文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2009年 [平成21年] 5月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中日新聞,平成21年5月30日(土)朝刊,「長寿の国を診る」,介護への投資 効果的に

Ishii et al.(運動器疾患研究部)
”Previews” Osteoclasts Pump Iron.
Cell Metabolism 9: 405-407, 2009
http://www.cell.com/cell-metabolism/abstract/S1550-4131(09)00096-5

Ishii KA et al. (運動器疾患研究部)
Not to be missed.
Clinical and Basic Research Papers – May 2009
http://www.bonekey-ibms.org/cgi/content/full/ibmske;6/5/159

竹下 淳(運動器疾患研究部)
「骨吸収から骨形成へのカップリング因子の同定を目指す!」
ユーザーインタビュー第2弾 株式会社セルシード 2009年5月1日
http://www.cellseed.com/interview/interview2.html

論文発表等

原著論文

Tsukamoto H, Kawano M, Inoue T, Enomoto T, Takahashi R, Yokoyama N,
Yamamoto N, Imai T, Kataoka K, Yamaguchi Y & Handa H.(老化制御研究部)
Evidence that SV40 VP1-DNA interactions contribute to the assembly of 40-nm spherical viral particles.
Genes to Cell 12:1267-1279, (2007)

Yokoyama N, Kawano MA, Tsukamoto H, Enomoto T, Inoue T, Takahashi R,
Nakanishi A, Imai T, Wada T & Handa H(老化制御研究部)
Mutational analysis of the carboxyl-terminal region of the SV40 major capsid protein VP1.
J Biochem 141:279-286, (2007)

Nakanishi A, Qiumin Q, Li PP, QH Jafri and Kasamatsu H(老化制御研究部)
Molecular Dissection of Nuclear Entry Competent SV40 during infection.
Virus Research 124/1-2, 226-230 (2007)

Nakanishi A, Itoh N, Li PP, Handa H, Liddington RC, and Kasamatsu H(老化制御研究部)
Minor capsid proteins of SV40 are dispensable for nucleocapsid assembly and cell entry,
but are required for nuclear entry of the viral genome.
Journal of Virology 81: 3778-3785 (2007)

Kurokawa H, Saito D, Nakamura S, Katoh-Fukui Y, Ohta K,
Baba T, Morohashi K, Tanaka M. (老化制御研究部)
Germ cells are essential for sexual dimorphism in the medaka gonad.
Proc. Natl. Acad. Sci. U S A., 104:16958-16963 (2007)

Suzuki SC, Furue H, Koga K, Jiang N, Nohmi M, Shimazaki Y,
Katoh-Fukui Y, Yokayama M, Yoshimura M, Takeichi M. (老化制御研究部)
Cadherin-8 is Required for the First Relay Synapses to Receive Functional Inputs
from Primary Sensory Afferents for Cold Sensation.
J. Neurosci., 27: 3466-3476 (2007)

Minami A, Tsuboi I, Harada T, Fukumoto T, Hiramoto M, Koshinaga M,
Hirabayashi Y, Kanno J, Inoue T, Aizawa S. (老化制御研究部)
Inflammatory biomarker, neopterin, suppresses B lymphopoiesis
for possible facilitation of granulocyte responses,
which is severely altered in age-related stromal-cell-impaired mice,
SCI/SAM. Experimental Biology and Medicine 232 (1), 134-145 (2007)

Tsuboi I, Hirabayashi Y, Harada T, Hiramoto M, Kanno J, Inoue T, Aizawa S.(老化制御研究部)
Predominant regeneration of B-cell linage, instead of myeloid linage,
of the bone marrow after 1 Gy whole-body irradiation in mice:
Role of differential cytokine expression between B-cell stimulation by IL10,
Flt3 ligand and IL7 and myeloid suppression by GM-CSF and SCF.
Radiation Research 170 (1), 15-22 (2008)

Nakanishi A, Chapellier B, Maekawa N, Hiramoto M,
Kuge T, Takahashi RU, Handa H & Imai T.(老化制御研究部)
SV40 vectors carrying minimal seqence of the viral origin with exchangeable capsid.
Virology 379:110-117, (2008)

Takahashi RU, Kanesashi SN, Inoue T, Enomoto T, Kawano MA, Tsukamoto H,
Takeshita F, Imai T, Ochiya T, Kataoka K, Yamaguchi Y & Handa H.(老化制御研究部)
Presentation of functional foreign peptides on the surface of SV40 virus-like particles.
J Biotechnol 135:385-392, (2008)

Inoue T, Kawano MA, Takahashi RU, Tsukamoto H, Enomoto T,
Imai T, Kataoka K & Handa H.(老化制御研究部)
Engineering of SV40-based nano-capsules for delivery of heterologous protein
as fusions with the minor capsid proteins VP2/3.
J Biotechnol 134:181-192, (2008)

Miyazaki M, Miyazaki K, Itoi M, Katoh Y, Guo Y, Kanno R, Katoh-Fukui Y, Honda H,
Amagai T, van Lohuizen M, Kawamoto H, Kanno M. (老化制御研究部)
Thymocyte proliferation induced by pre-T cell receptor signaling is maintained
through polycomb gene product Bmi-1-mediated Cdkn2a repression.
Immunity, 28:231-245 (2008)

Sato Y, Baba T, Zubair M, Miyabayashi K, Toyama Y, Maekawa M, Owaki A,
Mizusaki H, Sawamura T, Toshimori K, Morohashi K, Katoh-Fukui Y. (老化制御研究部)
Importance of forkhead transcription factor Fkhl18 for development of testicular vasculature.
Mol. Reprod. Dev., 75:1361-1371 (2008)

Ishimaru Y, Komatsu T, Kasahara M, Katoh-Fukui Y, Ogawa H, Toyama Y,
Maekawa M, Toshimori K, Chandraratna RA, Morohashi KI, Yoshioka H. (老化制御研究部)
Mechanism of asymmetric ovarian development in chick embryos.
Development, 135:677-685 (2008)

Kojima Y, Hayashi Y, Mizuno K, Sasaki S, Fukui Y, Koopman P, Morohashi KI, Kohri K. (老化制御研究部)
Up-regulation of SOX9 in human sex-determining region
on the Y chromosome (SRY)-negative XX males.
Clin. Endocrinol., 68:791-799 (2008)

今井 剛(老化制御研究部)
健康寿命の延伸
慶應医学, 84,149-155 (2007)

Liu J, Cao L, Chen J, Song S, Lee IH, Quijano C, Liu H, Keyvanfar K, Chen H, Cao LY,
Ahn BH, Kumar NG, Rovira II, Xu XL, van Lohuizen M, Motoyama N, Deng CX, Finkel T.(老年病研究部)
Bmi1 regulates mitochondrial function and the DNA damage response pathway.
Nature 459: 387-395, 2009.

Yamada Y, Ando F, and Shimokata H(疫学研究部)
Association of polymorphisms of SORBS1,
GCK and WISP1 with hypertension in community-dwelling Japanese individuals.
Hypertens Res, 32: 325-331, 2009.

Uchida Y, Sugiura S, Nakashima T, Ando F, and Shimokata H(疫学研究部)
Endothelin-1 gene polymorphism and hearing impairment in elderly Japanese.
Laryngoscope, 119: 938-943, 2009.

総説, その他

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
アポリポ蛋白Eと脳内コレステロール代謝
膜 34巻(3号),140-145,2009.

渡辺 研、池田恭治(運動器疾患研究部)
骨芽細胞の分化と骨形成
日本臨床“骨粗鬆症の薬物療法―薬効評価と臨床研究の進歩―” 67: 879-886, 2009

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ICFから高齢者医療・介護を考える
生活機能学の立場から.老年看護学 13(2):18-27,2009

書物等

荒井由美子,熊本圭吾(長寿政策・在宅医療研究部)
高齢者リハビリテーションと介護.武田雅俊,編.改訂・老年精神医学講座;総論.
ワールドプランニング.197-212,東京,2009.

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
第4章:コレステロール代謝とアルツハイマー病
脳内老化制御とバイオマーカー:基盤研究と食品素材
(株)シーエムシー出版,(東京),pp129-136,2009.

津田玲生(老化機構研究部)
ショウジョウバエを用いた老化研究
「脳内老化制御とバイオマーカー: 基礎研究と食品素材」監修:大沢俊彦、丸山和佳子
シーエムシー出版 p33~p45 (2009)

講演等

学会・研究会等発表

脇田英明、吉崎嘉一(血管性認知症研究部)
マウス血管性認知症モデル白質病変での細胞接着分子発現とグリア細胞活性化の検討.
第50回日本神経学会総会. 2009年5月22日. 仙台.

中村昭範,根本哲也,野田信雄,小野健太郎,山中真,小井手一晴(長寿脳科学研究部)
皮膚二点識別覚閾値自動測定システムの開発とその応用.
第50回日本神経学会総会,2009年5月21日,仙台

中村昭範(長寿脳科学研究部)
シンポジウム - MEG/MCG装置と解析法のファントムによる検証「脳磁図のファントムによる検証の重要性」.
第24回日本生体磁気学会大会,2009年5月28日,金沢

中村昭範,吉山顕次,小野健太郎,文堂昌彦,服部秀幸,伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
聴覚中潜時誘発磁場による認知症補助診断の可能性.
第24回日本生体磁気学会大会,2009年5月28日,金沢

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
脳内脂質代謝の生理学的ならびに病理学的意義について
日本膜学会シンポジウム「脂質低下療法時代の生体膜研究」
東京理科大学森戸記念館,2009年5月22日,東京.

Nakanishi A(老化制御研究部)
Toward understanding of functional disassembly in SV40 infection.
Forth International Workshop on the Structural Biology of Small DNA Tumor Viruses (2007)Siena, Italy

中西 章、平本正樹、今井剛(老化制御研究部)
核内移行以後の過程で阻害されているSV40変異体
日本ウイルス学会 第55回(2007)札幌

今井剛, 平本正樹, 前川尚也, 綾部文明, Acharya HP, 小林雄一. (老化制御研究部)
△12-PGJ2誘導体の合成と活性.
日本基礎老化学会 第30回(2007)札幌

Harada H, Yasuda M, Ogino H, Hiramoto M, Aizawa S, Seki M. (老化制御研究部)
Adhesion of Murine Fibroblast Cell on Polymer Particle Having
Grafted Epoxy Group and Hematopoietic Support of Adhered Cell for Blood Progenitor Cell.
上海市化学化工学会・化学工学会関西支部 第1回若手研究交流会.(2007)大阪

Nakanishi A(老化制御研究部)
Impact of mutations in SV40 minor capsid proteins on the viral nuclear entry and viral uncoating.
FASEB summer research conference on Virus structure and assembly(2008)Vermont, VT, USA

Hiramoto M, Maekawa N, Nakanishi A, Imai T. (老化制御研究部)
Pdia associates with proinsulin in pancreatic b cells and promotes insulin secretion.
48th Annual Meeting of the American Society for Cell biology. (2008)San Francisco, CA, USA

Nakanishi A, Chapellier B, Maekawa N, Hiramoto M, Imai T,(老化制御研究部)
Cell-type restricted gene delivery using polyomaviral vectors.
日本遺伝子治療学会 第14回(2008)札幌

中西 章、Benoit Chapellier、今井 剛(老化制御研究部)
7種のポリオーマウイルスカプシドを利用できるウイルスベクター
日本ウイルス学会 第56回(2008)岡山

津田玲生、山崎泰豊、林 茂生、林 永美(老化機構研究部)
核内因子Ebiの翻訳後修飾によるポリコーム複合体の機能調節機構
第3回日本エピジェネティクス研究会年会 平成21年5月22日
学術総合センター(東京都千代田区)

飛田哲朗,原田敦,松井康素竹村真理枝,寺部靖人,下方浩史(疫学研究部)
Dual energy X-ray absortiometryを用いた大腿骨頸部骨折患者におけるsarcopenia(筋減少症)の評価.
第82回日本整形外科学会学術総会,5月14日,福岡.

竹村真里枝松井康素,原田敦,安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
一般住民の骨粗鬆症有病率と治療適応率の調査.
第82回日本整形外科学会学術総会,5月14日,福岡.

松井康素竹村真里枝,原田敦,安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
一般住民における膝関節痛-性・年代別保有率、および膝関節変形との関連.
第82回日本整形外科学会学術総会, 5月14日,福岡.

安藤富士子,下方浩史(疫学研究部)
認知機能の加齢変化と関連要因.
第9回日本抗加齢医学会総会,5月28日,東京.

位田毅彦, 二ノ宮真之, 纐纈 守, 松下健二, 丸山征郎(口腔疾患研究部)
たまねぎ外皮抽出物の調製とその抗動脈硬化・抗血栓作用
第63回日本栄養・食糧学会大会 2009年5月20日, 長崎

猪俣 恵, 引頭 毅, 石原 裕一, 松下 健二, 野口 俊英(口腔疾患研究部)
Th2由来サイトカインはSTAT6を介して血管内皮細胞特異的な分泌顆粒の構成因子の発現量を変化させる
第52回日本歯周病学会春季学術大会 2009年5月15日, 岡山

杉浦 進介, 江口 傑徳, 猪俣 恵, 小松 寿明, 野口 俊英, 松下 健二(口腔疾患研究部)
新規炎症性サイトカインHMGB1のアセチル化制御薬による放出制御
第52回日本歯周病学会春季学術大会 2009年5月15日, 岡山

講演など(教育、普及、広報活動)

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病と脂質代謝
中部大学応用生物学部応用生物科学科 2009年5月19日,春日井.

中西 章(老化制御研究部)
自然界から学ぶ遺伝子導入「社会の要求に応える動物生命工学の実践教育」
第2回学術シンポジウム 文部科学省・大学院教育支援プログラム(2008) 和歌山:

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨の再生力と加齢変化
第9回抗加齢医学会 シンポジウム「運動器の加齢変化と加齢障害」、5月29日、東京

竹下 淳(運動器疾患研究部)
骨代謝の基礎と最近のトピックス
名古屋市立大学大学院医療分子機能薬学講義 、5月28日、名古屋

安藤富士子(疫学研究部)
健康長寿と生活習慣 〜内臓肥満診断の意義と限界〜.
岡崎栄養士会平成21年度総会,5月14日,岡崎.

松下健二(口腔疾患研究部)
血管を健康に保つアンチエイジングのすすめ-歯周病は血管病である-
岐阜県保険医協会歯科研究会 2009年5月24日, 岐阜

松下健二(口腔疾患研究部)
よく老いるための口腔医科学のあり方.
広島大学歯学部特別講義 2009年5月18日, 広島

センター内活動(セミナー等)

鄭 且均(アルツハイマー病研究部)
ホメオティック因子ATBF1(AT-motif binding factor 1)のアルツハイマー病脳における発現上昇機序と意義の解明
第47回PIセミナー, 2009年5月12日.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター