文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2006年 [平成18年] 8月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中部経済新聞, 2006年8月12日,中部の60人未来を語る(創刊60周年企画) 「健康長寿」はみんなの課題.

大島伸一(総長)
中日新聞,2006年8月31日朝刊,「長寿の国を診る」 互いに支え合う社会に.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
朝日新聞,2006年8月3日朝刊,災害時に多発「生活不活発病」 生活リズム守って防ぐ.

論文発表等

原著論文

C. Fernandez-Hernando, M. Fukata, P.N. Bernatchez, Y. Fukata, M.I. Lin, D.S. Bredt, and W.C. Sessa(遺伝子蛋白質解析室)
Identification of Golgi-localized acyl transferases that palmitoylate and regulate endothelial nitric oxide synthase. J Cell Biol. Vol. 174 (3); 369-377.2006.

Tsuda L., Kaido M., Lim Y.M., Kato K., Aigaki T., and Hayashi S. (老化機構研究部)
NRSF/REST-like repressor under negative control of Su(H)/SMRTER/Ebi repressor complex regulates eye development in Drosophila. EMBO J. 25, 191-3202, 2006

Low W C, Santa Y, Takahashi K, Tabira T(所長室), Kalaria R N(血管性認知症研究部)
CADASIL-causing mutations do not alter Notch3 receptor processing and activation. NueroReort 17: 945-949, 2006.

Kazuhiko Nagai, Osamu Takikawa (ラジオアイソトープ管理室), Naoko Kawakami, Mitsuhiro Fukao, Takamitsu Soma, Atsushi Oda, Tadashi Nishiya, Misato Hayashi, Lu Lingyun, Manabu Nakano, Emi Kajita, Hiroyuki Fujita, Soichi Miwa
Cloning and functional characterization of a novel up-regulator, cartregulin, of carnitine transporter, OCTN2. Arch Biochem Biophys. 452:29-37. 2006.

Nakano M,Matsuura H
Mass Renormalization Method in Finite Density General Formalism,INFORMATION, International Information Institute, 9(4), 601-611, July 2006.

Gotoh M, Yoshikawa Y, Ohshima S(総長)
Pathophysiolosy and subjective symptoms in women with impaired bladder emptying. Int J Urol. 13: 1053-1057.2006.

Nakai T,Bagarinao E,Matsuo K(長寿医療工学研究部),Ohgami Y,Kato C
Dynamic monitoring of brain activation under visual stimulation using fMRI -The advantage of real-time fMRI with sliding window GLM analysis, Journal of Neuroscience Methods,157(1):158-167,October 2006.

Maess B, Herrmann CS, Hahne A, Nakamura A,(長寿脳科学研究部) Friederici AD.
Localizing the distributed language network responsible for the N400 measured by MEG during auditory sentence processing. Brain Research 1096: 163-172, 2006.

Ito K.(長寿脳科学研究部)
PET/SPECT for dementia-early diagnosis of Alzheimer’s disease
International Congress Series 1290 (2006) 123-127.

Ito M, Nakayama K, Konaka A, Sakata K, Ikeda K, and Maruyama T(運動器疾患研究部)
Effects of a prostaglandin EP4 agonist, ONO-4819, and risedronate on trabecular microstructure and bone strength in aging ovariectomized rats. Bone 39: 453-459, 2006.

Schreiner AS, Morimoto T, Arai Y, Zarit SH(長寿政策科学研究部)
Assessing family caregiver's mental health using a statistically derived cutoff score for the Zarit Burden Interview. Aging Ment Health 10(2): 107-111, 2006.

伊藤健吾加藤隆司(長寿脳科学研究部),新畑 豊,鷲見幸彦
FDG-PETを用いた早期診断 認知症・セミナー.Medical Practice.23(7):1179-1182.2006.

籏野健太郎(長寿脳科学研究部)
18F製剤の基礎.臨床放射線.51(1):823-826.2006.

新井明日奈荒井由美子,松本光央,池田 学(長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の運転行動の実態-家族介護者からの評価-.日本医事新報.4272:44-48.2006.

西田裕紀子、新野直明、安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高年者の抑うつの関連要因-日常活動能力に着目して-. 
日本未病システム学会雑誌. 12(1):101-104.2006.

新野直明、西田裕紀子(疫学研究部)
高齢者の転倒予防活動事業に関する全国調査(Ⅱ).日本未病システム学会雑誌.12(1):185-187.2006.

下方浩史安藤富士子今井具子、中村美詠子(疫学研究部)
栄養摂取と骨密度減少との関連への遺伝子の影響に関する研究.
日本未病システム学会雑誌.12(1):180-184.2006.

安藤富士子、小坂井留美、道用亘、下方浩史(疫学研究部)
閉経女性の体力と骨密度の関連にMMP-12(A-82G)が及ぼす影響.
日本未病システム学会雑誌.12(1):188-191.2006.

総説, その他

Sakaguchi S, Ono M, Setoguchi R, Yagi H, Hori S, Fehervari Z, Shimizu J (老化機構研究部), Takahashi T, Nomura T.
Foxp3+CD25+CD4+ natural regulatory T cells in dominant self-tolerance and autoimmune disease. Immunol Rev 212: 8-27. 2006.

松下健二(口腔疾患研究部)
NOを操り、血管病を制御する. 血管医学. 7 : 61-71. 2006

下方浩史(疫学研究部)
高齢者の生活習慣はどこまで是正すべきか.日本老年医学会雑誌.43(4); 462-464.2006.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
日本衛生学会75周年記念によせて.日本衛生学雑誌.61(特別号):29.2006.

書物等

大島伸一(総長),石田芳弘
医療と福祉にも哲学を. 石田芳弘対談集 今こそローカリズム. 風媒社(名古屋).p207-238. 2006.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
WHO-FIC(WHO国際分類ファミリー)とICF(国際生活機能分類).
大井利夫総監修 診療情報管理士テキスト(診療情報管理‡W 専門・国際疾病分類法編).
日本病院会(東京).p287-318.2006.

講演等

学会・研究会等発表

湯山耕平、山本直樹、柳澤勝彦(アルツハイマー病研究部、副所長室)
エンドサイトーシス異常によるGM1ガングリオシド蓄積とアミロイド・タンパク質重合.
第26回日本糖質学会年会. 仙台.2006年8月24日.

田中 愼(加齢動物育成室)
近交系ラット“F344”群を下顎骨からみると.第142回日本獣医学会学術集会.山口.2006年9月26日.

松下健二(口腔疾患研究部)
エキソサイトーシス制御を基盤とした血管病治療の戦略. 第4回血液・血管オルビス. 東京. 2006年8月6日.

今井 具子(疫学研究部)
公衆栄養分野における研究について〜ポピュレーションアプローチに向けて〜
地域住民における栄養補助食品接収頻度調査を例題として.第1回日本栄養改善学会若手の会夏季研修会.
名古屋.2006年8月25日.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
PET脳検診は成り立つか?―(1)全国アンケートの結果から 夜の学校―脳.
PETサマーセミナー2006 in 名古屋.名古屋.2006年8月21日.

籏野健太郎(長寿脳科学研究部)
フッ素-18 夜の学校―化学.PETサマーセミナー2006 in 名古屋.名古屋.2006年8月21日.

道川誠 (アルツハイマー病研究部)
脳内コレステロール代謝調節によるアルツハイマー病発症の予防・治療法に関する研究.
文部科学省・特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ. 札幌.2006年8月23日.

柳澤勝彦(副所長室)
発症病態生理にもとづくアルツハイマー病治療薬開発戦略.
第23回和漢医薬学会大会.特別講演.岐阜.2006年8月26日.

Takeshi Wakoh, Masatoshi Takagi, Hiroyuki Kawagishi, Charles J. Sherr, Mitsuo Maruyama and Masataka Sugimoto (老化機構研究部)
Role of Hzf in adipocyte differentiation. The 11th Adiposcience Symposium. Osaka. August 19, 2006.

Hatano K, Sekimata K, Ogawa M, Abe J, Laquintana V, Denora N, Latrofa A, Trapani G, Liso G, Biggio G, Serra M, Magata Y, Ito K.(長寿脳科学研究部)
Radiosynthesis and In Vivo Evaluation of O-[11C] Methylated Imidazopyridine Derivatives as a Positron Emission Tomography Tracer For Peripheral Benzodiazepine Receptors. Fifth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging, Sep 1, Waikoloa, Hawaii, USA

Ito F, Kudo G, Toyama H, Suzuki H, Hatano K, Nakane M, Ohashi M, Kato T, Katada K, Ichise M, Sawada M, Ito K.(長寿脳科学研究部)
Stereo-tactic Imaging of the Rat Brain Lesions using 1.5 T MRI system-Development of Reproducible Imaging Technique without Stereo-tactic Device- Fifth Annual Meeting of the Society for Molecular Imaging, Sep 2, Waikoloa, Hawaii, USA

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
高齢社会と医療.藤田保健衛生大学脳神経外科第20回市民公開講座健康セミナー2006.
名古屋.2006年8月5日.

Arai Y(長寿政策科学研究部)
Factors related to potentially harmful behaviors towards disabled older people by family caregivers in Japan. Penn State University, University Park, PA, USA, August 8, 2006.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター