文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 3月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年3月30日(水)朝刊,「長寿の国を診る」,甘い原発安全性の想定.

大島伸一 (総長)
NUAL Newsletter,15(平成23(2011)年3月)号:8-9,同窓会ニュース,活躍する会員たち.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
警視庁交通部,運転免許を返納された方へ(パンフレット),
平成23年3月,「車を運転することはどのような意味があったのでしょうか?」.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
朝日新聞朝刊、平成23年3月13日 避難生活 疲労に気配りを

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
NHK総合テレビ 視点論点 平成23年3月23日 高齢や障害のある被災者への接し方;生活不活発病を防ごう

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
産経新聞 平成23年3月25日 東日本大震災:被災地で身体機能低下や認知症悪化も

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
NHK総合テレビ おはよう日本 平成23年3月31日 高齢者の“生活不活発病”に注意

坂田 貴紀 (放射線診療部)
長尺撮影機能と被ばく低減コリメータを搭載したRADspeed safireの使用経験
MEDICAL NOW No69: 15-18, 2011

論文発表等

原著論文

Wang F, Yamauchi M, Muramatsu M, Osawa T, Tsuchida R, Shibuya M (遺伝子蛋白質解析室)
ACK1 regulates VEGF/Flt1-mediated cell migration via activation of a PI3-K/Akt pathway.
J. Biol. Chem., 286: 9097-9106, 2011.

Sugiura M, Nakamura M, Ogawa K, Ikoma Y, Ando F, Shimokata H, and Yano M (予防開発部)
Dietary patterns of antioxidant vitamin and carotenoid intake associated with bone mineral density: findings from post-menopausal Japanese female subjects.
Osteoporos Int, 22: 143-152, 2011.

Croitoru-Lamoury J, Lamoury FM, Caristo M, Suzuki K, Walker D, Takikawa O, Taylor R, Brew BJ. (ラジオアイソトープ管理室)
Interferon-γ regulates the proliferation and differentiation of mesenchymal stem cells via activation of indoleamine 2,3 dioxygenase (IDO).
PLoS One. 2011 6:e14698

Takamura A, Okamoto Y, Kawarabayashi T, Yokoseki T, Shibata M, Mouri A, Nabeshima T, Sun H, Abe K, Shoji M, Yanagisawa K, Michikawa M, Matsubara E. (アルツハイマー病研究部)
Extracellular and intraneuronal HMW-Ab oligomers represent a molecular basis of memory loss in Alzheimer's disease model mouse.
Mol. Neurodegener. 2011; 6: 20.

Okochi K, Kretapirom K, Sumi Y, Kurabayashi T. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Longitudinal MRI follow-up of rheumatoid arthritis in the temporomandibular joint:
importance of synovial proliferation as the early-stage sign. Oral Radiol in press

Kato K, Tokuda H, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Yamauchi J, Natsume H, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Kozawa O. (臨床検査部)
Role of heat shock protein 27 in transforming growth factor-β-stimulated vascular endothelial growth factor release in osteoblasts.
Int.J.Mol.Med.27:423-428; 2011

Kato K, Otsuka T, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Natsume H, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
(-)-Epigallocatechin gallate inhibits thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts.
Mol.Med.Rep.4:297-300;2011

島田裕之、吉田大輔 (在宅医療・自立支援開発部)
虚弱とサルコペニア(概念の相違).
Geriat. Med, 49 (3): 291-295, 2011.

村野剛志,南本亮吾,千田道雄,宇野公一,陣之内正史,福田寛,飯沼武,塚本江利子,寺内隆司,吉田毅,奥真也,西澤貞彦,伊藤健吾,小口和浩,川本雅美,中島留美,岩田宏,井上登美夫 (脳機能画像診断開発部)
FDG-PETがん検診における放射線被曝の実態とリスク・ベネフィット解析
核医学48:1-13, 2011

森山雅子,杉本英晴,谷伊織,五十嵐素子 (予防開発部)
女子学生の学業成績に抑うつと睡眠-覚醒パターンが与える影響.
精神医学,53:257-262,2011.

杉浦彩子内田 育恵下方 浩史安藤富士子,中島 務 (予防開発部)
地域在住中高年者における難聴と酸化ストレス関連遺伝子に関する縦断的疫学検討.
日耳会誌,21:13-22,2011.

柴田由己,安部幸志,新井明日奈,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
一般生活者を対象とした認知症家族の介護に対する感情尺度の作成.日本老年医学会雑誌,47(4):315-322,2010.

杉浦圭、矢田久美子、福田洋治、毛利公美、中井敏晴田中あゆ子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
予防医療のための生体機能測定用Web アプリケーションの動作精度保証機構
情報処理学会全国大会講演論文集、73(4):4.721-4.722、2011

総説, その他

Watanabe K, Ikeda K (運動器疾患研究部)
Osteocytes in normal physiology and osteoporosis.
Clinic Rev Bone Miner Metab 8: 224-232, 2010

Yamauchi J, Ubara Y, Ikeda K, Takaichi K (運動器疾患研究部)
Retroperitoneal liposarcoma with lamellar bone inside. Lancet 377: 941, 2011

Ebihara S, Kohzuki M, Sumi Y, Ebihara T. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Sensory Stimulation to Improve Swallowing Reflex and Prevent Aspiration Pneumonia in Elderly Dysphagic People.
J.Pharmacol Sci. 115:99-104. 2011

柳澤勝彦、山口芳樹、矢木真穂、加藤晃一 (副所長室)
920MHz超高磁場NMR装置を用いた神経変性疾患関連タンパク質の構造解析
フォーカス26<第22回>:成果事例クローズアップ. Nanotech Japan Bulletin 4(2)( WEB マガジン). 2011

新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
骨の形態的魅力 (せるてく・あらかると)
細胞工学 vol.30(3): 248-249, 2011.

下方浩史,安藤富士子 (予防開発部)
虚弱の危険因子,高齢者の虚弱-評価と対策-.
Geriat Med,49:303-306,2011.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
副甲状腺ホルモン関連ペプチド(PTHrP)、臨床検査ガイド2011-2012、p399-404 文光堂, 2011

内村健治 (アルツハイマー病研究部)
細胞外スルファターゼSulfによるヘパラン硫酸糖鎖機能の調節
総説 生化学 83巻 216-223, 2011

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの活用:「生きることの全体像」についての「共通言語」として.
厚生の指標,58(1):27-31,2011

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
第33回総合リハビリテーション研究大会の基本的な考え方;総合リハビリテーションの新生をめざして.
リハビリテーション研究,146:2-4,2011

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションの視点から災害を考える.
リハビリテーション研究,146:19-21,2011

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
教育と当事者参加.
リハビリテーション研究,146:38-42,2011

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Tanigawa N, Takeda Y, Sunghwa F, Ninomiya M, Hagiwara M, Koketsu M, Matsushita K (口腔疾患研究部)
Morroniside derivative regulates E-selectin expression in human endothelial cells.
The 4th International Symposium for Interface Oral Health Science, Mar 7, 2011, Sendai, Miyagi, Japan.

Takikawa O, Kagawa S, Okuno A, Zang Q, Yokoi H (ラジオアイソトープ管理室)
Endogenous neurotoxin quinolinic acid may play a primary role in the pathogenesis of AD by killing neurons and increasing amyloid β peptides in the hippocampus
AD/PD2011 March 2011, Barcelona (Spain).

Sumi Y, Tagami J, Ozawa N. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Application of optical coherence tomography to nondestructive inspection of dentures:
General Session of IADR, San Diego, USA, March 14-19, 2011.

Kojima N, Ozawa N, Tanaka Y, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Nondestructive assessment of artificial teeth using Optical Coherence Tomography:
General Session of IADR, San Diego, USA, March 14-19, 2011.

Ozawa N, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Non-invasive Optical Biopsy of Oral Cancer for Tongue using SS-OCT:
General Session of IADR, San Diego, USA, March 14-19, 2011.

Natsume Y, Nakashima S, Shimada Y, Sadr A, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
SS-OCT estimation of lesion depth in artificial root carious lesions.
General Session of IADR, San Diego, USA, March 14-19, 2011.

大島浩子,中村孔美,松本明美 (在宅医療・自立支援開発部)
在宅医療を支援する病棟に入院した高齢者における看護の評価の検討
-Hospitalized Patient Satisfaction Questionnaire-13を用いた評価の試み-
第1回日本看護評価学会在宅医学会学術集会.東京,2011年3月5日.

大島浩子,中村孔美,松本明美,尾崎充世,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部)
在宅医療を支援する病棟における初回入院患者特性の検討:在宅復帰と継続の比較.
第13回日本在宅医学会学術集会,大阪,2011年3月13日.

中村孔美,杉本薫,尾崎充世,大島浩子 (在宅医療・自立支援開発部)
在宅医療支援病棟における取り組み:入院前訪問の必要性.
第13回日本在宅医学会学術集会,大阪,2011年3月13日.

松本明美,中村孔美,大下美智恵,村上知子,尾崎充世,大島浩子,鈴木隆雄 (在宅医療・自立支援開発部)
在宅医療支援病棟における入院患者満足度調査.
第13回日本在宅医学会学術集会,大阪,2011年3月13日.

杉浦圭、矢田久美子、福田洋治、毛利公美、中井敏晴田中あゆ子、白石善明 (長寿医療工学研究部)
予防医療のための生体機能測定用Web アプリケーションの動作精度保証機構
情報処理学会第73 回全国大会、東京、2011年3月2日

西井匠久保田怜根本哲也,松井康素,伊藤安海松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
高齢者の転倒リスク低減を目的とした握力測定装置の開発
日本体力医学会東海地方会、愛知 中京大学、2011年3月12日

丹下智香子,西田裕紀子,森山雅子,富田真紀子,坪井さとみ (予防開発部)
成人後期における認知機能と主観的幸福感-認知機能とLSI-K・CES-Dの関連の縦断的検討-.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,坪井さとみ (予防開発部)
中高年有職女性の仕事コミットメントと生活満足度の関連.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,坪井さとみ (予防開発部)
地域在住中高年者の知能:10年間の経時変化.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

谷伊織,五十嵐素子,森山雅子,杉本英晴 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断研究(11)-性格特性の5因子と時間的展望の関連-.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

森山雅子,杉本英晴,谷伊織,五十嵐素子 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断研究(12)-短期大学2年間の自尊感情の変化-.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

杉本英晴,谷伊織,五十嵐素子,森山雅子 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断研究(13)-仮想的有能感と時間的展望との関連-.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

五十嵐素子,森山雅子,杉本英晴,谷伊織 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断研究(14)-学業成績の変化の検討-.
日本発達心理学会第22回大会,3月27日,小金井.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病の分子病態/認知機能に対するアラキドン酸摂取の影響
認知症サプリメント研究会 2011年3月19日、東京

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
医療は変わる.
厚生労働省在宅医療普及啓発推進事業 
在宅医療に関する市民フォーラム.基調講演.大阪.2011年3月7日.

大島伸一,北川靖,平井啓,三輪恭子,須原忍,山口育子 (総長)
自宅で医療を受けるということ~在宅医療の可能性と課題~.
厚生労働省在宅医療普及啓発推進事業 
在宅医療に関する市民フォーラム.パネルディスカッション.大阪.2011年3月7日.

大島伸一 (総長)
治す医療から、治し支える医療へ.
日進市三師会.基調講演.名古屋.2011年3月12日.

松下健二 (口腔疾患研究部)
老年期•衰退期を想定した歯科医学•医療とQOL未来口腔医療研究センター講演会
2011年3月12日、名古屋

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨粗鬆症の病因と治療をめぐる最近のトピックス、
第9回名城倶楽部特別講演、3月5日、名古屋市

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症患者の自動車運転:家族の介護負担と社会支援.
第11回介護保険に関する懇話会,2011年3月5日,愛知県豊田市.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「連携のツールとしてのICFの活用」.
総合リハビリテーション研究大会関連セミナー 2011年3月11日、東京

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
命を守る口腔ケア―口腔ケアの重要性とその方法― 
鶴見大学歯学部附属病院 ・病診連携セミナー 摂食・嚥下研修会  2011.3.3 横浜市

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター