文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2005年 [平成17年] 6月

新聞・雑誌等

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)「長生き望まない」4割.朝日新聞名古屋版 夕刊 2005年6月4日;3面.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)「高齢に不安」8割超.産経新聞 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)老後が心配8割.北海道新聞 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)8割が長生きに「不安」.伊勢新聞 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)高齢に「不安」80%.岩手日報 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)年とるのが「不安」8割.秋田魁新報 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)老いに「不安」8割.山陽新聞 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)「年とることに不安」8割.山形新聞 2005年6月4日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)8割が「高齢」に不安.シルバー新報 2005年6月10日;4面.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)高齢社会に対する意識調査.Japan Medicine 2005年6月13日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)アルツハイマー病100年.毎日新聞 2005年6月14日.

荒井由美子(長寿政策科学研究部)第101回日本精神神経学会 推定35万人、痴呆ドライバー.Medical Tribune 2005年6月23, 30日;38(25, 26):17.

杉浦 実,中村美詠子(疫学研究部) みかんと健康<31> 広報みっかび 2005;610:14

疫学研究部:広報おおぶ 平成17年7月1日号 ジャクソンさん体力測定にチャレンジ

2005年6月9日(日本経済新聞朝刊)田平 武(所長室)、原 英夫(血管性痴呆研究部)アルツハイマー病ワクチン開発へ

論文発表等

原著論文

Moyoko Saito, Takashi Hiraga, Mineyuki Hattori, Shumei Murakami and Toshiharu Nakai (長寿医療工学研究部),
An investigation of pipeline materials for continuous hyperpolarized 129Xe gas spectroscopy, Magnetic Resonance Imaging, 23, 607-610, 2005

Arai Y, Kumamoto K(長寿政策科学研究部)
Caregiver burden not "worse" after new public Long-Term Care (LTC) insurance scheme took over in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 19: 1205-1206, 2004.

Nishio, K., Qiao. S., and Yamashita, H.
(2005) Characterization of the differential expression of uncoupling protein 2 and ROS production in differentiated mouse macrophage-cells (Mm1) and the progenitor cells (M1). J. Mol. Histol.36: 35-44.

Inokuma, K., Ogura-Okamatsu, Y., Toda, C., Kimura, K., Yamashita, H.,and Saito, M. (2005)
Role of uncoupling protein 1 in norepinephrine-induced activation of glucose utilization in brown adipose tissue. Diabetes, 54:1385-91.

Kontani, Y., Wang, Z., Kimura, K., Inokuma, K., Saito, M.,Suzuki-Miura, T.,Wang, Z., Sato,Y., Mori, N., and Yamashita H.
(2005) UCP1 deficiency increases susceptibility to diet-induced obesity with age. Aging Cell, 4:147-155.

Yamakuchi, M., J.J. Greer, S.J. Cameron, K. Matsushita, C.N. Morrell, K. Talbot-Fox, W.M. Baldwin, 3rd, D.J. Lefer, and C.J. Lowenstein.(口腔疾患研究部)
HMG-CoA reductase inhibitors inhibit endothelial exocytosis and decrease myocardial infarct size. Circ Res 96:1185-1192, 2005.

Shu E, Matsuno H, Akamastu S, Kanno Y, Suga H, Nakajima K, Ishisaki A, Takai S, Kato K, Kitajima Y, Kozawa O.(口腔疾患研究部)
AlphaB-crystallin is phosphorylated during myocardial infarction: Involvement of platelet-derived growth factor-BB. Arch Biochem Biophys. 15;438(2):111-8, 2005.

Suga H, Nakajima K, Shu E, Kanno Y, Hirade K, Ishisaki A, Matsuno H, Tanabe K, Takai S, Akamatsu S, Kato K, Oiso Y, Kozawa O.(口腔疾患研究部)
Related Articles, Links Possible involvement of phosphatidylinositol 3-kinase/Akt signal pathway in vasopressin-induced HSP27 phosphorylation in aortic smooth muscle A10 cells. Arch Biochem Biophys. 15;438(2):137-45, 2005

Uchida Y, Nakata S, Ueda H, Nakashima T, Niino N, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)
The Influence of Aging and Generalized Diseases on Distortion Product Otoacoustic Emissions. Otology and Neurotology. 14:154-169,2004.

Yamada Y,Ando F, Shimokata H(疫学研究部)
Association of polymorphisms in CYP17, MTP, and VLDLR with bone mineral density in community-dwelling Japanese women and men. Genomics 86; 76-85, 2005.

Kawashima Y, Ihara K, Nakamura M, Nakashima T, Fukuda S, Kitamura K(疫学研究部)
Epidemiological study of mumps deafness in Japan. Auris Nasus Larynx 32;125-128,2005

Chen C, Shimizu S, Tsujimoto Y, Motoyama N (老年病研究部) 
Chk2 regulates transcription-independent p53-mediated apoptosis in response to DNA damage. Biochem Biophys Res Commun 333: 427-431, 2005.

総説, その他

原英夫(血管性認知症研究部)、田平武 (所長室)
Alzheimer病のアミロイドβワクチン療法.神経治療学.Vol. 22 No. 6: 769-772, 2005.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
家族介護者の介護負担.最新医学 別冊 アルツハイマー病 22(3):173-179,2004.

下方浩史 (疫学研究部)
養生訓の知恵.銀行倶楽部 476(6) 2-3, 2005.

Kitani K. Nutritional interventions in aging and age-associated disorders. Ed. SIS Rattan.
In Aging Interventions and Therapies, World Scientific Publishers, Singapore, pp 219- 245, 2005

吉崎嘉一(血管性痴呆研究部)、高橋慶吉 (血管性痴呆研究部)
CADASIL:Notchシグナル異常と血管障害. Molecular Medicine 42: 783-789, 2005.

片岡政子(血管性痴呆研究部)、田平 武(所長室)
アルツハイマー病の免疫療法. 神経研究の進歩 49 (3): 437-444, 2005.

池田恭治(運動器疾患研究部)
分子レベルからみた骨粗鬆症の原因について、リウマチ科、33: 522-528, 2005

書物等

池上直己,姉崎正平, 荒井由美子 (長寿政策科学研究部)一圓光彌,井上恒男,近藤克則.
イギリス医療保障制度の概要.医療経済研究機構,監修.医療白書2004年度版.東京:日本医療企画,205-256,2004.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部),加藤隆司,阿部祐士,新畑 豊
パーキンソン病および類縁疾患のPET/SPECT.脳の形態と機能,p117-125,振興医学出版社,東京,2005

清水 淳 (老化機構研究部)
加齢と免疫. 「わかりやすい免疫疾患」生涯教育シリーズ67 日本医師会雑誌特別号S106-S110, 2005

講演等

学会・研究会等発表

Toshiharu Nakai(長寿医療工学研究部), Epifanio Bagarinao, Chikako Kato, Yuko Ohgami, Kayako Matsuo,
Dynamic Monitoring of the Brain Activation during Language Task Performance Using Real-Time fMRI, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #540, NeuroImage, 26 Sup1, S35, 2005

Epifanio Bagarinao, Kayako Matsuo, Toshiharu Nakai(長寿医療工学研究部),
Assessing the effects of head motion in the analysis of functional MRI data using incremental GLM, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #563, NeuroImage, 26 Sup1, S36, 2005

Toshiharu Nakai(長寿医療工学研究部), Epifanio Bagarinao, Yuko Ohgami, Chikako Kato, Kenichi Ohishi, Kayako Matsuo,
Dynamic Analysis of the Activation in the Visual Field Using a Real-Time fMRI System, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #595, NeuroImage, 26 Sup1, S37, 2005

Epifanio Bagarinao, Yoshio Tanaka, Kayako Matsuo, Toshiharu Nakai (長寿医療工学研究部)
BAXGrid: A software package for the remote analysis of functional MRI data using grid technology, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #604, NeuroImage, 26 Sup1, S37, 2005

Toshiharu Nakai(長寿医療工学研究部), Epifanio Bagarinao, Chikako Kato, Yuko Ohgami, Kayako Matsuo,
An Analysis of the Dynamic Change of the t-value in a Combined Task Using Real-Time fMRI, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #820, NeuroImage, 26 Sup1, S43, 2005

Yuko Ohgami, Kayako Matsuo(長寿医療工学研究部), Nobuko Uchida, Toshiharu Nakai,
Brain activation during forming hand postures specific to tool-use: an fMRI study, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #1181, NeuroImage, 26 Sup1, S53, 2005

Kayako Matsuo, Epifanio Bagarinao, Yuko Ohgami, Toshiharu Nakai (長寿医療工学研究部),
A reversed hemispheric activation pattern between right- and left-handed people as revealed by incremental analysis of fMRI during tool-use, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #1231, NeuroImage, 26 Sup1, S55, 2005

Chikako Kato, Yasuo Takehara, Haruo Isoda, Toshiharu Nakai, Kayako Matsuo (長寿医療工学研究部),
Pointing with the index finger or an arrow: Differences of activation detected by fMRI, 11th Annual Meeting of Organization for Human Brain Mapping, #1234, NeuroImage, 26 Sup1, S55, 2005

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
介護保険制度下における家族介護者.(シンポジスト)第20回日本老年精神医学会シンポジウムⅢ(老年精神医療における介護保険),2005年6月16-17日,東京都.

安部幸志(長寿政策科学研究部)
介護福祉サービスに対する満足感とサービスへの評価が介護ストレスに与える影響.第47回日本老年社会科学会大会,2005年6月16-17日,東京都.

森田敬史,王建,大橋陽,舩原徹雄,安部幸志(長寿政策科学研究部)恒藤暁,藤田綾子
高齢者のlocus of controlに関する日中比較研究.第47回日本老年社会科学会大会,2005年6月16-17日,東京都.

松本光央,池田 学,豊田泰孝,上村直人,荒井由美子(長寿政策科学研究部)田辺敬
ドライビングシミュレーターを用いたアルツハイマー病患者の運転能力評価の試み.第20回日本老年精神医学会,2005年6月16-17日,東京都.

三浦宏子荒井由美子(長寿政策科学研究部)山崎きよ子.在宅要介護高齢者における摂食・嚥下障害リスクと口腔ケア実施状況.第47回老年医学会,2005年6月15-17日,東京.

ヒト歯根膜由来細胞においてロキシスロマイシンはJNKとERKを介してMMP-1の産生を抑制する. 小山 徹,松下健二,作田哲也,徳田雅行,達山祥子,梶原武長岡成孝, 鳥居光男(口腔疾患研究部)第122回日本歯科保存学会(札幌)2005. 6. 2

Runx3 ホモ欠失マウスを用いた象牙芽細胞最終分化調節機構の解明
石河真幸、中島美砂子、庵原耕一郎、赤峰昭文(口腔疾患研究部) 第122回日本歯科保存学会(札幌)2005. 6. 2

マウス頭頚部外分泌発生におけるFGF、BMPおよびSHH-GLIシグナル経路の関与について. 伊藤正孝、中島美砂子、後藤典子、Lang R.、今城純子(口腔疾患研究部)日本発生生物学会第38回大会(仙台)2005. 6. 2

Dentin regeneration by gene therapy with BMP2 using dental pulp stem cells. Nakashima M., Iohara K., Ishikawa M., Ito M.(口腔疾患研究部)3rd International Society for Stem Cell Research. (San Francisco) 2005. 6.24

安藤富士子 (疫学研究部)
食事・栄養と中高年者の健康.第5回日本抗加齢医学会総会シンポジウム「EBMに基づいたアンチエイジング医学」.京都、2005年6月11日.

安藤富士子小坂井留美道用亘下方浩史(疫学研究部)
体力・運動と骨量との関連に遺伝子多型が及ぼす影響.第47回日本老年医学会学術集会.東京、2005年6月16日.

道用亘小坂井留美安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
中高年者における速歩行中の速度と下肢関節ピークトルクの関連.第47回日本老年医学会学術集会.東京、2005年6月16日.

下方浩史 (疫学研究部)
「老年医療におけるControversy」 高齢者の生活習慣はどこまで是正すべきか.第47回日本老年医学会学術集会.東京、2005年6月17日.

安藤富士子 (疫学研究部)
閉じこもりの精神・心理的側面.第42回日本リハビリテーション医学会学術集会シンポジウム「廃用症候群のリハビリテーション」.金沢、2005年6月17日.

福川康之西田裕紀子安藤富士子中西千織坪井さとみ下方浩史(疫学研究部)
中高年地域住民の対人関係と死亡リスクとの関連.日本老年社会科学会第47回大会.東京,2005年6月17日.

西田裕紀子福川康之安藤富士子中西千織坪井さとみ,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高年者の知的機能と余暇活動との関連.日本老年社会科学会第47回大会.東京,2005年6月17日.

Fukukawa Y, Nishita Y, Ando F, Nakanishi C, Tsuboi S, Kozakai R, Shimokata H. .(疫学研究部 )
Stress, Social Interactions, and Depressive Symptoms among Japanese Middle-aged and Older Adults. The 18th World Congress of the International Association of Gerontology. Rio de Janeiro, June 2005.

Doyo, W, Kozakai R, Ando F, Shimokata, H.(疫学研究部)
Age-associated gender differences in wa-lking among middle-aged and elderly adults in Japan. The 18th World Congress of the Internatio-nal Association of Gerontology. Rio de Janeiro, June 30th, 2005.

小坂井留美,北村伊都子,甲田道子,道用亘,新野直明,安藤富士子,下方浩史(疫学研究部)
中高年者におけるsarcopenia指標と身体機能との関連.日本老年医学会第47回大会.東京,2005年6月17日.

Kozakai R, Kitamura I, Koda M, Doyo W, Niino N, Ando F, Shimokata H (疫学研究部)Relationship between appendicular skeletal muscle mass and physical function in Japanese elderly. The 18th World Congress of the International Association of Gerontology. Rio de Janeiro, June 2005.

Hiroshi Toyama, Kentaro Hatano, Hiromi Suzuki, Masanori Ichise, Sotaro Momosaki, Gen Kudo, Katsuhiko Sekimata, Masato Nakane, Takashi Kato, Kazuhiro Katada, Makoto Sawada, Kengo Ito.
"IN-VIVO IMAGING OF MICROGLIAL ACTIVATION USING A PERIPHERAL BENZODIAZEPINE RECEPTOR LIGAND, 11C-PK-11195, AND ANIMAL PET FOLLOWING ETHANOL INJURY IN RAT STRIATUM.". Society of Nuclear Medicine,52ND Annual Meeting, June 18-22, 2005, Toronto, Canada

Kumiko Yoshimura, Takashi Kato, Takashi Nihashi, Yuji Abe, Yutaka Arahata, Katsunari Iwai, Akinori Takeda, Ikuko Tanaka1, Rikio Kato, Syoji Kawatsu, Akinori Nakamura, Teruhiko Kachi, Yukihiko Washimi and Kengo Ito.
"A NUMERICAL DIAGNOSTIC METHOD OF ALZHEIMER'S DISEASE WITH IMP-SPECT AND AUTOMATED GYRAL ROIS." Society of Nuclear Medicine,52ND Annual Meeting, June 18-22, 2005, Toronto, Canada

Katsuhiko Sekimata, Kentaro Hatano, Mikako Ogawa, Junichiro Abe, Yasuhiro Magata, Giovanni Biggio, Mariangela Serra, Giuseppe Trapani, and Kengo Ito.
"Radiosynthesis and in vivo evaluation of N- [11C] methylated imidazopyridine derivatives as a positron emission tomography tracer for peripheral benzodiazepine receptors" 16th International Symposium on Radiopharmaceutical Chemistry, June 24-28, 2005, Iowa City, IA, USA

Ogawa M., Hatano K., Abe J., Ito K., Magata Y.
"SYNTHESIS AND EVALUATION OF [11C]EMMP AS BRAIN NPY-Y1 RECEPTOR IMAGING AGENT FOR POSITRON EMISSION TOMOGRAPHY" 16th International Symposium on Radiopharmaceutical Chemistry, June 24-28, 2005, Iowa City, IA, USA

中村昭範
顔の伝えるSocial signalsとその認知メカニズム.頭頚部不随意運動研究会,6月1日,名古屋

曽根啓子(加齢動物育成室)・山本-澤村貴子・新井康司・角保徳・田中愼(加齢動物育成室)F344/N口腔領域硬組織の加齢変化 1. う蝕と咬耗 第28回日本基礎老化学会総会 6 16 2005 東京

曽根啓子(加齢動物育成室)・新井康司・角保徳・田中愼(加齢動物育成室)
F344/N口腔領域硬組織の加齢変化 2. 下顎頭 第28回日本基礎老化学会総会 6 16 2005 東京

Kitani K, Osawa T.
Tetrahydrocurcumin (TC) feeding increases the life span of genetically contaminated C57BL male mice. 34th Annual Meeting of the American Aging Association. June 5,2005, Oakland

Kitani K Osawa T.
The effect of tetrahydrocurcumin (TC) on the life span of genetically contaminatd male C57BL mice.日本基礎老化学会 第28回大会平成17年6月17日、東京

清水 淳(老化機構研究部)
老齢時におけるCD4T細胞の機能解析 第5回日本加齢医学会総会 シンポジウム 京都 6月10-11日 2005年

飯田隆治清水 淳(老化機構研究部)
老齢時における免疫抑制性CD4T細胞の抑制機能制御に関わる分子の探索 第28回日本基礎老化学会 東京 6月16-17日 2005年

Takahashi K(血管性痴呆研究部), Yoshizaki K(血管性痴呆研究部), Santa Y, Row R, Kalaria R, Tabira T
Human Notch3 receptor with CADASIL mutations shows normal processing and signaling activity in response to Jagged1 and Delta1 ligands. 第2回血管性認知・行動障害のための国際学会、Jun 8th-Jun 12, 2005, フィレンツェ

田平 武 (所長室)
特別講演「アルツハイマー病のアミロイドワクチン療法」第9回日本神経ウイルス研究会 2005年6月9日 浜松

田平 武 (所長室)パネルディスカッションワクチンを含めた治療戦略 第24回日本老年学会総会 2005年6月15日 東京

本山 昇(老年病研究部)
DNAダメージチェックポイントによる老化とがん化の制御メカニズム.第5回日本抗加齢医学学会総会(シンポジウム)、6月11日、京都

講演など(教育、普及、広報活動)

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
〜長生きができる社会について考える〜「生活者実態調査から見えてきた課題<認知症>」.日本におけるドイツ2005/2006(ドイツ年)アルツハイマー病発見100年記念ワークショップ 第7回アルツハイマー型認知症に関するプレスセミナー,2005年6月3日,東京都千代田区.

丸山光生〔実験動物管理室〕
平成17年度名古屋大学医学部医学科講義「免疫学」 6月13日〔月曜日〕4時限目 「B細胞応答、免疫記憶」 名古屋大学医学部 2005年

本山 昇(老年病研究部)
「ストレス応答・アポトーシス」 名古屋大学医学部医学科講義「免疫学」、6月14日、名古屋大学医学部

センター内活動(セミナー等)

NILSセミナー
池田 敏男 (理化学研究所、脳科学総合研究センター 行動遺伝学開発チーム)
6月30日 午後4時〜5時 「誘導型組換えにより神経細胞を除去したマウスにおける運動学習と記憶の発現の障害」(実験動物管理室:丸山光生

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター