文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2006年 [平成18年] 6月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
中日新聞,2006年6月30日朝刊,「長寿の国を診る」,医療資源の有効利用を.

下方浩史(疫学研究部)
朝日新聞,2006年6月11日朝刊,長寿日本危うし?.

論文発表等

原著論文

寺岡慧,菊地耕三,野本亀久雄,平野哲夫,里見進,長谷川昭,打田和治,秋山隆弘,田中信一郎,
進藤和彦,中村信之,大島伸一(総長)
わが国における献腎移植の現況.泌尿器外科.19(5):607-620. 2006.

工藤 啓荒井由美子(長寿政策科学研究部)
ヘルスケア情報のIT化について-特に携帯用端末(PDA:Personal Digital assistants)の活用について-.公衆衛生情報みやぎ 350:10-12.2006.

中村昭範,加藤隆司,文堂昌彦,Diers Kersten,伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
標準脳座標におけるヒト体性感覚誘発磁場電源の分布.日本生体磁気学会誌.19(1);122-123.2006.

Kawano MA, Inoue T, Tsukamoto H, Takaya T, Enomoto T, Takahashi R, Yokoyama N, Yamamoto N, Nakanishi A, Imai T, Wada T, Kataoka K & Handa H.(老化制御研究部)
The VP2/VP3 minor capsid protein of SV40 promotes the in vitro assembly of the major capsid protein VP1 into particles. J Biol Chem 281:10164-10173, 2006.

Nishioka T, Shimizu J, Iida R, Yamazaki S, and Sakaguchi S. (老化機構研究部)
CD4+CD25+Foxp3+ T cells and CD4+CD25-Foxp3+ T cells in aged mice. J. Immunol. 176: 6586-6593, 2006.

Yamada Y, Ando F, Shimokata H(疫学研究部)
Association of polymorphisms in forkhead box C2 and perilipin genes with bone mineral density in community-dwelling Japanese individuals Int J Mol Med 18(1), 119-127, 2006.

Shimokata H, Ando F, Fukukawa Y, Nishita Y(疫学研究部)
Klotho gene promoter polymorphism and cognitive impairment. Geriatr Gerontol Int 6(2):136-141,2006.

Oura A, Washio M, Wada J, Arai Y, Mori M(長寿政策科学研究部)
Factors related to institutionalization among the frail elderly with home-visiting nursing service in Japan. Gerontology 52(1): 66-68, 2006.

Wollmer MA, Kapaki E, Hersberger M, Muntwyler J, Brunner F, Tsolaki M, Akatsu H, Kosaka K, Michikawa M, Molyva D, Paraskevas GP, Lutjohann D, Eckardstein A, Hock C, Nitsch RM, Papassotiropoulos A (アルツハイマー病研究部)
Ethnicity-dependent genetic association of ABCA2 with sporadic Alzheimer's disease. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet 141(5):534-536, 2006.

Byun K, Kim J, Cho SY, Hutchinson B, Yang SR, Kang KS, Cho M, Hwang K, Michikawa M, Jeon YW, Paik YK, Lee B (アルツハイマー病研究部)
Alteration of the glutamate and GABA transporters in the hippocampus of the Niemann-Pick disease, type C mouse using proteomic analysis. Proteomics 6(4):1230-1236, 2006.

Yang SR, Kim SJ, Byun KH, Hutchinson B, Lee BH, Michikawa M, Lee YS, Kang KS (アルツハイマー病研究部)
NPC1 gene deficiency leads to lack of neural stem cell self-renewal and abnormal differentiation through activation of p38 mitogen-activated protein kinase signaling. Stem Cells 24(2):292-298, 2006.

Samura E, Shoji M, Kawarabayashi T, Sasaki A, Matsubara E, Murakami T, Wuhua X, Tamura S, Ishiguro K, Saido TC, Westerway D, St George Hyslop P, Harigaya Y, Abe K. (アルツハイマー病研究部)
Enhanced accumulation of tau in doubly transgenic mice expressing betaAPP and presenilin-1. Brain Res 1094(1):192-199,2006.

Matsushita K, Imamura T, Tomikawa M, Tancharoen S, Tatsuyama S, Maruyama I (口腔疾患研究部)
DX-9065a inhibits proinflammatory events induced by gingipains and factor Xa. J Periodontal Res 41:148-156, 2006.

Poljak A, Grant R, Austin CJ, Jamie JF, Willows RD, Takikawa O, Littlejohn TK, Truscott RJ, Walker MJ, Sachdev P, Smythe GA.
Inhibition of indoleamine 2,3 dioxygenase activity by H2O2.
Arch Biochem Biophys. 450:9-19, 2006.

K. Diers, D. Roehm, B. Maess, A. Strobel, A. Nakamura(長寿脳科学研究部), B. Brocke.
Localization of P3a and P3b. 日本生体磁気学会誌. 19(1);184-185.

総説, その他

西田裕紀子(疫学研究部)
老いを迎えるその前に.伊藤裕子編 ジェンダー・アイデンティティ-揺らぐ女性像-(現代のエスプリ別冊).至文堂(東京).p74-86, 2006.

大川弥生,工藤美奈子,中井定(生活機能賦活研究部)
災害時における「生活不活発病」への「水際作戦」.介護福祉 62:68-82.2006.

中井定,工藤美奈子,玉木健太郎,関口春美,大川弥生(生活機能賦活研究部)
災害時における高齢者の生活機能.第48回日本老年医学会学術集会.金沢.2006年6月7日.

工藤美奈子,玉木健太郎,中井定,角谷ふみ江,関口春美,大川弥生(生活機能賦活研究部)
要介護認定後期高齢者の就労意欲と生活機能に関する研究.第48回日本老年医学会学術集会.金沢.2006年6月8日.

矢澤生,中山貴美子,鈴木康予(研究資源有効利用室)
多系統萎縮症の病態機序ーα-Synucleinトランスジェニックマウス.神経研究の進歩.268:465-471,2006.

溝口和臣(老年病研究部)
良い薬をつくるには.中部大学生命健康科学研究所紀要.2: 35-38.2006.

池田恭治(運動器疾患研究部)
副甲状腺ホルモン関連タンパク(PTHrP).CLINICAL CALCIUM 特集“骨関連生化学検査”.16: 29-35.2006.

原 英夫(血管性認知症研究部)
Alzheimer病のAβワクチン療法.日本内科学会雑誌.95: 1122-1128. 2006.

Satoshi Ueda, Yayoi Okawa,(生活機能賦活研究部)
Impact of a Natural Disaster on the Functioning of Elderly People:
A Japanese Experience-The relevance of “limited independence” of activities as a predictive risk factor-.
12th Annual North American Collaborating Center Meeting on ICF:
Living in our Environment: The Promise of ICF, Vancouver, June 5, 2006.

書物等

大島伸一(総長)
移植外科医から腎臓内科医に期待するもの.腎移植の進歩-わが国の現状と今後の展望(日本腎臓学会編).
東京医学社(東京).pp.35-38.2006.

講演等

学会・研究会等発表

吉川羊子,後藤百万,大島伸一(総長),土屋雅彦
防災時における排泄ケアについての意識調査.第19回日本老年泌尿器科学会.東京.2006年6月10日.

上川奈都子,若生武,杉本昌隆,丸山光生(老化機構研究部)
細胞老化関連遺伝子TARSH/Abi3bpの機能解析. 第29回日本基礎老化学会大会.長崎.2006年6月15日.

猪股光司,嶋田有紀子,林 昌美,清水 淳,岩下淑子(老化機構研究部)
老化したCD4T細胞では脂質ラフトを介した「負」のシグナル制御系に異常がある.
第29回日本基礎老化学会大会. 長崎.2006年6月16日.

下方浩史(疫学研究部)
食生活と長寿.第48回日本老年医学会総会(市民公開シンポジウム‡T 高齢者の健康と食).金沢.2006年6月7日.

小坂井留美,北村伊都子,甲田道子,道用亘,安藤富士子,下方浩史(疫学研究部)
中高年者における筋量と脂肪量による体格分類と身体活動量との関連.第48回日本老年医学会総会.金沢.2006年6月8日.

安藤富士子,福川康之,中村美詠子下方浩史(疫学研究部)
大豆由来イソフラボン摂取量と認知機能との関連-横断的検討-.第48回日本老年医学会総会.金沢.2006年6月9日.

北村伊都子小坂井留美,甲田道子,安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
中高年者の身体組成とサルコペニアの分布についての横断的検討.第48回日本老年医学会総会.金沢.2006年6月7日.

中村美詠子,安藤富士子,下方浩史(疫学研究部)
栄養と骨密度との関連に及ぼすInterleukin-6遺伝子多型の影響.第48回日本老年医学会総会.金沢.2006年6月8日.

道用亘,小坂井留美,安藤富士子,下方浩史(疫学研究部)
中高年者における歩行中の両脚支持時間と床反力ピーク値との関連.第48回日本老年医学会総会.金沢.2006年6月9日.

増原宏明(長寿政策科学研究部)
有限混合タイプ2 Tobitモデルの比較と医療費の推定.2006年度日本経済学会春期大会.福島.2006年6月3日.

佐々木恵,熊本圭吾,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
「国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システム」の開発.
第48回日本老年医学会学術集会.金沢.2006年6月8日.

安部幸志,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
一般生活者を対象とした認知症における援助希求行動尺度の作成と妥当性に関する検討.
第48回日本老年社会科学会大会.西宮.2006年6月25日.

水野洋子,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
高齢者虐待の防止に係る施策-英国におけるProtection of Vulnerable Adults(POVA)スキームの概要と課題-.
第48回日本老年社会科学会大会.西宮.2006年6月25日.

増原宏明,田近栄治,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
高齢期までの累積医療費格差の分析-セミパラメトリックモデルによるシミュレーション例-.
第48回日本老年社会科学会大会.西宮.2006年6月25日.

上田照子,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
高齢者を介護する息子の実態と虐待の背景要因.
第48回日本老年社会科学会大会.西宮.2006年6月25日.

佐々木恵,新田順子,安部幸志荒井由美子(長寿政策科学研究部)
家族介護者による要介護高齢者に対する虐待の関連要因.
第21回日本老年精神医学会.東京.2006年6月30日.

安部幸志,荒井由美子(長寿政策科学研究部)
わが国の一般生活者における認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討.
第21回日本老年精神医学会.東京.2006年6月30日.

河津省司(協立総合病院,長寿脳科学研究部
日本応用数理学会 数理医学研究部会 拡大幹事会
多元数理科学研究所.名古屋,2006年6月4日.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
SEAD-Japanの進捗状況その他.第8回VSRADアドバイザリーボードミーティング.東京.2006年6月14日.

中村昭範,加藤隆司,文堂昌彦,Diers Kersten,伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
標準脳座標におけるヒト体性感覚誘発磁場電源の分布.第21回日本生体磁気学会大会.東京.2006年6月1日.

田中 愼(加齢動物育成室)
下顎骨による近交系ラット“F344”群の比較.第29回日本基礎老化学会.長崎.2006年6月16日.

鈴木康予,中山貴美子,矢澤生(研究資源有効利用室)
Overexpression of human dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA) protein by Escherichia coli.
第20回国際生化学・分子生物学会議.京都.2006年6月21日.

本山 昇,日比(古川)陽子,Chen Chen(老年病研究部)
酸化ストレス応答とフォークヘッド転写因子FOXO.第29回日本基礎老化学会大会(シンポジウム).長崎.2006年6月14日.

松浦弘幸,野田信雄,小井手一晴,根本哲也(長寿医療工学研究部),中野正博
任意座標で記述された相対論的原子と分子の事始.日本コンピュータ化学会.東京.2006年6月2日.

田平 武(所長室)
Research Activities at the National Institute for Longevity Sceineces.
第29回会日本基礎老化学会(パネルディスカッション).長崎.2006年6月16日.

松下健二(口腔疾患研究部)
口腔内細菌ケアについて.口腔ケアを考えるミニシンポジウム.明石.2006年6月25日.

Kayako Matsuo(長寿医療工学研究部), Chikako Kato, Haruo Isoda, Yasuo Takehara,
Hiroyasu Takeda, Epifanio Bagarinao, Toshiharu Nakai
Viewing scenes incongruous with the supine position during fMRI induced intense activation in the posterior parahippocampal area. 12th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping,NeuroImage 31 Sup 1, #491, 2006.

Toshiharu Nakai(長寿医療工学研究部), Epifanio Bagarinao, Chikako Kato, Kayako Matsuo
The Correlation of the Bilateral Activation of the Motor Areas and Complexity of Movements - An Approach Using Dynamic fMRI. 12th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, NeuroImage 31 Sup 1, #41, 2006.

Epifanio Bagarinao, Kayako Matsuo(長寿医療工学研究部), Toshiharu Nakai, Yoshio Tanaka
Consistency constraint improves specificity in sliding window real-time functional MRI Analysis. 12th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, NeuroImage 31 Sup 1, #539, 2006.

Chikako Kato, Yasuo Takehara, Haruo Isoda, Toshiharu Nakai(長寿医療工学研究部),Kayako Matsuo
Gender Differences of activation during visual orienting induced by pointing symbols. 12th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, NeuroImage 31 Sup 1, #64, 2006.

Wakoh T, Murata Y, Uekawa N, Sugimoto M, Miyazaki T and Maruyama M (老化機構研究部) Characterization of apoptosis-related gene,DAP3 in cellular senescence The 29th Annual Meeting of The Japan Society for Biomedical Gerontology. Nagasaki.June 16.2006.

Shimada Y, Inomata M, Hayashi M, Shimizu J, Ohno-Iwashita Y. (老化機構研究部) Age-dependent reduction of PAG, a lipid raft-associated transmembrane adaptor protein, in mouse CD4 T cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. Kyoto. 2006. 6.18-23.

Takeshi Wakoh, Yoko Murata, Natsuko Uekawa, Masataka Sugimoto, Tadaaki Miyazaki, and Mitsuo Maruyama(老化機構研究部)
Characterization of apoptosis-related gene, DAP3 in cellular senescence. The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. Kyoto. June 21, 2006.

Takeshi Wakoh, Natsuko Uekawa, Charles J. Sherr, Mitsuo Maruyama, Masataka Sugimoto(老化機構研究部)
Role of HZF in adipocyte differentiation. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. Kyoto. June 22, 2006.

Natsuko Uekawa, Kunihiko Terauchi, Takeshi Wakoh, Masataka Sugimoto and Mitsuo Maruyama (老化機構研究部)
Functional analysis of Abi3bp/TARSH, MEF Senescencererelated gene. The 6thKorea-Japan Gerontologist Joint Meeting,Chuncheon,Korea. June 22, 2006.

Mitsuo Maruyama, Takeshi Wakoh, yoko Murata, Natsuko Uekawa, Masataka Sugimoto and Tadaki Miyazaki (老化機構研究部)
Characterization of death asosociated Purotein-3 in cellular senescence. The 6th Korea-Japan Gerontologist Joint Meeting, Chuncheon, Korea. June 22, 2006.

Yoko Ogawara, Nick Martine, Masataka Sugimoto, Koji Okamoto, Manuel Serrano, Yoichi Taya, Eiji Hara (老化機構研究部)
An analysis for the new function of cell cycle regulator p34SEI-1. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. Kyoto. June 23, 2006.

Kubota K, Masuhara H, Hosoya K, Yoh K, Niho S, Goto K, Ohmatsu H, Nishiwaki Y, Saijo N(長寿政策科学研究部)
Trends in demographics and survival for patients (pts) with advanced non-small cell lung cancer (NSCLC). The 42nd American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting. Atlanta, USA. 2006 June 2-6 (Presentation: June 4).

Miura H, Arai Y(長寿政策科学研究部)
Oral Health Care Needs and Provision for the impaired elderly. 84th General Session & Exhibition of IADR (Internation Association for Dental Research). Brisbane, Australia. 2006 June 28-July 1 (Presentation: June 29).

M. Ogawa, Y. Magata, T. Kato, K. Hatano, K. Ito, S. Ishino, T. Mukai, M. Shiomi and H. Saji(長寿脳科学研究部)
Application of [18F]FDG-PET for monitoring the therapeutic effect of anti-inflammatory drug on stabilization of vulnerable atherosclerotic plaques
Society of Nuclear Medicine 53rd Annula Meeting, June 3-5. San Diego, CA, USA.

Gen Kudo, Hiroshi Toyama, Kentaro Hatano, Hiromi Suzuki, Masanori Ichise, Fumitaka Ito, Takashi Kato, Kazuhiro Katada, Makoto Sawada, Kengo Ito. (長寿脳科学研究部)
In-VIVO IMAGING OF MICROGLIAL ACTIVATION USING A PERIPHERAL BENZODIAZEPINE RECEPTOR LIGAND,
[11C]PK11195 AND ANIMAL PET FOLLOWING IMPLANTATION OF CULTURED ACTIVATED MICROGLIA INTO RAT STRIATUM.
6th Neuroreceptor Mapping Symposium, July 6-8, 2006, Copenhagen, Denmark.

K. Diers, D. Roehm, B. Maess, A. Strobel, A. Nakamura(長寿脳科学研究部), B. Brocke.
Localization of P3a and P3b 第21回日本生体磁気学会大会 東京 2006年6月1日.

Takeshi Tabiara(所長室)
Research Scope in NILS: the present and perspectives. Asian Aging 2006: The Regional Aging Connection and the Future, June 17, Nagasaki.

Tatsumi S, Amizuka N, Li M, Ishii K, Kohno K, Ito M, Takeshita S, Ikeda K(運動器疾患研究部)
Targeted ablation of osteocytes and bone metabolism. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, June 23, Kyoto.

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
臨床医学研究について.第30回日本小児皮膚科学会学術大会(特別講演).名古屋.2006年6月17日.

丸山光生 (老化機構研究部)
「B細胞応答、免疫記憶」平成18年度名古屋大学医学部医学科講義「免疫学」.
名古屋大学医学部.名古屋.2006年6月12日.

原 英夫(血管性認知症研究部)
アルツハイマー型認知症の最新の話題―Aβワクチン療法を中心に―.第13回徳島神経難病治療薬研究会.徳島.2006年6月2日.

原 英夫(血管性認知症研究部)
アルツハイマー病の治療の最前線;Aβワクチン療法. 第九回北大阪もの忘れ研究会.大阪.2006年6月10日.

原 英夫(血管性認知症研究部)
アルツハイマー病の治療最前線―ワクチン療法を中心に―. 第2回小山脳卒中と神経疾患セミナー.小山.2006年6月13日.

松下健二(口腔疾患研究部)
全身疾患としての歯周病の病因論 - 口腔内バイオフィルムの病原性 -.
第5回バイオフィルム・細胞付着研究会. 名古屋. 2006年6月8日.

松下健二(口腔疾患研究部)
血管病としての生活習慣病とその制御.九州大学歯学部大学院セミナー. 福岡. 2006年6月16日.

松下健二(口腔疾患研究部)
国立長寿医療センター研究所口腔疾患研究部の現状と今後の展開.
鹿児島大学歯学部同窓会中部支部講演会. 名古屋. 2006年6月18日.

本山 昇(老年病研究部)
ストレス応答.アポトーシス.名古屋大学医学部講義「免疫学」.名古屋.2006年6月13日.

Mitsuo MARUYAMA (老化機構研究部)
Characterization and functional analysis of cellular senescence-related genes
Institute for Tumor Research, Chungbuk National University, Chungbuk, korea. June 20,2006.

Makoto Michikawa (アルツハイマー病研究部)
Cholesterol and neurodegeneration: Metabolism and roles of cholesterol in the central nervous system. University Louis Pasteur, Strasbourg, France, June 8, 2006.

Makoto Michikawa (アルツハイマー病研究部)
Approaches to establish the "HDL-therapy" for Alzheimer's disease. FORENAP Pharma. Rouffach, France, June 7, 2006.

センター内活動(セミナー等)

NILSセミナー(老化機構研究部)
Imaging Hedgehog pathway activity in live mice: Effects of Hedgehog Antagonists.
ヘッジホッグシグナル伝達経路を対象とした分子標的治療の開発
木村 博道先生 (Department of Neurobiology St.Jude Children・s Research Hospital)
2006年6月26日(午後4時)

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター