文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2009年 [平成21年] 7月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中日新聞,平成21年7月29日(水)朝刊,「長寿の国を診る」,誰のため?建築も同じ

論文発表等

原著論文

Abe K, Ohashi A(長寿政策・在宅医療研究部)
Development and testing of a staff questionnaire for evaluating
the quality of services at nursing homes in Japan. J Am Med Dir Assoc, 10: 189-195, 2009.

Mitsuo Maruyama, Takeshi Wakoh, Kunihiko Terauchi,
Masataka Sugimoto, Jun-ichi Shimada(老化機構研究部)
Putative role of a novel p53-dependent cellular senescence related gene,
TARSH in tumor suppression.
The Journal of Nutrition, Health and Aging 13(suppl. 1), S553, 2009

Minagawa K, Gong J-S, Jung C-G, Watanabe A,
Lund-Katz S, Phillips M C, Saito H, and Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
Mechanism underlying apolipoprotein E isoform-dependent lipid efflux from neural cells in culture.
J. Neurosci. Res., 87: 2498-2508, 2009.

Tesseur I, Brecht W, Corn J, Gong J-S, Yanagisawa K,
Michikawa M, Weisgraber K, Huang Y, and Wyss-Coray T.(アルツハイマー病研究部)
Bioactive TGF-β can associate with lipoproteins and is enriched in those containing apolipoprotein E3.
J. Neurochem., 110(4): 1254-1262, 2009

総説, その他

柳澤勝彦(副所長室)
アルツハイマー病と糖鎖
日本医事新報 4447: 40-42, 2009.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
生活不活発病(廃用症候群):ICF(国際生活機能分類)の「生活機能モデル」で理解する.
ノーマライゼーション 29(8):3-6,2009

池田恭治(運動器疾患研究部)
グルココルチコイドと骨、CLINICAL CALCIUM 特集“ホルモンと骨粗鬆症 UPDATE”19: 70-75, 2009

池田恭治(運動器疾患研究部)
高血圧と骨粗鬆症、治療 特集“骨粗鬆症診療ガイド”91: 1877-1880, 2009

書物等

講演等

学会・研究会等発表

Yanagisawa K.(副所長室)
Pathological significance of ganglioside cluster in Alzheimer disease.
第51回日本脂質生化学会. 2009年7月30日.名古屋.

柳澤勝彦(副所長室)
Seed形成の細胞生物学的基礎:ガングリオシドマイクロドメインの役割
大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質立体構造を基盤とするプリオン現象の解明と制御」.
2009年7月13日.吹田.

K. Hatano, H. Toyama, T. Yamada, G. Kudo,
H. Suzuki, M. Ichise, A. A. Wilson, M. Sawada, K. Ito(長寿脳科学研究部)
A PRACTICAL PREPARATION OF [18F]FEPPA USING A PROTIC SOLVENT SYSTEM.
18th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences,
July 13 (12-17) 2009, Edmonton, Canada

寺内邦彦、島田順一、若生武、加藤大志朗、下村雅律、常塚啓安彰、岡田悟、神埼智仁、丸山光生(老化機構研究部)
「細気管支肺胞上皮癌におけるTARSH遺伝子の発現低下」
第26回日本呼吸器外科学会、2009年5月15日、北九州

瀧井猛将、林 大介、丸山光生、矢野郁也、山本三郎(老化機構研究部)
「老齢マウスにおけるBCG免疫に関する研究」
第84回日本結核病学会総会、2009年7月2日、札幌

Mitsuo Maruyama, Takeshi Wakoh,
Kunihiko Terauchi, Masataka Sugimoto, Jun-ichi Shimada(老化機構研究部)
Putative role of a novel p53-dependent cellular senescence related gene,
TARSH in tumor suppression.
The 19th IAGG world Congress of Gerontology and Geriatrics, Paris, France July 8, 2009

Young-Mi Lim, Shigeo Hayashi, Leo Tsuda(老化機構研究部)
Molecular study of age-related hearing disorders using Drosophila melanogaster Workshop
The 9th Japanese Drosophila Research Coference>
July 6-8, 2009, Tsumagoi, Shizuoka

Yasutoyo Yamasaki, Young-Mi Lim, Shigeo Hayashi, Leo Tsuda(老化機構研究部)
Functions of Charlatan, an NRSF/REST-like Transcriptional Repressor,
During Neuronal Differentiation and Development in Drosophila
The 9th Japanese Drosophila Research Coference
July 6-8, 2009, Tsumagoi, Shizuoka

Minagawa K, Gong J-S, Akatsu H. Jung C-G, Watanabe A, Nishitsuji K, Hosono T,
Lund-Katz S, Phillips M C, Komano H, Saito H, and Michikawa M(アルツハイマー病研究部)
Mechanism underlying apolipoprotein E (ApoE) isoform-dependent
HDL generation and impairment of ApoE3-mediated HDL generation by homocysteine.
International conference on Alzheimer ’s disease (ICAD), July 12-16, 2009, Vienna, Austria.

Zou K, Maeda T, Oba R, Michikawa M, Komano H.(アルツハイマー病研究部)
Ab42-toAb40- and angiotensin- converting activities
in different domains of angiotensin-converting enzyme.
International conference on Alzheimer ’s disease (ICAD), July 12-16, 2009, Vienna, Austria.

Akatsu H, Matsuyama Z, Matsukawa N, Hori A, Yamamoto T, Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
Low activity of angiotensin-converting enzyme (ACE) is a risk factor for onset of Alzheimer’s disease.
International conference on Alzheimer’s disease (ICAD), July 12-16, 2009, Vienna, Austria.

Jung CG, Kawaguchi M, Miura Y, Akatsu H, Hosono T, Uhm KO, Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
Ab enhances the ATBF1 expression responsible for the neuronal cell death.
International conference on Alzheimer’s disease (ICAD), July 12-16, 2009, Vienna, Austria.

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
The cholesterol paradox in the pathogenesis of Alzheimer’s disease.
第51回 日本脂質生化学会,2009年7月30日,名古屋.

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー棒の予防・治療法開発の最前線
平成21年度 日本大学生物資源科学部市民講座 2009年7月4日,藤沢.

Tange C, Nishita Y, Moriyama M, Tomida M,
Tsuboi S, Fukukawa Y, Ando F, and Shimokata H(疫学研究部)
Age-related changes of attitudes toward death among Japanese middle-aged and elderly.
The 19th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, 6th, Jul, Paris.

Ando F, Imai T, Otsuka R, Kato Y, Matsui Y, Takemura M, and Shimokata H(疫学研究部)
Fruit intake influences bone mineral density (BMD) among Japanese middle-aged and elderly.
The 19th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, 7th, Jul, Paris.

松井康素竹村真里枝,原田敦,安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
変形性膝関節症のXp所見と症状からみた有病率-地域在住中高年者対象NILS-LSA研究調査全例の解析より.
第27回日本骨代謝学会学術集会,7月23日,大阪.

飛田哲朗,原田敦,松井康素竹村真里枝,酒井義人,寺部靖人,下方浩史(疫学研究部)
大腿骨頚部骨折患者におけるSarcopenia(筋減少症)とOsteopeniaの評価-全身骨Dual energy X-ray absorptiometry を用いて.
第27回日本骨代謝学会学術集会,7月23日,大阪.

竹村真里枝松井康素,原田敦,安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
一般住民おける骨粗鬆症有病率の調査.
第27回日本骨代謝学会学術集会,7月23日,大阪.

Ando F, Kozakai R, and Shimokata H(疫学研究部)
The effects of physical activity and muscle strength on aging and age-related diseases;
from the NILS-LSA. JSPFSM Symposium
'Physiological regulation linked with physical activity and health'.
The 36th International Congress of Physiological Asiences, 31st, Jul, Kyoto.

Nakai T(長寿医療工学研究部)
The concept of functional neuroimaging data retrievalusing GRID
JSPS-SNSF Joint Seminar 2009 'Bridging Community Grids for Medical Image Analysis'
(日本学術振興機構 二国間共同セミナー), July 7 2009,Hotel Cristal, Grimentz, Switzerland

Miyakoshi M(長寿医療工学研究部)
EEG_data_and_Grid
JSPS-SNSF Joint Seminar 2009'Bridging Community Grids for Medical Image Analysis'
(日本学術振興機構 二国間共同セミナー), July 7 2009, Hotel Cristal, Grimentz, Switzerland

Nakane T (長寿医療工学研究部)
Functional_MRI_for_Geriatric_Neuroimaging_Database
JSPS-SNSF Joint Seminar 2009 'Bridging Community Grids for Medical Image Analysis'
(日本学術振興機構 二国間共同セミナー), July 7 2009, Hotel Cristal, Grimentz, Switzerland

Bagarinao E(長寿医療工学研究部)
BAXSQL_The_making
JSPS-SNSF Joint Seminar 2009'Bridging Community Grids for Medical Image Analysis'
(日本学術振興機構 二国間共同セミナー), July 7 2009, Hotel Cristal, Grimentz, Switzerland

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
これからの医療と長寿医療センターの取組.
(社)愛知県歯科医師会平成21年度介護予防・認知症サポーター養成講習会.基調講演.名古屋.2009年7月9日.

大島伸一(総長)
高齢社会と医療.
犬山市民総合大学敬道館一般教養学部第1回講座.講演.犬山.2009年7月18日.

大島伸一(総長)
高齢社会とこれからの医療.
三菱商事(株)ヒューマンメディア本部講演会.講演.東京.2009年7月21日.

大島伸一(総長)
長生きを喜べる社会を目指す.
東浦町高齢者教室明青会.講演.知多郡東浦町.2009年7月30日.

丸山光生(老化機構研究部)
「B細胞応答と免疫記憶」
平成21年度名古屋大学医学部講義「免疫と生体防御」
名古屋大学医学部、2009年7月2日、名古屋

Mitsuo Maruyama(老化機構研究部)
Molecular-based analysis of functional decline in immune system.
IFOM- FIRC Institute of Molecular Oncology Foundation, Milan, Italy July 13, 2009

丸山光生(老化機構研究部)
「B細胞免疫応答と免疫記憶」
平成21年度名古屋市立大学大学院薬学研究科講義「医療分子機能薬学分野特論」
名古屋市立大学大学院薬学研究科、 2009年7月22日、名古屋

鄭 且均(アルツハイマー病研究部)
<子育て世代のための脳知識>のうちー目で見る脳研究2ー
名古屋市立大学健康科学講座オープンカレッジ,2009年7月3日,名古屋.

Matsushita K(口腔疾患研究部)
A Step for Creation of Future Dental Science in NCGG.
1st Asian International Seminar for Geriatrics and Gerontology
-Active Health Promotion in the Aged Society-. July 22, 2009, Obu.

本山 昇(老年病研究部)
ストレス応答、アポトーシス
名古屋大学医学部講義「免疫と生体防御」 2009年7月2日 名古屋

本山 昇(老年病研究部)
分子総合医学専攻老化基礎科学講座
平成22年度名古屋大学大学院医学系研究科修士課程入試説明会 2009年7月11日 名古屋

安藤富士子,今井具子,下方浩史(疫学研究部)
カロテノイドの抗老化・老化関連疾患予防効果に関する大規模縦断疫学研究.
平成20年度委託試験研究成果発表会,7月2日,東京.

下方浩史(疫学研究部)
老化・老年医学研究への新たなストラテジー.
三重大学大学院医学研究科講議,7月24日,津.

内田育恵(疫学研究部)
全身との関わりでみた高齢者の聴力-老化に関する長期縦断疫学研究より.
尾張耳鼻咽喉科医会夏季研修会,7月25日,名古屋.

センター内活動(セミナー等)

大島伸一(総長)
なぜ今、在宅医療なのか.
第7回「地域をつむぐ医療文化」を語る会.講演.大府.2009年7月30日.

大塚礼(疫学研究部)
老化・老年病予防を目的とした栄養疫学研究〜観察的栄養学研究から予防栄養学への展開を目指して〜.
NILSセミナー,7月27日,大府.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター