文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2008年 [平成20年] 12月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
尊厳重視の医療を.夕陽を織る(北日本新聞社編集局 編著),北日本新聞社.富山.2008.pp.292-293.

大島伸一(総長)
巻頭言.腎不全対策からCKD対策へ,愛知腎臓財団,51(平成20年12月1月)号:3, 2008

大島伸一(総長)
中日新聞,平成20年12月27日(土)朝刊,「長寿の国を診る」,医療の危機 処方箋は?

Ishii K et al.(運動器疾患研究部)
Energy production and iron uptake in osteoclasts,
Meeting Report from the 30th Annual Meeting of the American Society
for Bone and Mineral Research (http://www.bonekey-ibms.org/cgi/content/full/ibmske;5/11/454)

Asaba Y et al. (運動器疾患研究部)
Not to be missed.
Clinical and Basic Research Papers –
November 2008 (http://www.bonekey-ibms.org/cgi/content/full/ibmske;5/11/401)

論文発表等

原著論文

Miyamoto K, Miyamoto T, Kato R, Yoshimura A, Motoyama N, Suda T(老年病研究部)
FoxO3a regulates hematopoietic homeostasis through a negative feedback pathway
in conditions of stress or aging.
Blood 112: 4485-4493, 2008

Masuhara H(長寿政策・在宅医療研究部)
Semi-nonparametric count data estimation with an endogenous binary variable.
Economics Bulletin: 3(42): 1-13, 2008.

佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
要介護高齢者における死亡場所の希望と実際-訪問看護師による把握-
日本老年医学会雑誌;45(6):622-626,2008.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
PETサマーセミナー2008 in 裏磐梯 印象記 ISOTOPE NEWS 12月号:40-41, 2008

Into T, Inomata M, Nakashima M, Shibata K, Hacker H, Matsushita K(口腔疾患研究部)
Regulation of MyD88-dependent signaling events by S-nitrosylation retards
Toll-like receptor signal transduction and initiation of acute-phase immune responses.
Mol Cell Biol 2008, 28: 1338-1347.

Eguchi T, Kubota S, Kawata K, Mukudai Y, Ohgawara T, Uehara J,
Ibaragi S, Sasaki A, Kuboki T, Takigawa M(口腔疾患研究部)
Novel Transcription Factor-like Function of Human MMP3 Regulating CTGF/CCN2 Gene.
Mol Cell Biol 2008, 28:2391-2413.

Tancharoen S, Matsuyama T, Abeyama K, Matsushita K, Kawahara K,
Sangalungkarn V, Tokuda M, Hashiguchi T, Maruyama I & Izumi Y(口腔疾患研究部)
The Role of Water Channel Aquaporin 3 in the Mechanism of TNF-Mediated Proinflammatory Events
Implication in Periodontal Inflammation. J Cell Physiol 2008, 217:338-349.

Iohara K, Zheng L, Wake H, Ito M, Nabekura J, Wakita H,
Nakamura H, Into T, Matsushita K, Nakashima M(口腔疾患研究部)
A novel stem cell source for vasculogenesis in ischemia
subfraction of side population cells from dental pulp. Stem Cells 2008, 26: 2408-2418.

Mukudai Y, Kubota S, Kawaki H, Kondo S, Eguchi T, Sumiyoshi K,
Ohgawara T, Shimo T, Takigawa M(口腔疾患研究部)
Posttranscriptional regulation of chicken ccn2 gene expression
by nucleophosmin/B23 during chondrocyte differentiation. Mol Cell Biol 2008, 28:6134-6147.

Kanno Y, Into T, Lowenstein CJ, Matsushita K(口腔疾患研究部)
Nitric oxide regulates vascular calcification by interfering with TGF- signalling.
Cardiovasc Res 2008, 77:221-730.

天野一晴中島美砂子鄭力庵原耕一郎、松井寛敬、山崎雅弘、松下健二、中村洋(口腔疾患研究部)
ラット歯髄創傷治癒過程におけるMMP-3の機能解析.
日本歯科保存学雑誌, 51: , 2008.

総説, その他

Ikeda K(運動器疾患研究部)
Osteocytes in the pathogenesis of osteoporosis.
Geriatr Gerontol Intern 8:213-217, 2008

新飯田俊平(運動器疾患研究部)
γ-グルタミルトランスペプチダーゼの骨破壊作用.
福岡医学 99:209-213, 2008

Zou K, Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Angiotensin-converting enzyme as a potential target for treatment of Alzheimer’s disease
Inhibition or activation?
Rev Neurosci, 19: 203-212, 2008.

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
高脂血症とアルツハイマー病.
循環器科. 64 (6) : 540-546, 2008.

荒井由美子,新井明日奈,水野洋子(長寿政策・在宅医療研究部)
認知症と社会支援.診断と治療;96(11):2371-2375,2008.

下方浩史,安藤富士子(疫学研究部)
長期縦断疫学で分かったこと.
日老会誌,45:563-572,2008.

下方浩史,安藤富士子(疫学研究部)
リスク集積と認知症.認知症と動脈硬化リスクファクター.
循環器科,64:552-558,2008.

Yamakuchi, M., Ferlito, M., Morrell, C.N., Matsushita, K., Fletcher, C.A., Cao, W., and Lowenstein, CJ(口腔疾患研究部)
Exocytosis of Endothelial Cells is Regulated by N-ethylmaleimide Sensitive Factor,
Ed. Andrei Ivanov in: Methods in Molecular Biology, 2008 40:203-216.

松下健二(口腔疾患研究部)
歯周病のサイエンス.
アンチ・エイジング医学, 4:045-053, 2008.

松下健二(口腔疾患研究部)
血管病としての歯周病とその対策.
歯界展望,112:334-340, 2008.

講演等

学会・研究会等発表

Motoyama N, Ohta K, Suzuki K, Matsumoto M(老年病研究部)
DNA damage-induced senescence: its implication in cancer and aging.
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会BMB2008(シンポジウム)12月10日、神戸

Ohta K, Suzuki K, Kamijo T, Kiyono T, Motoyama N(老年病研究部).
DNA damage-induced senescence is mediated by Chk2- and p19Arf-dependent p53 activation.
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会BMB2008, 2008年12月9日,神戸

松本 恵鈴木今日子大田久美子,Young SG,本山 昇(老年病研究部).
DNA損傷チェックポイント因子Chk2欠損によるハッチンソンギルフォードプロジェリア症候群(HGPS)
モデルマウスの寿命延長
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会BMB2008, 2008年12月10日,神戸

内村健治(アルツハイマー病研究部)
リンパ球血管外遊走におけるセレクチンリガンド糖鎖の硫酸化.
第6回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム, 2008年12月4日, 品川.

Hosono T, Hossain M, Britschgi M, Michikawa M,
Jenniskens G, Wyss-Coray T, Uchimura K (アルツハイマー病研究部)
Cerebral accumulation of highly sulfated domains of heparan sulfates
in mouse models of Alzheimer’s disease.
BMB2008, 2008年12月9日, 神戸.

Hossain M, Hosono T, Tang R, van Kuppevelt T,
Jenniskens G, Rosen S, Uchimura K (アルツハイマー病研究部)
Extracellular Remodeling of Heparin/Heparan Sulfate Proteoglycans by Sulfs,
Glucosamine 6-endosulfatases.
BMB2008, 2008年12月9日, 神戸.

Hosono T, Rosen S, Noble L, Uchimura K (アルツハイマー病研究部)
Gene-expression patterns of proteoglycans and sulfotransferases
in the mouse spinal cord temporally regulated after contusion injury.
BMB2008, 2008年12月9日, 神戸

Uno H, Sugimoto M, Yasuda A, Mizutani S, Takagi M(老化機構研究部)
ATM regulates adipocyte differentiation.
第31回日本分子生物学会年会BMB2008、2008年12月11日,神戸ポートアイランド

浅井あづさ、若生 武、丸山光生(老化機構研究部)
Zizimin2 (Dock11)のモノクローナル抗体の樹立と樹状細胞における機能解析
/Functional analysis of zizimin2 in dendritic cells by established anti-zizimin2 monoclonal antibodies,
第38回日本免疫学会総会、2008年12月3日、国立京都会館

伊藤 司林 大介若生 武浅井あづさ、瀧井猛将、丸山光生、小野嵜菊夫(老化機構研究部)
老齢マウスにおけるBCG接種によるTh1細胞活性化に関する研究
/Th1 cell activation by BCG inoculation in aged mice,
第38回日本免疫学会総会、2008年12月3日、国立京都会館

Wakoh T, Uekawa N, Terauchi K, Sugimoto M, Ishigami A, Shimada J and Maruyama M(老化機構研究部)
Implication of cellular senescence related genes, TARSH in tumor suppression
第31回日本分子生物学会年会BMB2008、2008年12月10日、神戸ポートアイランド

Nakamura H, Watanabe A, Maruyama M and Sugimoto M,(老化機構研究部).
Physical and functional interactions of RNA-binding proteins Hzf and HuR
第31回日本分子生物学会年会BMB2008、2008年12月12日、神戸ポートアイランド

山崎泰豊林永美、林茂生、津田玲生(老化機構研究部)
ショウジョウバエにおけるNRSF/REST様因子Charlatanの神経分化における機能
第31回日本分子生物学会年会BMB2008、2008年12月9日、神戸ポートアイランド

Young-Mi Lim, 山崎泰豊、林茂生、津田玲生(老化機構研究部)
ショウジョウバエNRSF/REST様因子charlatanの翻訳後修飾と核内局在の調節機構
第31回日本分子生物学会年会BMB2008、2008年12月10日、神戸ポートアイランド

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
これからの医療について.
第8回世田谷区医師会医学会.特別講演.東京.2008年12月6日.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨代謝の分子医学、分子医学特別講義、12月11日、名古屋市立大学

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
脳の老化とアルツハイマー病.
名古屋市立大学オープンカレッジ, 2008年12月5日, 名古屋.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病って何?―その予防と治療法開発の最前線―.
あいち健康長寿産業クラスター形成事業 国立長寿医療センター県民講座, 2008年12月2日, 知多郡東浦町.

下方浩史 (疫学研究部)
栄養と長寿-健康長寿のために.
あいち健康長寿産業クラスター形成事業 国立長寿医療センター県民講座「健康長寿を目指して」,12月2日,大府.

下方浩史 (疫学研究部)
老化・老年病の長期縦断研究-健康長寿を目指して.
三重大学リサーチセンターシンポジウム「生活習慣病予防と健康長寿の実戦に向けて」,12月8日,津.

安藤富士子 (疫学研究部)
これからの健康長寿.
第14回福祉健康教室,12月4日,名古屋.

丸山光生(老化機構研究部)
生体防御論 (B細胞と免疫記憶)
藤女子大学 人間生活学部 食物栄養学科講義2限、2008年12月12日,石狩.

丸山光生(老化機構研究部)
生体防御論 (老化のしくみ)
藤女子大学 人間生活学部 食物栄養学科講義3限、2008年12月12日,石狩.

松下健二(口腔疾患研究部)
一酸化窒素の働きを応用した血管病治療の可能性
BMB2008 (第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会)、2008年12月10日、神戸

猪俣恵、江口傑徳、杉浦進介、小松寿明、松下健二(口腔疾患研究部)
Th1およびTh2由来サイトカインはSTATの活性化を介してWeibel-Palade Bodyの構成因子の発現を変化させる
BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会)2008年12月9日、神戸,

江口傑徳、小松寿明、杉浦進介、猪俣恵、松下健二(口腔疾患研究部)
可溶型セレクチンによる菌体成分排除
BMB2008 (第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会)、2008年12月12日、神戸,

杉浦進介江口傑徳猪俣恵小松寿明、野口俊英、松下健二(口腔疾患研究部)
ヒストンアセチル化制御薬による新規炎症性サイトカインHMGB1の放出制御
BMB2008 (第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会)、
Late Breaking Abstracts, 2008年12月12日、神戸,

センター内活動(セミナー等)

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
危険因子ApoE4研究レビュー:AD治療戦略からみた展望、問題点ならびに最新の研究動向.
認知症勉強会, 2008年12月19日.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター