文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2005年 [平成17年] 10月

新聞・雑誌等

下方浩史(疫学研究部)
朝日新聞 平成17年10月30日日曜版 年齢別ダイエット 中年太りと寿命 関係は?

論文発表等

原著論文

中井敏晴(長寿医療工学研究部), 加藤知佳子, 松尾香弥子
An fMRI study of auditory attention investigating a model of cocktail party phenomenon, Magnetic Resonance in Medical Sciences, 4, 75-82, 2005

新田順子,熊本圭吾荒井由美子(長寿政策科学研究部)
訪問看護師から見た介護者の介護負担の実態.日本老年医学会雑誌 42(2): 181-185, 2005.

Okamura K, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
Serum total and free testosterone level of Japanese men: a population-based study. Int J Urol 12: 810-814, 2005.

Ko, K., Yamazaki, S., Nakamura, K., Nishioka, T. (老化機構研究部),Hirota, K., Yamaguchi, T., Shimizu, J.(老化機構研究部), Nomura, T., Chiba, T., and Sakaguchi, S.
Treatment of advanced tumors with agonistic anti-GITR mAb and its effects on tumor-infiltrating Foxp3+CD25+CD4+ regulatory T cells. J Exp Med, 202: 885-891, 2005.

Terauchi K,(老化機構研究部), Shimada J, Uekawa N(老化機構研究部), Yaoi T, Maruyama M. (老化機構研究部), Fushiki S
Cancer-associated loss of TARSH gene expression in human primary lung cancer. J Cancer Res Clin Oncol. 4;:1-7, 2005

Hishiya A, Ito M, Aburatani H, Motoyama N, Ikeda K, Watanabe K (運動器疾患研究部)
Ataxia telangiectasia mutated (Atm) knockout mice as a model of osteopenia due to impaired bone formation. Bone 37:497-503, 2005

Arimura, N., Celine, M., Kawano, Y., Yoshimura, T., Kawabata, S., Hattori, A.,Fukata, Y. (遺伝子蛋白質解析室), Amano, M., Goshima, Y., Inagaki, M., Morone, N., Usukura, J., and Kaibuchi, K. (2005)
Phosphorylation by Rho-kinase regulates CRMP-2 activity in growth cones. Mol. Cell Biol. 25, 9973-9984.

Yamamoto N, Katsumi Matsuzaki, Yanagisawa K. (アルツハイマー病研究部、副所長室)
Cross-seeding of wild-type and hereditary variant-type amyloid β-proteins in the presence of gangliosides. J Neurochem. 95:1167-1176, 2005

Nagano I, Shiote M, Murakami T, Kamada H, Hamakawa Y, Matsubara E, Yokoyama M, Morita K, Shoji M, Abe K. (アルツハイマー病研究部)
Beneficial effects of intrathecal IGF-1 administration in patients with amyotrophic lateral sclerosis. Neurol Res. 27(7):768-772, 2005

総説, その他

外山宏(長寿脳科学研究部)、籏野健太郎(長寿脳科学研究部)、鈴木弘美、工藤元(長寿脳科学研究部)、加藤隆司(長寿脳科学研究部)、市瀬正則、片田和廣、澤田誠、伊藤健吾(長寿脳科学研究部):
アルツハイマー病における分子画像の新展開 映像情報 2005;37(11):1084-9

加藤隆司,伊藤健吾
大腸・小腸疾患,特集「PET利用の手引き:各種疾患とPET」,臨床医 31; 1551-1554, 2005.

二橋尚志、伊藤健吾、加藤隆司、奥田真紀子、有馬徹、文堂昌彦、河津省司
FDG-PETが集積を示したサイトメガロウイルス腸炎の一例、東海腫瘍核医学研究会記録集 2005;93-4.

安藤富士子(疫学研究部)
「閉じこもりの心理的・社会的要因とその対策」Psychological and social characteristics of the housebound (Tojikomori) middle-aged and elderly. 日本リハビリテーション学会誌、42(10):684-690,2005.

武田和也原 英夫田平 武
Abetaワクチンと治療. 脳と神経57(10): 867-876, 2005.

吉崎嘉一高橋慶吉
ノッチNotch (NOTCH). 生体の科学56: 412-413, 2005.

Tabira T, Hara H.
Disease modifying strategies for the treatment of Alzheimer's disease: A newer concept of AD vaccine. Dementia Neurocogn Disord 4: 76-80, 2005.

池田恭治 (運動器疾患研究部)
副甲状腺ホルモン関連ペプチドの遺伝子、構造、生合成、発現調節 日本臨床増刊号、63: 372-376, 2005

深田優子、深田正紀 (遺伝子蛋白質解析室)
蛋白質核酸酵素 共立出版 "パルミトイル化脂質修飾をつかさどる新規DHHC蛋白質ファミリー—PSD-95のパルミトイル化によるシナプス機能の制御"11月号(Vol50, pp1666-1673)

Matsubara E, Yanagisawa K (アルツハイマー病研究部、副所長室)
What causes Abeta amyloidosis in the brain ? No To Shinkei. 57(10):829-838, 2005

Nakashima M . and Akamine A
The application of tissue engineering to regeneration of pulp and dentin in endodontics. J Endod. 2005;Oct;31(10):711-718.

書物等

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道茂,編.シンプル衛生公衆衛生学 2005.東京:南江堂,293-303,2005.

増原宏明 (長寿政策科学研究部)熊本尚雄,細谷圭
自己負担率の変化と患者の受診行動.田近栄治・佐藤主光,編.医療と介護の世代間格差:現状と改革.東京:東洋経済新報社,11-31,2005.

清水 淳(老化機構研究部):
信じる者こそ救われる(はず). 日本免疫学会会報. 13: 25-26, 2005.

講演等

学会・研究会等発表

佐々木恵(長寿政策科学研究部)
ストレス・コーピングと精神健康度が知覚された心理援助サービスの必要性に与える影響.日本行動療法学会,2005年10月8-10日,広島県広島市.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部):
PET/SPECT for dementia. International Symposium Functional and Molecular Imaging of Stroke and Dementia: Updates in Diagnosis, Treatment, and Monitoring, October 15, 2005, Kyoto

伊藤健吾(長寿脳科学研究部):
トピックスⅡ「本邦にて進行中のEBM trial」 J-COSMIC.第21回Brain Function Imaging Conference,10月29日,京都

西田裕紀子,新野直明,小笠原仁美福川康之安藤富士子下方浩史(疫学研究部) 
地域在住中高年者における転倒恐怖感の要因に関する縦断的検討.第9回高齢者介護・看護・医療フォーラム.東京,2005年10月8日.

安藤富士子福川康之西田裕紀子下方浩史(疫学研究部) 
地域在住中高年者の「閉じこもり」関連要因の年代別特徴.第9回高齢者介護・看護・医療フォーラム.東京,2005年10月8日.

安藤富士子北村伊都子小坂井留美下方浩史(疫学研究部) 
「閉じこもり」の身体組成の特徴〜「閉じこもり要因としての身体的症状との関連〜.第26回日本肥満学会.北海道,2005年10月14日.

北村伊都子小坂井留美,甲田道子,安藤富士子下方浩史(疫学研究部) 中高年者の脂肪と筋量-Sarcopenic Obesityと加齢変化に関する検討.第26回日本肥満学会.北海道,2005年10月14日.

武田和也、荒木 亘、高橋慶吉原 英夫田平  武
アルツハイマー病におけるAbeta5-40/42の意義.日本痴呆学会. 平成17年10月1日. 大阪

田平 武
アルツハイマー病の免疫療法.北海道老年期痴呆研究会.平成17年10月15日.札幌

Wakoh T., Murata Y., Uekawa N., Miyazaki T., Harada H., Maryama M. (老化機構研究部)
Characterization of apoptosis-related genes, DAP3 and BIM in cellular senescence. (Symposium), Aging science, a mirror reflecting the physiology and patholog,The 78th Japanese Biochemical Society (JBS) Kobe,Japan 20 Oct.2005

柳澤勝彦 (副所長室)
脳領域特異的Aβ蓄積におけるガングリオシドの役割 第78回日本生化学会大会 2005年10月22日 神戸

内海真穂、山口芳樹、高橋禮子、山本直樹柳澤勝彦、加藤晃一(アルツハイマー病研究部、副所長室)
MMRによるアミロイドβペプチドとGM1ガングリオシドとの相互作用解析 第78回日本生化学会大会 2005年10月22日 神戸

Analysis of acitive g-secretase complex reconstituted by truncated presenilin (PS) fragments
Marutani T, Shiraishi H, Wang H-Q, Araki W, Nishimura M,Yanagisawa K and Komano H 第78回日本生化学会大会 2005年10月22日 神戸

松浦 彰(老年病研究部)
染色体維持システムからみた老化、日本農芸化学会中部支部第144回例会シンポジウム「老化の科学と健康」、10月8日、名古屋

溝口和臣(老年病研究部)
良い薬をつくるには 中部大学生命健康科学フォーラム「これからの生命健康科学を考える」 2005年10月8日 愛知県春日井市

溝口和臣(老年病研究部)
慢性ストレスによるうつ病の発症機構と漢方 千里ライフサイエンスセミナー ブレインサイエンスシリーズ第18回 「ストレスに耐える脳、耐えられない脳」 2005年10月14日 大阪

講演など(教育、普及、広報活動)

パーキンソン病におけるドパミン神経活性、脳糖代謝と精神・運動症状の関連の検討
新畑豊、阿部祐士、岩井克成、鷲見幸彦、武田章敬、加知輝彦、加藤隆司、伊藤健吾 
第6回東海パーキンソン病治療・症例検討会 2005.10.7.名古屋(名古屋マリオットアソシアホテル)

田平 武
招待講演 高齢社会に備えた対応連略.第10回「釜山を変えよう」フォーラム 釜山市庁舎.平成17年10月17日.釜山

田平 武
活き活きとした老後を目指して、認知症にならないために.愛知県社会福祉協議会主催「シニアいきいき講座」豊橋市民センター.平成17年10月26日.豊橋

Tabira T, Hara H
Oral Ab vaccine may attenuate vascular amyloidosis. (Plenary session) 4th International Congress Vascular Dementia. Oct 21, 2005, Port (Portugal)

Tabira T, Hara H
Vaccination therapy for Alzheimer's disease. The 6th Kitasato University-Harvard School of Public Health Symposium. Oct 25, 2005, Tokyo

Tabira T, Hara H
Disease modifying strategies for the treatment of Alzheimer's disease: A newer concept of AD vaccine. (Invited Speaker) International Neuroscience Symposium in Commemoration of the Grand Opening of the Konkuk University Hospital. Oct 28, 2005, Seoul

Tabira T, Hara H
Oral vaccine for Alzheimer disease. (Invited Speaker) Biannual Meeting of the Korean Dementia Association. Oct 29, Seoul

非言語性コミュニケーション 中村昭範 総合研究大学院大学生理科学専攻科目「言語思考システム論」 2005.10.7 岡崎

池田恭治 (運動器疾患研究部)
骨粗鬆症の新しい病因因子、東京大学分子細胞生物学研究所セミナー、10月28日、東京

道川 誠  (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病の病因、病態と治療への展望:特に脳内コレステロール代謝との関連から 名古屋大学大学院生命農学研究科講義 2005年10月13日、午後3時30分〜5時、名古屋大学、名古屋

センター内活動(セミナー等)

NILSセミナー(運動器疾患研究部)
正常・再生・疾患硬組織への結晶学的アプローチによる骨質解析と力学機能との相関
中野 貴由 先生(大阪大学大学院工学研究科)
平成17年10月17日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター