文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2008年 [平成20年] 7月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
再生医療等研究推進事業研究成果発表会
慢性腎臓病の再生医療研究が進展. Medical Tribune.41(28):68-69. 2008. 平成20年7月10日.

大島伸一(総長)
中日新聞,平成20年7月30日(水)朝刊,「長寿の国を診る」,高齢者医療 地域で支援を

中村昭範(長寿脳科学研究部)
貧乏ゆすりをしてしまうのはなぜ? 解体新ショー NHK出版,pp11-12

大川弥生(生活機能賦活研究部)
北日本新聞 2008年7月6日 利用者本位の介護討論

論文発表等

原著論文

Toyama H, Hatano K, Suzuki H, Ichise M, Momosaki S, Kudo G, Ito F, Kato T, Yamaguchi H, Katada K,
Sawada M, Ito K. (長寿脳科学研究部)
In vivo imaging of microglial activation using a peripheral benzodiazepine receptor ligand
[11C]PK-11195 and animal PET following ethanol injury in rat striatum. Ann Nucl Med 2008;22:417–424

Takata S, Washio M, Moriwaki A, Tsuda T, Nakayama H, Iwanaga T, Aizawa H, Arai Y, Nakanishi Y, Inoue H(長寿政策・在宅医療研究部)
Burden among caregivers of patients with chronic obstructive pulmonary disease with long-term oxygen therapy. Int Med J; 15(1): 53-57, 2008

総説, その他

伊藤健吾(長寿脳科学研究部) 
PET・PET/CTの開発の現況と有用性 医療機器システム白書 ㈱エム・イー振興協会 東京.pp200-203, 2008.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部) 
PET/SPECTによるアルツハイマー病の診断を目的とした臨床試験 臨床放射線 53:885-892, 2008.

Zou K, Maeda T, Michikawa M, Komano H.(アルツハイマー病研究部)
New amyloid plaques or a game of hide-and-seek ?
Int J Biol Sci, 4:200-201, 2008.

下方浩史(疫学研究部)
縦断研究の意義.世界の発育発達に関する縦断的研究9.
子どもと発育発達,6:46-48,2008.

下方浩史,安藤富士子,西田裕紀子,丹下智香子(疫学研究部)
未病としての軽症認知症-生活習慣の是正.
日本未病システム学会雑誌,14:25-29,2008.

書物等

大島伸一(総長),丸山彰一
慢性腎臓病に対する再生医療の開発
平成19年度厚生労働科学研究費補助金再生医療等研究推進事業研究成果発表会記録集
(財)ヒューマンサイエンス振興財団,東京.2008.pp.49-72.

荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山 洋・辻 一郎,編.
シンプル衛生公衆衛生学2008.南江堂.307-318,東京,2008.

講演等

学会・研究会等発表

Kudo G, Toyama H, Hatano K, Suzuki H, Wilson AA, Ichise M, Ito F, Kato T, Katada K,
Sawada M, Ito K. (長寿脳科学研究部)
In-vivo imaging of microglial activation using a novel peripheral benzodiazepine receptor ligand,
18F-FEPPA and animal PET following 6-OHDA injury in rat striatum; A comparison with 11C-PK11195.
The Seventh International Symposium on Functional Neuroreceptor Mapping of the Living Brain, July 17-19, Pittsburgh, PA, USA

中村昭範(長寿脳科学研究部)
非言語性コミュニケーションシグナル認知の脳内メカニズム-脳磁図を中心とした検討-
第9回ニューロイメージング研究会、平成20年7月2日、京都市

杉本昌隆(老化機構研究部)
Hzf may link tumor suppressor pathway to metabolic disorders.
癌研究所セミナー,2008年7月11日,東京

Kozakai R,Doyo W, Kim HY, Takemura M, Matsui Y, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
The relationship between the difficulty in activity of daily living and muscle strength in the community-dwelling Japanese elderly.
The 13th Annual Congress of the European College of Sports Science,Jul 11th,Estoril.

Kozakai R,Doyo W, Kim HY, Takemura M, Matsui Y, Niino N, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
Effects of the vitamin D receptor genotype on the association between muscle strength and bone loss in postmenopausal Japanese women.
The 7th World Congress on Aging and Physical Activity,Jul 26th,Tsukuba.

Doyo W,Aizawa H, Kim HY, Kozakai R, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
Relationship between peak torque of ankle plantar flexors during gait and falls in community-dwelling middle-aged and elderly.
The 7th World Congress on Aging and Physical Activity,Jul 26th,Tsukuba.(Young Investigators Award)

Ando F,Kozakai R, Doyo W, Kim HY, Shimokata H (疫学研究部)
Physical activity and incidence of urinary incontinence in the community-dwelling middle-aged and elderly women.
The 7th World Congress on Aging and Physical Activity,Jul 26th,Tsukuba.

Kim HY,Sakurai S, Ahan JH, Doyo W, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
Effects of various biomechanical errors on computed joint kinetics values.
The 26th International Conference on Biomechanics in sports,Jul 15th,Seoul.

Nakai T, Matsuo K, Bagarinao E, Tanaka Y(長寿医療工学研究部)
ONCO-Media Approach to Neuroimaging Data.
The Fifth ONCO-Media Meeting, July 11 2008, Laboratoire d’Informatique de Paris 6 (Paris)

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
日本の医療の今後.
平成20年度全国自治体病院協議会近畿・東海地方会議.特別講演.名古屋.2008年7月11日.

宮島俊彦,俵萠子,江口研二,大島伸一(総長),角田直枝,川島孝一郎
新たな局面を迎えた緩和ケア-住み慣れた家での最期は可能か
日本ホスピス・在宅ケア研究会第16回千葉大会.シンポジウム.千葉.2008年7月13日(会期:7月12日~13日).

荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
認知症患者の運転:家族の介護負担と社会支援の観点から.
第17回近畿老年期認知症研究会,大阪府大阪市,2008年7月5日.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
生活機能(ICF)の「生活不活発病」、病気、災害での活用
-いきいきとした人生をともに築くための「共通言語」.
富山短期大学福祉学科公開セミナー 富山市 2008年7月5日

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ICF(国際生活機能分類).ICF研修会(基礎編) 別府市 2008年7月13日

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ICFの活用:人生と生活をデザインするツールとして.介護予防研修会 酒田市 2007年7月17日

池田恭治(運動器疾患研究部)
鉄と骨代謝、第28回日本骨形態計測学会 骨の先端分子細胞生物学セミナー、7月26日、東京

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病
東京医科歯科大学医学部臨床講義、2008年7月4日、東京

松原 悦朗(アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病治療の進歩
2008老年医学サマーセミナー、2008年7月31日、軽井沢

丸山光生(老化機構研究部)
「基礎老化研究の面白さと難しさ —老化・寿命制御の分子メカニズムの解明に向けてー」
中京女子大学 健康科学部栄養科学科3年講義 大府、2008年7月3日

安藤富士子,今井具子,下方浩史 (疫学研究部)
カロテノイドの抗老化・老化関連疾患予防効果に関する大規模縦断疫学研究.
平成18年度委託試験研究成果発表会,7月7日,東京.

下方浩史 (疫学研究部)
老化・老年医学研究への新たなストラテジー.
三重大学大学院医学専攻科修士課程講義,7月11日,津.

下方浩史 (疫学研究部)
長寿と肥満-メタボリックシンドロームの本質にせまる.
平成20年度愛知県薬剤師会・女性薬剤師会共催研修会,7月13日,名古屋.

Nakashima Misako, Iohara Koichiro(口腔疾患研究部)
Pulp Regeneration.
7th International Conference on Bone Morphogenetic Proteins. July 12, 2008. Lake Tahoe, California,

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター