文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2006年 [平成18年] 12月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
巻頭言.最近の腎移植事情.愛知腎臓財団.47号:2. 2006.

大島伸一(総長)
中日新聞.2006年12月26日朝刊.「長寿の国を診る」高齢社会“愛知モデル”を.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨粗鬆症の治療とフォローアップ.ラジオNIKKEI「医学講座」12月5日.2006.

竹下 淳(運動器疾患研究部)
第28回アメリカ骨代謝学会年会(フィラデルフィア)に参加.「医療の広場」12月10日.2006.

論文発表等

原著論文

安部幸志,荒井由美子,池田 学(長寿政策科学研究部)
家族が認知症となった場合の対処行動:一般生活者に対する調査から.日本醫事新報.4292:63-67.2006.

Ohgane K, Ohgane A, Okawa Y. (生活機能賦活研究部)
A relationship between levels in Functioning.
16th Intelligent System Symposium. No.6-30:79-80.2006.

Shoji Kawatsu(協立総合病院, 長寿脳科学研究部), Noboru Ushiroya,
A simulation of portable PET with a new geometric image reconstructionmethod,
Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res. A, 569( 2), 445-447, 2006.

Fang, C., Deng, L., Keller, C., Fukata, M., Fukata, Y., (遺伝子蛋白質解析室)Chen G., and Lüscher, B.
GODZ-mediated palmitoylation of GABA-A receptors is required for normal assembly and function of GABAergic inhibitory synapses. J Neurosci. 26, 12758-12768, 2006.

Yuyama K, Yamamoto N, Yanagisawa K.(副所長室)
Chloroquine-induced endocytic pathway abnormalities: Cellular model of GM1 ganglioside-induced Aβ fibrillogenesis in Alzheimer's disease. FEBS Lett. 580:6972-6976, 2006.

Ino K, Yoshida N, Kajiyama H, Shibata K, Yamamoto E, Kidokoro K, Takahashi N,
Terauchi M, Nawa A, Nomura S, Nagasaka T, Takikawa O (ラジオアイソトープ管理室), Kikkawa F.
Indoleamine 2,3-dioxygenase is a novel prognostic indicator for endometrial cancer.
Br J Cancer 95:1555-61, 2006.

Asaba Y, Hiramatsu K, Matsui Y, Harada A, Nimura Y, Katagiri N, Kobayashi T, Takewaka T, Ito M, Niida S, Ikeda K(運動器疾患研究部)
Urinary γ-glutamyltransferase (GGT) as a potential marker of bone resorption.
Bone 39:1276-1282, 2006.

Zhou P, Kitaura H, Teitelbaum SL, Krystal G, Ross FP, Takeshita S.(運動器疾患研究部)
SHIP1 Negatively Regulates Proliferation of Osteoclast Precursors via Akt-Dependent Alterations in D-Type Cyclins and p27.
J Immunol 177:8777-84, 2006.

Uchimura K, Rosen SD.(アルツハイマー病研究部)
Sulfated L-selectin ligands as a therapeutic target in chronic inflammation.
Trends Immunol. 12:559-565, 2006.

Zhang H, Uchimura K, Kadomatsu K.(アルツハイマー病研究部)
Brain keratan sulfate and glial scar formation.Ann N Y Acad Sci. 1086:81-90, 2006.

Uchimura K, Morimoto-Tomita M, Rosen SD.(アルツハイマー病研究部)
Measuring the activities of the Sulfs: two novel heparin/heparan sulfate endosulfatases.
Methods Enzymol. 416:243-253, 2006.

Habuchi H, Habuchi O, Uchimura K, Kimata K, Muramatsu T.(アルツハイマー病研究部)
Determination of substrate specificity of sulfotransferases and glycosyltransferases (proteoglycans).
Methods Enzymol. 416:225-243, 2006

総説, その他

大島伸一(総長)
臨床医学研究について. 日本小児皮膚科学雑誌. 25(2):8-11. 2006.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
介護保険制度下における家族介護.日本社会精神医学会雑誌.15(1):79-85.2006.

鷲尾昌一荒井由美子,稲葉佳江(長寿政策科学研究部)
高齢化社会における公衆衛生看護・地域看護と疫学教育の役割.
臨牀と研究.83(10):112(1538)-114(1540).2006.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
MCIの評価におけるFDG-PETの意義―SEAD-Japanの試み―.
老年医学会雑誌.17(増刊号‐… ):33-38.2006.

柳澤勝彦(副所長室)
アミロイドβタンパク質とアミロイド形成.
最新医学.61(12): 2386-2391.2006.

下方浩史(疫学研究部)
認知症による社会的負担.最新医学.61(12); 2368-2373.2006.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
長寿医療センターの今、医療 特集“長寿医療の最前線”.60:750-751.2006.

大田久美子本山 昇(老年病研究部)
早老症モデル動物から得られた老化の分子メカニズム.病理と臨床(文光堂).24 (12): 1303-1307, 2006.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病:ベッドサイドからベンチへ.医療 第60巻,第12号.pp752-759, 2006.

松下健二(口腔疾患研究部)
歯周病病因論の新しいパラダイムを求めて.国立医療学雑誌.60: 764-772, 2006.

書物等

安部幸志(長寿政策科学研究部)
老年期の健康心理.小林芳郎編著 健康のための心理学.保育出版社(大阪).93-97.2006.

講演等

学会・研究会等発表

Fukata, Y., Adesnik, H., Iwanaga, T., Bredt, DS., Nicoll, RA., and
Fukata, M. (遺伝子蛋白質解析室)
Novel epilepsy-related ligand/receptor complex LGI1 and ADAM22 regulates synaptic transmission. The 46th Annual Meeting of American Society for Cell Biology, Dec 9-13,2006, San Diego, CA.

Noritake, J., Fukata, Y., and Fukata, M. (遺伝子蛋白質解析室)
Activity-dependent regulation of PSD-95 palmitoylation by P-PAT.The 46th Annual Meeting of American Society for Cell Biology, Dec 9-13,2006, San Diego, CA.

Tsutsumi, R., Fukata, Y., and Fukata, M. (遺伝子蛋白質解析室)
Identification of Galpha Palmitoyl Acyl Transferase. The 46th Annual Meeting of American Society for Cell Biology, Dec 9-13,2006, San Diego, CA.

Takasu H, Sugita A, Uchiyama Y, Okazaki M, Ogata E, Ikeda K(運動器疾患研究部)
Mechanisms of anti-osteoclastogenic action of vitamin D and synthesis of a new analog.
Contemporary Diagnosis and Treatment of Vitamin D-Related Disorders, December 5, 2006, Arlington, Virginia, USA

Ishikura N, Shinotsuka C, Hishiya A, Ikeda K, Watanabe K(運動器疾患研究部)
Sms2, a Sphingomyelin Synthase Gene Expressed in Calcifying Osteoblasts and Osteocytes. The 46th annual meeting, American Society for Cell Biology, December 13, 2006, San Diego, California, USA.

Ikeda K(運動器疾患研究部)
Bone without osteocytes.
International Symposium, Korean Society for Osteoporosis. Seoul, Korea, December 3.

Into T., Shibata K., Matsushita K.(口腔疾患研究部)
Endothelial Toll-like receptor 2 mediates Weibel-Palade body exocytosis through
MyD88-dependent signaling pathways. The 36th Annual Meeting of the
Japanese Society for Immunology. Osaka, Japan, December 11, 2006.

深田 正紀岩永 剛深田 優子(遺伝子蛋白質解析室)
シナプス伝達を制御する新規リガンド・受容体.
日本分子生物学会2006フォーラム~分子生物学の未来~.名古屋.2006年12月7日.

深田 正紀(遺伝子蛋白質解析室)
PSD-95パルミトイル化酵素によるAMPA 受容体動態制御機構の解明.
特定領域研究「統合脳」冬の領域班会議. 東京.2006年12月19日.

安藤富士子北村伊都子甲田道子、大藏倫博 、下方浩史(疫学研究部)
一般地域住民における腹部肥満感受性因子の網羅的検討. 
第13回日本未病システム学会学術集会.東京.2006年12月2日.

西田裕紀子丹下智香子、福川康之、安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高年者・高齢者のエピソード記憶に関する横断的検討. 
第13回日本未病システム学会学術集会.東京.2006年12月2日.

下方浩史安藤富士子北村伊都子甲田道子、大藏倫博(疫学研究部)
加齢とメタボリックシンドローム-年齢別にみたメタボリックシンドロームのウエスト基準値の妥当性-.
第13回日本未病システム学会学術集会.東京.2006年12月2日.

杉浦彩子、内田育恵、中島 務、安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
脳梗塞の耳鳴に及ぼす影響.第127回日耳鼻東海地方部会連合講演会.名古屋.2006年12月10日.

若生武 浅井あづさ上川奈都子、大田 聡、津田玲生丸山光生(老化機構研究部)
免疫老化における機能低下と新規GEF、Zizimin2の関係.
日本分子生物学会2006フォーラム.名古屋.2006年12月6日.

上川奈都子寺内邦彦杉本昌隆、島田順一 丸山光生(老化機構研究部)
細胞老化関連遺伝子TARSH/Abi3bpの機能解析.
日本分子生物学会2006フォーラム.名古屋.2006年12月8日.

林永美山崎泰豊、林茂生、津田玲生(老化機構研究部)
神経発生における蛋白質分解の役割.日本分子生物学会2006フォーラム.名古屋.2006年12月7日.

Chen Chen荒木聖美本山 昇(老年病研究部)
細胞周期G0期維持におけるFOXO転写因子の機能解析.
日本分子生物学会2006フォーラム「分子生物学の未来」.名古屋.2006年12月6日.

大田久美子鈴木今日子本山 昇(老年病研究部)
DNA損傷応答による細胞老化誘導メカニズムの解析.
日本分子生物学会2006フォーラム「分子生物学の未来」.名古屋.2006年12月8日.

松下健二(口腔疾患研究部)
国立長寿医療センター研究所・口腔疾患研究部の現状.
第2回厚生労働省口腔保健研究会. 和光. 2006年12月2日.

松下健二(口腔疾患研究部)
血管研究の新機軸:エキソサイトーシス制御を基盤とした血管病治療の新戦略(シンポジスト)
第14回日本血管生物医学会学術大会. 東京. 2006年12月14日.

山本直樹松原悦朗、前田純裕、高島明彦、丸山和佳子、道川誠柳澤勝彦(アルツハイマー病、副所長室)
A ganglioside-induced toxic soluble Aβ assembly causes neuronal death.
第29回日本分子生物学会年会. 名古屋. 2006年12月6日.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
腎移植医療30年.奈良県立医科大学腎臓移植100周年記念式典講演会.奈良.2006年12月17日.

深田 正紀(遺伝子蛋白質解析室)
AMPA型グルタミン酸受容体の動態制御機構.
福島県立医科大学医学部附属生体情報伝達研究所.福島.2006年12月19日.

柳澤勝彦(副所長室)
Aβ仮説に基づくアルツハイマー病治療薬開発.日本薬学会東海支部例会.
名古屋. 2006年12月2日.

柳澤勝彦(副所長室)
アルツハイマー病の理を求めて.第24回臨床神経内科研究会.名古屋. 2006年12月9日.

柳澤勝彦(副所長室)
アルツハイマー病の危険因子:生活習慣との関係. 
公益信託第24回日本医学会総会記念医学振興基金公開講演会.名古屋. 2006年12月16日.

丸山光生(老化機構研究部)
基礎老化科学研究の現状.中京女子大学大学院修士過程(小塚ゼミ).大府.2006年12月4日.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨の細胞機能と加齢変化.平成18年度信州大学医学研究科講義.松本.2006年12月1日.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
PTHの骨作用.第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会 Overview 2.東京.2006年12月2日.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨代謝の分子医学.平成18年度名古屋市立大学医学部分子医学講義.名古屋.2006年12月14日.

内村健治(アルツハイマー病研究部)
リンパ球ホーミングに関わる細胞表面糖鎖の硫酸化:細胞の血行性脳実質内動員の可能性.
静岡県立大学大学院薬学研究科特別講義.静岡.2006年12月19日.

緒方良至、石榑信人、望月真吾、宮原洋、伊藤健吾籏野健太郎阿部潤一郎(長寿脳科学研究部)
PET用小型サイクロトロン周辺の中性子束測定. 日本放射線安全管理学会第5回学術大会.
名古屋.2006年12月1日.

松下健二(口腔疾患研究部)
生活習慣病の分子医学.広島大学歯学部講義. 広島. 2006年12月7日.

センター内活動(セミナー等)

加知輝彦(副院長)
第6回長寿医療センターセミナー
私達の役割
2006年12月19日.

NILSセミナー(老年病研究部)
Cellular senescence and chromatin architecture.
Dr. Masashi Narita (Cancer Research UK Cambridge Research Institute)
2006年12月4日.

NILSセミナー(運動器疾患研究部)
旅する造血幹細胞とその水先案内人
片山 義雄 先生
2006年12月21日.

PIセミナー
深田 正紀(遺伝子蛋白質解析室)
AMPA型グルタミン酸受容体の動態制御機構
2006年12月26日.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター