文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2006年 [平成18年] 10月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
朝日新聞.2006年10月8日朝刊.「ニュースに迫る」 時代も医療も変化 徹底的確認、必要に.

大島伸一(総長)
中日新聞.2006年10月31日朝刊.「長寿の国を診る」 医療資源の適正配置を.

論文発表等

原著論文

荒井由美子,佐々木恵,熊本圭吾(長寿政策科学研究部)
国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システムの開発.日本醫事新報社.4285:69-73.2006.

Uchida Y, Ando F, Nakata S, Ueda H, Nakashima T, Niino N, Shimokata H.(疫学研究部)
Distortion product otoacoustic emissions and tympanometric measurements in an adult population-based study.Auris Nasus Larynx. 33(4):397-401.2006.

Imai T, Nakamura M, Ando F, Shimokata H(疫学研究部)
Dietary supplement use by community-living population in Japan: Data from the National Institute for Longevity Sciences Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA) J. Epidemiol, 16,249-260,2006.

Kozakai R, Doyo W, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
Age-related changes of postural stability and physical function in middle-aged and elderly Japanese 
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 55(Suppl), S227-230, 2006.

Fukata, Y., Iwanaga, T. and Fukata, M.(遺伝子蛋白質解析室)
(2006) Systematic screening for palmitoyl transferase activity of the DHHC protein family in mammalian cells. Methods 40, 177-182.

Yamamoto N, Van Nostrand W.E.,Yanagisawa K(副所長室)
Further evidence of local ganglioside-dependent amyloid β-protein assembly in brain. Neuroreport 17: 1735-1737, 2006.

Murakami T, Paitel E, Kawarabayashi T, Ikeda M, Chishti MA, Janus C, Matsubara E,
Sasaki A, Kawarai T, Phinney AL, Harigaya Y, Horne P, Eqashira N, Mishima K
, Hanna A, Yang J, Iwasaki K, Takashima M, Fujiwara M, Ishiguro K, Bergeron C,
Carlson GA, Abe K, Westaway D, St George-Hyslop P, Shoji M(アルツハイマー病研究部)
Cortical neuronal and glial pathology in Tg TauP301L transgenic mice: neuronal degeneration, memory disturbance, and phenotypic variation.
Am J Pathol 169(4): 1365-1375, 2006.

Zhang H, Muramatsu T, Murase A, Yuasa S, Uchimura K, Kadomatsu K. (アルツハイマー病研究部)
N-Acetylglucosamine 6-O-sulfotransferase-1 is required for brain keratan
sulfate biosynthesis and glial scar formation after brain injury.
Glycobiology. 16:702-710, 2006

総説, その他

上村直人,池田 学荒井由美子,野村美千江,博野信次(長寿政策科学研究部)
認知症と社会的側面-わが国における認知症ドライバー研究の動向-.脳神経.医学書院(東京).
58(6):463-470,2006.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨粗鬆症の成因.骨粗鬆症の予防と治療のガイドライン2006年版.ライフサイエンス出版(東京).7-8.2006.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病とコレステロール代謝.生化学 第78巻 第9号.日本生化学会.831-839.2006.

原 英夫(血管性認知症研究部),井上誠,長谷川護,米満吉和,田平 武(所長室)
アルツハイマー病のワクチン療法.神経免疫学.日本神経免疫学会.14:137-140.2006.

Bagarinao E,Nakai T(長寿医療工学研究部), Tanaka Y
Real-Time Functional MRI: Development and Emerging Applications
Magnetic Resonance in Medical Sciences, 5(3): 157-165,October 2006.

書物等

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂編 シンプル衛生公衆衛生学2006.南江堂(東京).295-305.2006.

池田恭治(運動器疾患研究部)
内科学、XII. 内分泌疾患、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症、朝倉書店(東京)、2281-2282, 2006.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨のリモデリングへの作用 3)骨吸収、骨代謝と活性型ビタミンD.ライフサイエンス出版(東京).73-79.2006.

田平 武(所長室)
もの忘れ・ど忘れを防ぐ100のコツ.主婦の友社編(東京).pp. 100-103.2006.

講演等

学会・研究会等発表

大島伸一(総長),絹川常郎,辻克和,加藤真史,平野篤史,木村亨,藤田高史,小野佳成.
低侵襲性手術の選択基準とその妥当性についてのRetrospective Study.
第20回日本Endourology・ESWL学会.大阪.2006年10月5日.

新井明日奈,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
認知症患者の自動車運転に関する課題の検討.第65回日本公衆衛生学会総会.富山.2006年10月27日.

上田照子荒井由美子,西山利正(長寿政策科学研究部)
在宅要介護高齢者における家族による虐待-息子を中心として-.
第65回日本公衆衛生学会総会.富山.2006年10月27日.

佐々木恵,北岡(東口)和代,森河裕子,中川秀昭(長寿政策科学研究部)
General Coping Questionnaire (GCQ) 特性版の看護師への適用.
第65回日本公衆衛生学会総会.富山.2006年10月26日.

西田裕紀子,新野直明,福川康之,安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
地域在住高齢者の転倒恐怖感とQuality of lifeに関する疫学研究.
転倒予防医学研究会第3回研究集会.東京.2006年10月1日.

竹村真里枝松井康素、原田敦、安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高者年の骨代謝マーカーによる骨量減少/骨粗鬆症予測.
第8回日本骨粗鬆症学会.東京.2006年10月13日.

松井康素竹村真里枝、原田敦、安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
血清脂質と骨密度との関係の検討.第8回日本骨粗鬆症学会.東京.2006年10月13日.

内田育恵吉岡真弓杉浦彩子、植田広海、中島務(疫学研究部)
騒音職場就労歴のある聴力正常者のDPOAEに関する検討.
第16回日本耳科学会総会.青森.2006年10月19日.

清水 淳(老化機構研究部)
高齢個体の免疫. 第34回日本臨床免疫学会シンポジウム. 東京. 2006年10月2日.

池田恭治、土岐 秀明、堤 孔美浅羽 雄太郎、野田 哲生、伊東 昌子(運動器疾患研究部)
ENU突然変異体マウスの大規模スクリーニングによる骨粗鬆症関連遺伝子の探索.
第8回日本骨粗鬆症学会.東京.2006年10月12日.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨粗鬆症研究の将来.第8回日本骨粗鬆症学会.東京.2006年10月14日.

錦古里武志文堂昌彦中村昭範Kersten Diers加藤隆司、竹林成典、二橋尚志、早坂和正、梶田泰一、
吉田純、伊藤健吾、(長寿脳科学研究部)
標準脳座標へ変換した脳磁図データによる言語優位半球の評価.
第65回日本脳神経外科学会総会.京都.2006年10月18日.

源川博久、きょう建生、ゾウクン中村俊行、斎藤博幸、Sissel Lund-Katzm, Michael C. Phillips,
柳澤勝彦道川 誠 (アルツハイマー病研究部、副所長室)
アポリポ蛋白Eアイソフォーム依存的HDL産生機構の検討.
第25回日本認知症学会. 広島. 2006年10月7日.

松原悦朗、Javier Quinto, 瓦林毅、東海林幹夫、Miguel A Pappolla (アルツハイマー病研究部)
新規脳内Aβクリアランス経路を標的としたアルツハイマー病治療の可能性.
第25回日本認知症学会. 広島. 2006年10月7日.

松原 悦朗(アルツハイマー病研究部)
抗Aβオリゴマー抗体の可能性.
第2回神経内科セミナー Aβ oligomer update 平成18年度弘前大学学長指定重点研究スタートアップミーティング. 弘前. 2006年10月24日.

ゾウクン、白石博久、駒野宏人柳澤勝彦道川 誠 (アルツハイマー病研究部、副所長室)
Deficiency in presenilin-1 and -2 promotes maturation and cell surface expression of integrin β1.
第25回日本認知症学会. 広島. 2006年10月6日.

渡邉 淳(血管性認知症研究部),田平 武(所長室),高橋慶吉(血管性認知症研究部).
CADASIL脳の微小血管に蓄積するNotch3の解析.第25回日本認知症学会.広島.2006年10月7日.

武田和也(血管性認知症研究部),Lakshmana MK,荒木 亘,田平 武
Aβに結合し、細胞死を誘導するタンパク質,AB-DIPによる神経細胞死機構の解明と抑止法の開発.
第25回日本認知症学会.広島.2006年10月7日.

吉崎嘉一(血管性認知症研究部),脇田英明,高橋慶吉
CADASIL発症における脳虚血の関与.第25回日本認知症学会.広島.2006年10月7日.

田平 武(所長室)
アルツハイマー病のワクチン療法 神経難病治療の進歩.第8回国際神経免疫学会市民公開シンポジウム.名古屋.2006年10月15日.

Okawa Y, (生活機能賦活研究部)
“Functioning-promoting Assistive Care” and universal designs. The 2nd International Conference for Universal Design, October 24, 2006 Kyoto, Japan.

Okawa Y, (生活機能賦活研究部) Ueda S, Kawauchi A
A Proposal on Qualifiers of Activity based on Population Surveys (2):
"Limited Independence" as a Predictive Risk Factor for Declines of Functioning after Natural Disasters.
WHO-FIC Network Meeting, 1 November, 2006 Tunis, Tunisia.

Okawa Y, Ueda S, Kudo M,(生活機能賦活研究部)
Utilization of ICF for Patient Education: Better Identification by Patients of their own Problems following Instruction of ICF Model and Classification.
WHO-FIC Network Meeting, 1 November, 2006 Tunis, Tunisia.

Ueda S, Okawa Y,(生活機能賦活研究部) Shuto K
A Proposal on Qualifiers of Activity based on Population Surveys (1):
"Universal Independence" versus "Limited Independence".
WHO-FIC Network Meeting, 1 November, 2006 Tunis, Tunisia.

Ueda S, Okawa Y, (生活機能賦活研究部)
International Educational Activities on ICF by Japan: (1) For Central America and Caribbean Region; and (2) For Trainees from Asia, Africa and Latin America.
WHO-FIC Network Meeting, 1 November, 2006 Tunis, Tunisia.

Nishioka T, Iida R, and Shimizu J. (老化機構研究部)
CD4+CD25+Foxp3+ T cells and CD4+CD25-Foxp3+ T cells in aged mice.
The 8th International Congress of Neuroimmunology. Nagoya. October 16, 2006.

Kato T, Ito K, Arahata Y, Abe Y, Washimi Y, Iwai K, Takeda A, Nakamura A,
Nagano-Saito A, Kawatsu S, Nihashi T, Hatano K, Kachi T. (長寿脳科学研究部)
Age related change of cerebral glucose metabolism and gray matter volume, a PET andMRI study.
9th Congress of World Federation of Nuclear Medicine and Biology October 27 (October 22-27), 2006 COEX Seoul, Korea.

T Tabira(所長室)
Messages to neuroimunologists from Asia. Presidential lecture. The 8th International Congress of Neuroimmunology. 16 Oct, 2006, Nagoya.

S Kataoka(血管性認知症研究部), H Hara(血管性認知症研究部), T Tabira(所長室)
β-Amyloid uptake by microglial cells and proinflammatory cytokines. 16 Oct, 2006, Nagoya.

W Xu, H Hara(血管性認知症研究部), T Tabira(所長室)
Natural Killer (NK) cells exert cytotoxic effect on autoantigen-specific, encephalitogenic T cells in experimental autoimmune encephalomyelitis. The 8th International Congress of Neuroimmunology. 16 Oct, 2006, Nagoya.

T Tabira(所長室)
Alzheimer’s disease and immune-mediated therapy: An overview. The 8th International Congress of Neuroimmunology. 17 Oct, 2006, Nagoya.

H Hara, M Inoue, M Hasegawa, Y Yonemitsu, T Tabira(所長室)
Mucosal immunotherapy for Alzheimer’s disease with viral vectors. The 8th International Congress of Neuroimmunology. 17 Oct, 2006, Nagoya.

H Wakita(血管性認知症研究部),J M. Hallenbeck.
Protective effect of mucosal tolerance to E-selectin against memory impairment and white matter injury in a rat model of vascular dementia.Alzheimer's Disease, Neurodegeneration and Immunity,October 17, 2006,Nagoya.

H Wakita(血管性認知症研究部),K Yoshizaki,H Tomimoto,K TakahashiT Tabira(所長室)
Activation of vessels and glial cells in the rat brain under chronic cerebral hypoperfusion.The 8th International Congress of Neuroimmunology Nagoya Congress Center,October 18, 2006,Nagoya.

Hideo Hara(血管性認知症研究部)
Mucosal immunotherapy for Alzheimer's disease with viral vectors.The 3rd stage Surface Barrier Immunology Study Group (SBARIS) 3rd meeting,October 28, 2006,Miyazaki.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
これからの高齢社会.平成18年度大府市老人クラブ連合会推進大会記念講演会.大府.2006年10月20日.

安藤富士子(疫学研究部)
高脂血症と食事.第78回医協メディカルフォーラム.名古屋.2006年10月14日.

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
脳の老化とアルツハイマー病.
「脳:内なる不思議な世界へ」関連シンポジウム. 名古屋. 2006年10月14日.

Ikeda K(運動器疾患研究部)
Future of new vitamin D analogs. Invited Plenary Lecture, Joint IOF/ANZBMS meeting. 10月26日 Port Douglas, Australia

田平 武(所長室)
ストレスと脳.脳!Brain! 内なる不思議の世界へ.特別企画展名古屋会場.2006年10月14日.

松下健二(口腔疾患研究部)
生活習慣病の分子疫学.北海道大学歯学部講義. 札幌. 2006年10月26日.

センター内活動(セミナー等)

PIセミナー
下方浩史(疫学研究部)
「長寿医療研究とは何か、そして我々は何ををなすべきなのか」
国立長寿医療センター研究所・老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)の過去と未来
2006年10月10日.

長寿脳科学研究部
「動脈硬化病変における不安定プラークのPETイメージング」
浜松医科大学光量子医学研究センター 小川美香子先生
2006年10月2日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター