文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2011年 [平成23年] 4月

新聞・雑誌等

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
北海道新聞,平成22年4月1日(木)朝刊,認知症の人の車「運転どう卒業」

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
月刊福祉,平成22年4月号,「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」
ダウンロード配布開始

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
Medical ASAHI,平成22年4月号,「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」
ダウンロード配布開始

下方浩史(予防開発部):
きょうの健康,平成22年4月号,「中高年こころ健やかに」

下方浩史(予防開発部):
NHK教育テレビきょうの健康,平成22年4月1日,「中高年こころ健やかに」

下方浩史(予防開発部):
日刊ゲンダイ,平成22年4月1日,「”老け顔”を治すと元気になる!?若々しさを意識して生活改善」

岡村菊夫 (手術・集中治療部)
A型ボツリヌストキシン膀胱壁内注入療法:高齢者の切迫性尿失禁、脊髄損傷患者の排尿筋過活動に有効
Medical Tribune(4月22日号)4316:55, 2010

論文発表等

原著論文

Yajima A, Inaba M, Tominaga Y, Nishizawa Y, Ikeda K(運動器疾患研究部), Ito A:
Increased osteocyte death and mineralization inside bone after parathyroidectomy
in patients with secondary hyperparathyroidism.
J Bone Miner Res 2010 WebFirst(doi: 10.1359/jbmr.081006)

Abiko Y, Sato T, Matsushita K, Sakashita R, Takahashi N:(口腔疾患研究部)
Porphyromonas gingivalis is widely distributed
in subgingival plaque biofilm of elderly subjects, Ed. Sasano T , Suzuki O in:
Interface Oral Health Science 2009 3:240-242, 2010.

Sakaguchi S, Hombauer M, Bilic I, Naoe Y(老化機構研究部), Schebesta A,
Taniuchi I, Ellmeier W.
The zinc-finger protein MAZR is part of the transcription factor network
that controls the CD4 versus CD8 lineage fate of double-positive thymocytes.
Nat Immunol. 11(5) : 442-428. 2010 (Epub ahead of print)

Ogawa M, Nishiyama S, Tsukada H, Hatano K, Fuchigami T, Yamaguchi H,
Matsushima Y,Ito K(脳機能画像診断開発部), Magata Y.
Synthesis and evaluation of new imaging agent
for central nicotinic acetylcholine receptor alpha7 subtype.
Nucl Med Biol. 2010 37(3):347-55.

Borghammer P, Chakravarty M, Jonsdottir KY, Sato N, Matsuda H,
Ito K, Arahata Y, Kato T(脳機能画像診断開発部), Gjedde A.
Cortical hypometabolism and hypoperfusion in Parkinson's disease is extensive:
probably even at early disease stages. Brain Struct Funct. 2010;214(4):303-17

Natsume H, Tokuda H, Adachi S, Takai S, Matsushima-N R, Kato K, Minamitani C, Niida S, Mizutani J,Kozawa O, Otsuka T (遺伝子蛋白質解析室)
Rho-kinase limits FGF-2-stimukated VEGF release in osteoblasts.
Bone, 46(4): 1493-1497, 2010

総説, その他

柳澤勝彦(副所長室)
Aßを標的とする治療薬開発の現状と課題
医薬ジャーナル. 46(5):1379-1382, 2010.

渡辺 研、池田恭治(運動器疾患研究部):
骨細胞の分子生物学、THE BONE“運動と骨II” 24: 57-63, 2010

下方浩史,安藤富士子,北村伊都子(予防開発部):
地域住民における潜在性甲状腺機能異常の頻度と実態,甲状腺疾患:診断と治療の進歩.
日本内科学会雑誌,99:686-692,2010.

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断法(Optical Coherence Tomography)の歯科臨床への応用 歯科医療の未来を創る
日本歯科医学会誌 53-56, 2010

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Matsushita K, Morrell CN, Mason, EL O’Rourke B, Champion HC,
and Lowenstein CJ(口腔疾患研究部):
Angiotensin II Activates Endothelial Exocytosis by Stimulating Superoxide Production
第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月24日、鹿児島

Maruyama W(加齢健康脳科学研究部):
Role of ageing in the pathogenesis of neurodegeneration.
Strategic Japan-New Zealand Cooperative Program on “Functional Food”,
The First Workshop on Beneficial Marine Lipids as Ingredients for Functional Foods.
2010年4月26日、東京

杉浦進介江口傑徳萩原真小松寿明谷川順美、野口俊英、松下健二(口腔疾患研究部):
バルプロ酸(VPA)は ERK 1/2 の活性化を介して High Mobility Group Box 1(HMGB1) の産生を誘導する
第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月24日,鹿児島

脇田英明、足立香代(加齢健康脳科学研究部)
セレクチンを標的としたリポソームによる細胞接着分子抑制効果の検討.
第35回日本脳卒中学会総会. 2010年4月16日. 盛岡.

丸山光生(老化機構研究部)
「難病の克服に向けて」
名古屋大学第15回鶴舞公開セミナー
2010年4月23日.名古屋

大菅陽子,野尻佳克,岡村菊夫,大塚礼加藤友紀下方浩史今井具子安藤富士子(予防開発部)
地域住民における塩分摂取が夜間頻尿に与える影響についての検討.
第98回日本泌尿器科学会総会,4月27日,盛岡市.

野尻佳克, 岡村菊夫,大菅陽子 (手術・集中治療部)
残尿量が増加した虚弱高齢者では尿道カテーテルを留置しても膀胱は空虚にならない
第98回日本泌尿器科学会総会. 2010年4月27日, 盛岡

講演など(教育、普及、広報活動)

松下健二(口腔疾患研究部):
凝固第 Xa 因子の病態への関与とその制御 -基礎研究者の立場から- 
第3回 Bayer Thrombosis Seminar「血栓形成と凝固第 Xa 因子」 2010年4月22日,鹿児島

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
「高齢者における口腔ケアの重要性」
九州大学講義 2010.04.27 福岡市

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター