文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2006年 [平成18年] 5月

新聞・雑誌等

大島伸一(総長)
日経メディカル,2006年5月号(第462号)別冊付録(2006年5月10日):4-8,KAMPO MEDICAL SYMPOSIUM 2006 基調講演,高齢者における医学・医療と漢方.

大島伸一(総長)
日本医事新報,4280(2006年5月6日)号:22,NEWS,臓器移植委員会「脳死は人の死」に病院職員の6割が疑問 厚労省研究班アンケート調査結果が報告.

大島伸一(総長)
九州医事新報,533(2006年5月20日)号:6,第94回日本泌尿器科学会学術大会特別講演(要旨),高齢社会と医療.

大島伸一(総長)
日本医事新報,4280(2006年5月6日)号:1,プラタナス,「医者が尊敬されなくなった理由」.

大島伸一(総長)
中日新聞,2006年5月31日朝刊,「長寿の国を診る」,老人の孤独死 許さぬ国に.

丸山光生(老化機構研究部)
南日本新聞,2006年5月29日朝刊,「長寿を拓く かごしま健康の深層」「老化とは何か」.

田平 武(所長室)
読売新聞,2006年5月12日朝刊,社会全体で支えを 増加する若年性アルツハイマー病 田平 武・長寿医療センター長に聞く.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
ユーリーグ,いきいき113号,介護を必要としない人生のために生活不活発病を知っておいて下さい,5:74-77,2006.

論文発表等

原著論文

Araki W, Saito S, Takahashi-Sasaki N, Shiraishi H, Komano H, and Murayama K.S. (アルツハイマー病研究部)
Characterization of APH-1 mutants with a disrupted transmembrane GxxxG motif J. Mol. Neurosci. 29:35-44,2006.

Samura E, Shoji M, Kawarabayashi T, Sasaki A, Matsubara E, Murakami T, Wuhuma X, Tamura S, Ikeda M, Ishiguro K, Saido TC, Westaway D, St George Hyslop P, Harigaya Y, Abe K(アルツハイマー病研究部)
Enhanced accumulation of tau in doubly transgenic mice expressing mutant betaAPP and presenilin-1. Brain Res, 2006 May 18 [Epub ahead of print].

Mochizuki S, Ogata Y,Hatano K, Abe J, Ito K, Ito Y, Nishino M, Miyahara H, Ishigure N(長寿脳科学研究部)
Measurement of the induced radionuclides in production of radiopharmaceuticals for positron emission tomography. J Nucl Sci Technol 43:348-353, 2006.

Matsushita K, Imamura T, Tomikawa M, Tancharoen S, Tatsuyama S, Maruyama I (口腔疾患研究部)
DX-9065a inhibits proinflammatory events induced by gingipains and factor Xa. J Periodontal Res 41(2):148-156, 2006.

Hundt M, Tabata H, Jeon MS, Hayashi K, Tanaka Y, Krishna R, De Giorgio L, Liu YC, Fukata M(遺伝子蛋白質解析室),Altman
A. (2006) Impaired activation and localization of LAT in anergic T cells as a consequence of a selective palmitoylation defect. Immunity 24, 513-522.

増原宏明(長寿政策科学研究部)
就業期累積医療費と医療貯蓄勘定〜レセプトデータを用いたシミュレーション例〜.フィナンシャルレビュー 80:94-116,2006.

Cao L, Kim S, Xiao C, Wang RH, Coumoul X, Wang X, Li WM, Xu XL, De Soto JA, Takai H, Mai S, Elledge SJ, Motoyama N(老年病研究部), Deng CX.
ATM-Chk2-p53 activation prevents tumorigenesis at an expense of organ homeostasis upon Brca1 deficiency. EMBO J 25: 2167-2177, 2006

総説, その他

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病の最新薬物治療 Medical News.第1871号(5月15日).p13-14,2006.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨細胞の働き THE BONE 特集 骨形成・骨吸収の最近のトピックス.20:303-307,2006.

原 英夫(血管性認知症研究部)
アルツハイマー病の治療に向けてーワクチン療法からの展望.科学.岩波書店,76巻,2006.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
地域リハビリテーションの現状と問題点.クリニカル プラクティス.エルゼビア・ジャパン,25(5):312-318,2006.

書物等

田平 武(所長室) 
即効アンチエイジング 老化を防ぎ若さを保つ100のコツ.主婦の友社編(東京).P.16-17,2006.

田平 武(所長室) 
神経免疫.中島 泉編 免疫実験法ハンドブック.名古屋大学出版会(名古屋).P.89-90,2006.

田平 武(所長室) 
自己免疫病の誘導と解析.中島 泉編 免疫実験法ハンドブック.名古屋大学出版会(名古屋).P.185-188,2006.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
介護負担の評価.鳥羽研二編.日常診療に活かす老年病 ガイドブック第7巻
高齢者への包括的アプローチとリハビリテーション.メジカルビュー社(東京).128-133,2006.

松尾香弥子(長寿医療工学研究部)
共感覚.ジョン・ハリソン 著 松尾香弥子 翻訳.全頁.新曜社(東京),2006.

下方浩史(疫学研究部)
‡W疫学.内山 靖編 基礎理学療法学(標準理学療法学.専門分野).医学書院(東京).p165-179, 2006.

講演等

学会・研究会等発表

道川 誠 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病の病態・病因ならびに予防・治療戦略について:特にコレステロール代謝の側面から. 神戸薬科大学大学院特論講義.神戸.2006年5月26日.

松原悦朗 (アルツハイマー病研究部)
新規脳内Aβクリアランス経路の同定.第47回日本神経学会総会.東京.2006年5月12日.

松原悦朗 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病の免疫治療.第1回青森神経内科談話会基調講演.青森.2006年5月20日.

辰巳佐和子,伊東昌子,宮本賢一,池田恭治(運動器疾患研究部)
長寿命のカロリー制限食は、骨に良いのか悪いのか?.第60回日本栄養・食糧学大会.静岡.2006年5月21日.

竹下 淳(運動器疾患研究部)
破骨細胞コロニー.第5回松本ボーンフォーラム.松本歯科大学.塩尻.2006年5月12日.

新畑 豊,阿部祐士,岩井克成,鷲見幸彦,武田章敬,加知輝彦,加藤隆司伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
パーキンソン病における幻覚と脳のドパミン系および糖代謝変化.
第47回日本神経学会総会.京王プラザホテル.東京.2006年5月11-13日.

伊藤文隆,工藤 元外山 宏,鈴木弘美,籏野健太郎,中根正人,大橋正男,加藤隆司,片田和広,市瀬正則,澤田 誠,伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
5T MRIによる定位的ラット脳線条体撮像-定位脳固定具を用いない撮像法の開発.
日本分子イメージング学会第1回学術大会.京都大学時計台記念館.京都.2006年5月23~24日.

原 英夫(血管性認知症研究部),鍋島俊隆,田平 武(所長室)
アルツハイマー病の経口ワクチンによる高次脳機能の評価及び霊長類での治療効果.第47回日本神経学会総会.東京.2006年5月11日.

田平 武(所長室),原 英夫(血管性認知症研究部)
シンポジウム:ワクチン療法 -Update-.第47回日本神経学会総会. 東京.2006年5月11日.

田平 武(所長室)
Aβを結合し細胞死を誘導する新規タンパク質AB-DIP.第47回日本神経病理学会総会. 岡山.2006年5月24日.

下方浩史(疫学研究部)
栄養疫学の手法を用いた根拠の蓄積と栄養教育への応用.シンポジウム7 人間栄養学による根拠と栄養教育への応用.第60回日本栄養・食糧学会.静岡.2006年5月21日.

柳澤勝彦(副所長室)
アルツハイマー病の病態解明ならびに治療薬開発  第70回日本生化学中部支部会 例会・シンポジウム. 2006年5月20日. 名古屋.

Shimizu J,Iida R,Nishioka T.(老化機構研究部)
CD45 molecules as a functional modulator of regulatory CD4 T cells. Immunology 2006. Boston. May 15, 2006 .

Shoji Kawatsu (Kyoritu General Hospital, Dept. Brain Sci. & Mol. Img.) Noboru Ushiroya(Wakayama National College of Technology)(長寿脳科学研究部)
A New Reconstruction Method for 3-D PET named pair of near-missing LORs ( PNMLOR) method
Euromedim2006.Marceille,France.2006年5月8日-12日.

Matsuo K ,Kato C,Isoda H,Takehara Y,Takeda H,Bagarinao E , Nakai T(長寿医療工学研究部)
Imagine yourself flying in MRI: Disagreement between visual scene and supine position during fMRI, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1105, 2006.

Nakai T,Bagarinao E,Matsuo K,Ohgami Y,Kato C(長寿医療工学研究部)
Designing a language task for clinical routine - An application of incremental analysis of statistics t-statistics for task design, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1121, 2006.

Bagarinao E, Matsuo K, Nakai T, Tanaka Y(長寿医療工学研究部)
Distinguishing robust brain activations using consistency maps, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2856, 2006.

Nakai T,Bagarinao E,Matsuo K,Ohgami Y,Kato C(長寿医療工学研究部)
Dynamic monitoring of the brain activation under visual stimulation using fMRI - The advantage of a sliding window analysis, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2859, 2006.

Matsuo K,Bagarinao E,Ohgami Y,Nakai T(長寿医療工学研究部)
Time course analysis of t-values in fMRI of Tool-use gestures with and without real tools, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2860, 2006.

Nakai T,Bagarinao E,Matsuo K,Ohgami Y,Kato C(長寿医療工学研究部)
The degree of bilateral organization of the motor areas under unimanual motor execution -A correlation analysis approach using dynamic monitoring of t-statistics, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 2861, 2006.

Nakashima MIohara KZheng L(口腔疾患研究部)
The application of tissue engineering to regeneration of dentin and pulp in endodontics. WG4: Tissue regeneration and clinical application. COST Action B23 Oral Facial Development and Regeneration. Helsinki, Finland.May 6,2006.

田中 愼(加齢動物育成室)・桑原 佐知(加齢動物育成室)・角 保徳・大野 民生・青山 博昭・後藤 信男
近交系ラット“F344”亜系統の下顎骨による比較 第53回日本実験動物学会総会 5 12 2006 神戸

講演など(教育、普及、広報活動)

大島伸一(総長)
長生きを喜べる高齢社会.安城市中部地区社会福祉協議会福祉講演会.安城.2006年5月11日.

大島伸一(総長)
長生きを喜べる高齢社会.愛知県社会教育委員連絡協議会東尾張支部総会講演会.大府.2006年5月23日.

池田恭治(運動器疾患研究部)
骨の老化と細胞機能.新潟大学歯学部大学院特別講義.新潟.2006年5月26日.

河津省司(協立総合病院 放射線科,長寿脳科学研究部),右代谷昇(和歌山工業高等専門学校)
新しいPET画像再構成法の提案と Euromedim2006 ( Marseille ) の報告
放射線医学総合研究所 核物理セミナー.千葉.2006年5月22日.

杉本昌隆(老化機構研究部)
Role of HZF in adipocyte differentiation. 生理学特別講義.慶応大学医学部.東京.2006年5月12日.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
予防重視システムへの転換.平成18年度富山県新予防給付ケアマネジメント研修会.富山.2006年5月22日.

大川弥生(生活機能賦活研究部)
リハビリテーションの本質を問う.第41回日本理学療法学術大会.前橋.2006年5月27日.

矢澤生,鈴木康予,中山貴美子(研究資源有効利用室)
多系統萎縮症(MSA)のα-Synuclein凝集の病的意義の検討.第47回日本神経学会総会.東京.2006年5月13日.

溝口和臣(老年病研究部)
ストレスによるうつ病の発症機構と漢方薬.名古屋大学医学部講義「薬理学」.名古屋.2006年5月29日.

センター内活動(セミナー等)

田平 武(所長)
第4回長寿医療センターセミナー
これからの長寿研究
2006年5月16日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター