文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2010年 [平成22年] 8月

新聞・雑誌等

大島伸一 (総長)
日本医事新報,4503(平成22年8月14日)号:57,緑陰随筆,「独立行政法人国立長寿医療研究センター」

大島伸一 (総長)
中日新聞,平成22年8月29日(日)朝刊,「長寿の国を診る」,行き過ぎた個の尊重.

大島伸一 (総長)
悪性像の認められない腎癌.Urology Today.17(3):132. 2010

予防開発部:
テレビ朝日みんなの家庭の医学,平成22年8月17日,「目&耳老化予防SP」

島田裕之 (在宅医療・自立支援開発部)
中日新聞,平成22年8月31日(日)朝刊,運動で認知症防ごう 改善度測る教室開始.

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者に多い口腔・歯科疾患 「高齢者の口腔機能と口腔ケア」
長寿科学振興財団 67-78, 2010

論文発表等

原著論文

Yuyama K, Yanagisawa K. (副所長室)
Sphingomyelin accumulation provides a favorable milieu
for GM1 ganglioside-induced assembly of amyloid ß-protein.
Neurosci Lett. 481168-172, 2010.

Arai A, Mizuno Y, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Differences in perceptions regarding driving
between young and old drivers and non-drivers in Japan.
Int J Geriatr Psychiatry, 2010. DOI: 10.1002/gps.2457

Hiroyuki Shimada, Hunkyung Kim, Hideyo Yoshida, Yuko Yoshida, Kyoko Saito,
Megumi Suzukawa, Hyuma Makizako, Takao Suzuki (在宅医療・自立支援開発部)
Factors associated with timed "Up and Go" test score in elderly women.
J Phys Ther Sci 22(3):273-278,2010.

Hyuma Makizako, Taketo Furuna, Hiroyuki Shimada, Hikaru Ihira, Mika Kimura,
Lars IE Oddsson, Takao Suzuki (在宅医療・自立支援開発部)
Age-related changes in attentional capacity and the ability to multi-task
as a predictor for falls in adults aged 75 years and older.
J Phys Ther Sci 22(3):323-329,2010.

原田和宏,島田裕之,Patricia Sawyer,浅川康吉,二瓶健司,金谷さとみ,
古名丈人,石崎達郎,安村誠司 (在宅医療・自立支援開発部)
介護予防事業に参加した地域高齢者における生活空間(Life-space)と点数化評価の妥当性の検討.
日本公衛誌 57(7): 526-537,2010.

中村昭範,吉山顕次,Diers Kersten,加藤隆司小野健太郎,服部英幸,
文堂昌彦伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
Alzheimer型認知症における聴覚中潜時誘発反応の増大と脳血流変化.
日本生体磁気学会誌,23(1), 138-139, 2010

寺沢史誉小澤総喜,下郷和雄,角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断法の口腔癌への応用.
日本口腔検査学会誌.2:60-64, 2010

総説, その他

Nakai T, Bagarinao E, Miyakoshi M, Chen SA, Tseng I, Matsuo K (長寿医療工学研究部)
Neuroimaging evidence of demand-reservation balance change in the aging brain
- An analysis of hemodynamic response function during motor execution
Frontiers in Neuroscience. Conference Abstract: Neuroinformatics 2010 . doi: 10.3389/conf.fnins.2010.13.00138

大島伸一 (総長)
在宅医学の展望(Ⅰ).日本在宅医学会雑誌.12(1):17-20. 2010.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アポリポ蛋白Eとアルツハイマー病
Clinical Neuroscience (月刊臨床神経科学), 28: 992-995, 2010

大塚礼 (予防開発部):
低栄養を防ぐ-簡単・栄養改善 〜日常生活のなかで簡単にできる方法〜,効果的な介護予防事業の展開.

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「専門的口腔ケア」時の局所への対応①
デンタルハイジーン 30:618-623, 2010

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
口腔ケアとリスク管理
デンタルハイジーン 30:443, 2010

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Maruyama M, Sakabe I, Iijima J, and Naoe Y (老化機構研究部)
Molecular mechanisms of functional decline in the immunosenescence
Asian Aging Core for Longevity Research and Education 2010 Jeju Conference,
Jeju, Korea, August 23, 2010

Cheroutre H, Wijk van F, Mucida D, Park Y, Shinnakatsu R, Huang Y, Naoe Y, Lambolez F,
Kim G, Atarashi K, Honda K, Kronenberg M, and Taniuchi I (老化機構研究部)
Operationg with a fake ID at the border: Lineage switch of mucosal CD4T cells
14th International Congress of Immunology.
Kobe, Japan. August 24, 2010

Sakaguchi S, Hombauer M, Bilic I, Naoe Y, Schebesta A,
Taniuchu I,and Ellmeier W (老化機構研究部)
The zinc finger protein MAZR is part of the transcription factor network
that regulates CD4/CD8 cell fate decision of DP thymocytes
14th International Congress of Immunology.
Kobe, Japan. August 25, 2010

Hosono T, Hossain M, Britschgi M, Akatsu H,van Kuppevelt T,Michikawa M,
Wyss-Coray T, Uchimura K. (アルツハイマー病研究部)
The Sulf-degrading heparan sulfate epitope accumulates
in cerebral amyloid ß plaques of mouse models and patients of Alzheimer’s disease
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010),
August 2, 2010 ,Makuhari Messe, Makuhari

Hossain M, Hosono T, Niimi S, van Kuppevelt T, Michikawa M,
Rosen S, Uchimura K. (アルツハイマー病研究部)
Immunolocalization of the RB4CD12 anti-heparan sulfate epitope in the brain
and its degradation by Sulfs, extracellular endosulfatases
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010),
August 5, 2010 ,Makuhari Messe, Makuhari

内村健治 (アルツハイマー病研究部)
セレクチン認識および血管外細胞遊走に関わる糖鎖関連酵素
ー骨髄由来細胞のアルツハイマー病脳内浸潤ー
第4回ミッドカイン研究会 名古屋大学医学部 2010年8月9日、名古屋

大塚理加大島浩子,三浦久幸 (在宅医療・自立支援開発部)
高齢者の食環境と低栄養―高齢者の「食べる楽しみ」の大切さ.
第32回日本臨床栄養学会総会,愛知,2010年8月29日.

森山雅子 (予防開発部)
短期大学在学中メンタルヘルスはどのように変容するのか.
第52回日本教育心理学会,8月27日,東京.

安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者の血清カロテノイドと骨密度に関する横断的検討.
第32回日本臨床栄養学会,8月28日,名古屋.

大塚礼,加藤友紀,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年男女における多価不飽和脂肪酸摂取量と認知機能低下との関連.
第32回日本臨床栄養学会,8月29日,名古屋.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (予防開発部)
地域在住中高年者のアミノ酸摂取量と抑うつとの関連.
第32回日本臨床栄養学会,8月29日,名古屋.

森山雅子,杉本英晴,谷伊織,五十嵐素子 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断調査(9)-恋人の有無と抑うつの変動の関連-.
第52回日本教育心理学会,8月29日,東京.

五十嵐素子,森山雅子,杉本英晴,谷伊織 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断調査(8)
-学業・就職活動への取り組みと内定状況の関連についての検討-.
第52回日本教育心理学会,8月29日,東京.

杉本英晴,谷伊織,五十嵐素子,森山雅子 (予防開発部)
女子短期大学生の心理的発達に関する縦断調査(10)
-入学3ヶ月後の女子短期大学生が所属するグループについての検討-.
第52回日本教育心理学会,8月29日,東京.

村松昌, 山本誠士, 森脇佐和子,本山昇,徳田治彦,新飯田俊平 (遺伝子蛋白質解析室)
Aging impacts on miRNAs expression in blood.
日本RNAi研究会, 2010年8月28日 広島

伊藤安海, 根本哲也, 久保田怜, 藤井優武, 横山考弘, 松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
高齢者用ドライブシミュレータ適応課題の開発
第29回数理科学講演会,東京,2010年8月28日

伊藤安海, 根本哲也, 久保田怜, 小倉崇生, 戸田均, 木村巧, 松井応式, 松浦弘幸 (長寿医療工学研究部)
生体軟組織の厚さが骨折リスクに及ぼす影響
日本実験力学会2010年度年次講演会,長崎,2010年8月18日

講演など(教育、普及、広報活動)

Shimokata H (予防開発部)
Longitudinal study.
Japan International Cooperation Agency (JICA) lecture, 26th, Aug, Obu.

Miyamoto Y, Koshidaka Y, Saito H, Kagami Y, Murase K, Kaji N, Yukawa H, Noguchi H, Iwata H, Baba Y, Hayashi S. (口腔疾患研究部)
Toxicity and functional assessment using polysaccharide-based magnetic iron oxide nanoparticles for cell labeling in vivo and in vitro.
240th ACS National Meeting & Exposition, Petite and Sweet: Glyconanotechnology as a Bridge to New Medicines Symposium, Boston, MA, USA, 2010/8/22-26.

下方浩史 (予防開発部)
健康長寿を目指して.
知多シニアライオンズクラブ講演会,8月5日,大府.

丸山 光生 (老化機構研究部)
「老化と癌化の最新の話題ー細胞老化関連遺伝子TARSHの臨床応用と肺癌の臨床研究」
金沢医科大学病院 第29回がん診療連携拠点病院研究会 2010年8月6日 金沢

丸山 光生 (老化機構研究部)
「老化と免疫の研究の接点は???」
ニチニチ製薬株式会社中央研究所 2010年8月10日 伊賀

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者医療と口腔ケア:高齢者歯科医療の確立の必要性とその提言
山形県歯科医師会在宅医療研修会講演  2010.08.19  山形市

センター内活動(セミナー等)

加藤公子,中村昭範,柏原考爾,加藤隆司,文堂昌彦,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
脳磁図による前頭葉機能の加齢変化の検討.
NCGG若手研究者発表会,8月25日,2010.

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
アミロイド沈着と脳糖代謝:認知機能正常者からアルツハイマー病患者まで
CAMD報告会 8月12日,2010

西田裕紀子 (予防開発部)
地域在住高齢者の生きがいと知能-6年間の縦断的検討-.
2010年度NCGG若手研究者発表会,8月25日,大府.

杉浦彩子 (予防開発部)
耳鳴りと脳梗塞の関係について.
2010年度NCGG若手研究者発表会,8月25日,大府.

大菅陽子 (予防開発部)
地域住民における夜間頻尿の有症率及び危険因子についての検討.
2010年度NCGG若手研究者発表会,8月25日,大府.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター