文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2010年 [平成22年] 11月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成22年11月30日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,時代に合った医療計画を.

柳澤勝彦 (副所長、認知症センター長)
NHK総合テレビ NHKニュー ス おはよう日本, 平成22年11月12日(金),「認知症に関して」

柳澤勝彦 (副所長、認知症センター長)
信濃毎日新聞, 平成22年11月12日(金)朝刊, 認知症長寿社会:知っておきたい医療編「予防・治療の最前線は」

下方浩史 (予防開発部)
週刊文春,平成22年11月11日号,「肉食vs魚食「75歳以上は肉!」」

牧迫飛雄馬 (在宅医療・自立支援開発部)
NHK(名古屋放送局),平成22年11月16日,ホットイブニング「認知機能低下予防の取組」

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
歯科用OCT画像診断機器
知多メディアスネットワーク 11月 13日(土曜) 13:00〜13:45

論文発表等

原著論文

Into T, Inomata M, Niida S, Murakami Y, Shibata KI (遺伝子蛋白質解析室)
Regulation of MyD88 aggregation and MyD88-dependent signaling pathway by sequestome 1
and histone deacetylase.
J Biol Chem., 285(46): 35759-35769, 2010

Takahashi K, Adachi, K, Kunimoto S, Wakita H, Takeda K, Watanabe A (共同利用推進室)
Potent inhibitors of amyloid ß fibrillization, 4,5-dianilinophthalimide and staurosporine aglycone, enhance degradation of preformed aggregates of mutant Notch3.
Biochem. Biophys. Res. Commun., 402: 54-58, 2010.

Yajima A, Inaba M, Tominaga Y, Nishizawa Y, Ikeda K, Ito A (運動器疾患研究部)
Increased osteocyte death and mineralization inside bone after parathyroidectomy in patients with secondary hyperparathyroidism.
J Bone Miner Res 25: 2374-2381, 2010

Shimada H, Hunkyung Kim, Yoshida H, Suzukawa M, Makizako H, Yoshida Y, Saito K, Suzuki T (在宅医療・自立支援開発部)
Relationship between age-associated changes of gait and falls and life-space in elderly people.
J Phys Ther Sci, 22: 419-424, 2010.

Makizako H, Furuna T, Yoshida H, Shimada H, Satoh K, Akanuma T, Ihira H, Suzuki T(在宅医療・自立支援開発部)
Physical performance predicts decline of functional capacity among community-dwelling older Japanese: a 4-year longitudinal study.
J Phys Ther Sci, 22: 405-412, 2010.

Minagawa H, Watanabe A, Akatsu H, Adachi K, Ohtsuka C, Terayama Y, Hosono T, Takahashi S, Wakita H, Jung C-G, Komano H, and Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Homocysteine, another risk factor for Alzheimer's disease, impairs apolipoprotein E3 function.
J. Biol. Chem., 285:38382-38388, 2010.

Kim TS, Kawaguchi M, Suzuki M, Jung CG, Asai K, Shibamoto Y, Lavin MF, Khanna KK, Miura Y (アルツハイマー病研究部)
The ZFHX3 (ATBF1) transcription factor induces PDGFRB, which activates ATM in the cytoplasm to protect cerebellar neurons from oxidative stress.
Dis Model Mech., 3(11-12): 752-62, 2010.

NAKANO M, NODA N, MATSUURA H (長寿医療工学研究部)
Theoretical Studies for Removal Devices of Bad Smel
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Associations, Vol.15(2), p17-p20, 2010

MATSUURA H, NAKANO M, YAMANAKA M, Nishii T, OSHIMOTO Y, ITO Y, NEMOTO T (長寿医療工学研究部)
Quantum Circuitsand Its Application for Neuro- Junction
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Associations, Vol.15(2), p33-p40, 2010

MATSUURA H, NAKANO M, YAMANAKA M, Nishii T, OSHIMOTO Y, ITO Y, NEMOTO T (長寿医療工学研究部)
Social Factors' Analysis of Japanese Divorce
Journal of Biomedical Fuzzy Systems Associations, Vol.15(2), p41-p47, 2010

Ishiyama A, Kim K, Yamashita H, Miyamoto Y, Enosawa S, Chiba T. (口腔疾患研究部)
New fluorescence endoscope for use in twin-twin transfusion syndrome: In vivo visualization of placental blood vessels.
Med Eng Phys. 2010 Dec 9. [Epub ahead of print]

Miura H, Yamasaki K, Morizaki N, Moriya S, Sumi Y. (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Factor influenced oral health-related quality of life (OHRQoL) among the frail elderly residing in the community with their family.
Arch Gerontol Geriatr. 51:62-5, 2010

中野正博、松浦弘幸、玉川雅章、山中真、行正徹 (長寿医療工学研究部)
頭部損傷基準値(HIC)の 理論的分析
バイオメディカル・ファジー・システム学会,Vol.2(2), p57-p64, 2010

総説, その他

大島伸一 (総長)
今後の医療提供の方向と在宅医療.
Geriatric Medicine. 48(11):1463-1466. 2010.

柳澤勝彦(副所長、認知症センター長)
アミロイドß蛋白はアルツハイマー病の原因か?
Clinical Neurocience. 28:1438-1439 2010.

安藤富士子,西田裕紀子,下方浩史 (予防開発部)
認知機能の加齢変化とアンチエイジング,アンチエイジングとリハビリテーション.
MB Med Reha,124:105-113,2010.

安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
高齢者の健康と果物〜カロテノイドの効用,果樹試験研究推進協議会「委託研究の成果紹介」.
佐賀の果樹,735:4-7,2010.

下方浩史 (予防開発部)
長期縦断疫学研究,認知症をめぐる最近の話題.
医療の広場,50:4-5,2010.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨のアンチエイジングとリハビリテーション
Medical Rehabilitation 124: 47-50, 2010

松下健二 (口腔疾患研究部)
口腔のアンチエイジングとリハビリテーション
Medical Rehabilitation 印刷中→124: 127-134, 2010.

松下健二 (口腔疾患研究部)
高齢化社会の中でインプラントをどう考えるか?
歯界展望 印刷中→116(5): 2010-2011, 2010.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
イメージングバイオマーカーと被験者放射線防護.
日本放射線安全管理学会誌,9(2):87-88,2010.

工藤 啓,佐々木裕子,高橋和子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
第二期目の市町村健康日本21計画策定に向けて.
公衆衛生情報みやぎ,402:17-21,2010.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
生活機能向上に向けたロボット研究・開発のストラテジー
QOL向上の具体化技術の開発のために.日本ロボット学会誌、28(9):1066〜1070

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
新時代の歯科診断システム 光干渉断層画像診断法の歯科保存臨床への応用
日歯保存誌 53:479-485, 2010

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
命を支える口腔ケア
デンタルハイジーン 30:935-939, 2010

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
新しい歯科用画像診断機器光干渉断層画像診断法 OCT
現代医学 58: 75-84, 2010

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Komatsu T, Nagano K, Sugiura S, Hagiwara M, Tanigawa N, Eguchi T, Yoshimura F, Furuichi Y, Matsushita K (口腔疾患研究部)
E-selectin mediates Porphyromonas gingivalis adherence to endothelial cells.
The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology. Oct 31, 2010, Honolulu, HI, USA.

Sugiura S, Ishihara Y, Komatsu T, Hagiwara M, Tanigawa N, Eguchi T, Mizutani H, Matsushita K, Noguchi T (口腔疾患研究部)
Valproic acid enhances innate immune response to LPS by HMGB1 release.
The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology. Oct 31, 2010, Honolulu, HI, USA.

Kim K, Ishiyama A, Yamashita H, Miyamoto Y, Enosawa S, Chiba T. (口腔疾患研究部)
A new fluorescence endoscope for treatment of twin-twin transfusion syndrome.
The 6th The Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS): Medical image calibration, Bexco, Busan, Korea, 2010/11/26-27.

Masuda K, Koda R, Watarai N, Nakamoto R, Miyamoto Y, Chiba T. (口腔疾患研究部)
Attempt for active control of microbubbles in blood flow by forming local acoustic field.
9th Congress of Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology,(AFSUMB), Powai, Mumbai, India, 2010/11/18-21.

Fukao-Hosono T, Hossain M, Ohtake-Niimi S , van Kuppevelt T , Michikawa M, Rosen S , Uchimura K (アルツハイマー病研究部)
Immunolocalization of the RB4CD12 Anti-Heparan Sulfate Epitope in Brain Microvessels and
Its Degradation by Sulf-1 and Sulf-2
Annual meeting of Glycobiology 2010, Nov 8,2010,St. Pete Beach, USA

Abe K (長寿政策科学研究部)
Positive experiences from care-work and their effects on burnout syndromes:
Results from a national cross-sectional survey in Japan.
The 63rd Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America,
New Orleans, USA, November 22, 2010.

Yayoi Okawa, Satoshi Ueda, Katsunori Fujii, Kenji Shuto (生活機能賦活研究部)
Japan's Provisional Criteria for the Qualifiers of the Activity:
The reconfirmation of validity and a further refinement based on a large-scale survey of people with disabilities.
WHO-FIC Network Meeting, 18 October, Toronto, Canada

Yayoi Okawa, Harumi Sekiguchi, Satoshi Ueda, Katsunori Fujii (生活機能賦活研究部)
Impairment Revisited:Multiplicity of impairments in a person, fatigability (b4552),
and the great fluctuation of impairment.
WHO-FIC Network Meeting, 18 October, Toronto, Canada

Satoshi Ueda, Yayoi Okawa, Minako Kudo, Katsunori Fuji (生活機能賦活研究部)
The importance of satisfaction (subjective dimension) for a deeper understanding of the activity
and participation as revealed by a large-scale survey of people with disabilities.
WHO-FIC Network Meeting, 18 October, Toronto, Canada

柳澤勝彦 (副所長、認知症センター長)
アルツハイマー病の制圧をめざして
第29回日本認知症学会学術集会会長講演. 2010年11月5日. 名古屋.

湯山耕平、柳澤勝彦 (副所長室)
神経細胞endocytosis障害によるGM1ガングリオシド誘導性アミロイドß蛋白重合の促進
第29回日本認知症学会学術集会. 2010年11月5日. 名古屋.

山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 宮崎賢治, 佐竹美芽, 堂本光子, 新飯田俊平,服部裕一 (遺伝子蛋白質解析室)
血管内皮細胞株を用いたEndothelial microparticles (EMP)の効率的な産生系の確立および
疾患バイオマーカーとしての可能性の検討
第20回日本循環薬理学会, 2010年11月11日 札幌

田中伸哉, 森脇佐和子, 上西一弘, 濃沼信夫, 田中清, 池田義孝, 新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
骨粗鬆症スクリーニングにおける尿中γーGTPの有用性についての検討
第16回埼玉県骨粗鬆症研究会, 2010年11月13日 さいたま

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
大学院教育改革推進プログラム THP養成コース 平成22年度THPセミナー:
軽度認知障害(MCI)に対する非薬物介入
名古屋大学医学部保健学科,2010年11月17日,名古屋

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
ヘルスプロモーション論
国際医療福祉大学,2010年11月19日,栃木

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
認知症予防
平成22年度日本理学療法士協会介護予防研修会,2010年11月27日,大阪

牧迫飛雄馬 (在宅医療・自立支援開発部)
行動変容の促し方
平成22年度日本理学療法士協会介護予防研修会,2010年11月28日,大阪

大塚理加、生島 嗣、兵藤智佳、大槻知子、野坂祐子、池上千寿子 (在宅医療・自立支援開発部)
地域の相談機関におけるHIV陽性者に対する支援者のニーズに基づいた研修プログラム開発とその効果評価
第24回日本エイズ学会学術集会・総会,東京,2010年11月24日.

渡邉 淳、足立香代、國本正子、武田和也、脇田英明、丸山和佳子、高橋慶吉 (共同利用推進室)
ヒト変異Notch3重合体の分解促進剤のスクリーニング
第29回日本認知症学会, 名古屋, 2010年11月5, 6日

内田育恵,中島務 (予防開発部)
中高年地域住民における難聴者割合の推移.
第55回日本聴覚医学会総会・学術講演会,11月11日,奈良.

安藤富士子,北村伊都子,金興烈,李成喆,下方浩史 (予防開発部)
潜在性慢性炎症と中高年者のサルコペニアに関する縦断的検討.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月13日,那覇.

安藤富士子,西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,下方浩史 (予防開発部)
自覚的健康度(SRH)が知能に及ぼす影響-地域在住中高年者における8年間の縦断的検討-.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月13日,那覇.

金興烈,李成喆,森あさか,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
歩行速度(無次元速度)の性差と年代差に関する考察.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月13日,那覇.

李成喆,金興烈,森あさか,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者の下肢筋力と重心動揺の関連に関する横断的検討.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月13日,那覇.

西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年男性における定年退職後の就労と知能に関する縦断的検討.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月14日,那覇.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者のアミノ酸摂取量が抑うつに及ぼす影響に関する縦断的研究.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月14日,那覇.

丹下智香子,西田裕紀子,森山雅子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
成人中・後期における日常苛立ち事と主観的幸福感-LSI-K・CES-Dとの関連-.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月14日,那覇.

森山雅子,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年有職者の職種と仕事コミットメントおよび心理的健康との関連.
第17回日本未病システム学会学術総会,11月14日,那覇.

杉浦進介, 石原裕一, 小松寿明, 萩原真, 谷川順美, 水谷大樹, 加藤佳子, 江口傑徳, 野口俊英, 松下健二 (口腔疾患研究部)
バルプロ酸は HMGB1の能動放出を誘導して、エンドトキシンショックに対する感受性を高める
第16回に本エンドトキシン・自然免疫研究会 2010年11月13日、奈良

西郷隆二,田代雄一,他,中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
相貌失認における脳磁図,脳機能画像の検討.
第40回日本臨床神経生理学会学術大会,2010年11月2日,神戸.

中村昭範,吉山顕次,Diers Kersten,加藤隆司小野健太郎,服部英幸,文堂昌彦伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
脳磁図を用いたアルツハイマー型認知症の電気生理学的マーカーの検討.
第29回日本認知症学会学術集会,2010年11月5日,名古屋.

加藤隆司伊藤健吾,千田道雄,石井賢二,石井一成,藤原 謙,井狩彌彦,西尾知之,真喜志瑶子,J-ADNIスタディグループ (脳機能画像診断開発部)
健常者における脳糖代謝画像の変動要因ならびに認知機能との関係.
第50回日本核医学会学術総会,2010年11月12日,大宮ソニックシティ,埼玉県さいたま市.

加藤隆司伊藤健吾,千田道雄,石井賢二,石井一成,藤原 謙,井狩彌彦,西尾知之,真喜志瑶子,J-ADNIスタディグループ (脳機能画像診断開発部)
健常者における脳糖代謝画像の変動要因ならびに認知機能との関係.
第7回PETコア分科会,2010年11月27日,ベルサール八重洲,東京都中央区.

前野信久加藤隆司藤原 謙籏野健太郎,鷲見幸彦,新畑 豊,武田章敬,末永正機,服部英幸,吉山 顕,三浦久幸,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
BF227-PET画像で捉えたAβ集積とVBM-MRI解析による脳萎縮との関連についての検討.
第29回日本認知症学会学術集会,2010年11月5,6日,愛知県産業労働センター(名古屋).

山田貴史, 伊藤健吾, 加藤隆司, 目黒謙一, 石井賢二, 尾内康臣, 鷲見幸彦, 新畑豊, 福山秀直, 石井一成, 千田道雄, 前田潔, SEAD-Jスタディグループ (脳機能画像診断開発部)
MCIからADへの移行予測指標の探索:FDG-PETを中心とした検討.
第29回日本認知症学会学術集会,2010年11月5,6日,名古屋.

山田貴史, 伊藤健吾, 加藤隆司, 目黒謙一, 石井賢二, 尾内康臣, 鷲見幸彦, 新畑豊, 福山秀直, 石井一成, 千田道雄, 前田潔, SEAD-Jスタディグループ (脳機能画像診断開発部)
FDG-PET画像解析(AD-tsum法)を中心としたMCIからADへの移行予測の検討.
第50回日本核医学会学術総会,2010年11月11-13日,大宮ソニックシティ,埼玉県さいたま市.

厳 景玉、赤津裕康、三浦 裕、道川 誠鄭 且均 (アルツハイマー病研究部)
APP代謝及びAb産生におけるATBF1の機能解析
第29回日本認知症学会 2010年11月5日、名古屋

西辻和親、細野 崇、内村健治、道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
リポ蛋白質リパーゼは初代培養アストロサイトによるアミロイドbの取り込みを促進する
第29回日本認知症学会 2010年11月5日、名古屋

細野 崇山内玲奈、紺谷昌仙、西辻和親鄭 且均、河島 洋、木曽良信、道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
多価不飽和脂肪酸餌はLPSで誘導される脳内炎症を抑制する
第29回日本認知症学会 2010年11月5日、名古屋

ゾウクン、劉俊俊、劉しゅ余、田邊千晶、前田智司、道川 誠、駒野宏人 (アルツハイマー病研究部)
Enhanced Alzheimer's-like pathology by ACE inhibition in APP transgenic mouse brain
第29回日本認知症学会 2010年11月5日、名古屋

細野友美新美しおりホサインモタラブ、マーカスブリチギ、赤津裕康、菅谷典子、木全弘治、道川 誠、トニーワイスコレイ、内村健治 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病モデルマウス脳内に発現するヘパラン硫酸糖鎖の内部ドメイン構造の解析
第29回日本認知症学会 2010年11月5日、名古屋

伊藤安海, 久保田怜, 根本哲也, 小倉崇生, 戸田均, 木村巧, 松井応式, 松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
生体軟組織の衝撃吸収特性-軟組織の厚さが骨折リスクに及ぼす影響-
日本法科学技術学会第16回学術集会,青山,2010年11月12日

伊藤安海, 久保田怜, 根本哲也, 松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
人体損傷からみた介護・福祉ロボットの安全性評価法の検討
The 10th Conference on Biomechanics in Sendai,仙台,2010年11月20日

脇田英明 (加齢健康脳科学研究部)
血管性認知症の実験モデル
第29回日本認知症学会学術集会 (シンポジウム1 血管性認知症のニューホライズン) 2010年11月5日.名古屋

脇田英明、足立香代、武田和也、國本正子、渡邉淳、丸山和佳子 (加齢健康脳科学研究部)
マウス血管性認知症モデルに対するSialyl Lewis X結合リポソームの有効性の検討
第29回日本認知症学会学術集会、2010年11月5、6日.名古屋

足立香代、國本正子、武田和也、渡邊淳、脇田英明、丸山和佳子 (加齢健康脳科学研究部)
血管性認知症モデルマウスを用いた抗E-selectin抗体による治療法の有効性の検討
第29回日本認知症学会学術集会、2010年11月5、6日.名古屋

石橋謙一郎、角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
当院在宅支援病棟患者における口腔および口腔ケアの状況について
第7回日本口腔ケア学会学術集会 2010.11.27-28 大阪市

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一 (総長)
医療・介護の連携.
日本歯科医師会「生きがいを支える国民歯科会議」シンポジウム
「食べる、生きる、幸せ噛みしめる〜8020健康長寿社会を目指して〜」.講演.東京.2010年11月3日.

大島伸一 (総長)
高齢者医療のあるべき姿.
民主党厚生労働部門会議内 第1回高齢者医療制度改革WT.講演.東京.2010年11月4日.

大島伸一 (総長)
今、なぜ、在宅医療が必要か.
四国在宅医療推進フォーラム.記念講演.高知.2010年11月14日.

大島伸一 (総長)
在宅医療に向けての期待.
千葉県在宅医療推進寄附プロジェクト設立記念講演会.講演.東京.2010年11月16日.

大島伸一 (総長)
高齢社会における医療のあり方.
日本歯科医学会ワークショップ.講演.東京.2010年11月27日.

柳澤勝彦 (副所長、認知症センター長)
認知症の正しい知識と理解
認知症市民フォーラム in うき2010. 2010年11月27日. 宇城.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症脳をみる.
平成22年度日本基礎老化学会秋期シンポジウム 長崎市民講演会「老いをみつめる科学」,
2010年11月21日,長崎市歴史文化博物館,長崎市.

脇田英明 (加齢健康脳科学研究部)
血管性認知症のワクチン療法
厚生労働科学研究費・研究成果等普及啓発事業研究成果発表会(一般向け)2010年11月18日.東京

國本正子 (加齢健康脳科学研究部)
遺伝子-環境要因の相互作用による精神神経疾患の発症機構解明の試み 
-家族性アルツハイマー病変異マウスを例として-
NAGOYA Global COE 18th Progress Report Meeting.名古屋.2010年11月12日

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者歯科医療の確立と歯科衛生士の役割
徳島大學歯学部 高齢者口腔保健衛生学の講義 2010.11.26 徳島市

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
日本の歯科医療の充実への方策を考える-高齢者医療の確立の視点から
徳島大學歯学部 特別講演 2010.11.25 徳島市

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
日本の歯科医療の発展への方策を考えるー高齢者歯科医療の確立を
岐阜市歯科医師会一般社団法人化記念式典 講演 2010.11.23 岐阜市

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
摂食・嚥下障害と口腔ケアについて
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療担当者研修会 講演 2010.11.14 横浜市

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断機器を用いた新時代の歯科診断システム
松本歯科大学大学院特別セミナー 2010.11.11 塩尻市

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター