文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2007年 [平成19年] 10月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中日新聞,平成19年10月16日(火)朝刊,臓器移植法施行10年 つながる命まだ一握り.

大島伸一(総長)
メディファクスウェブ,平成19年10月3日(水),「時事解説」 変わらぬ医局に医師養成は任せられない.

大島伸一(総長)
日本の医療を救う処方箋. Doctor's Opinion,ドクターズマガジン.95(2007年10月)号:2. 2007.

大島伸一(総長)
中日新聞,平成19年10月30日(火)朝刊,「長寿の国を診る」,キレるお年寄りが増加.

太田秀樹,大島伸一(総長),佐藤美穂子
満たされて生を全うできる社会の構築のために~超高齢社会の課題と展望~. Run & Up. 3(3):6-7. 2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
朝日新聞,2007年10月17日.新防災力 避難所「快適生活」術:掃除や散歩で活発に.

Tatsumi S et al.(運動器疾患研究部)
"Osteocyte Apoptosis Induces Bone Resorption and Impairs the Skeletal
Response to Weightlessness Commentary on: Tatsumi S, et al."
BoneKEy-Osteovision (http://www.bonekey-ibms.org/cgi/content/full/ibmske;4/9/252)

Ikeda K(運動器疾患研究部)
"Mouse of the Month Oct 2007" Dmp1-HBEGF Tg Mouse: A model for osteoporosis.
RIKEN Bioresource Center (http://www.brc.riken.jp/lab/animal/mailnews/nm200710_01.html)

遠藤英俊(包括診療部)
NHK教育,10/1〜4午後8:00-8:29,福祉ネットワーク.

遠藤英俊(包括診療部)
NHK総合,10/3.4午前8:35-9:25,生活ほっとモーニング.

論文発表等

原著論文

Kimura N, Yanagisawa K. (副所長室)
Endosomal accumulation of GM1-ganglioside-bound amyloid β-protein
in neurons of aged monkey brains.
Neuroreport 18: 1669-1673, 2007.

Shigeki Tsuzuku,Taeko Kajioka, Hidetoshi Endo, Robert D.Abbott, J.David Curb, Katsuhiko Yano(包括診療部)
Favorable effects of non-instrumental resistance training on fat distribution
and metabolic profiles in healthy elderly people.Eur J Appl Physiol 99:549-555,2007.

安部幸志,荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討:わが国の一般生活者における調査から.
日本医事新報; 4339:64-68,2007.

文堂昌彦、中村昭範、加藤隆司、伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
脳血管障害における体性感覚野の被興奮性変化.
臨床脳波、vol.49, no.10, 615-620, 2007.

梅本充子、中島朱美、遠藤英俊(包括診療部)
介護予防に資する地域における回想法の研究.
日本看護福祉学会雑誌.

総説, その他

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
J-ADNIの先行研究としてのJ-COSMIC、SEAD-Japan
Cognition and Dementia、vol.6、No.4、281-286、2007.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨細胞の生理作用.
CLINICAL CALCIUM,17: 82-86, 2007.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨折の発生機序.
Nursing Today臨時増刊号,22: 12-25, 2007.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
新規ビタミンD3製剤ED-71.
骨粗鬆症治療,6: 39-43, 2007.

Hiedtoshi Endo(包括診療部)
Care system of late stage dementia.
IPA2007 Osaka Silver Congress.大阪.17.Outober. 2007.

Guk-Hee Suh、遠藤英俊(包括診療部)
IPA2007 Osaka Silver Congress symposiun22 座長.
大阪.17.Outober.2007  8:40-10:10.

講演等

学会・研究会等発表

下方浩史(疫学研究部)
高齢者の聴力に個人差が大きいのは何故か-全身の老化との関係において-.
第52回日本聴覚医学会総会(学術講演会臨床セミナー)、2007年10月4日,名古屋.

新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
一般生活者における高齢者に対するイメージ:サクセスフルエイジングに向けた一考察.
第66回日本公衆衛生学会総会.2007年10月26日.松山.

佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子(長寿政策・在宅医療研究部)
要介護高齢者における在宅死希望の有無に関する実態について.
第66回日本公衆衛生学会総会.2007年10月26日.松山.

上田照子荒井由美子,西山利正(長寿政策・在宅医療研究部)
在宅要介護高齢者における息子による虐待に関する研究.
第66回日本公衆衛生学会総会.2007年10月26日.松山.

文堂昌彦中坪大輔、二橋尚志、早坂和正、中村昭範錦古里武司
加藤隆司籏野健太郎伊藤健吾、若林俊彦、藤井正純、吉田 純(長寿脳科学研究部)
当センターにおけるMRI, PET, MEGを用いた脳腫瘍術前ニューロイメージング、
第66回日本脳神経外科学会総会、2007年10月3日、東京.

文堂昌彦中坪大輔加藤隆司籏野健太郎中村昭範鷲見幸彦新畑 豊
武田章敬岩井克成山岡朗子、早坂和正、二橋尚志、伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
8F-DOPA PETによる正常圧水頭症の鑑別診断の試み.
第66回日本脳神経外科学会総会,2007年10月4日,東京.

中坪大輔文堂昌彦加藤隆司籏野健太郎伊藤健吾、梶田泰一、
若林俊彦、藤井正純、吉田 純(長寿脳科学研究部)
グリオーマにおける18F-DOPA PET の有用性.
第66回日本脳神経外科学会総会,2007年10月3日,東京.

錦古里武志文堂昌彦中村昭範ディアス・ケアステン中坪大輔、竹林成典、加藤隆司
二橋尚志、早坂和正、梶田泰一、吉田 純、伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
かな黙読処理時の脳局所電気活動解析による言語優位半球の同定.
第66回日本脳神経外科学会総会,2007年10月5日,東京.

杉本昌隆:(老化機構研究部)
癌抑制タンパク質ARFによって翻訳調節を受けるmRNAの網羅的解析.
第38回病態代謝研究会研究報告会,2007年10月20日,東京.

寺内邦彦,島田順一,上川奈都子,伊藤和弘,柳田正志,下村雅律,常塚啓彰,矢追毅,
丸山光生,伏木信次:(老化機構研究部)
Cancer-associated transcriptional inactivation of TARSH in primary lung cancer.
第66回日本癌学会学術総会,2007年10月4日,横浜.

石井清朗竹下 淳、下畑宣行、伊東昌子、油谷浩幸、竹谷茂、岩井一宏
池田恭治(運動器疾患研究部)
鉄とミトコンドリア:破骨細胞制御の新しいターゲット.
第117回 日本薬理学会関東部会、2007年10月6日、東京.

柳澤勝彦(副所長室)
A ganglioside-induced toxic soluble A assembly.
第26回日本認知症学会学術集会. Oligomer A is the new culprit or therapeutics?,
2007年10月17日.大阪.

Atsushi Watanabe(血管性認知症研究部),Takeshi Tabira(所長室),R.N.Kalaria,
Keikichi Takahashi(血管性認知症研究部)
Proteomic analysis of microvessels of CADASIL brain,
第26回日本認知症学会、 2007年10月17-18日、大阪.

Takeshi Tabira(所長室)
[Symposium] Alzheimer’s disease: Immune responseand immunotherapy.
Abeta vaccine using vial vectors for Alzheimer’s disease.
The 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics.
Oct 22, 2007, Beijing.

Ueda S,Okawa Y, Shuto K, Mizoguchi T(生活機能賦活研究部)
Adoption by Governmental Committee of Provisional Criteria for
the Qualifiers of Activity and Participation based on Population Surveys:
Part 1: The adoption of Provisional Criteria.
Part 2: The accumulated data of population surveys as the supporting evidence.
WHO-FIC Network Meeting, 31 October, Trieste, Italy.

Okawa Y,Ueda S, Shuto K, Kudo M(生活機能賦活研究部)
Impacts of Health Condition and Disability on the Functioning of Older Population:
Another Evidence in Support of Japanese Provisional Criteria.
WHO-FIC Network Meeting, 30 October, Trieste, Italy.

Ueda S,Barbara Holst, Okawa YNakamura S(生活機能賦活研究部)
An ICF-based Japanese and Costa-Rican Joint Study on the Functioning
of the Adult Populationin a Suburban Municipality near the Capital of Costa Rica.
WHO-FIC Network Meeting, 30 October, Trieste, Italy.

Okawa Y, Ueda S, Kurachi M(生活機能賦活研究部)
Introduction of ICF to the Health Policy at the Time of Disasters:
"Limited Independence" as an important Risk Factor for Decline of Functioning
after a Heavy Snow.
WHO-FIC Network Meeting, 30 October, Trieste, Italy.

Arai A, Matsumoto T, Ikeda M, Arai Y. (長寿政策・在宅医療研究部)
Comparative study of the perceived difficulties of caring for relatives
with early and late onset dementia.
The 13th Congress of International Psychogeriatric Association,
2007, October 15-16, Osaka, Japan.

Sasaki M, Arai A, Arai Y.(長寿政策・在宅医療研究部)
Factors related to institutionalization among disabled older people;
a two-year longitudinal study.
The 13th Congress of International Psychogeriatric Association,
2007, October 15-16, Osaka, Japan.

Masuhara H, Arai Y.(長寿政策・在宅医療研究部)
Medical expenditure of patients with Alzheimer's disease; do the rich spend more?
The 13th Congress of International Psychogeriatric Association,
2007, October 17-18, Osaka, Japan.

Mizuno Y, Arai A, Arai Y.(長寿政策・在宅医療研究部)
Status quo for determining driving cessation of older adults with dementia in Japan.
The 13th Congress of International Psychogeriatric Association,
2007, October 17-18, Osaka, Japan.

Motoyama N, Ohta K, Suzuki K(老年病研究部), Kiyono T.
DNA damage-induced premature senescence as potent barrier to tumorigenesis
(Symposium; Cancer and Cellular Senescence),
66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Yokohama, Oct 5, 2007.

Zou K, Yamaguchi H, Akatsu H, Sakamoto T, Ko M, Mizoguchi K, Gong J-S,
Yu W, Yamamoto T, Kosaka K, Yanagisawa K, Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
Angiotensin-converting enzyme converts Aβ1-42 to Aβ1-40 and its inhibition enhances brain Aβdeposition.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Minagawa H, Gong J-S, Nakamura T, Zou K, Lund-katz S,
Phillips M, Saito H, Michikawa M.(アルツハイマー病研究部)
Apo E isoform dependent cholesterol efflux is caused by intra-molecular domain interaction and inter-molecular dimerization.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Sun H, Okamoto Y, Kawarabayashi T, Yokoseki T, Shibata M, Morishima-Kawashima M,
Saito Y, Murayama S, Ihara Y, Shoji M, Michikawa M, Matsubara E. (アルツハイマー病研究部)
Characterization of therapeutic antibody against Aβ oligomers for Alzheimer's disease.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Wakasaya Y, Kawarabayashi T, Seino Y, Watanabe M, Suzuki C,
Tomiyama M, Matsubara E, Shoji M. (アルツハイマー病研究部)
Aβ accumulation causes postsynaptic damage in Tg2576 mice.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Miyashita A, Arai H, Asada T, Imagawa M, Matsubara E, Shoji M, Higuchi S, Urakami K,
Kakita A, Takahashi H, Toyabe S, Akazawa K, Kanazawa I, Ihara Y. (アルツハイマー病研究部)
Gender-related gentic loci associated with Alzheimer's disease on chromosome 10q.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Seino Y, Kawarabayashi T, Wakasaya Y, Watanabe M, Suzuki C,
Tomiyama M, Matsubara E, Shoji M. (アルツハイマー病研究部)
Aβ amyloid accelerates accumulation of tau in neuronal process.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Kurata T, Kawarabayashi T, Murakami T, Morimoto N, Ohta Y, Ikeda Y, Nagai M,
Takehisa Y, Matsubara E, Westerway D, St. George-Hyslop P, Harigaya Y,
Kamiya T, Shoji M, Abe K. (アルツハイマー病研究部)
Enhanced accumulation of phosphorylated α-synuclein in double transgenic mice expressing mutant βAPP and presenilin-1.
第26回日本認知症学会、2007年10月17日-18日、大阪.

Matsubara E. (アルツハイマー病研究部)
Immunotherapy targeting Aβ oligopmers for Alzheimer's disease. (Symposia)
The 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontlogy and Geriatrics. Beijing, China, October 22, 2007.

Ando F, Nishita Y, Imai T, Tange C, Fukukawa Y, Shimokata H(疫学研究部)
The ineteractive effect of soy isoflavones with docosahexaenoic acid on intelligence among the middle-aged and elderly Japanese.
The 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics. Beijing, China, October 22, 2007.

Nishita Y, Fukukawa Y, Tange C, Ando F, Shimokata H(疫学研究部)
Leisure activities and intelligence among Japanese middle-aged and elderly.
The 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics. Beijing, China, October 24, 2007.

Fukukawa Y, Nishita Y, Tange C, Ando F, Shimokata H(疫学研究部)
Financial strain and psychological distress among Japanese older adults.
The 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics. Beijing, China, October 22, 2007.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
長寿社会に向けての医療の展望.大島郡医師会50周年記念特別記念講演.2007年10月7日.名瀬.

大島伸一(総長)
高齢者社会への医療機関の取り組み.PHILIPS Healthcare Forum in Tokyo.2007年10月30日.東京.

柳澤勝彦(副所長室)
アルツハイマー病研究-Update.
第22回日本老年精神医学会 教育講演, 2007年10月16日, 大阪.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
総合リハビリテーションの実現にICFをどう活かす?;「生きることの全体像」についての「共通言語」.
第30回総合リハビリテーション研究大会,2007年10月20日,東京.

加藤隆司(長寿脳科学研究部)
「統計学的画像解析」.
第35回日本放射線技術学会秋季学術大会 教育講演,2007年10月26日,名古屋.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
「腫瘍の臨床におけるPET(PET-CT)の有用性とその役割」.
PET-CTセミナーin Gifu,2007年10月20日,岐阜.

Arai Y. (長寿政策・在宅医療研究部)
Caregiver issues: a Japanese perspective (Symposist).
The 13th Congress of International Psychogeriatric Association, Osaka, October 15, 2007.

Arai Y. (長寿政策・在宅医療研究部)
Paradigm shift away from family caregiving for the aging Japanese population (Symposist).
8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, Beijing, China, October 23, 2007.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター