文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2007年 [平成19年] 5月

新聞・雑誌等

大島伸一
中日新聞.2007年5月31日朝刊.「長寿の国を診る」 「自然な死」かなえよう.

大島伸一
中日新聞.2007年5月27日(日)朝刊.「社説」 医療崩壊を食い止めよ-週のはじめに考える.

田平 武、安保 徹、朝田 隆、佐々木健.
毎日新聞.2007年5月2日朝刊.企画特集「認知症予防のポイント」シンポジウム 基調講演.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
毎日新聞.2007年5月15日朝刊.認知症患者:免許取り消し257件 進まぬ危険防止.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
毎日新聞.2007年5月23日朝刊.認知症ドライブ:運転中止マニュアル、厚労省研究班が検討 家族の負担軽減.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
北陸中日新聞.2007年5月2日.能登半島地震の被災者に生活不活発病の兆候

論文発表等

原著論文

Lee YJ, Miyake S, Wakita H, McMullen DC, Azuma Y, Auh S.(血管性認知症研究部)
Protein SUMOylation is massively increased in hibernation torpor
and is critical for the cytoprotection provided by ischemic
preconditioning and hypothermia in SHSY5Y cells.
Hallenbeck JM J Cereb Blood Flow Metab 27: 950-962, 2007.

Abe K. (長寿政策科学研究部)
Reconsidering the caregiving stress appraisal scale:
Validation and examination of its association with items used for assessing
long-term care insurance in Japan. Arch Gerontol Geriatr : 44; 287-297, 2007.

Kitamura I, Ando F, Koda M, Okura T, Shimokata H(疫学研究部)
Effects of the interaction between lean tissue mass and estrogen
eceptor α gene polymorphism on bone mineral density in middle-aged and elderly Japanese. Bone 40(6); 1623-1629, 2007.

Hiramatsu K, Asaba Y, Takeshita S, Nimura Y, Tatsumi S, Katagiri N,
Niida S, Nakajima T, Tanaka S, Ito M, Karsenty G, Ikeda K(運動器疾患研究部)
Overexpression of g-glutamyltransferase in transgenic mice
accelerates bone resorption and causes osteoporosis.
Endocrinology 148:2708-2715, 2007

Into T., Dohkan J., Inomata M., Nakashima M., Shibata K., and Matsushita K.(口腔疾患研究部)
Synthesis and characterization of a dipalmitoylated lipopeptide
derived from paralogous lipoproteins of Mycoplasma pneumoniae.
Infect. Immun. 75(5): 2253-2259, 2007.

Into T., Kanno Y., Dohkan J., Nakashima M., Inomata M., Shibata K.,
Lowenstein C.J., and Matsushita K.(口腔疾患研究部)
Pathogen recognition by Toll-like receptor 2 activates Weibel-Palade
body exocytosis in human aortic endothelial cells.
J. Biol. Chem. 282(11): 8134-8141, 2007.

Oyama T, Matsushita K, Sakuta T, Tokuda M, Tatsuyama S, Nagaoka S, Torii M.(口腔疾患研究部)
Roxithromycin inhibits tumor necrosis factor-alpha-induced matrix
metalloproteinase-1 expression through regulating mitogen-activated
protein kinase phosphorylation and Ets-1 expression.
J Periodontal Res. 42(1):53-61, 2007.

Gong J-S, Morita S, Kobayashi M, Handa T, Fujita SC, Yanagisawa K and Michikawa M (アルツハイマー病研究部)
Novel action of apolipoprotein E (ApoE): ApoE isoform specifically inhibits
lipid-particle-mediated cholesterol release from neurons.
Molecular Neurodegeneration. 2:1-9, 2007

北岡(東口)和代,佐々木恵,森河裕子,中川秀昭(長寿政策科学研究部)
General Coping Questionnaire (GCQ)特性版の看護者への適用と短縮版利用の可能性について.
北陸公衆衛生学会誌; 32(2): 56-59,2007.

総説, その他

池田恭治 (運動器疾患研究部)
悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症.内分泌代謝専門医ガイドブック.
p157-159. 診断と治療社.2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ICF:「よくする介護」のツールとしての活用を;とくに「活動」の評価点について.
月刊介護保険.12(135):26-27.2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
発達障害をICFでみる.月刊地域保健.38(5):60-71.2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
高齢者ケアにおける「目標」の大切さ.介護支援専門員基本テキスト.
介護支援専門員テキスト編集委員会 長寿社会開発センター.329-336.2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ICF(国際生活機能分類).介護支援専門員基本テキスト.
介護支援専門員テキスト編集委員会 長寿社会開発センター.336-343.2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
QOLの向上.介護支援専門員基本テキスト.
介護支援専門員テキスト編集委員会 長寿社会開発センター.344-345.2007.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
生活不活発病(廃用症候群).介護支援専門員基本テキスト.
介護支援専門員テキスト編集委員会 長寿社会開発センター.346-356.2007.

西岡朋尚,清水淳(老化機構研究部)
高齢個体の免疫.臨床免疫・アレルギー科.科学評論社.47(5):pp585-591.2007.

書物等

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山洋・辻 一郎,編.
シンプル衛生公衆衛生学 2007.南江堂(東京).299-309.2007.

今井具子、尾坂昇治、上田豊、久田雅樹、梅谷羊次、城島孝寿、瀬戸口英俊、武見ゆかり(疫学研究部)
シニアを対象とした中食・外食における「食事バランスガイド」普及活用マニュアル
~おいし!たのし!元気印シニアのために~
財団法人すこやか食生活協会(東京).pp.42-47, 2007.

講演等

学会・研究会等発表

K. Hatano, K. Adachi, S. Iwasa, M. Ogawa, Y. Magata, K. Sekimata,
J. Abe, K. Ito, T. Tabira. (長寿脳科学研究部, 血管性認知症研究部, 所長室)
DESIGN AND SYNTHESIS OF NOVEL CLASS RADIOLIGANDS FOR VISUALIZATION OF AMYLOID PLAQUE.
17th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences, Aachen, Germany,May 1, 2007.

H. Yamaguchi, K. Hatano, J. Abe, K. Ito. (長寿脳科学研究部)
DEVELOPMENT OF PET RADIOPHARMACEUTICAL TARGETING Aβ OLIGOMER.
17th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences,Aachen, Germany,May 1, 2007.

M. Ogawa, K. Hatano, J. Abe, H. Yamaguchi, K. Ito, S. Nishiyama, H. Tsukada,
Y. Matsushima, T. Fuchigami, Y. Magata. (長寿脳科学研究部)
SYNTHESIS OF A NEW IMAGING AGENT FOR A CENTRAL NICOTINIC
ACETYLCHOLINE RECEPTOR α7 SUBTYPE.
17th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences,Aachen, Germany,May 1, 2007.

Shoji Kawatsu, Noboru Ushiroya(長寿脳科学研究部)
A Simulation of a New Image Reconstruction Method for 3-D PET List Mode
Data, The 8th International Conference on Qualification of Brain Function with PET,
Osaka,May 22, 2007.

K. Koide, T. Nemoto, H. Matsuura, N. Noda, Y. Ito, T. Kin and
M. Nakano:(長寿医療工学研究部)
A method to give hydrogen atom placement of Hydrogen Hydrate Clathrate,
Molecular Science of Ultrafast Electronic Dynamics, Sendai Japan, May 18, 2007.

H. Matsuura, M. Nakano, N. Noda, T. Nemoto and K. Koide:(長寿医療工学研究部)
Relativistic quantum field theory for matters of ultrafast electrons non-perturbation method
and an exact calculation procedure, Molecular Science of Ultrafast Electronic Dynamics, Sendai
Japan, May 18, 2007.

Y. Ito, H. Uematsu, F. Nogata, T. Nemoto, A. Inamori, K. Koide, and
H. Matsuura(長寿医療工学研究部)
Finger curvature movement recognition interface technique using SEMG signals,
The Worldwide Congress on Materials and Manufacturing Engineering and Technology,
Zakopane Poland, May 30, 2007.

Bagarinao E, Matsuo K, Nakai T, Tanaka Y(長寿医療工学研究部)
The application of consistency constraint in sliding window functional MRI analysis,
Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1850, 2007

Matsuo K, Bagarinao E, Kato C, Nakai T(長寿医療工学研究部)
Relating yourself to visual scenes incongruous with body posture: An fMRI study,
Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2025, 2007

Nakai T, Bagarinao E, Ohishi K, Kato C, Matsuo K(長寿医療工学研究部)
Monitoring of the Consistency of Brain Activation by Using a Dynamic Analysis of
t-Statistics - An Application to Conventional Mapping of the Motor Areas,
Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1960, 2007

吉川羊子,後藤百万,永坂和子,土屋雅彦,大島伸一(総長):
排泄ケア専門コ・メディカルとしての「排泄機能指導士」の養成-第一期〜四期指導士の養成について-.
第20回日本老年泌尿器科学会.長崎.2007年5月12日.

脇田英明吉崎嘉一,冨本秀和,高橋慶吉(血管性認知症研究部),田平武(所長室)
ラット慢性低灌流モデル大脳白質病変における血管内皮細胞とグリア細胞の活性化の検討.
第48回日本神経学会総会.名古屋.2007年5月17日.

柳澤勝彦(副所長室)
アミロイドβ蛋白の構造変化とアルツハイマー病.
第7回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ蛋白質と協働による機能場の動的な生成と消滅:
生体膜マイクロドメイン. 仙台. 2007年5月25日.

吉崎嘉一武田和也脇田英明高橋慶吉(血管性認知症研究部)
慢性脳底寒流に伴う神経細胞の細胞老化.
第2回神経伝達機構と疾患研究会.大阪.2007年5月24日.

内田育恵, 杉浦彩子,植田広海,中島 務(疫学研究部)
高コレステロール血症群における聴覚機能.
第108回日本耳鼻医咽喉科学会.金沢.2007年5月14日.

今井具子大塚礼、中村美詠子、安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
写真撮影併用が3日間食事調査に有用であるか.
第61回日本栄養・食糧学会.京都.2007年5月20日.

森 圭子下方浩史(疫学研究部)
地域住民における食物および栄養素等摂取量の季節変動.
第61回日本栄養・食糧学会.京都.2007年5月19日.

本山 昇(老年病研究部)
DNA損傷・酸化ストレス応答の分子メカニズムとがん化・老化における役割.
第6回広島分子循環器セミナー.広島.2007年5月16日.

小井手 一晴、金 政浩、中野 正博、野田 信雄根本 哲也伊藤安海松浦 弘幸:(長寿医療工学研究部)
sⅡクラスレート構造をとる水分子の水素原子の初期位置を与える方法.
第10回理論化学討論会.名古屋.2007年5月14日.

松浦弘幸野田信雄小井手一晴根本哲也伊藤安海、中野正博:(長寿医療工学研究部)
非摂動論的物質構造計算.第10回理論化学討論会.名古屋.2007年5月15日.

松下 健二(口腔疾患研究部)
高血圧が炎症を惹起する仕組み.第6回松本ボーンフォーラム.塩尻.2006年5月12日.

猪俣 恵, 引頭 毅, 中島 美砂子, 野口 俊英, 松下 健二(口腔疾患研究部)
第50回春季日本歯周病学会学術大会.横須賀.2007年5月19日.

寺内邦彦,島田順一,上川奈都子,西村元宏,伊藤和弘,柳田正志,下村雅律,矢追 毅,
丸山光生,伏木信次(老化機構研究部)
I期非小細胞肺癌におけるTARSH遺伝子発現の検討.第24回日本呼吸器外科学会総会.横浜.2007年5月17日.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一
輝いて、自宅で〜終わりよければすべてよし〜.
ことしもまた、新たな縁(えにし)を結ぶ会‘07!.
濃縮シンポジウム.シンポジスト.東京.2007年5月26日.

中村昭範(長寿脳科学研究部)
音楽スル脳を科学スル-第2回.ミューズサロン講座.
名古屋.2007年5月26日.

加藤隆司(長寿脳科学研究部)
[F-18]DOPAによるドパミン前シナプス機能の評価.
第48回日本神経学会総会シンポジウム2 神経伝達機能イメージング: Cutting Edge.
名古屋.2007年5月16日.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
生活機能向上にむけた目標指向的アプローチ.
鳥取県リハビリテーション研究会.米子.2007年5月26日.

溝口和臣(老年病研究部)
ストレスによるうつ病の発症機構と漢方薬.
名古屋大学医学部講義「薬理学」.名古屋.2007年5月28日.

センター内活動(セミナー等)

矢澤生(研究資源有効利用室長)
第10回長寿医療センターセミナー.
ご遺体から学ぶこと.
2007年5月15日.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター