文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2009年 [平成21年] 2月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
新春巻頭インタビュー 長寿社会を迎えて(後編). 月刊なごや.317号:15-21. 2009

大島伸一(総長)
中日新聞,平成21年2月27日(金)朝刊,「長寿の国を診る」,命を守るための制度を

中村昭範(長寿脳科学研究部)
フジテレビ わかるテレビ「貧乏ゆすりがわかる」 2009年2月13日

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
画像診断が診療を変える 認知症 早期発見ツールとしてPETに注目 薬剤開発進めば予防に貢献も
日経メディカル 2009年2月号

論文発表等

原著論文

新井明日奈,荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
介護に関する事前の意思決定及び意思表示-わが国の一般生活者2,161名における実態-.
日本老年医学会雑誌;45(6):640-646,2008.

Ishii K, Fumoto T, Iwai K, Takeshita S, Ito M, Shimohata N, Aburatani H,
Taketani S, Lelliott CJ, Vidal-Puig A, Ikeda K(運動器疾患研究部)
Coordination of PGC-1β and iron uptake in mitochondrial biogenesis and osteoclast activation.
Nat Med Advance online publication (doi: 10.1038/nm.1910)

Ohgawara T, Kubota S, Kawaki H, Kondo S,
Eguchi T, Kurio N, Aoyama E, Sasaki A, Takigawa M.(口腔疾患研究部)
Regulation of chondrocytic phenotype by micro RNA 18a:
Involvement of Ccn2/Ctgf as a major target gene. FEBS Lett. 2009 Feb 20.

総説, その他

大島伸一(総長)
日本の医療の今後. 全国自治体病院協議会雑誌. 488(2009年2月)号:20-37. 2009.

下方浩史(疫学研究部)
日本の社会における長寿科学研究の必要性.
厚生科学WEEKLY,388:1-1,2009.

池田恭治(運動器疾患研究部)
副甲状腺ホルモン関連ペプチド(PTHrP)
臨床検査ガイド2009-2010、p404-409 文光堂, 2009

書物等

増原宏明(長寿政策・在宅医療研究部)
リスク回避と期待効用.Kreps,著.MBAのためのミクロ経済学入門II
ゲーム・情報と経営戦略.東洋経済新報社.3-34,東京,2009.

講演等

学会・研究会等発表

籏野健太郎(長寿脳科学研究部)
アルツハイマー病 PET化学ワークショップ2009 2月11日 神戸

内村健治(アルツハイマー病研究部)
白血球血管外遊走におけるセレクチン硫酸化糖鎖の分子相互作用
愛知医科大学 分子医科学研究所セミナー講演, 2009年2月4日、愛知郡長久手町

Jung CG, Kawaguchi M, Miura Y, Akatsu H, Hosono T, Uhm KO,
Yamaguchi T, Horike H, Kim TS, Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
A-beta enhance the ATBF1 expression responsible for the neuronal cell death.
Asian Core Symposium-Nano and Biomedical Molecular Science. 2009年2月7日、岡崎

Uchimura K(アルツハイマー病研究部)
Study of lymphocyte homing to lymph nodes
and its application for an analysis of brain homing in an Alzheimer’s mouse model
1st NAGOYA Global Retreat, 2009年2月21日、大府

石井清朗(運動器疾患研究部)
PGC-1と鉄代謝の協調作用による破骨細胞分化と機能の調節
第3回Bone Research Seminar、2月28日、東京

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
高齢社会と医療.
愛知県国民健康保険団体連合会 国民健康保険主管課長会議.講演.名古屋.2009年2月5日.

大島伸一(総長)
高齢社会と医療.
みはま寿大学閉校式.記念講演.知多郡美浜町.2009年2月19日

増原宏明,荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
セミパラメトリックモデルによる医療費シミュレーションの試み
国立社会保・人口問題研究所
「医療・介護制度におけるデータ利用可能性とevidence based policy」研究会,東京,2009年2月6日.

籏野健太郎(長寿脳科学研究部)
PET医薬品の製造と開発 藤田保健衛生大学核医学(RI)講演会 2月3日 豊明

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
認知症の診断と根本治療薬の開発に貢献するPETイメージング
第46回脳の医学・生物学研究会 2月28日 名古屋

加藤隆司,伊藤健吾,籏野健太郎(長寿脳科学研究部)
[C-11]BF-227 PETによるアミロイドイメージング:アルツハイマー病,軽度認知障害における検討
第13回ニューロイメージングカンファレンス 2009年2月7日 名古屋国際ホテル 名古屋市

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ICFに立った自立支援の理念と技法.
金沢大学付属特別支援学校研究協議会 金沢市 2009年2月6日

大川弥生(生活機能賦活研究部)
高齢者の「生活機能」向上の観点から環境を考える:人的・物的・制度的環境について.
厚生労働科学研究政策科学推進研究事業公開シンポジウム:高齢者をとりまく環境 東京都 2009年2月20日

Uchimura K(アルツハイマー病研究部)
Road to the PI position
1st NAGOYA Global Retreat 分科会, 2009年2月20日、大府

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター