文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 1月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成23年1月28日(金)朝刊,「長寿の国を診る」,高齢社会 産業にも変化.

大島伸一 (総長)
日本医事新報,4523(平成23年1月1日)号:59-60,炉辺閑話,「専門職能団体の責任」

鳥羽研二, 野原孝司, 伊藤健吾 (院長、放射線診療部、脳機能画像診断開発部)
国立長寿医療研究センター病院
新医療,38(1): 8-12, 2011

下方浩史 (予防開発部)
中日新聞, 平成23年1月12日朝刊,「認知症予防の食習慣を紹介」

下方浩史 (予防開発部)
中日新聞, 平成23年1月21日朝刊,「高齢者先進医療、ソウル大から視察」

安藤富士子 (予防開発部)
Medical Tribune 44(4), 平成23年1月27日, 「サルコペニアに潜在性慢性炎症が関与」

金興烈 (予防開発部)
Medical Tribune 44(4), 平成23年1月27日, 「高齢者の速歩行に性差と年代差」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK静岡放送局 総合テレビ たっぷり静岡,平成23年1月20日(木),認知症と自動車運転.

伊藤安海 (長寿医療工学研究部)
テレビ東京,平成23年1月16日 トコトンハテナ(夕方) 高齢ドライバーは安全運転?

根本哲也、伊藤安海、久保田怜、松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
難病と在宅ケア,平成23年1月号
特集/在宅難病者の災害発生時の対応策「在宅人工呼吸器装着者の電源確保の重要性」

論文発表等

原著論文

Doyo W, Kozakai R, Kim HY, Ando F, and Shimokata H(予防開発部)
Spatio-temporal components of the three-dimensional gait analysis of community-dwelling middle-aged and elderly Japanese: age-and sex-related differences.
Geriat Gerontol Int, 11: 39-49, 2011.

Kim SS, Choo DW, Shin D, Baek HJ, Kim TH, Motoyama N, De Coster BM, Gueulette J, Furusawa Y, Ando K, Cho KH. (加齢健康脳科学研究部)
In vivo radiobiological characterization of proton beam at the National Cancer Center in Korea: Effect of the CHK2 mutation.
Int J Radiat Oncol Biol Phys 79: 559-562, 2011.

Natsume H, Tokuda H, Adachi S, Matsushima-Nishiwaki R, Kato K, Minamitani C, Mizutani J, Otsuka T, Kozawa O. (臨床検査部)
Wnt3a regulates tumor necrosis factor-α-stimulated interleukin-6 release in osteoblasts.
Mol.Cell. Endocrinol.331:66-72;2011

島田康史,有吉芽生,今井加奈子,マキシパトリシア,吉岡俊彦,田上順次,角 保徳. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層計(OCT)を応用した非破壊断層画像診断. 日歯理工誌 30,21~24,2011

総説, その他

Watanabe K, Ikeda K (運動器疾患研究部)
Chapter 9. Osteocytes in Mechanosensing: insights from mouse models and human patients.
In: “Mechanosensing Biology” (ed. Masaki Noda), p127-139, Springer, 2011

大島伸一 (総長)
老年医学・医療への抱負と期待 高齢者医療総合研究施設1.独立行政法人国立長寿医療研究センターから.
Geriatric Medicine. 49(1):74-75. 2011.

伊藤健吾,加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
4. PET-18F-FDG PETによるアルツハイマー病の診断.
INNERVISION, 26(1): 25-28, 2011.

伊藤健吾,加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
PETによるアルツハイマー病の診断.
医療の広場,51(1): 23-26, 2011.

安藤富士子, 下方浩史 (予防開発部)
超高齢社会で果物が果たせる役割〜老化を防ぐカロテノイドの効用〜, 果樹研究最前線.
果実日本, 66: 100-104, 2011.

下方浩史, 安藤富士子 (予防開発部)
運動器疾患の長期縦断疫学研究, ロコモ-ティブシンドローム-運動器科学の新時代.
医学のあゆみ, 236: 319-324, 2011.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
厚生科学WEEKLY.平成23年1月7日(473号),
認知症高齢者の自動車運転に対する社会支援のあり方に関する検討:研究成果の国民への還元.

荒井由美子,新井明日奈,水野洋子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者と運転:社会支援のあり方.
老年期認知症研究会誌, 17:76-81,2010.

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断法(OCT)の開発と歯科臨床への応用
歯科評論 819:135-146, 2011

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Akatsu H, Nagafuchi S, Kurihara R, Okuda K, Takasugi S, Yamaji T, Takami M, Yamamoto T and Maruyama M (老化機構研究部)
Effects of an enteral nutrition containing prebiotics on influenza vaccination in the elderly.
Clinical Nutrition Week 2011, American Society for Parenteral and Enteral Nutrition meeting Vancouver, Canada, January 30, 2011

柳澤勝彦 (副所長室)
アルツハイマー病の制圧をめざして
第2回健康長寿科学研究会「アルツハイマー病の機構解明とその克服」. 2011年1月7日. 静岡市.

藤原 顕,加藤隆司,籏野健太郎,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
BF-227 PETにおける集積度の評価方法に関する検討.
厚生労働省認知対策総合研究事業
「アミロイドイメージングを用いたアルツハイマー病の発症・進展予測法の実用化に関する他施設大規模臨床研究」
平成22年度班会議,京都大学東京オフィス(品川インターシティ),2011年1月26日.

久保田怜, 根本哲也, 伊藤安海, 松浦弘幸, 西井匠, 島本聡 (長寿医療工学研究部)
マットレスの体荷重による変形が皮膚表面の温湿度におよぼす影響
第42回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム,蒲田,2011年1月20日

根本哲也, 久保田怜, 伊藤安海, 松浦弘幸, 磯貝善蔵, 古田勝経, 島本聡 (長寿医療工学研究部)
皮膚の動揺を簡便に計測・評価する手法の開発
第42回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム,蒲田,2011年1月20日

有井政和, 大柳佑介, 伊藤安海, 巨東英 (長寿医療工学研究部)
ドライブシミュレータ操縦における視点移動測定アルゴリズムに関する研究
第42回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム,蒲田,2011年1月20日

春日祐太、星野義人、井上 実、秋葉徳寿、水口俊介、小澤総喜角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
OCTの歯科臨床への応用 OCTを用いた義歯床用レジンと裏装材との接着における評価 
第3回日本義歯ケア学会 2010.1.22 岩手県

講演など(教育、普及、広報活動)

Maruyama M (老化機構研究部)
TARSH/Abi3bp, its putative role in tumor suppression or cellular senescence
Virginia Commonwealth University, Virginia, USA, January 27, 2011

Takashima A (分子基盤研究部)
Granular tau oligomer is a key for understanding clinical progression of Alzheimer’s disease
The biology and pathology of Tau and its role in tauopathies Ⅱ、Cambridge,UK,January.8-9,2011

大島伸一 (総長)
たんの吸引等の適切な実施の在り方について.
愛知県の重症心身障害児者の医療的ケアを考えるシンポジウム.基調講演.名古屋.2011年1月9日.

大島伸一 (総長)
高齢社会とこれからの医療.
健康保険組合連合会愛知連合部熱田笠寺支部常務理事・事務長合同研修会.講演.各務原.2011年1月14日.

大島伸一 (総長)
移植医療と社会.
第44回日本臨床腎移植学会.基調講演.宝塚.2011年1月26日(会期:1月26日〜28日)

大島伸一 (総長)
健康長寿社会を生きるために.
改革の風フォーラム・文化講演会.講演.名古屋.2011年1月31日.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症を画像で診る〜早期診断から治療への貢献まで〜
平成22年度名古屋大学オープンシンポジウム.2011年1月7日,名古屋大学シンポジオン,名古屋市.

下方浩史 (予防開発部)
老化研究からみえてきたこと.
脳を鍛えるリフレッシュ教室健康講座〜第2回〜, 1月11日, 大府.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの基礎から活用まで:大規模障害者調査を例にとって.
厚生労働省ICFシンポジウム 生活機能分類の活用に向けて 2011年1月22日、東京

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管を基盤とした歯周病(歯周病関連細菌)と全身疾患の関連性 
東北大学歯学部口腔微生物学分野特別講義 2011.1.17, 仙台

牧迫飛雄馬 (在宅医療・自立支援開発部)
臨床研究の進め方
第2回運動・認知・行動研究会,2011年1月23日,東京

センター内活動(セミナー等)

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
新規TSPOリガンドの急性毒性試験.
平成22年度 長寿医療研究開発費 「認知症の早期診断のための画像診断機器(ネットワーク活用による共同カンファレンスシステムを含む。)の開発」
PET認知症診断薬の開発と臨床応用に関する研究グループ班会議,1月17日,2011.

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
看護職員に知ってほしい口腔の知識と口腔ケア2
国立長寿医療研究センター口腔ケア研修会 2011.1.19 大府市

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター