文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2010年 [平成22年] 9月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
日本医事新報,4509(平成22年9月25日)号:17,NEWS,「臓器提増加に応じてコーディネーターの増員」

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成22年9月28日朝刊,終末期を考える.88.9%が病院で最期.

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成22年9月30日(木)朝刊,「長寿の国を診る」,増える延命の「胃ろう」.

在宅医療・自立支援開発部:
知多メディアスエリアニュース,平成22年9月10日,「健やかな長寿を目指して」

在宅医療・自立支援開発部:
知多メディアスエリアニュース,平成22年9月3日,「元気な今こそ認知症予防」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成22年9月4日(土)朝刊,「高齢者交通安全つどい(警視庁主催)」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
東京新聞,平成22年9月4日(土)朝刊,交通事故の防止:「高齢者と考える(警視庁など)」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
産経新聞 平成22年9月4日(土)朝刊,交通ルール守ってほしい「高齢者対象の安全イベント(警視庁)」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
警察通信,平成22年9月25日(土),高齢者交通事故防止パネルディスカッション:警視庁

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
キャリアブレイン、平成22年9月3日 当事者中心のリハのあり方を模索-総合リハ研究大会

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者に対する口腔ケア Best Nursing 摂食・嚥下障害,
学習研究社, 東京, p176-177, 2010

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
具体的な口腔ケアの方法―口腔ケアのシステム化
Aging and Health 長寿科学振興財団 53:14-17, 2010

論文発表等

原著論文

Tokunaga S, Washio M, Miyabayashi I, Shin Y, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Burden among Caregivers of Parkinson’s Disease Patients.
Int Med J, 16(2): 83-86, 2009.

Ito T, Takii T, Maruyama M, Hayashi D, Wako T, Asai A, Horita Y, Taniguchi K,
Yano I, Yamamoto S, Onozaki K. (老化機構研究部)
Effectiveness of BCG vaccination to aged mice.
Immun Ageing. 7:12-15, 2010

Takeda Y, Tanigawa N, Sunghwa F, Ninomiya M, Hagiwara M,
Matsushita K, Koketsu M (口腔疾患研究部)
Morroniside cinnamic acid conjugate as an anti-inflammatory agent.
Bioorg Med Chem Lett, 20:4855-4857,2010.

Kawata K, Kubota S, Eguchi T, Moritani NH, Shimo T, Kondo S, Nishida T,
Minagi S, Takigawa M (口腔疾患研究部)
Role of the low-density lipoprotein receptor-related protein-1 in
regulation of chondrocyte differentiation.
J Cell Physiol 222:138-48, 2010.

Takamatsu Y, Ishida A, Hamakawa M, Tamakoshi K,
Jung CG, Ishida K. (アルツハイマー病研究部)
Treadmill running improves motor function and alters dendritic morphology
in the striatum after collagenase-induced intracerebral hemorrhage in rats.
Brain Res.8(1355): 165-73, 2010

Ogi H, Nakano Y, Niida S, Dote K, Hirai Y, Suenari K, Tonouchi Y, Oda N, Makita Y, Ueda S, Kajihara K, Imai K, Sueda T, Chayama K, Kihara Y (遺伝子蛋白質解析室)
Is structural remodeling of fibrillated atria the consequence of tissue hypoxia?
Circulation J., 74(9):1815-1821, 2010.

Kobayashi N, Miyoshi S, Mikami T, Koyama H, Takeoka M, Sano K, Amano J, Isogai Z, Niida S, Oguri K, Okayama M, McDonald JA, Kimata K, Taniguchi S, Itano N (遺伝子蛋白質解析室)
Hyaluronan deficiency in tumor stroma impair macrophage trafficking and tumor neovascularization.
Cancer Res., 70(18): 7073-7083, 2010.

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
「真のニーズ」の把握における生活機能モデル準拠の有効性
-「1対1」の場面(対人サービス)と「一対多」の場面(機器開発)との区別と連関を考えつつ.
国民生活研究、50(2):63-90、2010

総説, その他

Yammoto Y., Tadokoro T., Hagiwara M. (口腔疾患研究部)
Endocytosis: Structural Components, Functions and Pathways, chapter 11
- RAB5 MEDIATED CAVEOLAE ENDOCYTOSIS,
Nova Science Publishers, Inc, Hauppauge New York, 2010

柳澤勝彦 (副所長室)
アルツハイマー病の分子病態と治療薬開発の展望
老年期痴呆研究会誌.15:3-4,2010.

柳澤勝彦 (副所長室)
アルツハイマー病-up date- 発症分子機序概観
Clinical Neurocience. 28:980-982, 2010.

松下健二 (口腔疾患研究部)
口腔のアンチエイジングとリハビリテーション
Medical Rehabilitation 印刷中

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管障害を基盤とした歯周病と糖尿病の関連性
肥満と糖尿病 9(5): 729-731, 2010.

松下健二 (口腔疾患研究部)
高齢化社会の中でインプラントをどう考えるか?
歯界展望 印刷中

中島美砂子、庵原耕一郎、杉山昌彦 (口腔疾患研究部)
歯髄幹細胞を用いた歯髄の再生
日本歯科評論70:

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症関連研究の最前線.
第25回BFIC記録集,63-68, 2010

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
PETによるがん診断と保険診療.
腫瘍・免疫核医学研究会会報第5号,1, 2010

川岸裕幸丸山光生、高木正稔、杉本昌隆 (老化機構研究部)
癌抑制・細胞老化因子ARFが引き起こす血管新生抑制及び疾患との関わり.
基礎老化研究,34(3);19-21,2010

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「専門的口腔ケア」時の局所への対応②
デンタルハイジーン 30:732-737, 2010

永長 周一郎、角 保徳、足立良平 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「在宅歯科医療 午後から地域へ」歯科医師との連携
日本医師会雑誌139:S66-S67, 2010

書物等

Abiko Y, Sato T, Matsushita K, Sakashita R, Takahashi N (口腔疾患研究部)
Porphyromonas gingivalis is widely distributed in subgingival plaque biofilm of
elderly subjects,Ed.Sasano T , Suzuki O in:
Interface Oral Health Science 2009 3:240-242, 2010.

Eguchi T, Satoshi Kubota S, Kawata K, Mukudai Y, Ueharam J, Ohgawara T,
Ibaragi S, Sasaki A, Kuboki T, Takigawa M (口腔疾患研究部)
Novel Transcriptional Regulation of CCN2/CTGF by Nuclear Translocation of MMP3,
in CCN proteins in health and disease
An overview of the Fifth International Workshop
on the CCN family of genes (Ed. Bernard Perbal), Springer, 2010.

松下健二 (口腔疾患研究部)
高齢者の口腔・歯科疾患と免疫能 高齢者の口腔機能とケア
Advances in Aging and Health Research 2009 財団法人長寿科学振興財団, p79-87, 2010.

中島美砂子 (口腔疾患研究部)
高齢者の歯の病態と歯再生医療 高齢者の口腔機能とケア
Advances in Aging and Health Research 2009 財団法人長寿科学振興財団, p107-113, 2010.

講演等

学会・研究会等発表

Uchida Y (予防開発部)
Presbycusis: Current knowledge obtained
from a population-based study on aging in Japan.
The 13th Korea-Japan Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery,
10th, Sep, Seoul.

Maruyama M, Sakabe I, Asai A, and Iijima J (老化機構研究部)
Characterization of a novel GEF, Zizimin2/DOCK11
and its putative role in immunosenescence
Molecular Genetics of Aging, Cold Spring Harbor Meeting,
New York, USA, September 30, 2010

Nakamura H, Kawagishi H, Watanabe A, Maruyama M, and Sugimoto M (老化機構研究部)
Post-transcriptional regulation of the p53 tumor suppressor
Molecular Genetics of Aging, Cold Spring Harbor Meeting,
New York, USA, September 30, 2010

Hatano K (脳機能画像診断開発部)
Pre-Clinical Imaging in NCGG.
GE Pre-Clinical Imaging User Community Meeting, Kyoto, 7 Sep. 2010.

Kunimoto S, Watanabe A, Adachi K, Matsuzaki M, Takeda K, Wakita H,
Rajesh N Kalaria, Maruyama W, Takahashi K (加齢健康脳科学研究部)
Development of mutant NOTCH3 knock-in mice as a model for CADASIL.
Neuro2010, September 4, 2010, Kobe

Matsumot-Ohya M, Suzuki K, Ohta K, Young SG, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
Extended lifespan of Zmpste24-/- mice, a model mouse for
Hutchison-Gilford Progeria Syndrome (HGPS),in a Chk2-null background.
Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on “Molecular Genetics of Aging”.
平成22年9月30日、Cold Spring Harbor, NY, USA

Yanagino T, Furukawa-Hibi Y, Iemura S, Natsume T, Watanabe K,
Maruyama W, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部)
Selective dephosphorylation of FOXO
by PP2A mediates cellular oxidative stress response.
Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on “Molecular Genetics of Aging”.
平成22年9月30日、Cold Spring Harbor, NY, USA

Komatsu T, Nagano K, Sugiura S, Hagiwara M, Tanigawa N, Eguchi T,
Yoshimura F, Furuichi Y and Matsushita K (口腔疾患研究部)
E-selectin mediates Porphyromonas gingivalis adherence to endothelial cells.
第8回血液・血管オルビス 2010年8月21日 東京

Sugiura S, Ishihara Y, Komatsu T, Hagiwara M, Tanigawa N, Mizutani H,
Eguchi T, Kawahara K, Maruyama I, Noguchi T and Matsushita K (口腔疾患研究部)
Valproic acid enhanced innate immune response induced by LPS
through stimulating active release of HMGB1.
第8回血液・血管オルビス 2010年8月21日 東京

Miyamoto Y, Koshidaka Y, Yukawa H, Noguchi H, Chiba T, Oishi K, Iwata H, Kobayashi M, Kamo I, Sakuragawa N, Hayashi S. (口腔疾患研究部)
Effect of human solubilized-amnion product (HSAP) on adipose tissue-derived stem cell functions: Possible application of HSAP in fetal medicine. The 29th Annual International Fetal Medicine and Surgery (IFMSS 2010), Kanagawa, Japan, 2010/9/25-30.

Yuan W, Kakimoto T, Kuno S, Miyamoto Y, Enosawa S, Mochizuki T, Masuda K, Matsumoto Y, Chiba T. (口腔疾患研究部)
Fetal gene therapy: a combination of non-viral vector and ultrasoundirradiation.
The 29th Annual International Fetal Medicine and Surgery (IFMSS 2010), Kanagawa, Japan, 2010/9/25-30.

Masuda K, Watarai N, Nakamoto R, Miyamoto Y, Kim K, Chiba T.
Study to prevent the Density of Microcapsules from diffusing in Blood Vessel by Local Acoustic Radiation Force, (口腔疾患研究部)
32nd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS), Buenos Aires, Argentina, 2010/8/31-2010/9/4.

矢木真穂、亀田倫史、山口芳樹、柳澤勝彦、加藤晃一(副所長室)
NMR analyses of the interactions between ganglioside clusters and amyloid β.
第48回日本生物物理学会年会. 2010年9月23日. 仙台.

加藤公子,沖田庸嵩 (脳機能画像診断開発部)
意味情報の半球処理速度.
日本心理学会第74回大会, 大阪, 9月21日, 2010.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
J-ADNIにおけるPET研究の進歩:FDG PETの現況と展望.
第28回バイオテクノロジーシンポジウム,横浜,9月29日,2010

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者のアミノ酸摂取量と抑うつとの関連-年代差の検討-.
第57回日本栄養改善学会学術総会,9月11日,坂戸.

服部恵美,渡邉智之,川崎和彦,森圭子下方浩史 (予防開発部)
大学生のメタボリックシンドローム予防事業における食事調査の検討1-朝食欠食の実態.
第57回日本栄養改善学会学術総会,9月11日,坂戸.

森圭子,渡邉智之,川崎和彦,服部恵美下方浩史 (予防開発部)
大学生のメタボリックシンドローム予防事業における食事調査の検討2-主食がごはんであることの重要性.
第57回日本栄養改善学会学術総会,9月11日,坂戸.

西尾直樹,日比達也,寺西正明,曾根三千彦,大竹宏直,加藤健,吉田忠雄,多賀谷満彦,中島務,
内田育恵杉浦彩子安藤富士子下方浩史 (予防開発部)
補体因子H遺伝子多型と突発性難聴との関連について.
第142回日耳鼻東海地方部会連合講演会,9月12日,名古屋.

杉浦実、中村美詠子,小川一紀,生駒吉識,松本光,安藤富士子下方浩史,矢野昌充(予防開発部)
血中カロテノイド値と喫煙・飲酒習慣との関連:三ヶ日町研究.
第24回カロテノイド研究談話会, 9月15日,徳島.

小坂井留美,道用亘,金興烈,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
高齢期までの運動習慣の継続と体力との関連.
第65回日本体力医学会大会,9月18日,市川.

西田裕紀子,丹下智香子,森山雅子,富田真紀子,坪井さとみ,福川康之,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者の開放性と知能:6年間の縦断的検討.
日本心理学会第74回大会,9月22日,豊中.

丹下智香子,西田裕紀子,森山雅子,富田真紀子,坪井さとみ,福川康之,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
成人中・後期におけるライフイベントと主観的幸福感-LSI-K・CES-Dとの関連-.
日本心理学会第74回大会,9月22日,豊中.

大菅陽子,岡村菊夫,下方浩史安藤富士子 (予防開発部)
地域住民における尿失禁の有症率及び排尿後尿滴下についての検討.
第17回日本排尿機能学会,9月30日,甲府.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
鉄と破骨細胞、シンポジウム“鉄代謝の基礎と臨床”
第34回日本鉄バイオサイエンス学会 9月12日 東京

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションの新生をめざして.
第33回総合リハビリテーション研究大会 2010年9月3日 東京

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションの視点から災害を考える.
第33回総合リハビリテーション研究大会 2010年9月4日 東京

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
特別支援教育におけるICF活用の前提.
日本特殊教育学会第48回大会 2010年9月18日、長崎

安部幸志 (長寿政策科学研究部)
介護施設におけるターミナルケア実施が職務ストレスに与える影響.
日本心理学会第74回大会,2010年9月22日,大阪府豊中市.

柴田由己 (長寿政策科学研究部)
高齢者の刺激希求傾向についての予備的研究.
日本心理学会第74回大会,2010年9月22日,大阪府豊中市.

伊藤安海 (長寿医療工学研究部)
高齢・認知症ドライバーに対する医療工学からのアプローチ
第19回日本交通医学工学研究会学術総会(シンポジウム「ドライバーへの安全支援対策」),名古屋,2010.9.23.

伊藤安海, 久保田怜, 根本哲也, 松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
ドライブシミュレータ検査における高齢者への事前インストラクションの影響
自動車技術会2010年秋季大会,小倉,2010.9.29.

西井匠,鋤柄悦子,高石鉄雄 (長寿医療工学研究部)
電動アシスト自転車利用時における脚の筋活動量
第65回日本体力医学会大会,千葉,2010.9.17.

高石鉄雄,對馬明,児玉泰,西井匠,小林培男 (長寿医療工学研究部)
中高齢自転車愛好者の血液正常,体力および走行時の運動強度
第65回日本体力医学会大会,千葉,2010.9.16.

山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 宮崎賢治, 佐竹美芽, 堂本光子, 新飯田俊平, 服部裕一 (遺伝子蛋白質解析室)
Endothelial microparticles (EMP) のin vitro産生系の確立およびin vivo病態モデ ルでの解析
第61回日本薬理学会北部会 2010年9月10日 札幌

中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
脳画像から神経情報画像への道
第19回日本バイオイメージング学会学術集会、横浜、2010年9月11日

松浦弘幸,根本哲也,伊藤安海,久保田怜,西井匠 (長寿医療工学研究部)
神経回路の量子理論
ナノ・バイオメディカル学会第3回大会、神奈川、2010年9月17日

中井敏晴、バガリナオ エピファニオ、宮腰誠、松尾香弥子 (長寿医療工学研究部)
BOLD信号の加齢性変化を反映する神経負荷モデルの研究
第38回日本磁気共鳴医学会大会.つくば.2010年9月30日~10月2日

畑中渉、中井敏晴宮腰誠、高島一郎、田中あゆ子、松尾香弥子、長谷川純一 (長寿医療工学研究部)
画像計測による行動データを指標としたfMRI データ評価の試み
第38回日本磁気共鳴医学会大会.つくば.2010年9月30日〜10月2日.

松尾香弥子、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
fMRI課題内容による言語側性化指標の変動
第38回日本磁気共鳴医学会大会.つくば.2010年9月30日〜10月2日.

中根俊樹、宮腰誠中井敏晴、長縄慎二 (長寿医療工学研究部)
名前に対する注意は前頭葉内側の脳活動に反映される
第38回日本磁気共鳴医学会大会.つくば.2010年9月30日〜10月2日.

宮腰誠、Chen S-H Annabel、松尾香弥子、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
加齢が単語の意味処理に与える影響のfMRI研究
第38回日本磁気共鳴医学会大会.つくば.2010年9月30日〜10月2日.

宮腰誠、宮内哲、小池耕彦、寒重之、中井敏晴 (長寿医療工学研究部)
デフォルトモードネットワークとアルファ波相関領域の比較
第38回日本磁気共鳴医学会大会.つくば.2010年9月30日〜10月2日.

高崎裕加, 渡辺将生, 湯川博, 梅村知也, 加地範匡, 岡本行広, 宮本義孝, 野口洋文, 渡慶次学, 林衆治, 馬場嘉信. (口腔疾患研究部)
ICP-MSによるマウスに静注した量子ドット標識化脂肪組織由来幹細胞の体内動態の精密測定.
日本分析化学会第59年会, 仙台, 2010/9/15-17.

道脇幸博、角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
CGアニメーションによる嚥下運動の可視化.
第16回日本摂食・嚥下学会学術大会 2010.9.3-4新潟市

道脇幸博、角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
有限要素法による嚥下のシミュレーションモデルの構築.
第16回日本摂食・嚥下学会学術大会 2010.9.3-4新潟市

佐藤郁文, 水谷幸嗣, 青木 章, 谷口陽一, 江尻健一郎,澤辺正規, 桃沢裕子, 小田 茂, 角 保徳, 和泉雄一 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断法(OCT)の歯周組織診断への応用 -歯槽骨の同定-
第53回日本歯周病学会秋季学術大会2010.9.18-19. 香川県

山岸 敦, 中津 晋, 押野 一志, 矢納 義高, 小澤 総喜, 角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層診断装置(OCT)を用いた歯周組織形状の経時的変化の観察.
第53回日本歯周病学会秋季学術大会2010.9.18-19. 香川県

講演など(教育、普及、広報活動)

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
Apolipoprotein E and Alzheimer's Disease
招待講演(客員教授授与講演,中国瀋陽医学院・何氏視覚科学学院, 2010年9月27日,瀋陽,中国

西辻和親細野 崇、中村俊行、道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
血液脳関門機能に対するアポリポタンパク質Eアイソフォームの影響
Neuro2010 2010年9月4日、神戸

鄭 且均厳 景玉、三浦 裕、赤津裕康、道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
APP代謝及びAb産生機構におけるホメオチィック因子ATBF1の機能解析
Neuro2010 2010年9月3日、神戸

ゾウクン、劉 俊俊、劉 しゅ余、田邊千晶、前田智司、道川 誠、駒野宏人 (アルツハイマー病研究部)
ACE阻害によるアルツハイマー病モデルマウス脳内変化の解析
Neuro2010 2010年9月2日、神戸

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
炎症とアルツハイマー病
日本歯周病学会シンポジウム 2010年9月19日、高松

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICFの基礎的理解.
文部科学省介護福祉等に係る講習会 京都 2010年8月17日、名古屋 2010年8月19日、
熊本 2010年8月23日、東京 2010年8月26日

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
ICF(WHO 国際生活機能分類)の理解と活用
日本障害者リハビリテーション協会ICF研修会、2010年9月3日 東京

大川弥生 (生活機能賦活研究部)
新しいリハビリテーションを語る.
日本障害者リハビリテーション協会市民講座、2010年9月4日 東京

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高齢運転者と認知症について:高齢者の交通事故防止の観点から.
高齢者交通事故防止パネルディスカッション.
警視庁 平成22年秋の全国交通安全運動高齢者交通安全のつどい,2010年9月3日,東京.

丸山光生 (老化機構研究部)
「動物実験が教えてくれる老化と免疫のお話し」
日本実験動物協同組合研修会 2010年9月25日.東京

松下健二 (口腔疾患研究部)
オーラルヘルスプロモーションのこれから -口腔健康行動におけるコミュニティーチーム医療 -
日本健康心理学会第23回大会シンポジウム  2010年9月11日, 千葉

センター内活動(セミナー等)

籏野健太郎 (脳機能画像診断開発部)
トランスロケータ蛋白リガンドによる神経変性疾患イメージング
CAMD報告会,9月9日,2010

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター