文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2008年 [平成20年] 4月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中日新聞,平成20年4月29日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,医療制度の徹底議論を.

疫学研究部
NHKテレビ ためしてガッテン,2008年4月30日,難聴.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
シルバー新報,2008年4月4日,“メニュー中心”から脱却を;ICFの理解がカギ.

論文発表等

原著論文

Sugiura S, Uchida Y, Nakashima T, Yoshioka M, Ando F, Shimokata H(疫学研究部)
Tinnitus and brain MRI findings in Japanese elderly.
Acta Otolaryngol,128(5):525-529,2008.

Sugiura M, Nakamura M, Ogawa K, Ikoma Y, Ando F, Yano M(疫学研究部)
Bone mineral density in post-menopausal female subjects is associated
with serum antioxidant carotenoids.
Osteoporos Int,19:211-219,2008.

Okawa Y(生活機能賦活研究部), Ueda S, Shuto K, Mizoguchi T
Development of criteria for the qualifiers of activity and participation
in the ‘International Classification of Functioning, Disability and Health’
based on the accumulated data of population surveys.
Int J Rehabil Res 31(1):97-100, 2008.

Sasaki M, Arai A, Arai Y(長寿政策・在宅医療研究部)
Factors related to institutionalization among disabled older people
a two-year longitudinal study. Int J Geriatr Psychiatry: 23(1): 113-115, 2008.

総説, その他

内村健治(アルツハイマー病研究部)
シリーズ最新医学講座・糖鎖と臨床検査 セレクチンと糖鎖.
臨床検査, 52巻4号:pp465-471, 2008.

柳澤勝彦(副所長室)
神経細胞膜コレステロールとAβ産生、軽度認知症障害からアルツハイマー病への伸展に関するMRIによる予測.
Clipping News,45:4, 2008.

講演等

学会・研究会等発表

大島伸一(総長)
献腎移植を増やすには-Donor Action-.
第96回日本泌尿器科学会総会(シンポジウム.特別発言),横浜,2008年4月27日,

Takagi M, Uno H, Sugimoto M, Yasuda A, Mizutani S(老化機構研究部)
ATM regulates adipocyte differentiation, and contributes to glucose metabolism in vivo.
Ataxia-Telangiectasia Workshop 2008 April 25, 2008, Ohtsu Prince Hotel.

Miura Y, Kawaguchi M, Kim TS, Shibamoto Y, Jung CG, Khanna KK, Asai K.(アルツハイマー病研究部)
Regulatory mechanism of the subcellular localization of ATBF1 as a target of ATM/ATR.
The International Ataxia-Telangiectasia Workshop 2008, 2008年4月25日, 京都.

Ohta K, Suzuki K, Kamijo T, Kiyono T, Motoyama N(老年病研究部).
DNA damage-induced apoptosis and senescence cooperatively counteract to tumorigenesis. Ataxia-Telengiectasia Workshop 2008. Ohtu, Shiga, April 25, 2008.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
高齢社会と今後の医療.第51回日本形成外科学会総会・学術集会特別講演,2008年4月9日,名古屋,

大島伸一(総長)
高齢者の健康.名古屋ロータリークラブ卓話,2008年4月15日,名古屋,

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
PETによるがん診断の現状と将来展望.
第7回西濃血液疾患懇話会,2008年4月26日,大垣,

道川 誠(アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病の制圧を目指して-その臨床から予防・治療法開発の最前線まで.
名古屋市立大学薬友会(特別講演), 2008年4月19日, 名古屋,

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター