尚,山下直也,立花克郎,中島美砂子,須田英明 (口腔疾患研究部)
低濃度次亜塩素酸溶液にナノバブルを併用した新しい根管洗浄法の開発
第134回日本歯科保存学会2011年度春季学術大会,2011年6月10日,東京

熊本圭吾,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
一般生活者における認知症罹患に対する不安とその関連要因.
第26回日本老年精神医学会,2011年6月16日,東京都.

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
地方自治体における運転免許証の自主返納支援事業に係る実施状況及び今後の方向性.
第53回日本老年社会科学会大会,2011年6月15日,東京都(第27回日本老年学会総会合同ポスターに選出).

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者に対する地方自治体の移動・外出支援に係る検討:支援マニュアルに対する意見及び要望(自由記述回答)に着目して.
第26回日本老年精神医学会,2011年6月16日,東京都.

丸山和佳子山岡朗子日坂真輔、大澤俊彦、赤津裕康直井信 (加齢健康脳科学研究部、脳機能診療部、老化機構研究部)
老化に伴う脳神経の膜脂質過酸化は構造異常タンパク質の生成を介して神経変性に関与する。
第52回日本神経学会学術大会 平成23年5月20日 名古屋

早川智久、岩井美佳、丸山和佳子、本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
NAD依存性脱アセチル化酵素SIRT1によるSenescence-associated secretory phenotype (SASP)の制御
第34回日本基礎老化学会大会、2011年6月16日、東京

徳田治彦, 原田敦, 細井孝之, 新飯田俊平 (臨床検査部, 先端診療部, 臨床研究推進部, 遺伝子蛋白質解析室)
骨芽細胞における塩基性線維芽細胞増殖因子(FGF-2)による血管内皮細胞増殖因子(VEGF)産生制御機構 −Rho-kinaseの役割
第53回日本老年医学会, 6月16日, 東京

直江吉則、大野欽司、古関晴彦 (老化機構研究部)
ヘルパーT細胞分化過程における特異的な選択的スプライシングの検出 第21回 Kyoto T Cell Conference, 京都, 2011年6月11日

飯島順子坂部勇、中山洋佑、宮崎忠昭、丸山光生 (老化機構研究部)
新規GEF、Zizimin2/DOCK11の機能と免疫老化における役割の解析
第34回日本基礎老化学会年会, 東京, 2011年6月17日

坂部勇、嶋田貴志、飯島順子、本田三男、直江吉則、丸山光生 (老化機構研究部)
老化関連因子 Zizimin2/Dock11 の獲得免疫系における機能解析 
第34回日本基礎老化学会年会, 東京, 2011年6月17日

赤津裕康、遠山友紀子、丸山光生、山本孝之 (老化機構研究部)
経管栄養管理高齢者へのDHA・EPA配合流動食介入による炎症指標および脂質・鉄代謝への影響。 
第53回日本老年医学会学術集会, 東京, 2011年6月17日

角 保徳,小澤総喜,小島規永 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
義歯の非破壊検査への歯科用OCT画像診断機器の応用 
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

小島規永小澤総喜,田中貴信,角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層診断装置(Optical coherence tomography:OCT)を用いた人工歯の非破壊検査
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

小澤総喜, 角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
歯科用OCTによる口腔乾燥症の評価法の開発
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

小澤総喜, 角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢口腔癌患者の歯科用OCT診査法の開発
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

小澤総喜, 角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
回転型歯科用OCTファイバープローブによる根管内評価法の開発
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

三浦 宏子,原 修一,角 保徳,守屋 信吾,小坂 健,山崎 きよ子 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者におけるオーラルディアドコキネシスと健康関連QOLとの関連性
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

道脇 幸博,角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
3次元CGによる嚥下運動の可視化 日本老年歯科医学会
第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

道脇 幸博,角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
食品による窒息によって三次救急病院に救急搬送された症例の発症要因と臨床経過‐医療費に関する検討‐
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

春日 祐太,星野 義人,井上 実,秋葉 徳寿,下山 和弘,小澤 総喜角 保徳,水口 俊介,中嶌 裕 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断法を用いた義歯床用レジンと軟質裏装材との接着界面における評価
日本老年歯科医学会 第22回学術大会 2011.6.15-17 東京都

千田一嘉、大菅陽子、佐竹昭介、中島一光、岡村菊夫、遠藤英俊、鳥羽研二 (呼吸機能診療科、高齢者総合診療科、緩和ケア診療部、内科総合診療部、病院長、手術・集中治療部)
UCLAとわが国の老年医学指導者養成研修の比較
第53回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

島田千穂、伊東美緒、児玉寛子、岡村菊夫、高橋龍太郎 (手術・集中治療部)
「高齢者医療における優先度調査」結果報告その3―終末期医療について話し合いの経験に関する要因―
第53回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

伊東美緒、児玉寛子、島田千穂、岡村菊夫、高橋龍太郎 (手術・集中治療部)
「高齢者医療における優先度調査」結果報告その1―高齢者専門病院に勤務する看護師が優先する医療サービス―
第53回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

児玉寛子、伊東美緒、島田千穂、岡村菊夫、高橋龍太郎 (手術・集中治療部)
「高齢者医療における優先度調査」結果報告その2―患者の医療サービス優先度における関連要因の検討―
第53回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

洪 英在岡村菊夫、高橋龍太郎、児玉寛子、遠藤英俊、井藤英喜 (高齢者総合診療科、手術・集中治療部、内科総合診療部)
高齢者医療における優先度調査―外来通院高齢者が優先する医療サービス
第53回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

洪 英在岡村菊夫、高橋龍太郎、下方浩史、児玉寛子、遠藤英俊、井藤英喜 (高齢者総合診療科、手術・集中治療部、予防開発部、内科総合診療部)
高齢者医療における優先度調査―Web調査における一般、医師、看護師の相違
第53回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

金 成花,矢澤 生,武田 章敬,坂田 慶太 (バイオリソース研究室,脳機能診療部,臨床検査部)
顕著な脳萎縮を示した全経過23年のLewy小体型認知症の一例.
第52回日本神経病理学会総会,2011年6月3日,京都

福井由宇子 (老化制御研究部)
早期老化症様表現型を示すポリコームグループ遺伝子Cbx2ノックアウトマウス
第34回日本基礎老化学会年会, 東京, 2011年6月17日

千田一嘉、西川満則、中島一光、徳田治彦、佐竹昭介、遠藤英俊 (内科総合診療部,緩和ケア診療部,臨床検査部,自立支援開発研究部)
高齢持続陽圧呼吸療法(CPAP)患者のVulnerable Elders Survey(VES-13)による予後予測
第53回日本老年医学会学術集会 2011年6月 京王プラザホテル.

徳田治彦、原田敦、細井孝之、新飯田俊平 (臨床検査部,先端医療部,臨床研究推進部,遺伝子蛋白質解析室)
骨芽細胞における塩基性線維芽細胞増殖因子(FGF-2)による血管内皮細胞増殖因子(VEGF)産生制御機構―Rho-kinaseの役割
第53回日本老年医学会学術集会 2011年6月 京王プラザホテル.

伊賀瀬道也、小原克彦、永井勅久、細井孝之徳田治彦、三木哲郎 (臨床研究推進部,臨床検査部)
老年医学研修の実態に関する調査
第53回日本老年医学会学術集会 2011年6月 京王プラザホテル.

講演など(教育、普及、広報活動)

Takashima A (分子基盤研究部):
Physiological role of tau in synaptic plasticity: synaptic function affect on NFT formation, Institute for Basic Research in Developmental Disabilities, New York, June 16, 2011

Takikawa O, Niida S, Soga T (治療薬探索研究部、遺伝子蛋白質解析室)
Detection of urine,blood,and brain biomarkers for Alzheimer’s disease by capillary electrophoresis/mass spectrometry
(CE-MS)-based metabolomic analysis Seventh International Conference of the Metabolomics Society Australia,June,2011

大島伸一 (総長)
“治す医療”から“治し支える地域完結型の医療へ”.第51回栃木県総合医学会.基調講演.宇都宮.2011年6月19日.

柳澤勝彦 (認知症センター長室)
アルツハイマー病と神経細胞膜脂質.
第22回神経内科認知症研究会. 2011年6月29日. 名古屋

工藤美奈子、関口春美、中村茂美、大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時における高齢者の生活機能(4):高齢障害者の災害時についての不安調査から.
第52回日本老年医学会学術集会 東京 2011年6月17日

竹下 淳 (運動器疾患研究部)
骨代謝の基礎と最近のトピックス、名古屋市立大学 創薬生命科学特別講義II、6月2日、名古屋

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病
名古屋市立大学大学院薬学研究科特別講義
2011年6月1日、名古屋

大島浩子 (在宅医療・自立支援開発部)
病院・在宅における脳卒中高齢患者の看護.
愛知県立大学看護学部老年看護学科目内特別講義(老年看護方法論),名古屋市.2011年6月7日.

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
パネルディスカッション 介護予防:現状・課題と新たな方向性 「認知機能低下予防」
第27回日本老年学会総会, 2011年6月15日, 東京

滝川修、奥野海良人、張桂琴、横井寛、吉見立也 (治療薬探索研究部、ラジオアイソトープ管理室)
反応性アストロサイトによるAβ産生:アルツハイマー病のアミロイド代謝異常に関する新知見
日本基礎老化学会第34回大会 2011年6月17日 東京

奥野海良人、張桂琴、横井寛、吉見立也、滝川修 (治療薬探索研究部、ラジオアイソトープ管理室)
キノリン酸によるアミロイドβペプチドの増加機構:神経細胞ではなく反応性アストロサイトに因る
日本基礎老化学会第34回大会 2011年6月16日 東京

張桂琴、奥野海良人、横井寛、吉見立也、滝川修 (治療薬探索研究部、ラジオアイソトープ管理室)
反応性アストロサイトによるアミロイドβペプチド産生
日本基礎老化学会第34回大会 2011年6月16日 東京

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
歯髄幹細胞を用いた歯髄再生
岐阜大学再生医科学セミナー,2011年6月29日,岐阜

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
介護負担および介護者支援マニュアル作成:認知症と自動車運転.(特別講演).
第19回山陰認知症ケア研究会,2011年6月4日,鳥取県米子市.

本山 昇 (加齢健康脳科学研究部)
SIRT1-mediated inflammatory response during cellular senescence.
名古屋大学グローバルCOEプログラム、第23回プログレスレポート会議、2011年6月24日、名古屋

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管炎症と血管内皮のエキソサイトーシス 広島大学歯学部免疫学特別講義 2011/6/16, 広島

松下健二 (口腔疾患研究部)
口腔の健康と認知機能の関連性 鹿児島大学歯学部中部支部同窓会講演会 2011/6/19,岐阜

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管炎症と血管内皮のエキソサイトーシス 北海道大学歯学部大学院セミナー 2011/6/29、札幌

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「高齢者への口腔ケアの必要性とその方法」
第53回日本老年医学会学術集会 老年病専門医研修会 2011.06.17東京都

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「日本の歯科医療の充実への方策を考える 高齢者歯科医療の確立を」
日本老年歯科医学会 第22回学術大会・ランチョンセミナー 2011.06.16 東京都

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症診療の勘所
第3回日進市認知症研究会 2011年6月22日、名古屋

鷲見幸彦 (脳機能診療部)
認知症の理解を深めるー最新の情報と対応方法―
リバスチグミン学術講演会 2011年6月24日、名古屋

岡村菊夫 (手術・集中治療部)
排尿障害(尿失禁)
第53回日本老年医学会学術集会 教育講演 東京 2011年6月16日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター