文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2009年 [平成21年] 12月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中日新聞,平成21年12月29日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,医師全体がまとまる好機

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
新しい歯科用画像診断装置―OCT―2:OCTの臨床応用
愛知県保険医新聞 1773号 2009.

論文発表等

原著論文

Shimada H, Suzukawa M, Tiedemann A, Kobayashi K, Yoshida H, Suzuki T.(所長室)
Which neuromuscular or cognitive test is the optimal screening tool to predict falls
in frail community-dwelling older people?
Gerontology. 55:532-538,2009.

Oikawa N, Ogino K, Masumoto T, Yamaguchi H, Yanagisawa K. (アルツハイマー病研究部)(副所長室)
Gender effect on the accumulation of hyperphosphorylated tau in the brain of
locus-ceruleus-injured APP-transgenic mouse. Neurosci Lett 468:243-247, 2010.

Utsumi M, Yamaguchi Y, Sasakawa H, Yamamoto N, Yanagisawa K, Kato K.(副所長室)
Up-and-down topological mode of amyloid ß-peptide lying on hydrophilic/hydrophobic interface of ganglioside clusters. Glycoconj J 26:999-1006, 2009.

Nishida Y, Ito S, Ohtsuki S, Yamamoto N, Takahashi T, Iwata N, Jishage K, Yamada H, Sasaguri H, Yokota S, Piao W, Tomimitsu H, Saido TC, Yanagisawa K, Terasaki T, Mizusawa H, Yokota T.(副所長室)
Depletion of vitamin E increases amyloid ß accumulation by decreasing its clearances
from brain and blood in a mouse model of Alzheimer disease. J Biol Chem 284:33400-33408, 2009.

Zou K, Maeda T, Watanabe A, Liu J, Liu S, Oba R, Satoh Y, Komano H, Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
Aβ42-to-Aβ40- and angiotensin-converting activities
in different domains of angiotensin-converting enzyme.
J Biol Chem. 284(46):31914-20, 2009

Maeda T, Marutani T, Zou K, Araki W, Tanabe C, Yagishita N, Yamano Y, Amano T, Michikawa M, (アルツハイマー病研究部)Nakajima T, Komano H.
An E3 ubiquitin ligase, Synoviolin, is involved in the degradation of immature nicastrin,
and regulates the production of amyloid β-protein.
FEBS J. 276(20):5832-40, 2009.

Yamada T,Yeon-Suk J,Tsuchiya T,Matsuoka A, (長寿脳科学研究部)
Cytotoxicity of fullerene[60], carbon nanotube,
and their derivatives in V79 cells and cultured normal human astrocytes.
Bull Natl Inst Health Sci, 127, 39-43, 2009

Ozawa N, Sumi Y, Shimozato K, Chong C, Kurabayashi T (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
In-vivo OCT images of human labial glands.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol. 108:425-429, 2009

Imaizumi A, Kuribayashi A, Okochi K, Ishii J, Sumi Y, Yoshino N, Kurabayashi T (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Differentiation between superficial and deep lobe parotid tumors by MRI: usefulness of parotid duct criterion.
Acta Radiologica. 50:806 — 811, 2009

Takagi Y, Sumi Y, Harada A (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
Osteonecrosis associated with short-term oral administration of bisphosphonate.
J Prosthet Dent 101: 289-292, 2009

総説, その他

鈴木隆雄(所長室)
高齢者の転倒骨折予防のためのビタミンD:特集 骨粗鬆症と女性のQOL.
産婦人科治療,99:512-516,2009.

荒井由美子,新井明日奈(長寿政策・在宅医療研究部)
高齢者の社会参加.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.
統計データでみる高齢者医療.文光堂.50,東京,2009.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部 ),
第14回クリニカルPET賞受賞

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
歯科衛生士が担う「専門的口腔ケア」ってどんなこと?〜定義や考え方を理解しよう!
デンタルハイジーン 29:1322-1326、2009

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
歯科を取り巻くいま,そして歯科衛生士の役割
デンタルハイジーン 29:1202-1205、2009

角 保徳、西田 功 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
高齢者歯科医療の確立の必要性とその提言
歯界展望 114:990-995、2009

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
歯科を取り巻くいま、そして歯科衛生士の役割
デンタルハイジーン 129:1202-1205, 2009

角 保徳 (先端診療部、歯科口腔先端診療開発部)
光干渉断層画像診断法(OCT)のメカニズムと応用
ザ クインテッセンス 170:139-145, 2009

書物等

下方浩史,内田育恵(疫学研究部):
超高齢化社会における聴力障害の動向.
Advances in Aging and Health Research 2008 高齢難聴者のケア,長寿科学健康財団,p7-15,2009.

下方浩史(疫学研究部):
高齢者の定義および人口動態.
標準理学療法学・作業療法学専門基礎分野 老年学第3版,大内尉義編,医学書院,p37-44,2009.

講演等

学会・研究会等発表

Asai A, Sakabe I, Naoe Y, Maruyama M(老化機構研究部)
Analysis of zizimin2 function in mouse dendritic cells.
第32回分子生物学会年会 2009年12月9日 横浜

山崎泰豊、林茂生、津田玲生(老化機構研究部)
神経成熟におけるユビキチン化修飾の役割
第32回分子生物学会年会 2009年12月9日 横浜

林永美、津田玲生(老化機構研究部)
ショウジョウバエを用いた加齢性感覚器障害の発症メカニズム解析
第32回分子生物学会年会 2009年12月9日 横浜

Nakamura H., Watanabe A, Asai A, Maruyama M, Sugimoto M(老化機構研究部)
Regulation of p53 activation and induction by RNA-binding proteins, Hzf and HuR.
第32回分子生物学会年会,横浜,2009年12月10日

Sakabe I, Yanjun J, Asai A, Maruyama M(老化機構研究部)
Analysis of zizimin2(Dock 11) function in Cdc42 activation and filopodia formation.
第32回分子生物学会年会 2009年12月11日 横浜

Kawagishi H, Maruyama M, Takagi M, Sugimoto M(老化機構研究部)
ARF tumor suppressor regulates tumor angiogenesis through translational control of VEGFA mRNA.
第32回分子生物学会年会,横浜,2009年12月12日

Uno M, Takago M, Sugimoto M, Yasuda,A, Mizutani S(老化機構研究部)
ATM regulates adipocyte differentiation, and contributes glucose metabolism in vivo.
第32回分子生物学会年会,横浜,2009年12月12日

Miyakoshi M, Chen A, Matsuo K, Nakai T (長寿医療工学研究部)
Aging Effect un the Neural Basis of Incidental Memory Encording,
2009年認知症早期診断・リハビリ技術国際シンポジウム、岡山、2009年12月11日

Nakai T, Bagarinao E, Miyakoshi M, Yoshida M, Matsuo K (長寿医療工学研究部)
The Hemodynamic Response Function Represents the Neuronal Basis of Demand-Reservation Balance in Aging Brain,
2009年認知症早期診断・リハビリ技術国際シンポジウム、岡山、2009年12月12日

宮腰 誠 (長寿医療工学研究部)
ヒトの休息と進化
第2回日本人間行動進化学会大会、福岡、2009年12月13日

Miyakoshi M, Kanayama N, Iidaka T, Nakai T, Ohira H (長寿医療工学研究部)
EEG revealed two Phases in visual self-recognition: sharpening and facilitation
第5回犬山国際比較社会認知シンポジウム、犬山、2009年12月20日

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
ケアシステム・在宅医療.(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発事業
高齢社会に関する新規研究開発領域検討ワークショップ.講演.東京.2009年12月16日

松下健二(口腔疾患研究部)
感染免疫.
東北大学歯学部口腔微生物学講義 2009年11月30日, 仙台市

松下健二(口腔疾患研究部)
血管の詰まりを予防する食品有用成分の探索 -特に岐阜県特産イチゴに関して-
ぎふEBBF フォーラム 2009 2009年12月2日, 各務原市

松下健二(口腔疾患研究部)
高齢化社会における歯学の使命と課題 -老年期、衰退期を想定した歯科医療・医学とQOL-.
DENTISTRY, QUO VADIS? -フロネシスに基づいて- 2009年12月5日, 東京

松下健二(口腔疾患研究部)
過敏症.
東北大学歯学部口腔微生物学講義 2009年12月14日, 仙台市

Sugimoto M(老化機構研究部)
Translational feedback regulation of the p53 pathway.
The 5th International Symposium on Geriatrics and Gerontology. Aichi, Dec 5, 2009

丸山光生(老化機構研究部)
生体防御論 「B細胞と免疫記憶」
藤女子大学 人間生活学部 食物栄耀学科 第2限 2009年12月11日 石狩

丸山光生(老化機構研究部)
生体防御論 「老化と免疫」
藤女子大学 人間生活学部 食物栄耀学科 第3限 2009年12月11日 石狩

伊藤健吾(長寿脳科学研究部 ),
認知症の診断と根本治療薬の開発に貢献する脳イメージング ,
第9回兵庫もの忘れ外来ネットワーク,2009年12月3日,クラウンプラザ神戸,神戸市

センター内活動(セミナー等)

三浦久幸(外来診療部),大島伸一(総長),安井直,寺田順二,伊東光保,柴田久香,
小林真矢,洪英在,楠雅代,中村仁美,鈴木葉子,庄司吉昭,中村直人,大島浩子(所長室).
平成21年度「在宅医療メイツ連携スキルアップ講習会」 国立長寿医療センターを中核とした地域活性化委員会
長寿医療の先端地を目指す地域在宅医療ネットワーク事業.
2009年12月3日,10日,17日,国立長寿医療センター研究所2階会議室,大府市.

Motoyama N(老年病研究部)
Impact of DNA damage response on premature aging syndromes.
The 5th International Symposium on Geriatrics and Gerontology. Aichi, Dec. 5, 2009

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター