文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 2月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年2月27日(日)朝刊,「長寿の国を診る」,どんな医療を目指すか.

大島伸一 (総長)
NHK大阪,平成23年2月18日,「かんさい熱視線」,“胃ろう”急増 介護現場で何が.

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
NHK教育:TVシンポジウム「薬と心理療法〜認知症になっても自分らしく生きる〜」
2011年2月19日

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK名古屋放送局 総合テレビ ほっとイブニング,平成23年2月7日(月)
「認知症のドライバー」事故防止策の現状と課題.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK岐阜放送局 総合テレビ ほっとイブニングぎふ,平成23年2月7日(月)
「認知症のドライバー」事故防止策の現状と課題.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK津放送局 総合テレビ ほっとイブニングみえ,平成23年2月7日(月)
「認知症のドライバー」事故防止策の現状と課題.

下方浩史 (予防開発部)
読売新聞, 平成23年2月7日夕刊, 「40代女性スリムに」

下方浩史 (予防開発部)
日本テレビ ミヤネ屋, 平成23年2月7日, 「スリムなアラフォー女性、20年前より増加」

下方浩史 (予防開発部)
読売新聞, 平成23年2月8日朝刊, 「30〜40代女性スリムに 厚生労働省調べBMI「やせ」増」

下方浩史 (予防開発部)
フジテレビ とくダネ!, 平成23年2月8日, 「40代女性スリムに」

下方浩史 (予防開発部)
読売テレビ かんさい情報ネットten!, 平成23年2月15日, 「なぜ、30代40代の痩せ型が増えているのか」

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者のQOL向上を目指す口腔ケアと誤嚥性肺炎の予防 p86-90
口腔の病気と全身の健康 田中健蔵、北村憲司、本田武司編 大道学館出版部

論文発表等

原著論文

Yano M, Watanabe K , Yamamoto T, Ikeda K, Senokuchi T, Lu M, Kadomatsu T, Tsukano H, Ikawa M, Okabe M, Yamaoka S, Okazaki T, Umehara H, Gotoh T, Song WJ, Node K, Taguchi R, Yamagata K, & Oike Y (運動器疾患研究部)
Mitochondrial Dysfunction and Increased Reactive Oxygen Species
Impair Insulin Secretion in Sphingomyelin Synthase 1 Null Mice.
J. Biol. Chem. 286, 3992-4002, 2011.

Nishitsuji K, Hosono T, Uchimura K, and Michikawa M. (アルツハイマー病研究部)
Lipoprotein lipase is a novel Ab-binding protein that promotes glycosaminoglycan-
dependent cellular uptake of Ab in astrocytes.
J. Biol. Chem., 286: 6393-6401, 2011.

Akatsu H, Ogawa N, Kanesaka T, Hori A, Yamamoto T, Matsukawa N, Michikawa M. (アルツハイマー病研究部)
Higher activity of peripheral blood angiotensin-converting enzyme is associated with later-onset of Alzheimer's disease.
J. Neurol. Sci., 300: 67-73, 2011.

Sadr A, Shimada Y, Mayoral JR, Hariri I, Bakhsh TA, Sumi Y, Tagami J. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Swept Source Optical Coherence Tomography for Quantitative and Qualitative Assessment of Dental Composite Restorations.
SPIE Proc. 7884:11, 2011.

Makishi P, Shimada Y, Sadr A, Tagami J, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Non-destructive 3D imaging of composite restorations using optical coherence tomography:
marginal adaptation of self-etch adhesives. J Dent 39:316-325 ,2011

大塚理加,野中久美子,菊地和則,高橋龍太郎 (在宅医療・自立支援開発部)
介護支援専門員の高齢者虐待事例への対応プロセスとその促進・阻害要因に関する研究
社会福祉学.(in press),2011

牧迫飛雄馬,古名丈人,島田裕之,赤沼智美,吉田裕人,井平光,横山香理,鈴木隆雄 (所長室, 在宅医療・自立支援開発部)
後期高齢者における新規要介護認定の発生と5m歩行時間との関連:39か月間の縦断研究
理学療法学,38(1): 27-33,2011.

鷲尾昌一,豊島泰子,今村桃子,東 治道,荒井由美子,井手三郎 (長寿政策科学研究部)
九州地区における透析患者のインフルエンザ羅患,施設内流行と職員のワクチン接種.
臨牀と研究,87(3):94(384)-99(389),2010.

総説, その他

Naoi M, Maruyama W (加齢健康脳科学研究部)
Monoamine oxidase inhibitors as neuroprotective agents in age-dependent neurodegenerative disorders.
Curr Pharm Des 16: 2799-817, 2010.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
自然加齢マウス・ラット、CLINICAL CALCIUM 特集“骨・関節疾患の動物モデル”21
65-71, 2011

渡辺 研、大上泰弘、池川志郎 (運動器疾患研究部)
変形性関節症 自然発症モデルマウス、CLINICAL CALCIUM 特集“骨・関節疾患の動物モデル”21
134-141, 2011

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨粗鬆症にかかわるミトコンドリア、別冊・医学のあゆみ“ここまでわかった ミトコンドリア研究の新展開”
医歯薬出版 p115-118, 2011、東京

ゾウクン、道川 誠、駒野宏人 (アルツハイマー病研究部)
アンギオテンシン変換酵素の新しい顔:Ab変換酵素
生化学 82巻12号,1120-1124,2010

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
脳のレニンアンギオテンシン系とアミロイドb蛋白質代謝
Dementia Japan, 24 (4), 419-423, 2010

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Kengo Ito (脳機能画像診断開発部)
Clinical Practice in Dementia: Iaging Workup in Japan,the GE Healthcare (GEHC)
sponsored ASIA Advisory Board on Alzheimer’s Management,
Singapore, February 25, 2011

Kengo Ito (脳機能画像診断開発部)
Current use of imaging SPECTthe GE Healthcare (GEHC)
sponsored ASIA Advisory Board on Alzheimer’s Management,
Singapore, February 26, 2011

Yanagino T (加齢健康脳科学研究部)
Protein phosphatase PP2A-mediated activation of FOXO promotes
cellular resistance to oxidative stress.
第3回NAGOYAグローバルリトリート、平成23年2月25日、大府

Hayakawa T (加齢健康脳科学研究部)
SIRT1 suppresses senescence-associated secretory phonotype (SASP)
during cellular senescence.
第3回NAGOYAグローバルリトリート、平成23年2月25日、大府

Junko Iijima (老化機構研究部)
Functional analysis of novel GEF, Zizimin2/DOCK11 and its putative role in immunosenescence
第3回NAGOYAグローバルリトリート あいち健康プラザ 2011年2月25日、大府

赤津裕康、永渕真也、栗原リナ、奥田研爾、山地健人、高見正雄、山本孝之、丸山光生 (老化機構研究部)
経腸栄養成分が高齢者の獲得免疫/インフルエンザ抗体価に及ぼす影響
第26回 日本静脈経腸栄養学会 フェローシップ受賞者講演 
2011年2月17日 名古屋 国際会議場

赤津裕康、清水金忠、松山善次郎、栗原リナ、小川康一、奥田研爾、山本孝之、丸山光生 (老化機構研究部)
プロバイオティクスの経腸栄養管理高齢者への応用〜ビフィズス菌長期投与による生体防御改善
第26回 日本静脈経腸栄養学会 2011年2月17日 名古屋 国際会議場

赤津裕康、山本孝之、丸山光生 (老化機構研究部)
高齢経腸・静脈栄養管理患者における腸内菌叢及びインフルエンザ抗体価と栄養状態の検討
第26回 日本静脈経腸栄養学会 2011年2月18日 名古屋 国際会議場

赤津裕康、遠山友紀子、丸山光生、山本孝之 (老化機構研究部)
高齢者経管栄養管理におけるフラクトオリゴ糖(FOS)介入による腸管環境改善の試み
第26回 日本静脈経腸栄養学会 2011年2月18日 名古屋 国際会議場

竹下 淳 (運動器疾患研究部)
Bone-resorbing osteoclasts secrete a factor that stimulates osteoblastic differentiation
第5回Bone Research Seminar 2月18日 東京

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害医療の新たなターゲット:「生活機能」の観点から
第16回 日本集団災害医学会総会.2011年2月11日.大阪

大川弥生、工藤美奈子、関口春美 (生活機能賦活研究部)
災害医療教育における生活機能重視の必要性;特に高齢化をふまえて
第16回日本集団災害医学会総会.2011年2月12日.大阪

工藤美奈子、関口春美、大川弥生 (生活機能賦活研究部)
災害時生活機能低下予防対策に関する研究(1);障害児・者の災害時についての不安調査から
第16回 日本集団災害医学会総会.2011年2月12日.大阪

工藤美奈子、大川弥生、関口春美 (生活機能賦活研究部)
災害時生活機能低下予防対策に関する研究(2);避難所生活での対策
第16回日本集団災害医学会総会.2011年2月12日.大阪

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
施設運営状況アンケートから.
PET化学ワークショップ2011,2011年2月3日,越後湯沢

早川智久 (加齢健康脳科学研究部)
SIRT1によるSenescence Associated Secretory Phonotype(SASP)の発現制御.
第4回Frontier of cardiovascular disease and metabolic syndrome research (FANTASY)、
平成23年2月5日、東京

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
脳内脂質代謝は、アルツハイマー病発症に関わりうるか
第8回アルツハイマー病の早期診断・治療・予防法の開発研究会 2011年2月18日、名古屋

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
脳内脂質代謝変動とアルツハイマー病分子病態
第5回関西・中部認知症学会 ウインクあいち 2011年2月19日、名古屋

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
高齢社会について.第3回予防医工学研究会.講演.名古屋.2011年2月24日.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症および関連疾患のPETイメージング
ファ-ル病(特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症)の分子病態の解明研究班班会議,
2011年2月5日,岐阜

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の画像診断を巡る最近の話題
東海艮陵会,2011年2月19日,名古屋

下方浩史 (予防開発部)
ライフステージに応じた女性の健康状態に関する疫学的研究
〜10代から90代までの女性を対象とした長期縦断研究.
平成22年度循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究研究成果発表会(研究者向け), 2月7日, 東京.

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
歯科用OCT画像診断機器の開発
日本歯科産業学会 第7回春期大会講演  2011.2.20 東京都

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断機器を用いた新時代の歯科診断システム開発
東京歯科大学第552回理工懇談会 2011.2.18 東京都

センター内活動(セミナー等)

加藤公子 (脳機能画像診断開発部)
前頭葉抑制機能の加齢変化 -ストループテストによる検討-
認知症先進医療開発センター 流動研究員発表会,2月17日,2011.

山田貴史 (脳機能画像診断開発部) 
PET画像を用いた神経疾患の診断法に関する研究
認知症先進医療開発センター 流動研究員発表会,2月17日,2011.

加藤友紀 (予防開発部)
健康長寿を目指した栄養疫学研究の展開.
2010年度流動研究員研究発表会, 2月17日, 大府.

李成喆 (予防開発部)
健康長寿と身体活動の関連に関する長期縦断疫学研究.
2010年度流動研究員研究発表会, 2月17日, 大府.

牧迫飛雄馬 (在宅医療・自立支援開発部)
軽度認知障害を有する地域在住高齢者の内側側頭領域の萎縮と運動耐容能.
認知症先進医療開発センター流動研究員発表会,2月17日,2011.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター